オフィシャルブログ

「破壊」(所新太郎)

2020.05.31

平素よりお世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、理工学部1年の所新太郎です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

私はよく「怒ってんの?」と言われます。あまり感情を表に出しません。どうやら、つまらない人間になってしまった様です。しかし、頭は常に回転させています。自分で言うのもなんですが、意外と熱い人間です。

まず、タイトルは本題とは一切関係ありません。申し訳ございません。衝撃を与えるという意味で高校時代から掲げている自分なりのテーマです。

さて、本題に入らせていただきます。

私は桐光学園サッカー部に所属していました。高校1年、2年とTOPチームの試合に絡むことはありませんでした。しかし、試合に出て活躍したいと強く思っていました。だから考え、逆算し、行動しました。すると、3年では殆どの試合にスタメンで出場することが出来ました。そしてチームは全国制覇を成し遂げました。が、満足出来るプレーが出来たかと問われると「出来ていない」と答えるでしょう、、、

何故出来なかったのか。理由は沢山あると思います。その中の1つを話します。私は高校時代、質ばかり拘っていました。練習後の自主練も短時間集中で行っていました。本屋で「片っ端から勉強して成功する方法」という、量を求めるタイトルの本を見たことがない様に、量は質で補えると考えていました。しかしこれは間違っていました。「質は量に支えられている」が正解でした。私にはプレーに波がありました。質を重視したことで安定して良いパフォーマンスを発揮することが出来ませんでした。量と質は両方大事です。マイナス×プラス=マイナスになるように(マイナス×マイナス=プラスの考えは一旦捨てます。)、どちらかが欠けていたら成長は出来ません。

しかし口で言うのは簡単です。量をこなすこと、これが一番難しいと思います。私は解決策を考えました。目標です。目標の大きさではなく、強さです。例えば、私が他人に相談され、「やめた方が良いよ。」と言ったとします。その時、私一人の言葉だけで将来の不確実性に弱気になり踏み留まるのであれば、その目標は正直意味がないと考えます。何故なら達成したい、叶えたい、という気持ちの強さが足りないと思うからです。そこまでの目標は目標ではありません。強い思いがあれば人に芯を作ります。芯のある人間は他人に否定された所で1度本気で決めた目標を簡単に諦めることはないと思います。だから私は、強い目標を持つことで量をこなすことが可能になると考えます。

もう大学生です。ついこの間、高校に入学した気分です。早いです。しかし戯言を言っている場合ではないです。高校に引き続き、観ている人に衝撃を与える「破壊」というテーマと、以上に述べたことを肝に銘じて日々精進していきます。

拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「スポンジになりたい」(山本献)

2020.05.29

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部1年の山本献です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

人は向上心を持っていればどんな時でも成長出来る。逆にどんなに環境が良くても向上心がなければ、成長は愚か、すぐに衰退していく。「現状維持では後退するばかりである、前進し続けないといけない。」という言葉を知っているだろうか。これはディズニーリゾート創立者であるウォルト・ディズニーの言葉だ。彼はどんな厳しい環境に置かれても常に高い志を持って成長してきた。

成長する為には立ち止まっている暇などない。向上心を持ち続け、努力するしかない。常に上へベクトルを向け、成長するのだ!と声高にして言ってみたいものだが現実はそう簡単ではない。高校時代までの私はむしろ逆だった。

成りたい自分像や目標を立てると、外部からの影響に触発されてその一瞬はやる気が出る。しかしきついことはやりたくない。何かしらの理由を付けてサボることを正当化する。目を背けていく内に向上心を失い、いつの間にかやらなくなっている。偽りの力に甘んじて自分が良い気になって、自分には実力があると思い上がるが、いざという時には努力の欠如から来る自信のなさが湧き出してくるのだ。そして後悔と自分の技量のなさに苛まれる。これが今までの私だ。この様に自分の心の中を内省してみると赤面したくなる様な情けなさだ。心の中をこの様に文字に興してみたのは初めてのことだ。自分を表面だけ加工しても、私自身はいつもその中身の弱い所を見ている。

ああ、こんな自分から脱却したい!緊急事態宣言による活動自粛期間で、自分に自信を持つ為には何が必要なのか考えてみた。そして出たのがこの3点だ。まず1つ目が実行力だ。やろうと思ったことをすぐに行動する力を身に付けなければならない。2つ目が目標を達成するのには何をどれ位やれば良いのか逆算する計算力が必要だ。そして最も重要であるのが吸収力だ。大学に入学して、これまでとは異なる環境に身を置くことになったが、新しい側面からの様々な考え方、見本になる先輩たちの姿に沢山の刺激を受けまくっている。どんな環境でもその気になれば色々なことが吸収出来る。今までは吸収しようとしていなかっただけだ。常に色々な刺激を受け、そこから素晴らしいことを取捨選択して自分の成長に繋がることは模倣して自分のものにしてしまえばいい。吸収するのだ、まるで大きいスポンジの様に。成長出来るチャンスは日々そこら中に散らばっている。拾うか、素通りするかは人次第だが、スポンジ状態の私はそれらを全て吸収して、一回りも二回りも大きく成長したい。
4年間この気概が続くことを祈って、いや、固く決意して文章を終えたいと思う。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。現在、弊部では活動再開に向けた準備が進められております。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「Prelude??」(吉田剛)

