イベント

【イベントレポート】PwCワークショップ

2月23日(金)、PwCワークショップが大手町センタービルのエクスペリエンスセンターにて開催され、弊部の学生スタッフ、マネージャー及び有志の部員24名が参加致しました。東京大学の学生方も参加されたことのあるというこのワークショップは、学生自らがコンサルティングを行ってみることで、業務を身近に感じることが出来る内容となっておりました。

まず最初に学生が5グループに分かれ、頭のウォーミングアップとして絵しりとりを行いました。3分間で何個の絵を繋げられるかを競うゲームで、部員は皆緊迫しつつも和気藹々とした雰囲気で取り組んでおりました。その後社員の方からコンサルタントとは何か、PwC社はどういう事業を行っているのかをご説明いただきました。

説明

 

 

 

 

 

(コンサルタントの説明を受けるソッカー部)

 

グループワークでは、実際の財務データからJ1リーグのサッカーチームで経営的にお手本となるチームを検討し、またそのチームがどうしたらより良くなるかを45分で考え、各チーム持ち時間5分で発表しました。あるグループは地元のメジャーなスポーツと組み合わせ共に発展しようとする二大スポーツ構想をアイデアとして出してみたり、また別のグループは選手育成に力を入れてみたりと、三者三様の考え方でプレゼンを行いました。社員の方からのフィードバックを受け、改善点を直しながらより良い発表に繋げる過程が、自身の思考力の成長に大きく繋がったと思っております。最後に一番優秀なプレゼンを行ったグループが発表され、景品が配られました。

二大構想優勝

 

 

 

 

 

 

 

 

(プレゼンの様子(左)と優勝グループ(右))

4時間にも及ぶワークショップでしたが、内容が充実しており、時間を忘れてしまう程作業に集中しました。ワークショップで培った思考力を、自分達のチームをより良くする為に活かして参ります。この様な機会を設けてくださったPwC社の皆様に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

文責:桑原美里