オフィシャルブログ

「自信」(田嶋凜太郎)

2020.08.31

平素より大変お世話になっております。総合政策学部3年の田嶋凜太郎です。拙い文章ではございますが、最後までお読み頂けると幸いです。

多くの選手は、周囲や指導者に「自信を持ちなさい」と言われた経験があると思います。私も何度も経験したことがあります。伝えてる人の思いとしては、沢山練習することで出来ないことが当たり前になり、その出来る様になった技術と練習した努力の時間が自分の気持ちに余裕を持たせて、自信が持てる様になるという理論なのだと解釈しています。ただ、人によっては自信を持つことが大切だと分かってはいても、練習量の少なさだけではなく、性格や人間関係などあらゆる要素が原因で自信を持てない人もいると感じます。私もその中の1人でした。

私は小さい頃から自信を持つことがとても苦手な少年で、ただただ楽しんでサッカーをしたいという思いから、小学生の頃は、サッカーは好きだけれど、上手な選手達の中でプレーするサッカーはあまり好きではありませんでした。自分が所属する小学校のチームでは同じレベルの選手が殆どだった為楽しくプレーが出来るものの、選抜チームの練習等に行くと上手な選手が周りに沢山いた為、時間が早く過ぎるのを待つかの様にプレーしていたのを覚えています。周りが上手だと自分がミスをした時に冷たい目で見られるのでは、何か文句を言われるのではないか、というネガティブ思考も重なり、全くサッカーを楽しめずにいたのです。ボールを受けるとどこか逃げるようにダイレクトパスですぐ叩いたり、味方の邪魔になることを恐れ、スペースを空ける様に自分が動いたりと邪魔者扱いされないことだけを考えてのプレー。それは中学校に上がり、より高いレベルのチームでプレーする様になっても変わりませんでした。ミスをすることを怖れ、その恐怖からプレーは萎縮し、チームに迷惑を掛けない様にプレーすることだけを心掛ける日々。テレビや本などあらゆる場面で自信を持つ大切さは語られていて、それらの媒体を見る度に自信を持とうと決意はするものの、いざ練習や試合になると全てを忘れ自信を持つことが出来なかったのです。パス練習やシュート練習は沢山練習出来ますが、自信を持つ練習は出来ません。今振り返ってみると、以前の自分は本当に自信が欠如していて、それを改善する頑張り方も分からなかったのだと思います。

しかしずっと逃げる様なプレーをしていたお陰か、いつの間にか高校ではボールを簡単には奪われずにプレーする方法を見出していました。ドリブルでボールを持たない代わりに、パスで相手を剥がして前に運ぶプレー。味方に敢えてスペースを空けることで、最終的に自分もボールに関われる様なポジション取り。どの様にしたら味方がフリーになれるか、ダイレクトでパスを出すことで味方もプレーがし易くなるかを常に考えることが、いつの間にかチームの為に動くことに結び付いていたのです。次第に自分でも驚く程サッカーが楽しくなり、身体能力を持ち合わせていなくても相手を往なすことが出来る喜びを味わえるまでに成長することが出来ていました。ボールを持つことやドリブル等のプレーを自分の苦手意識から避けていたことが、実はプレーする上で必要なことでもあり、自分の気付かない内にサッカーが上達していました。

ある経験も自分に自信を与えてくれることになります。大学在学中の2年間海外でプレーしていた頃、あるチームの監督がこんな言葉をチームミーティングで掛けてくれました。
「りんたろうは、ボールを持ってない時の動きで相手を交わして、最終的にゴールに繋がるプレーをしてくれている。」
そのミーティングは現地の言葉で行われていた為、正直殆ど何を言っているのか分からなかったのですが、監督の表情と映像の切り取り方で伝えたい思いは大体その様なことなのだろうと感じ取ることが出来ました。これまでのサッカー人生に於いて、自分が意識して行なっているプレーを直接褒められたことがなかったので、素直に嬉しく、少し誇らしい気持ちになったのを覚えています。そして何より、自信がないことで形成された自分のサッカー観は、決してマイナスなことだけではなく、寧ろ自分に自信を与えてくれるものになっていたのだと気付く瞬間でもありました。

