オフィシャルブログ

「決断を尊べ」(石川雄大)

2021.03.31

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部新2年の石川雄大です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

私の人生はまだ19年しか経っていませんが、この19年間を通して感じた人生観について今回は少し書かせて下さい。

私は人生というものは沢山の選択をし、沢山の分岐点がある道だと考えます。その中には、今後の人生に大きく関わる選択をする分岐点もあります。例えば、お腹が空いた時にコンビニでおにぎりを買うのか、パンを買うのか。これは人生に於いての最も小さな選択でかつ小さな分岐点とも言えるでしょう。また、テスト期間に昼寝をして夜に勉強するか、勉強して夜はしっかり寝るか。これは少し大きな選択になった気がします。何故こんな話をしているのかというと、皆さんは日々選択をした上でその道を歩いているということを伝えたかったのです。

ではここからは私の19年間の中での大きな選択を二つ紹介させて下さい。
一つ目は中学1年生の時の選択です。この時の大きな選択は「サッカー部に入るのか、競走部に入るのか」です。私は幼少期からサッカーをやっており、そのプレースタイルは足の速さを活かしたプレイヤーでした。(余談ですがこのプレースタイルは大学に入った今でも変わりません。)サッカーを続けるのか、走る専門になるのか。当時まだ幼い私はこの大きな選択をしなければなりませんでした。沢山考えて出した結論は「サッカーをしていてれば走ることも出来るから一石二鳥じゃん。」でした。こんな一見簡単に見えるような選択でも私は何日も悩んだのを今でも覚えています。
二つ目は高校3年生の時の選択です。この時の大きな選択は「大学でサッカーを続けるのか否か」です。大学でサッカーを続けるということは、4年間本気でサッカーに向き合うということになります。私は高校時代のサッカー部で身を削る程真剣にサッカーに向き合えていたかと言われると自信を持って「はい」とは言えません。沢山の妥協をしたし、沢山の選択から目を逸らして来ました。こんな私が大学で4年間もサッカーに向き合うことが出来るのか。こんなことを毎日考えていました。ただ、いくら考えても私の根底にあるサッカーが好きという気持ちは変わりありませんでした。この時に出た結論は「サッカーが好きな以上大学でも真剣にサッカーを続けたい。」でした。また、この選択をした以上私はもう妥協せず、選択からも目を逸らさないようにしようと決心しました。
そして入部して約1年が経ち、自分の基礎技術の低さを自主練でカバーしようと必死になり、自分の長所をどのように活かすかを考えたり、なにかチームの為に動けないかと思い今年から学連にも挑戦するようになりました。沢山の選択をしたこの19年間で間違いは何万回もありましたが、後悔は一度もありません。

最後に私の高校時代の先生から言われた印象に残っている言葉を紹介したいと思います。

『決断を尊べ』

自分の人生に於いて沢山の決断をする場面が来るが、それをしっかりと考えて後悔のない決断をしろ。
これからも選択をし、いくつもの人生の分岐点が現れると思いますが、この人生観を基に「後悔のない選択をして過ごしていく。」また一つの選択をした所で文章を終わりにしたいと思います。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月4日(日) 関東リーグ戦 第1節vs国士舘大学
@県立保土ヶ谷公園サッカー場  14:00キックオフ

「準備」(菊池春哉)

