オフィシャルブログ

「金ピカ」(下谷優太)

2020.10.30

皆さんこんにちは。今回4年部員ブログリレーを担当させていただくことになりました、下谷優太です。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

長くなるので予め書こうと思います。今回、伝えたいことは2つ。「個性」と「自分の金ピカ」です。

「個性」は単純に、自分がどの様な人間であるかということ。

「金ピカ」とは、ある漫画の1フレーズなのですがここでは、「自分が一番やりたいこと」としておきます。(是非、漫画 金ピカ で検索してみて下さい。)

それでは始めて行きましょう。

最近社会現象になっている「鬼滅の刃」という漫画があります。その中に出てくる「煉獄杏寿郎」というキャラクターがいるのですがとにかく正義感が強く、何に対しても真っ直ぐで、見ていると鳥肌が立ちます。とにかくカッコイイ。まだ読んでいない人は一度読んでみてはいかがでしょうか?こんなに個性が強く、カッコイイ煉獄杏寿郎になりたいと感じると思います。(私は思いました。)

しかし、どんなになりたくてもなることは出来ません。正確には、似た様な存在にはなれるけれど本人にはなれないということです。これは当たり前で、人は誰一人として同じ人はいないからです。

話は変わりますが、ここで少し私のサッカー人生を振り返ってみます。

体育会出身の親父の影響を受け、物心ついた頃には弟と3人でボールを蹴り始め、インサイドパスと基礎練習をひたすら行いました。小学生になると町のサッカークラブでプレーし、チームの中ではそれなりの選手となり出場機会も多かったです。練習も楽しくサッカーが大好きでしたが、試合の日はサッカーが嫌いでした。普段はとても優しい親父が試合になると厳しくなるのです。
私はピッチの外だと自分の明るさを出すことが出来るのに、プレー中は個性を表現するのが難しかったです。

小学生を終える頃に、サッカーは大好きだけど、その中でも嫌いなことが私の中で出来ました。「ドリブル」です。トレセン(各チームの代表選手を集めた選考みたいなものです)での出来事は私に大きな影響を与えました。トレセンで生き残るには目立たないといけないのです。その為にはアピールが必要なのですが、周りには私よりはるかに上手い選手がゴロゴロ。当時既にドリブルの才がないと分かっていた私には親父からの「ドリブルして目立て、点を取れ」という言葉を受け入れることは難しかったのです。(これはきっと私にとっての金ピカではなかったからでしょう。)

そんな中で私にはどの様な「個性」、「金ピカ」があり、どの様な選手になればいいのか、なりたいのか悩みつつも、中高とサッカーを続けると自分という人物像やサッカーの楽しみを見つけました。
ピッチ内外で、持ち前の明るさを生かしチームに活気と勢いを付けることが出来る、それは自分の個性であり、自分という存在なのだと。中学時代のキャプテンを任された経験や、高校時代の全国大会出場を経て気が付くことが出来ました。
そして、私にとっての「金ピカ」はクロスとアシストです。幼い頃の基礎練が実を結び、キックに自信を持てる様になりました。その自信を伸ばすべく、中学当時のボコボコの土のグラウンド、高校になってからは綺麗な芝生のグラウンドで沢山練習しました。いつの間にか私の中では得点を決めることより、華麗なフェイントで相手を抜き去るより、強靭な体で相手を止めるより、「綺麗なクロスでアシストする」ことの喜びが大きく価値のあるものになりました。

YouTubeで「慶應義塾vs横浜創英」と検索してみて下さい。「2016.5.7/関東高校大会・神奈川県予選=準決勝」の試合が出てきます。ナイスアシストを見ることが出来ますよ。皆さんからの感想、待っています。試合の映像はこちらをクリックしても見ることができます。