ここで最初の自信を持つ話に戻りたいと思います。昔から自信が持てず、小学生の頃は高いレベルでプレーすることが壁になり、中学・高校では自分の技術を上手く発揮する難しさから幾度となく壁にぶつかってきました。その様な時、自分はどう壁を乗り越えてきたか。私は、これまでの人生で立ちはだかってきた壁全てに正面からは挑まず、時には上手く回り道を探る様に「逃げる」という選択もしてきたのです。逃げるというワードはどこかネガティブで、頑張っていない人が取る行動の様にも聞こえると思います。しかし、決して悪い意味だけでもないと私は感じています。上手に困難から逃げるからこそ、大きな壁に立ち向かえる勇気を蓄え、そして逃げるという選択肢があるからこそ、思いっ切り前を向いて登っていくことが出来るのだと思うのです。サッカーも同じ様に、ドリブルで仕掛けない選択肢・パスで逃げる選択肢があるからこそ、ドリブルがより有効的なものになり、相手を抜いていくことが出来る。何事も、ネガティブな選択肢がポジティブな結果を生み出してるのだとサッカーを通じて学ぶことが出来ました。

自信も、無理して持つ様に努力するよりも、自信がないからこそ生まれる自分の新たな強みがあり、その強みが、いつしか自分の自信に切り替わり、一歩前に進めるのだと思います。だとすると、時には少し休み、頑張りすぎないことも後々振り返ってみれば成長に繋がっているのかも知れません。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
9月5日(土) 関東リーグ戦 第9節 vs専修大学
@流通経済大学サッカー場  17:30キックオフ

※無観客試合の為、ご観戦は出来かねます。

「いま、やるべきこと」(千代田和真)

2020.08.27

平素より大変お世話になっております。今回初めて部員ブログを担当させていただくことになりました、法学部政治学科1年千代田和真です。自分に部員ブログが回ってくる時には万全な状態とポジティブなマインドで臨みたいと思っておりましたが、先日怪我を負ってしまい暫くプレー出来ない現状に焦りと苛立ちを感じております。今回のブログでは、その様な状況の中で私が最近考えていることを紹介させていただきます。拙い文章ではございますが、最後までお読みいただけると幸いです。

「日常生活の乱れは、プレーに影響する。」
これは、私が中学1~2年生の時に所属していたクラブチームの監督が常に口にしていた言葉です。このチームでは整理整頓や挨拶、無駄のない日常生活を徹底することがサッカーのパフォーマンスに影響を与えると考えられていました。荷物や靴、練習に使う道具を綺麗に並べられないとグラウンド入場からやり直しをさせられ、練習の準備だけで終了の時刻が来ることもありました。公式戦会場のスタッフに挨拶を出来ていない時には、アップの時間を使って、グラウンド脇に立つ数十本もの木に挨拶の練習をさせられました。無駄のない日常生活の為に毎日のスケジュールを5分単位でサッカーノートに記し、提出していました。当時の私は監督の言葉の真意を理解することは出来ませんでしたが、指示される通りに実践していました。しかし、そのクラブチームを辞めた中学2年生の冬からは折角身に付けた1日の予定を立てる習慣も辞めてしまいました。

