オフィシャルブログ

「本気で向き合う」(藤井夏輝)

2020.06.30

平素よりお世話になっております。いつも先輩、同期、後輩の書いたブログを見ている立場でしたが、今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部2年の藤井夏輝です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

今回、私はこれまで自分が歩んできたサッカー人生とこれからのことについて少し書かせていただこうと思います。

自分のサッカー人生を振り返ると、心の底からサッカーが大好きとは言えなかった。そんな自分が嫌だった。小学生の時に在籍していたチームでは、コーチに怒られるのが嫌で、常にコーチの顔色を伺いながらサッカーをしていた。
中学時代のチームでは怒られることはなかったものの、小学生の時のトラウマが心の何処かに残っていて、失敗を恐れながらプレーすることがよくあった。
高校時代、サッカーを全然楽しめなかった。と言うのも、普段の練習に不満を抱き、監督に怒られないようにプレーをして、自分を取り繕っていた。同じ様に不満を抱いていた仲間と馴れ合いでサッカーをして、本気でサッカーに向き合っている仲間に迷惑を掛けていた。
そんな自分だったが故に、サッカーも受験も納得のいく結果を出すことが出来ず、中途半端に終わった。浪人という道を選び、それと同時に、自分のサッカー人生はもう終わりにしようと思った。

5歳の時に始め、毎日の様に続けてきたサッカーから初めて距離を置いた。距離を置いたことで、気持ちが楽になった自分がいた。サッカーというプレッシャーから解放され、勉強に於いて日々自分と向き合うだけで良い生活がとても新鮮で、少し楽しくもあった。大学に合格したら、勉学に絞り、サッカーは勝負という世界ではなく趣味の領域として続けようと思った。
しかし、受験勉強の休憩中にSNSに流れてくる一足先に大学に行った仲間達の活躍する姿を見て、本気でサッカーと向き合っている彼らが羨ましくも思えた。もう本気でサッカーはしないと決めたのに、初めてサッカーと距離を置いたことで、いかに自分の中心にサッカーがあったのかということを実感した。だからこそ、もう一度サッカーに対する自分の気持ちを確かめ、もう一度勝負の世界でサッカーを続けようと決めた。

あれから1年、今の自分はどうだろうか。私はこの慶應でサッカーを全力で楽しめて、自分と向き合えていると思う。日々のトレーニングで出た課題としっかり向き合い、自分の成長を感じることが出来ている。それに加えて、チームで勝つ楽しさ、特に皆で意見を言い合い、改善して勝てた時はとても楽しい。この決断は絶対に間違ってなかったと自信を持って言える。そして、このソッカー部で達成したい目標が2つ出来た。1つは入部する前から憧れで、勉強のモチベーションにもなっていた”早慶戦に出場して早稲田に勝つこと”である。浪人時代に早慶戦を観に行き、その迫力に圧倒された。それと同時に、早慶戦に出たいと思った。そんな憧れの舞台で私がサッカーをしている姿を、今まで関わってくれた人や応援してくれている人に見せたいと思っている。
もう1つは”フットサルで全国制覇すること”である。当初フットサル部門には、練習時間を増やすという目的で入部したが、プレーしていくうちに、フットサル独自の魅力に気が付いた。サッカーに活かせる部分もあり、今では週1回フットサルがないとサッカーの調子が悪くなるのではないか、とすら思っている。サッカーとフットサルの二刀流を追求しているが、正直コンディション的にはきつい。それでもフットサルメンバーとプレーするフットサルはとても楽しいから、続けることが出来る。今後はこの仲間達と全国制覇を目指して日々練習していきたいと思う。

そして最後に、どんな時も支えてくれる家族、友達、仲間、素晴らしい環境を与えて下さっているソッカー部に関わる多くの方々への感謝を忘れず、この目標に向かって頑張っていきたい。

拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
7月5日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs立正大学
@RKUフットボールフィールド 17:30キックオフ

「最後のチャンス」(菱川天風)

2020.06.24

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年の菱川天風です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

