新着情報

全日本大学選抜スペイン遠征に行ってきました!

増田湧介(2年)と武藤嘉紀(2年)が全日本大学選抜に選ばれ、8月13日から25日に行われたスペイン遠征に参加してきました。現地では、第29回アルクディア国際ユース(U-20)トーナメントに参加し、1勝2敗で惜しくもグループリーグ敗退となりました。結果は以下の通りです。

 

 

 

 

 

遠征の様子を2人が報告します!

こんにちは。増田湧介と武藤嘉紀です。
僕たちは、全日本大学選抜として、スペインに行ってきました。

 

≪武藤≫
普段試合をすることのない各国を代表する選手たちと対戦することが出来、世界とのレベルの差を痛感し、自分に不足しているスキルを把握することができたのでとても良い経験になりました。
バレンシアはとてものどかな雰囲気で、サッカーに対する人々の熱気が日本とは全く別物でした。
そんな環境の中で、全国の大学の選手たちと約2週間サッカーに打ち込めたのは、僕のサッカー人生においてとても貴重な時間となりました。

 

≪増田≫
今回スペイン遠征に行き、最高の経験をすることが出来ました。世界のレベルを身に染みて感じることが出来ました。大会でスペイン代表やアルゼンチン代表と戦って感じたことはたくさんありましたが、それに加えてスペインの人々のサッカーに対する雰囲気を身をもって感じることが出来ました。
この経験を今後のレベルアップにつなげていけるように日々努力していきたいと思います。

 

 

  

スペイン代表に勝利!                 現地の子供たちとの交流も行いました。

もうすぐ、後期リーグ戦が開幕します。夏の成長をぶつけられるよう、最高の準備をしていきたいと思います。

今後も、応援宜しくお願いします!!