ここで、最初の話に戻りますが、私は煉獄杏寿郎にはなれないし、他の上手なサッカープレイヤーにもなれない。下谷優太は下谷優太でしかないのです。ソッカー部には100を超える部員がいて、部員一人一人は絶対に変えが効かない人物だということです。寡黙に背中で引っ張る選手もいれば、場の雰囲気を良くすることが出来る選手、周りがよく見えてすかさずサポートが出来る選手。沢山の選手がいます。勿論、組織という枠組みの中には沢山のルールも存在しますが、その環境下で自分の個性を前面に出すことが大切であり、委縮する必要はないのだとサッカー人生を通じて感じました。
サッカーも同じで、11のポジションがあり、それぞれに役割がある。その中から自分で選んだポジションで自分の「金ピカ」を存分に発揮することが自分の楽しさ嬉しさであり、結果としてチームの勝利に繋がると私は考えています。

皆さんの個性はなんですか? 皆さんにとっての「金ピカ」はなんですか?

自分はどの様な人間で、どんな良さがあるのか。その良さを押し殺していないか。どんな時も常に等身大でいることが大切です。
なぜサッカーを始めて、サッカーのどこに魅力を感じ、何を求めているのか。せっかくの機会なので考え直してみてはいかがですか?
後輩達は、本当にあっという間に引退が来てしまうという危機感を持って、日々過ごして欲しいと思います。自分の現状に満足いかない人も多いと思います。でもそんな中でも腐らず「金ピカ」を持ち続けてサッカーをしてみて下さい。

最後に2つだけ。

同期へ。
ワンピースやナルト、鬼滅の刃にしても、面白い漫画には主人公以外にも沢山の脇役キャラクターが登場する。大ヒットしている漫画は必ずと言っていい程、主人公と同じだけ個性的な脇役キャラクターが愛される漫画だ。今、関東の試合に出ている自慢の同期が俺らの代の主人公かも知れない。でも、俺は知っている。試合に出ることが出来ていなくても沢山の脇役が沢山の個性でこの部活を支えていることを。全員が自慢の同期だ。ラスト2ヶ月。俺達なりに最高の戦いをしよう。心を燃やせ!

そしてこの場を借りて両親にも感謝したい。
大学まで不自由なくサッカーを続けさせてくれてありがとう。
お母さん。6時30練の日、起きなくていいと言っても絶対に起きて朝ご飯を用意してくれてありがとう。体調に気を付けろ、忘れ物はないか、早く寝ろ、口うるさくしてくれてありがとう。
親父。俺に期待してくれてありがとう。どんな時も応援してくれてありがとう。テーピング巻け、アミノ酸飲め、ストレッチをしろ、他にも沢山のことを耳にタコができる位言い続けてくれてありがとう。優しく、時に厳しくしてくれてありがとう。最後まで悔いなくプレーする姿を見せたいと思う。

自分は自分。最後まで自分らしくサッカーをやり切りたい。

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。次の担当者は馬場啓輔(4年・桐蔭学園高)。ここだけの話ですが、雨の日の馬場は雨タマ模様の可愛いカッパを着用して原付を運転してきます。姿を見ることが出来ると運気が上がるとか?キレのあるドリブルと無回転枠外シュートでチームに流れを生むことが出来る馬場が卒業ブログでどのようなゴールを決めるのか楽しみです!馬場よろしく!

《NEXT GAME》
10月31日(土) 関東リーグ戦 第15節 vs明治大学
13:30キックオフ @江戸川区陸上競技場

「もう一度人生がやり直せたなら」(武田聖基)