「大学サッカーが1番のピークだった」4年後ソッカー部を卒業した時、自信を持って言える様な4年間にする。これが私のソッカー部での目標である。こう考えるきっかけをくれたのは新型コロナウイルスによる自粛があったからなのかも知れない。今年の2月の頭からソッカー部の活動に参加させていただき、早4ヶ月が過ぎた。そんな中、自身のサッカー人生で初めて身の入らない数ヶ月を過ごした。勿論、練習も試合も手を抜いたことは一度もない。でも何かに「違和感」を感じサッカーに没頭出来ているとは言い切れなかった。何故ソッカー部に入部したのか、聞かれても当時は答えられなかっただろう。そんな矢先のこと、コロナの影響でソッカー部も活動自粛、地元愛知県に帰ることとなった。必然的にかつてのチームメイトや地元の先輩との関わりが増え、練習を共にすることが日常となっていった。既にプロサッカー選手として着実に夢を実現させている仲間、今も尚プロを目指し、自粛期間の多くをトレーニングに費やす仲間、そんな彼らのサッカーに対する真っ直ぐな思いを目の当たりにし、自分が情けなく感じたと同時に、再び自分の気持ちに火が灯った。中学時代には全国大会に出場するも、目標であったベスト8という結果は得られず、高校では、幼い頃からの目標であった選手権に出場することすら出来なかった。気付けば幼い頃からの夢であったはずのプロサッカー選手も何時しか諦め、長いサッカー人生に於いて目標を達成したことはない。そんな自分に最後のチャンスを与えてくれたのがソッカー部であり、そんな自分に終止符を打つ為入部したのだと今ならはっきりと答えられる。先輩方が残してきて下さった関東リーグの舞台。作り上げてきて下さった伝統・歴史ある慶早戦の舞台で、躍動する姿で、私を尊重し、信じ続けてくれた両親に恩返ししたい。そして自分の中途半端なサッカー人生にけじめを付ける4年間にする。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月5日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs立正大学

キックオフ時間・場所未定

「揺らぎ」(平木洵太)

2020.06.20

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当致します、法学部政治学科1年の平木洵太です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

私は劇的な環境変化に対応する為に、ソッカー部員になる為に、僅か3ヶ月間で多くの「揺らぎ」を経験しました。その揺らぎは今も尚、現在進行形で続いており、生い立ちや現状を踏まえて展望を述べていきます。

私の家庭は転勤族で、福岡・横浜・佐賀などの地を転々としながら様々な場所でサッカーを続けており、サッカー人生に於いて最も情熱を注いだ中高6年間を佐賀県で過ごしました。佐賀県とは良い意味でも悪い意味でも特殊な環境で、首都圏に比べると選手・指導者・グラウンド等のレベルが圧倒的に見劣りし、5.6回勝てば全国大会に行ける様なガラパゴスな環境でした。メリットとして、才能の有無に関わらず「努力が実る」環境が整っていたことが挙げられます。具体的には、文武両道を謳う公立の(自称)進学校でも本気で全国を目指せる環境が故に一致団結したチーム作りが出来る状況です。一方デメリットとして、井の中の蛙を輩出しやすい環境が形成されていた点が挙げられます。例として、県大会に於ける「一勝の格差」の影響で自分の立ち位置を見誤り、典型的な視野狭窄に陥ってしまう状況です。結果的に私は一定の成功を収め、一定の達成感を味わい、見事に井の中の蛙として上京してしまいました。

そんな世間知らずな私は大きな挫折を味わい、同時に諦めすら覚えました。練習試合に飛び入り参加して偶然上手くいった私は、更に自惚れて実態のない自信を感じていました。その流れで練習参加した際、理想と現実のギャップに愕然としました。パス・トラップ・視野のどれをとっても嘗てない次元で行うプレーヤーに囲まれ、焦燥感を覚える余裕すらなく呆然としていました。気付けば私は、4軍で漫然と練習をこなすだけの人間に成り下がっていました。早慶戦で結果を残したいという目標の下、全力で一つひとつのプレーに拘っていた初々しさは失われ、サッカーに対する情熱の喪失やアイデンティティの拡散を加速度的に痛感することになりました。よって最近は、自分がサッカーを続ける意味やチーム内の存在意義に疑問を持ち続けています。しかも私は、サッカーに代替し得るコンテンツを発見出来ておらず、宙ぶらりんな日々を送っています。

しかしながら私はこの様な生活に嫌気が差しており、惰性からの脱却を図る有効な打開策を見出したいと考えています。序で「揺らぐ」自分自身の考えを認め、破で実際に行動に移し、急で実践を通して新たな目標を掲げたいと思っています。この序破急を通じ、鬱々とした頭でっかちな考えを捨て、新鮮な気持ちで再びサッカーに臨みたいです。無事に自粛要請も解除され、チームが再始動する絶好の機会を逃さぬ様練習に励むと決めました。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月5日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs立正大学

キックオフ時間・場所未定

「変化することは避けられないこと。」(伊藤真聖)

2020.06.14

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、商学部2年の伊藤真聖です。最後までお読みいただけますと幸いです。