2021.03.26

平素よりお世話になっております。
この度部員ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部新2年生の菊池春哉と申します。このブログが初めてのブログとなるので纏りのない文章になってしまうかも知れませんが、最後まで読んでいただけたら幸いです。
私がソッカー部に入部してから1年が過ぎた。昨シーズンの感想としては”辛い”この言葉に尽きると私は思う。しかし全てが辛い経験ではなく、勿論サッカーを楽しんで多くのことを学べたシーズンであり、練習試合にも出場し自分自身が成長したなと感じたことも多くあったが、この楽しくてやり甲斐がある生活は2020年の10月8日に終わった。この日に私は肩の脱臼、内側靭帯の損傷、そして前十字靭帯の損傷をした。この日はトップチームとの練習試合で気持ちがとても昂っていた。天候は最悪だったがそんなことはお構いなしに絶対に結果を残そうと思っていた。しかしその気持ちが空回りしてしまい大怪我をした。怪我した瞬間は”あ、終わった”と思い自分でもこれは大怪我だなと自覚した。3日後に大きな病院に行き診断を受けた。運が良ければ3ヶ月程度で済んでくれ悪くても半年程度で願っていたが、結果は全治10ヶ月と告げられたその時、私は頭が真っ白になって何も考えられなくなった。その時父親も側にいてくれていたのだが返事はろくに出来なかった。ここから3週間近くまともに歩くことも出来ないのでずっと家にいた。そして歩ける様になり1ヶ月ぶりにグラウンドに行くと皆が全力でサッカーをしているのを見てただ辛くなった。自分はこれから10ヶ月大好きなサッカーが出来ないと想像しただけで本当に辛かった。この時期はリハビリ等はしていたものの、ほぼ空元気で行っていた。モチベーションは下がる一方だった。12月8日手術を行うことが決定し少しだけ自分が目指すべきものが見えた時、手術の直前に早慶戦が行われた。この試合を見て私は自分が入部した時の目標を再認識した。それは早慶戦に出場して活躍すること。ただ辛かった日々が少しだけ楽になり手術後のリハビリからこの舞台を目指して直向きに努力をしようと思った。
そして2021シーズンが始まり自分はリハビリから始まるシーズンとなった。残り5ヶ月近くまたモチベーションが落ちてしまうことはあるかもしれないし辛いことの方が多いシーズンになるかもしれないが、自分が最高の舞台で戦う準備だと日々思い、且つ2021シーズンが”最高”なものとなるように残りのリハビリ期間を過ごしていきたいと思う。
拙い文章ではございましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援と応援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月4日(日) 関東リーグ戦 第1節vs国士舘大学
@保土ヶ谷公園サッカー場  14:00キックオフ

「糸」(瀬賀凜太郎)

2021.03.22

平素よりお世話になっております。総合政策学部新3年の瀬賀凜太郎です。早いもので2回目のブログが回ってきました。これで、卒業ブログと併せて4年間で最低でも3回は書くことが決定しました。4回目があったらどうしようと震え、筆が進みませんでしたが、気持ちを奮い立たせブログを書かせていただきました。今回は瀬賀が想像以上のペースでブログを書いていること、4/9に21歳の誕生日を迎えることだけを覚えていただければ幸いです。ちなみに、山Pこと山下智久さん、坂Pこと坂巻颯梧さん(新3年・慶應義塾NY学院/New York Soccer Club)も同じ誕生日です。私の次に祝っていただければ嬉しいです。それでは、本題のブログに移らせていただきます。

先日、私は人生で初めてカテゴリーを降格した。入部以来2年間もがき苦しみやっと手にしたTOPチームの座、1ヶ月という短い期間でBチームに降格した。練習後のミーティングで、監督から告げられたTOPチームのメンバーに私の名前はなかった。そして、「正直、TOPチームのマインドではない選手もいた。残念だ。」との監督の言葉が更に私の胸を強く締め付けた。完全に私に向けた言葉だった。自分の中で張り詰めていた糸が完全に切れ、悔しさよりも脱力感が重たくのしかかった。

思い返せば、筋肉系のトラブルと脳震盪(大学に入って2度目)で、シーズンインからの1ヶ月でプレー出来たのはたったの1週間。自分の甘さから、プレーしている時も、プレーしていない時もとにかく叱られた。応えようとしようと奮起したが、徐々にボールに触るのに怖くなる。出来る筈のプレーに自信を失い、自分の武器を捨て安全なプレーを選択する。完全に悪循環にハマった。それと時を同じくして、「周りから必要とされていないのではないか」と思い始めた。優しく声を掛けてくれる先輩や同期、後輩もいたが、居場所を失った感覚は消えてくれなかった。チームにおける自分の存在意義を見出せなくなり、何でサッカーをしているのか分からなくなった。この様に降格した時、悔しさよりも脱力感が勝ってしまった。プレイヤーとして失格だし、降格しても当然の結果だった。