2020.10.29

平素より大変お世話になっております。法学部法律学科4年の武田聖基です。毎年4年生が最後にどんな思いを綴るのかを楽しみにしていた引退ブログも、ついには私たちの番となってしまいました。当時は、ブログを書く4年生に対して「○○は結局真面目だから超良い文章書きますよね?笑」とか、「とんでもない爆弾期待してます笑」などと煽ってきましたが、初めて書く側になって後輩たちからいじられると、とんでもないことをしていたなと思い、諸先輩方にこの場をお借りして謝らせて下さい笑
1年時から、他学年と比べて圧倒的に一人ひとりのキャラが立ち、個性豊かな表情を持ち、周りの人達を自然と笑顔にする人が沢山いる、この代の卒業ブログのスタートを務めさせていただけるということでとても光栄に思っています。卒業ブログの順番を決めたのは同期の内藤という噂がありますが、内藤からこの代の中で最も信頼されている同期という風に解釈し、これから胸を張って生きていきます!(笑)(笑) 冗談はさておき、この学年の引退ブログを心待ちにしてくれている後輩たちは沢山いるので、若干キャパオーバーな気もしますし畏れ多いところもありますが、精一杯伝えたいことを私の言葉でこの場に記し、同期の皆のブログに繋げていければなと思っています!心苦しい駄文ではあると思いますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

今回の引退ブログでは“幸せな人生を過ごす一つの方法”について話したいと思います。あくまで、私なりに考えた一例にしか過ぎないので、参考程度にして欲しいです(笑) 

「あの日、あのとき、あの場所に戻れたのなら」

これは誰しもが一度は考えたことがあると思います。私であれば、過去の私が下した判断の結果(現在)に到底納得出来ず過去の自分を恨んだりした過去や、進路選択の際に他の道をもう少し考えるべきだったと反省したことなどがありました。もし人生をやり直すことが出来たとして、あの日、あの時、あの場所で違う行動をしていたのなら、新たな結果はもっと良いものだったのかも知れないと。その様な発想に至るシチュエーションには共通して、自身の考える期待値を大きく下回る結果や数字が出て、落胆し失望し虚無感に襲われ、周りの環境に怒りを覚えるといったことが少なからずあると思います。そこで、初期の私はこの様に考えていました。「そもそも初めから期待するから裏切られるのだと、期待なんてしなきゃ傷つかずに平和に過ごしていくことが出来るのではないかと」これを読んでいる皆さんは勿論分かると思いますが、この考え方は模範的とはいえず、大きな問題点があります。問題点とは、行動源泉の多くの割合を占める目標を失ってしまっているということです。人の多くは目標に到達する(期待)という意識下で、課題を把握しトップダウン式にやるべきことを明確化することで高い意識の中で努力することが出来ます。その目標を失った私は当然やる気をなくし、今考えるとあまりにも不毛な時間を過ごしていました。しかし、お酒の席で、ある後輩に言われた「自分だけは最後の最後まで、自分に期待をしなきゃ掴めるものも掴めないと思います」という言葉は私を見つめ直す機会を与えてくれました。(今考えると後輩に気づかされるなんてださいことだと思いますが、人間的に尊敬しているし、その後輩に言われたからこそ納得して受け入れることが出来たのだと思っています。その後輩には自分の道を信じて頑張ってほしいです。)
話が少し脱線しましたが、今回のブログで最も伝えたいことである、私が考える人生を幸福に過ごす方法は