怪我をする前の私は、同期が関東リーグで活躍する姿やトップサブとして活動する姿を見て、焦燥感を抱き、自信をなくし、日に日にパフォーマンスは落ちて行く一方でした。私のサッカー人生を振り返ってみると、自信を持ってプレー出来ていた時期は、中学生の時、前述したクラブチームで指示される通りに行動していた期間のみでした。今思うと、指示通りではあったものの、充実した日常生活は私に確固たる自信を与えてくれていました。徹底したスケジューリングはサッカーの練習への準備となり、自主練習にも明確な目標を与えました。自分の練習の質と量に自信を持つことが出来ました。格上相手との勝負が楽しみで、ドリブルを仕掛けても奪われる気はしませんでした。(勿論結果としては奪われることもありました。)サッカーだけでもなく、勉強にも力を注ぎ始めたのも、この頃からでした。周りにはいつも褒めてくれる仲間がいた中学3年間。内部進学というぬるま湯に浸かってしまった高校3年間。これらの時期では、1日をぼんやりとして過ごすことで時間を無駄にすることも多くありました。今思うと、練習にしても自主練習にしてもただただこなすだけになっていた様な気がします。そして、高校受験で折角身に付けた勉強の習慣も、テスト前にまとめて頑張るというものに変わってしまいました。自分より格下の相手に対しては自信を持ってプレー出来ても、格上の相手を前にすると自信をなくし、萎縮してしまう様になりました。プレーの質にもムラがあり一度悪いプレーをしてしまうと、その後の判断に迷いが生じ、弱気なプレーばかりを選択してしまうことが多々ありました。積み上げたものに中身がなく、少しの衝撃で崩れてしまっていました。

私は今回怪我をして、様々なことについて考える機会が増えました。今なら、あの言葉の意味も経験を経て、理解出来ます。前述した通り、怪我の為、今出来ることは限られています。時間もいつもより沢山あります。この様な状況下であるからこそ、今出来ることを全力で取り組む。そして日常生活から弱い自分を払拭し、本当の自信を取り戻します。無駄のない日常生活を過ごし、少しでも精神的に強くなって復帰する。これが今の私の目標であり、やるべきことです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今後ともソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月29日(土) 関東リーグ戦 第8節 vs明治大学
@RKUフットボールフィールド  15:00キックオフ

※無観客試合の為、ご観戦は出来かねます。

「犬も食わない話。」(市川慶人)

2020.08.23

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部1年の市川慶人です。タイトルの通り犬も食わない様な自分語りではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

“Life is like a box of chocolates.”

これはトム・ハンクス主演の「フォレスト・ガンプ(Forrest Gump)」(1994年)で、主人公の母親の生前の口癖であり、最期の言葉としても登場する言葉である。この言葉を聞いたのは中学生の頃であったが、その語感の良さから何となく頭に残っていた。

直訳すると「人生は、一箱のチョコレートの様なものよ。」となる。ここで言う”a box of chocolates”とは、一箱の中に様々な形や味のチョコレートが入っているチョコレートアソートであり、箱の蓋を開けずに外から眺めただけではどんなチョコレートを食べることが出来るのか分からないものである。

この後には “ You never know what you’re gonna get. “と続き、「人生で、どんな出来事に直面することになるのかは、事前になんて分かりっこない。」と解釈出来る。

人生は実際に生きてみないと、いつ、何が起こるか分からないものだ。幼い頃、サッカーを始めた時に開けた「サッカー」という箱。これを開けた時から、甘いチョコレートも苦いチョコレートも味わってきた。ある時は、ピスタチオ味だと思って口に入れたら、ワサビの効いた激辛チョコレートだった。

そして今、ソッカー部に入部して早くも半年が経とうとしている。私はチームメイトの、経験値・技術・身体能力・人間性等全てに圧倒されている状況だ。それが本当に悔しい。悔しくてしょうがない。だからこの状況に何もせずにいる手はない。出来ることを次から次へとやり、継続しなければならない。

とにかく、自分自身を追い込み、目まぐるしく激しい競争のある、このソッカー部において、幼い頃ワクワクしながら「サッカー」という箱を開けた、その時の高揚と期待感を4年間忘れないでいよう。大好きなサッカーを存分に出来るこの何とも贅沢な時間を当たり前と思わず、傲らず、腐らず、高みを目指していこう。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》