Bチームに降格した時、真っ先頭によぎったのは、入部以来お世話になった「フットサル」だった。フットサルは、基本的にTOPチーム所属の選手は行わない。四戸さん(フットサル部門監督)にカテゴリー落ちし、フットサルの活動を再開する旨を伝えようと思った時、四戸さんから頂いていたメッセージが頭をよぎった。TOPチームでの活躍を楽しみにしてくれていて、フットサルでのプレーが出来れば相手に怖いアタッカーになれると期待して送り出してくれたことを思い出した。それにも関わらず、自分はTOPチームで何も出来なかったし、しようともしなかった。自分のことしか考えておらず、応援してくれている人達の存在に気付けていなかった。監督が常日頃言われている「与えられている環境に感謝する」という言葉の真の意味を身を持って感じられた瞬間だった。

このままでは絶対終われない。自分のソッカー部での存在意義は、常に犠牲心を持って戦うことを前提とした上で、フットサルとサッカーの二刀流を体現し、フットサルの価値を示すことだと覚悟を決めた。そしてその先には、恵まれた環境を提供して下さっている方々、応援してくれている人が喜ぶ顔を見る為にサッカーをする。シンプルにサッカーが好きだという理由だけでなく、一瞬の喜びの為に、苦しい練習を続けることの重要性もTOPチームから学んだ。一度切れた「糸」を結び直し、Bチーム、そしてフットサルで活躍し、TOPチームを関東リーグで勝たせる選手になる。

最後になりますが、コロナ禍という厳しい環境の中、プレー出来ることは皆様のご支援があってのことです。この場を借りて心より感謝申し上げます。

また、最近会えていない同期の2人の親友にもこのブログが届いていれば幸いに思います。急ぐ必要はないけど、話したいことがたくさんあるよ。

拙い文書でしたが、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

《NEXT GAME》
4月4日(日) 関東リーグ戦 第1節vs国士舘大学
@保土ヶ谷公園サッカー場  14:00キックオフ

「最高の舞台」(田中康太郎)

2021.03.12

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部新3年の田中康太郎です。拙い文章ではございますが、最後までお付き合いしていただけると幸いです。

様々な事情で高校サッカーを不完全燃焼に終えた私は、受験で合格した大学でまた本気でサッカーをやろうと考え、合格した慶應義塾大学でサッカーを続けることに決めた。公式戦という真剣勝負でのみ生じる、他では代替不可能な緊張感、喜びをもう一度味わいたいその一心だった。ただ、いざ入部してみると、そんな思いはすっかりなくなった。強豪校出身や早慶戦に出場することを目標にしている選手が多く、なかには本気でプロを目指す選手もいる。普段はふざけていてもサッカーになると目の色変えて本気で取り組むその強度に圧倒された。正直、大学サッカーをなめていた。高校時代、主力としてスタメンで出ていた自分は大学でも何とかなるだろうと甘い考えを持っていて、浪人時代もその強度に付いていく準備は何一つしていなかった。入部して2、3ヶ月で周りとのサッカーレベルの差を痛感し、公式戦に出るビジョンが全く持てなかった。本気でサッカーしたくて入部したのにも関わらず、こんな気持ちになった自分が本当に情けなかった。しかし、退部の決心はつかず、中途半端な気持ちで部活の練習に行く毎日が続いた。
こうした日々を過ごしていく内に転機が訪れた。1年の後期に行われた、Dチームとして挑む、Iリーグの桐蔭横浜大学戦である。この日、いつものように出場出来ず、得点板の仕事をやることになった。相手はIリーグを首位で独走する関東1部のトップサブのチーム。完敗してもおかしくない相手だった。しかし、選手達は必死に奮闘し、桐蔭横浜大学を追い詰めた。結局、2-4で敗北したものの、その試合で魅せた選手達の全力プレー、感情の起伏の激しさ、ゴールを取った時の全力のガッツポーズを目の前で目撃した時に、心底こういう試合に出たい、こういう試合に出る為に大学で部活をやろうと思ったことを思い出した。
その日を境に頭の中から退部の文字はよぎらなくなった。全力で練習に取り組み、どうしたら試合に出場出来るかを必死に考え、短所を潰し、長所を伸ばした。この取り組みが功を奏して、2年になった時に、Iチーム(Dチーム)で、ほとんどの試合をスタメンとして、Iリーグに出場出来るようになった。Iリーグ1試合目の國學院大學戦で、後半ラストの千代田(新2年・慶應義塾高)の劇的勝ち越しゴールにより勝利した時は心の底から嬉しかったし、サッカーを続けて良かったと心底思えた。たかが一番下のカテゴリーの公式戦だと思うかも知れないが、自分にとっては掛け替えのない瞬間だった。
この経験のお陰で、もっとレベルの高い所で公式戦に出場したい欲が出てきた。早慶戦や関東1部リーグという舞台に出場したい欲。今のままの自分では、手の届く所にないし、普通に考えれば実現可能性が限りなく0に近いが、いつか叶うと信じてより努力を重ねようと思う。それが大学でしか経験出来ない最高の舞台だから。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「感謝」(熊澤維吹)

