イベント

【イベントレポート】慶應義塾体育会創立125年記念式典

平成29年4月23日(日)に日吉記念館にて慶應義塾体育会創立125年記念式典が開催されました。
当日は現役体育会生の他に三田体育会の皆様や、松野博一文部科学大臣を始めとするご来賓の方々がご出席されました。
弊部現役部員も式典に出席し、他の体育会生と共に厳粛な姿勢で臨みました。

式の始めに塾旗が登壇し、出席者の皆様と共に塾歌を斉唱しました。
IMG_5419

 

 

 

 

 

(塾旗登壇の様子)

 

 

清家篤塾長からの式辞をいただき、体育会生への激励のお言葉を掛けていただきました。
続いて松野博一文部科学大臣、鎌田薫早稲田大学総長、奈蔵稔久三田体育会会長からの祝辞をいただき、部員一同、慶應義塾体育会の一員であることの責任を改めて自覚しました。

式の途中には、「学生スポーツの未来を担う、43部メッセージ」がスライドショーで上映され、体育会43部の主将から、部の未来に向けたメッセージが発表されました。

IMG_5423

 

 

 

 

(主将・手塚朋克)

 

 

その後、昨年のリオデジャネイロパラリンピックで入賞を果たした、競走部出身の高桑早生様からご講演をしていただき、諦めない気持ちが結果を呼ぶこと、そして慶應義塾体育会の素晴らしさを教えていただきました。

最後に、須田伸一体育会理事のご挨拶を以て式典は終了となりました。

私たち体育会生は、慶應義塾体育会創立125年という長い歴史の一端を担い、今後も大学スポーツの先駆者として発展させていくという義務があるのだと、この式典を通して改めて認識致しました。体育会の伝統を重んじ、その中でより良い形を目指して変革し続けられる様、これからも直向きに練習に励んで参ります。

今後共、ソッカー部に温かいご声援を宜しくお願い致します。