「後悔しない今を過ごし、全ての出来事に感謝する」

ことです。月並みな表現ですし、普段の私を知っている友人たちは当然の様に、また安いこと言ってんな!!笑 と思うかも知れませんが、あと少しだけお話させて下さい笑 先程も話した様に、人生を前向きに生きて行くには目標を持つことは不可欠でありますが、それと同時に結果に期待することで裏切られ、悲しい気持ちになる可能性もあります。そこで私が見つけた一つの解は過程と結果それぞれにフォーカスし、前者は将来通りの結果が出なかったとしても過去の僕の努力を将来振り返った時に後悔しない様に過ごすことにこだわりを持つ様になりました。未来で回顧した時に納得出来る程の努力をしていたか決められるのは、過去の私しかいないので。そして、後者はある意味割り切りに近いですが、上手くいかなかった未来さえも私の財産であると思う様になりました。他の人達の成功体験に目がいきがちですが、逆の発想をすれば上手くいかなかった経験をしたのも私自身だけなのです。この考え方を発見してからは毎日前向きに目標に向けて練習から積み重ねることが出来ているだけでなく、想像していた未来がたとえ来なかったとしても、その現実を受け入れ財産として自身の中で消化することで、再スタートを歩むことが出来ています。つまり、そう、人生をやり直せたらなんて考える必要なんてないんです。
長くなりましたが、このブログを読んだ後輩たちには結果に一喜一憂せず満足出来る今を過ごして欲しいと思っています。決して満足のいく結果が出なくて下カテゴリー苦しんでいる人がいても、努力する姿は必ず誰かは見ているし、その苦しみながらも目標に向けて足掻いている経験は貴方だけの財産なので、前向きにサッカーを頑張って欲しいと思っています。また、サッカー人生の最後の1年間を、多治見(4年・エスペランサSCユース/柏陽高)、テジュンさん、三浦(2年・慶應義塾高)、横幕(2年・慶應義塾高)、蓮(2年・慶應義塾湘南藤沢高等部)率いるZで過ごさせてもらえて、とても幸せ者だと思っています。意図が必ず何処かにあって、毎日成長を感じることが出来る練習を作ってくれたコーチ陣のお陰で幸せなサッカー人生を送れました。後は、ZでIリーグ全国行くだけ、Zの皆で掴もう。俺らなら必ず出来る。勿論個人としては、入部理由でもある最後の早慶戦に向けて全力で頑張り続けます。チャンスは誰にでもあると思っていますし、本当にこの部から引退する最後の最後まで私だけは私に期待したいと思っています。

最後にはなりますが、
毎日を刺激的に楽しい時間を過ごさせてくれて、人生を豊かにしてくれた同期の皆。
人生の歩み方の一つの正解を示してくれた先輩たち。
私達をリスペクトした上で同期の様な距離感で接してくれた後輩達。
学生とは違う角度から物事を見つめ、意見を下さった社会人の皆様。
今までの22年間の人生で私を支えてくれた人達。
全ての人達に感謝すると共にこれからの活躍を心より願っています。そして、これらの人達と私を繋げてくれたのは他でもないサッカーです。サッカーではない違うスポーツをするのも良かったのかなと思った時期もほんの一瞬来ましたが、小学校の時サッカーを始めて良かったと、サッカー人生の終わりが見えている今だからこそ、心の底から言えます。
サッカー、ありがとう。

次の卒業ブログの担当者は、下谷優太(4年・慶應義塾高)です!次に下谷が控えているのはプレッシャーでしたが、下谷がいる分割り切って自分の言葉で、等身大の考えを表現出来たと思っています。中学校から10年の付き合いを持つ私としては全くもって納得していませんが、下谷は間違いなく、俺らの代でクズっぽく見えて結局信頼されている奴ランキング1位です(笑) 下谷は飄々としているところもありつつ、熱意を持って行動することも出来る凄い奴です。奴がいると結局場が盛り上がって楽しい空間に変えられる凄い奴です。社会人になっても同じ業界の様だけど、学生最後に下谷がどんな言葉を残すのか、1親友としてとても楽しみにしています。これからもずっと宜しく。

《NEXT GAME》
10月31日(土) 関東リーグ戦 第15節 vs明治大学
13:30キックオフ @江戸川区陸上競技場

「夢を追い続けろ」(依田興汰郎)

2020.10.27

平素より大変お世話になっております。今回部員ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部3年の依田興汰郎です。
今回のブログでは、私が慶早戦に対して抱いている想いと今後の抱負について書かせていただこうと思います。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただければ嬉しいです。 