「変化することは避けられないこと。
だから少しだけ信じてみたいのです。」

僕が好きなこの言葉には続きがあります。

「現状維持」
こんな人間は居るのでしょうか。居ないと思います。
現実は常に変化し、進化しています。進化しない人間は置いていかれます。
私は今、その変化の波に引っ張られている気がします。そんなことで良いのでしょうか。努力は報われるという言葉に信憑性はありませんが、行動しない限り未来が変わらないことは信じられます。自分から変化し進化しなければ、暗い未来が待っています。

一番好きな曜日は金曜日です。週末のIリーグのメンバー発表があるからです。一番シビアで痺れる曜日です。高校までメンバー争いやピッチ内の激しさをあまり経験しておらず、この環境が凄く刺激的でした。勿論、同じチームのメンバーはレベルが高く毎日吸収することがあり尊敬しますがリスペクトだけでは進化しません。先日監督に「自分のキャラクターを演じろ」と言われました。これは勿論ピッチ内での話です。自分が求められている部分をピッチ内で表現することが求められています。自分はピッチ内で何を求められているのか考えるきっかけとなりました。同時にピッチ外についても思うことがありました。

私は現在Sチームに所属しています。Sチームには個性的なキャラクターがあり、息苦しいです。幾つか紹介します。ファンダイクキャラ、宝の持ち腐れキャラ、ボール好き好きっ子、4時起きで良い練習時間に3時に起きて勉強するキャラ、部室の唄歌いキャラ、個性的ですね。埋もれてしまいます。埋もれてしまっていいのか。いやいやピッチ外でも負けていられませんね。もう始まっています。

Sチームの目標は、個人としてチームとして昇格するということが掲げられています。今年からのチーム構成によりトップチームに絡みやすい仕組みになっています。去年まで一緒にプレーしていた人がトップチームに絡み出して、自分の変化のスピードが遅いことに危機感を覚えています。時間はあるようでありません。1日1日を無駄にせず過ごしていきたいです。

「変化することは避けられないこと。
だから少しだけ信じてみたいのです。
今日より明るい未来、好きな人達のこと。」

今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「継続」(井上雄介)

2020.06.08

平素より大変お世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、経済学部1年の井上雄介です。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけますと幸いです。

「継続は力なり」。これは小学生の時に所属していたチームのコーチが掛けて下さった言葉だ。私はこの言葉を信じて日々トレーニングに向き合っている。そして、目立つタイプの選手ではない自分が今までサッカーを続けることが出来たのは、これまで出会った監督やコーチ、チームメイト等多くの方々の指導や支えがあったからであることは言うまでもない。高校時代は仲間と共に最後までグランドに残り自主練を続けた。量の多さに囚われ、質の部分では拘れなかったかも知れないが、遠回りでも3年間継続したことが最終的に成果に繋がったと思っている。
ソッカー部の新入部員として活動を始めて数ヶ月が経った。入部したての私の選手としての存在はチーム全体の中ではとても小さいもので、本来ならこの時期に自分の価値を高める為に必死に練習にのめり込む位でなければならないはずだったが、緊急事態宣言、活動自粛という中で、大切な最初の2ヶ月が過ぎていった。正直、自分に甘えてしまいやすい私にとってこれはかなり痛かった。しかし、逆にこの期間に自分自身と向き合って課題を見つけ、それを克服し、個人としての成長に繋げるチャンスとして活かすことも出来るとも感じた。自主的に動かなくてはいけない状況の中で自らを律し、甘えてしまう性格を変え、新しい自分を作り出そうと思いながら過ごした。その支えになったのは、やはり周りの方々の存在だった。自主練の為に様々なメニューを提案し、オンラインでのトレーニングを主導して下さった先輩方、定期的にオンラインで面談の機会を設け、アドバイスを下さったコーチ、励まし合える同期達のお陰で練習メニューに事欠くことはなく、モチベーションを保つことも出来た。ただ新しいトレーニングやアドバイスを個人で継続して取り組めていたかと言われると全くそんなことはなかった。学んだことを噛み砕いて消化し、自分なりに組み直して取り組み続けることで自分のものにする。私が最も大切にし、自分自身のモットーにしていたことなのに、それを怠ってしまっていた。この自粛期間を通じて、今まで自分がどれ程恵まれた環境にあったかということを改めて強く感じた。また、活動開始後に飛躍する為に、どの様な長所を活かし、どの様な努力を続けていけば良いか、見つめ直す期間にもなった。
チーム活動の再開が近付いた今、チャンスを掴むも逃すも自分次第だ。今日からの4年間毎日、一日の練習に拘り続け、日々の成長を意識してステップアップ出来る様に取り組んでいこうと思う。

拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