イベント

【イベントレポート】平成28年度蹴球祭

10月10日(月・祝)、下田グラウンドにて、平成28年度蹴球祭が行われました。

この蹴球祭は、慶應義塾一貫校サッカー部、現役、OBが一堂に会する、年に一度のイベントです。
慶應の強みである「縦の繋がり」を実感することが出来るこのイベントには、今年も大勢の皆様にご来場いただきました。
更に、FIT(戦後設立された藤原工業大学が塾に寄贈され、藤原記念工学部と命名された理工学部体育会サッカー部OBの方々)、駒林SCの皆様にもお集まりいただきました。

活気と歓声に溢れた会場では、様々な世代の方がサッカーを通じて交流を図っていました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

現役部員は学年ごとに違う色のTシャツを着て参加しました。
1年生はオレンジ色、2年生は青色、3年生はピンク色、4年生は緑色です。
また、2年生は当日の運営を担当しました。

 

%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

開会式での集合写真
(左から中等部・SFC高・塾高・駒林SC・KSS・大学男子)

 

 

 

【Keio Soccer School 1-1 駒林SC】
MVP:大山選手(KSS)、19番の選手(駒林SC)

 

【慶應義塾中等部(3年) 0−7 慶應義塾高校(1,2年)】
MVP:島田選手(塾高)

%e4%b8%ad%e7%ad%89%e9%83%a8

 

 

中等部の選手

 

 

 

 

【慶應義塾高校(3年) 2ー1 慶應義塾湘南藤沢高(3年)】
MVP:柳辺選手(塾高)

%e5%a1%be%e9%ab%9896%e7%95%aa%e5%90%9b

 

 

 

MVPの柳辺選手(塾高)

 

 

 

【慶應義塾高校(3年) 0-1  大学1年】
MVP:佐々木(大学1年)

 

【慶應義塾湘南藤沢高校(3年) 1-1 大学1年】
MVP:立石選手(SFC高)、綾部(大学1年)

 

【レクリエーション(ぐるぐるバットリレー・リフティングリレー)】
ぐるぐるバットリレー優勝:大学3年
リフティングリレー優勝:大学4年

%e3%83%ac%e3%82%af4%e5%b9%b4%e5%96%9c%e3%81%b2%e3%82%99

 

 

 

リフティングリレーで優勝した大学4年

 

 

 

【大学3年   0-1   若手OB】
MVP:赤木様(H24年卒、若手OB)

%e8%8b%a5%e6%89%8bob

 

 

 

 

 

 

 

【大学4年   3-0   若手OB】
MVP:川原(大学4年)

 

4%e5%b9%b4

 

 

大学4年のメンバー

 

 

 

【ミニゲーム大会】
優勝チーム:Bチーム

b%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0

 

 

賞品を掲げるBチーム

 

 

 

 

【OB戦(ソッカー部OB) 2-1 FIT(工学部OB)】
MVP:八木様(S57年卒、ソッカー部OB)

kbf

 

 

 

ソッカー部OB(KBF)のメンバー

 

 

 

fit

 

 

 

FITのメンバー

 

 

 

%e5%85%ab%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93

 

 

 

MVPの八木様(ソッカー部OB)

 

 

 

%e7%a6%8f%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93hbd

 

 

蹴球祭の最後に福井総監督の誕生日をお祝いしました

 

 

 

 

【懇親会の様子】

%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a

 

懇親会はソッカー部OBの皆様、FITの皆様、一貫校関係者の皆様、そしてトップチームが参加しました。

 

 

 

 

 

また、蹴球祭を終えて、選手たちに感想を聞きました。

3年 手塚朋克(静岡学園高)
手塚

私にとって今回の蹴球祭が2回目の蹴球祭となりましたが、幅広い世代の慶應に関わる全ての方々と時間を共にしたことにより改めてこの組織の繋がりの強さを感じることが出来ました。また、多くのOBの方々のお話をお聞きすることが出来、貴重な時間となりました。日頃より応援してくださっている方々の為にも今後のリーグ戦も一戦一戦勝利に導けるように練習から精一杯頑張っていく所存です。今後共、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

2年 鈴木大勇(慶應義塾高)

鈴木大2

始めに、沢山のOBの方々、一貫校の関係者の皆様、先日は蹴球祭に来ていただきありがとうございました。毎年蹴球祭を通じて、サポートをしてくださる様々な方があってこその大学ソッカー部だと感じさせられます。自分は塾高生の時、蹴球祭で大学生のプレーを目の前で見たときに衝撃を感じ、そして、あそこでプレーしたいという憧れが生まれました。しかし、今は自分が大学ソッカー部の一員です。自分のサッカーに集中すると同時に一貫校の目標となれるよう全力で取り組んでいきます。今後とも、宜しくお願い致します。

 

 

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。