8月29日(土) 関東リーグ戦 第8節 vs明治大学
@RKUフットボールフィールド  15:00キックオフ

※無観客試合の為、ご観戦は出来かねます。

「覚悟と決意」(田村祐二朗)

2020.08.20

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、環境情報学部2年の田村祐二朗と申します。先日、人生において節目となる20歳の誕生日を無事に迎えることが出来ました。今回のブログでは、一人の大人として、新たな覚悟と決意を記します。拙い文章ではございますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

“災い転じて福となす”

ここで言う災いとはピンチであり、福はチャンスである。

サッカーにおいて、試合に出られないことは個人的にはピンチ、厳しい状況である。その要因が怪我であれば、多少の諦めが付くものの、万全の状態でプレーしていて試合に絡めないのは、選手として最も屈辱的なことである。しかし、この状況が最もチャンスであるというのが高校時代、並びに現在の状況から学んだことである。試合に出られない時期にどの様な振る舞いをするか、考え方を持つかが重要である。文句ばかり垂れ流し、チームの士気を下げる様な言動や振る舞いはあってはならない。苦しい状況は自分を客観視出来る良い機会であり、自分自身の成長に新たな側面からアプローチ出来る。だからこそ、自分が出来る最善の準備に100%を注ぎ、いつか来るチャンスをじっと待つ。そして、そのチャンスを強かに掴み取る。一見、ピンチと思われる状況でも、その状況に対するマインドの持ち様で未来は大きく変化する。

現在は大学入学後で最も試合から遠ざかっている。この状況に悔しさはあるが、決して悲観はしていない。サッカーに対する姿勢も、人間としての考え方も変わった。下を見て立ち止まっている時間は無駄である。困難な状況を打破した時に、人間は一回りも二回りも強くなる。だからこそ、向上心を持って日々の試合や練習に全力を尽くす。いつか必ずチャンスは来るから。

“プライド”

小中年代において、世代の最高峰の舞台を経験してきた自分にとって、この肩書きは様々な形で自分自身を縛り付けていた。過去の栄光であっても、その栄光に縋ることで、自分の中にある醜い自信を繋ぎ止めていた。どの様な状況に置かれても、過去の自分に頼ることで、直面している目の前の状況から逃げていた。また、稀に見る経歴が周囲の期待を煽り、その期待が大きな重圧となってのしかかり、自分自身を見失うこともあった。期待に応えなければいけない、自分がチームを勝たせなければいけない。この様な過度な思考は、ピッチ上の自分を自ら苦しめていた。

大学でも、入学前からトップチームにいたことはどこかで過信を生み、無意識的に言動に現れていたかも知れない。大学入学後のピークが入学したてと言われるのが怖くて、ボールが自分に向かってくるのが怖い程サッカーから離れたい時もあった。

過去の栄光から創出されるプライドは、人間としての価値を大きく損なわせる。見栄を張ることで、客観的な視点を失い、周囲の人は離れていく。ピッチ上では、過信が生まれ、自分の為だけにプレーする様になる。自分が作り上げてしまった架空の高すぎる基準と現状を比較することでひどく落胆し、自分を失望させることもある。この様な卑屈なプライドこそ、捨て去るべき物である。

しかし、良いプライドも存在し、それは信念となって苦しい状況でこそ猛烈な力を発揮してくれる物である。

「チームの勝利の為に全力を尽くすこと」 この軸を決してぶらさず、使命感を持ってピッチに立つこと。これも立派なプライドであり、絶対に見失ってはいけないものである。その為に、いつだって最初の敵は自分自身であること。この考え方は生涯持ち続けたい。

“感謝と恩返し”