私は父がソッカー部のOBということもあり、中学1年生の頃から毎年欠かさず「早慶サッカー定期戦」を観戦してきています。初めの頃は父に連れて行かされ、ただただ観戦しているだけでした。ですが次第に両校の選手が定期戦に懸ける想いを知り、慶早戦の重さを知りました。それ以来、慶早戦に興味を持ち自ら定期戦に足を運び観戦してきました。
私が中学3年生の時に見た、国立競技場で行われた最後の定期戦、慶應が0ー3で負けた試合は未だ鮮明に覚えています。試合終了後に選手が泣き崩れる姿、慶應側のスタンドの沈黙、スタジアムに響き渡る「紺碧の空」。まだ慶應に入学していないのにも関わらず、私は何故か悔しい思いをしていました。

そして月日が流れ、高校2年生の時に、関東リーグの第20節として行われた慶早戦を観に行きました。その試合は慶應が3ー1で試合に勝ち、私は初めて慶應が早稲田に勝っている姿を目にしました。そんな中、一際目立っていた選手がいたのを覚えいます。その選手は当時の主将を務めており、中学高校の先輩である宮地元貴選手(H29年卒)です。主将としてチームを勝利に導く為に、どんなボールであっても身体で止めにいく気合溢れる姿勢に私は心を震わせられました。この時に宮地元貴選手みたいな「熱い」選手になりたいと思ったと共に、必ず慶應に入学しソッカー部に入ると決めました。

なんとか慶應に入学することが出来、待ちに待ったソッカー部。ですが現実はそう甘くなく、トップチームに絡んでいくにはまだ遠い存在です。それでも中学生の頃から抱いている「早慶定期戦に出場する」という夢は諦めていません。あと1ヶ月弱で今シーズンが終わり、3年生の私からしたらあまり時間は残されていません。ですが現在私に与えられている環境の中で、全力を尽くし、チームの為に気合溢れるプレーをして勝利に貢献することが夢に近付く一歩だと思っています。

最後に、私が尊敬している稲盛和夫さんの言葉を引用してこのブログを終えたいと思います。「成功に至る近道など有り得ない。情熱を持ち続け、生真面目に地道な努力を続ける。このいかにも愚直な方法が、実は成功をもたらす王道なのである。」

拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
10月31日(土) 関東リーグ戦 第15節 vs明治大学
13:30キックオフ @江戸川区陸上競技場

「Sチームの皆へ」(長谷川友己)

2020.10.24

平素より大変お世話になっております。法学部政治学科3年の長谷川友己です。私は2020年の7月末からSチームのグラウンドマネージャーとしてチームに関わらせていただくことになりました。グラウンドマネージャーに就任してから3ヶ月が経ち、Sチームの選手達からも少しずつ信頼をしてもらえる様になってきたのではないかと感じております。
今回、私はSチームの皆へ向けてブログを書かせていただきます。
拙い文章ではございますが、最後までお読みいただけると幸いです。

Sチームの皆へ

シーズンインからずっとZチームに所属していたのにも関わらず、7月末に急にSチームのグラマネとして加入した俺を暖かく迎えてくれて本当にありがとう。
練習にも意図を汲み取って前向きに取り組んでくれてありがとう。
まだまだ未熟だけど、Sチームの一人ひとりの成長を助けることが出来る様に努力していきます。皆ももっと俺を使ってください。

今シーズンはコロナの関係でIリーグの開幕が大幅に遅れ、いつ開幕するか分からないという難しい状況だったけれど、俺らはIリーグを見据えてしっかりと準備してきたし、毎週少しずつ成長していると思う。

ただ、まだまだやれる。

全国に行く為には1つも落とせない。
内容が良くても勝てなければ全国には行けない。

だったらもっと練習から勝負にこだわろう。
1対1の局面の勝負、1つのパス、1歩のポジショニング、展開に対する予測、仲間への声掛け。
もっとこだわろう。
もっと仲間に要求しよう。
微差にこだわってSチームの当たり前の基準を上げよう。

Iリーグ開幕まであと少しの期間しかないけれど、
俺らにはまだまだやれることは残っている。
1日の練習、1回のセッション、1つのプレーにこだわろう。
そして一戦一戦勝利を積み重ねよう。