2021.03.09

平素よりお世話になっております。文学部新2年の熊澤維吹です。
まず、私達が存分にサッカーに打ち込める環境を整えて下さった皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。

私のサッカー人生を振り返ってみると、与えられた最高の環境の中で、与えられた練習メニューをただただ行い、楽しくサッカーをするだけでした。時に苦しい練習も、チームや個人としての目標を達成する為の手段とは異なったものになっていました。そこには、意図した成長もありませんでした。
その様に考えることが出来たのも、私がソッカー部に入部して、選手達が自分自身で各々の課題に取り組んでいる姿を目の当たりにすることが出来たからです。早慶戦や関東リーグの勝利に向けて、自分で考え、必要なトレーニングを行っている文化がそこにはありました。事実、レベルの高い選手達が数多く集まったチーム環境であった高校時代に於いても、今までの自分のしてきた練習は意図した成長が出来ていなかったことに気付かされていました。それでも、高校時代には、その様な自分を見て見ぬふりをして、部活動や勉強に時間を費やしていました。
しかし、大学生となると見て見ぬふりをしても仕切れない程の時間がありました。自分で1日をどの様に過ごすのか、自分で管理しなければなりません。また、コロナウイルス蔓延による自粛期間中に自分自身ら心の片隅で自分は変わらなければいけないと常々感じていました。それでも、とことん楽な選択を選び続ける自分がいました。シーズン前の与えられたランメニューのタイムに、手も足も出ない自分に失望しました。当然の結果、シーズンインも最悪な形でのスタートとなってしまいました。そんな時に、同期の仲間が常に自分の競技力向上に向けて、直向きに努力する姿を見て、自分も変わる決意をしました。冒頭に述べた様に、ソッカー部には、主体性と熱量を持った切磋琢磨出来る仲間が沢山います。その仲間に励まされ、巻き込まれながら、私は決意することが出来ました。4年生が抜けて、1年生が入って来る中で2年生としての責任を全うします。楽な選択を選ばず、きつい選択をし、自分が成長し自立します。そして、仲間に巻き込んでもらった様に、自分も仲間を巻き込み、チームで高め合うようにしていきます。

ソッカー部は、スポーツ推薦がない中でインカレ出場という大きな目標を掲げています。その為、一人ひとりが大きく成長しなければいけません。日々の練習で何処に意識を向け、どれだけ拘れるか、練習以外の時間にサッカーと向き合って、自分が何が出来るのか。自分がやれることは沢山あります。
ソッカー部に関わる皆様のご支援により整えられた最高の環境、先輩方が残してくれた関東1部という最高の舞台に感謝し、インカレ出場という目標を成し遂げ、後輩に良い伝統、環境を継承していく為、毎日成長し続けていきます。
今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