最後に、自分自身が人生を歩んでいく過程において最も大切にしたいことを記す。入学したてのブログにも書いた通り、私は、人生を必然の連続だと捉えている。だからこそ、今までの出会いや出来事は決して意味のないものではなく、一つひとつが価値のある物である。その様な一つ一つの出会いや出来事に感謝し、その恩返しのつもりで、今はサッカーを、数年後には仕事をすること。誰だって一人では生きることは出来ない、家族は勿論のこと、仲間や同僚の存在が見えない後押しをし続けてくれている。その大原則を忘れた時、サッカーをする本質的な意味も、仕事の意義も見失うことになるだろう。これからの人生、様々な困難もあると思うが、この精神をモットーに、力強く前に進み続けていきたい。

そして最後に、残り約二年。大学サッカーにおける、自分自身の逆襲を必ず見せる。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月29日(土) 関東リーグ戦 第8節 vs明治大学
@RKUフットボールフィールド  15:00キックオフ

※無観客試合の為、ご観戦は出来かねます。

「これまでとこれから」(宮本稜大)

2020.08.16

平素よりお世話になっております。今回ブログを担当させていただく商学部2年宮本稜大です。2回目のブログということで何を書くか悩んだのですが、大学に入ってからの自分をしっかり振り返ったことがなかったので、これを機会にこれまでの大学サッカー生活を振り返りながら今シーズンの抱負を書いていきたいと思います。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

昨シーズンは、正直私のサッカー人生の中で1番不甲斐ないシーズンだったと思います。
夏休み前にトップチームに上げていただき、関東リーグには数試合出させていただきました。これだけを見れば悲観する必要はないかも知れません。しかし、内容を振り返るととても恥ずかしいことばかりでした。
練習では、周りに付いていくのに必死で自分しか見えておらず、先輩方におんぶに抱っこの状態でチームの為に何かをすることが出来ていませんでした。
関東リーグでは、FWであるにも関わらず決定機で外し、1点も取れませんでした。また私が壁で割れてしまったせいで失点をしました。終いには昨シーズンは交代枠が3枠しかなかったのにも関わらず出戻りまで経験しました。
チームが関東2部リーグを優勝したことは勿論嬉しかったです。ただトップチームに居させてもらえているのに自分はこのチームにどれだけ貢献出来たか、どれだけ必要な存在で居られたかを考えると素直に喜べませんでした。優勝したチームの一員のはずなのに、どこか他人事の様に感じてしまっていました。
私はそんな気持ちを抱え、自分の存在意義を見失いかけた状態で、新チームでの活動が始まりました。
すると、やはり気持ちはプレーに繋がってしまうのか新チーム最初の試合で全治5ヶ月の怪我をしてしまいました。診断結果が出てすぐは長期の離脱に落胆しましたが、今思うとこの怪我は私にとってプラスに働いたと思います。
苦しいシーズンを過ごし自信も失くしかけていたけれど、サッカーから離れることになった時、早く怪我を治してサッカーをしたいと思いました。自分の中でサッカーへの情熱は失われていなかったからです。そんな自分に気付けてからは、前向きな気持ちを持ち続けることが出来ました。そして怪我を治し、練習に参加する時には待ちに待ったサッカーを全力で楽しむことが出来ました。そして今になってもそれは変わりません。
今シーズンは心の底からサッカーを楽しめている今の気持ちを大事にしたいと思っています。そしてその中で、昨シーズン感じた悔しさ、不甲斐なさをバネにプレーでチームに貢献し、シーズンが終わった時に自分の中でやり切ったと思える様に過ごしたいと思います。
しかし、先月から始まった今シーズンのリーグ戦では、まだ1点も取れていません。試合後の練習で、チームメイトから「ナイスゴール」といじられる日々が続いています。まずはこの状況を打破し、結果でチームに貢献したいです。その為にサッカーを楽しみながらも、心身共に成長していける様、今後も前向きに精進を続けます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月29日(土) 関東リーグ戦 第8節 vs明治大学
@RKUフットボールフィールド  15:00キックオフ

※無観客試合の為、ご観戦は出来かねます。

記事一覧

月別アーカイブ