イベント

【イベントレポート】大田区立赤松小学校・サッカー教室

2月19日(月)、大田区立赤松小学校で開催されたサッカー教室に、弊部から新4年主将の松木(青森山田高)、小谷(藤枝東高)、増田(桐蔭学園高)、新2年の安藤(國學院久我山高)、柿沼(慶應義塾高)、草野(桐蔭学園高)とマネージャーの高松が参加しました。過去数年間、ソッカー部は毎年赤松小学校にてサッカー教室を開催させたいただいております。

今年は4年生3クラスの体育の授業にお邪魔し、各チームごとに1人の部員が付き指導を行いました。授業の前半は自己紹介とチームごとにアップを行い、後半はゲームを行いました。アップのメニューは、それぞれが工夫を凝らし、サッカーならではのアップの仕方を取り入れていました。ゲームの際はチームの皆が得点を決めることが出来る様、まだ得点を決めていない子にゴールを決めやすいパスを周りが出すなどの工夫をしました。ボールを追いかける子どもたちがサッカーに対し素直に取り組み、笑顔を弾けさせている様子を見て、私たちとしてもハッとさせられる様な思いでした。

また、授業時間以外でも子ども達と沢山の交流をさせていただくことが出来ました。中休み、昼休みには校庭で4年生以外の子供達とも混ざって校庭で一緒に遊ばせていただきました。そして給食の時間も4年生のクラスにお邪魔し、一緒に給食を食べる機会をいただきました。子ども達は私たちを快く受け入れてくれ、昔からの関わりの様に楽しく過ごすことが出来ました。半日という短い時間ながら、密度の濃い経験となり、部員にとって忘れられない時間となった様です。
IMG_9242IMG_9223IMG_9213

 

 

 

 

 

今後もこのような場が受け継がれ、双方にとってプラスとなる関係性を続けていきたいと思っております。
赤松小学校の皆様、ありがとうございました。

文責:高松由佳子