新着情報

全日本大学選抜ドイツキャンプ&日韓戦に行ってきました!

1364273377788
3月13~25日、4年主将松下純土、3年武藤嘉紀が全日本大学選抜として、ドイツキャンプ及びDENSO CUP SOCCER 第10回大学日韓(韓日)定期戦に参加してきました。この全日本大学選抜は、8月のユニバーシアード競技大会に出場するためのチームです。2人は2週間チームを離れましたが、異国の地でサッカー選手として、また人間として大きく成長したと思います。これをチームに還元してくれることを期待します。それでは、彼らからのレポートをお読みください。

日の丸を背負った松下(右)と武藤(左)

 

 

 

 

 

こんにちは。松下純土です。私と武藤は全日本大学選抜としてドイツと韓国に行って参りました。

1364273367343

ドイツでは、日本とのサッカー文化の違いに目の当りにしました。
ボルシア・ドルトムントのホームスタジアムで見た8万人の観客は圧巻でした。得点が入ったときはスタジアムが揺れました。日本人を見ると「香川真司!」と声をかけてきますサッカーだけでなく沢山の文化に触れることが出来ました。街行く女性が自分より背が高かったです。

 

 

 

チームとしては、夏にユニバーシアード大会が控えている中で、体の大きいドイツの選手と練習試合を重ねたことは大変意義があるものでした。個人としても上を目指す中で、世界の中で自分がどこのレベルにいるか知ることが出来ました。

全国の実力のある選手達と2週間ほど寝食を共にしましたが、ONとOFFがしっかりしていて、OFFの時はふざけて盛り上がりもする一方で、ONの時の顔つきは普段は見られないものになります。
練習に入って全日本を代表しているという誇りをもってやっているので、自分も大変刺激になりました。

541239_437134333039756_489562613_n日韓戦は、アウェイの洗礼の中で、日の丸を背負い、ユニバーシアード大会の前哨戦として戦いましたが、残念ながら負けてしまいました。この悔しさを忘れず、夏のユニバーシアードのメンバーにしっかりと残り、前回大会に続く優勝に貢献したいと思います。

開幕まで残り少ないですが、チームに帰り、今回の経験を慶應の選手に還元してチーム全体としての財産になるようにしたいと思います。それが私の使命だと思います。
普段と違うチームで過ごし、やはり選抜より慶應への思いが強いということを再確認しました。主将としてチームの先頭に立ち、リーグ戦の勝利に貢献したいと思います。

皆様の力強い応援、宜しくお願い致します。

 

 

こんにちは。3年の武藤嘉紀です。今回の遠征では日本で感じることのできない様々な経験をしました。ドイツでは身体の大きさやフィジカルが自分たちより優っている相手に対してどのようにして戦うか、韓国では日韓戦がどれほど重要で負けられない試合かということを肌で感じることができたのは最高の経験になりました!

自分は海外の選手に比べるとまだまだ未熟で不足しているところが山ほどあることを実感したので日々の練習から意識を高くもち強烈な努力をしていきたいと思います。
482332_437134913039698_715621071_n

 

 

 

 

 

 

 

今後も2人の活躍にご注目ください!