絶対に全国に行こう。

最後に、大城さん、福本さん、横幕(2年・慶應義塾高)
急にSチームに加入したにも関わらず、多くのことを任せていただき本当にありがとうございます。
Sチームが必ず全国に行ける様、全力を尽くします。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
10月31日(土) 関東リーグ戦 第15節 vs明治大学
13:30キックオフ
@江戸川区陸上競技場

「3度目の正直」(川野太壱)

2020.10.20

平素より大変お世話になっております。法学部政治学科2年の川野太壱です。
1回目のブログでは私のユース時代について書かせていただいたので、2回目の部員ブログでは今日までの大学サッカーの振り返りと今後の抱負について書かせていただきたいと思います。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

私は昨年の秋から1年間で”3度”TOPチームに昇格しました。そして当然、昇格だけでなく降格も味わいました。

1度目は昨年の秋、BチームでIリーグ1部を戦っている中、活躍を認められTOPチームに昇格し天皇杯予選で初めての公式戦デビューを果たしました。しかし、思い通りの結果は出せず2020年のシーズンインからBチーム(Zチーム)の副主将としてプレーすることになりました。メンバー発表の時、頭が真っ白で返事の声が上手く出せなかったのを覚えています。

2度目は今年の春、昇格後の自己紹介の時に「もう2度とBチームに落ちない様に頑張ります。」と語ったのを今でもよく覚えています。その言葉が嘘にならない様に必死に食らい付いて行く覚悟は出来ていました。しかし、関東リーグが開幕して間もなく、自ら出場機会を求めてBチーム行きを志願しました。

この出来事はほんの2,3ヶ月前の出来事です。既に関東リーグが開幕し、開幕戦で同期がデビュー戦ゴールを決めたり、去年の早慶戦では裏方仕事をしていたはずの同期が今年の早慶戦にスタメンで出場したりしている中、自分はこんなにも情けない選択をしてパソコンの画面越しに慶應を背負って戦う同期の姿をただ眺めている。こんなにも悔しいことはないと思います。自分の選択が正しかったと思える様に、全ては関東リーグで活躍する為に、日頃の練習により一層真剣に取り組みました。気分が乗らずずっとさぼり続けていた自主練も再開しました。そしてこのブログから2週間前、3度目のTOPチーム昇格を果たしました。

関東リーグ出場への想いは以前の何倍にも膨れ上がっていました。

前々節の順天堂戦、ついに関東リーグにスタメンデビュー、初アシストを記録しました。同期の初ゴールをお膳立て出来たこと、自分がチームの為に結果で貢献出来たことに喜びが溢れました。試合後に「デビュー、アシストおめでとう」と画面越しに応援してくれたチームメイトから連絡が来ていることが最高に嬉しかったです。この喜びをもっと感じたいと思う様になりました。しかし、前節、前々節と私が出場した試合では勝つことが出来ていません。今度は試合終了の笛と同時にピッチ上で勝利の喜びを感じたい。その為にももっと練習して、チームの勝利に貢献出来る様にしたいと思います。

最後になりますが、何よりも嬉しかったのは家に帰ってから、僕のデビュー、アシストについて嬉しそうに語っている両親の笑顔が見られたことです。怪我も多くて、自分の調子が悪いとすぐ機嫌が悪くなってしまう私ですが、それでも見放さずにいてくれる両親には本当に感謝しています。面と向かって言うのは恥ずかしいのでこの場をお借りして「ありがとう」の気持ちを伝えさせて下さい。母は部員ブログが好きなので最後まで読んでくれているはずです。

「3度目の正直」チームを勝たせられる選手になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
10月24日(土) 関東リーグ戦 第14節 vs桐蔭横浜大学
11:00キックオフ
@味の素フィールド西が丘

記事一覧

月別アーカイブ