2020.05.28

こんにちは、平素より大変お世話になっております。今回、ブログを担当させていただくことになりました、法学部政治学科3年の吉田剛と申します。世間では新型コロナウィルスの感染が徐々に落ち着き、新たな日常に向けて前進している中、弊部も関東リーグ再開に向けて準備が進められています。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

さて、このブログを書くにあたり、私自身のこれまでの人生を改めて振り返りました。その上で、今回は、私が大切にしている「挑戦と変化」についてお話したいと思います。
「挑戦と変化」という言葉を聞いて、皆様は何を考えますか。『失くしたものと手にしたものを秤に掛ければ圧倒的に前者に傾くと知っている』これは私が大好きなMr.Childrenの曲の歌詞の一部です。中には挑戦と変化を「楽しみでワクワクするもの」と捉える人もいるでしょう。一方でこの歌詞の様に何かを失うこと対して「怖いなあ」と「恐怖」を感じる人もいるはずです。ちなみに私は両方の感情を覚えますが、後者の方が大きいのかも知れません。しかし、どちらの感情を抱いたとしても共通して言えることはそれが成長に結び付くということです。そして、ここで言う成長とは、自己成長だけでなく、組織の成長に於いても言えるのではないでしょうか。だからこそ私は人生設計の中で、また日々の成長の中で、「挑戦と変化」を大切にしたいと考えています。

ここで私の人生の中の「挑戦と変化」を紹介したいと思います。私は中学生まではGKとしてプレーをし、高校入学と同時にFPへと転向しました。同期の酒井(3年・慶應義塾高)とは小学生年代、橋本(3年・希望ヶ丘高/横浜FCユース)と阿部(3年・多摩大学目黒高)とは中学生年代に同じチームで共にプレーしていたので、現在、ソッカー部で彼等とピッチ上の同じ目線で戦っていることがとても面白く、感慨深く思います。そして何より、この挑戦を通して私は大きく成長出来たと感じています。勿論、FPに転向した当初は技術もなく、何もかもが不十分でした。しかし、試合に出場する為に試行錯誤を繰り返す中で、無意識の内に計画、実行、評価、改善を繰り返す様になり、それと同時に周囲の人を巻き込むことの大切さにも気付くことが出来ました。そして形ある結果として、選手権に出場することも出来ました。この経験と成長はサッカーだけでなく、数年後、社会人として生きていく上でも再現性のある力だと考えています。

しかし、勿論、上記で紹介した歌詞からも分かる様に「挑戦と変化」には「恐怖」も付随します。私もFPへの転向という挑戦の中で、これまでGKとして積み上げてきたものを失うかも知れない、本当にFPとして活躍出来るのだろうかといった大きな「恐怖」に駆られたことを覚えています。そしてその「恐怖」は変化が大きい程、また、取り組みの時間が長い程大きくなります。また、その「挑戦と変化」を周囲の人に批判されるかも知れません。つまり、「挑戦と変化」には「批判」も付随します。実際、私自身もFPに転向した際には多くの批判の声がありました。その様な時には、自分の意思に共感してくれる周囲の人間を大切にしてみてください。この考えは、私が事あるごとに相談し、お世話になっているソッカー部のある大好きな先輩から頂きました。そうすれば「挑戦と変化」へのハードルが少し下がるかも知れません。自分の周囲の人間や環境は「挑戦と変化」を起こす上で重要なのではないでしょうか。
これらの経験から、私は「挑戦と変化」は人を成長させてくれると考えます。『胸の高鳴りにその身を委ねよう、燻りを蟠りを捨てに行こう、深く考えないことが切符代わりだ』これもミスチルの歌詞です。大学生活は人生の中で“Prelude”なのかも知れません。だからこそ、体育会という比較的似た価値観を持った人が多く、狭い世界の中で「挑戦と変化」の経験を増やすことは、その後の人生の幅を広げてくれると考えます。
コロナウィルスの影響により、様々な変化が起きている今、私なりに改めて「挑戦と変化」について考えてみました。皆様も是非ミスチルの曲を聞いてみて下さい(最高です!)、きっと共感していただけるはずです。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「僕に関わる全ての皆様へ」(橋本健人)

2020.05.28

平素より大変お世話になっております。
総合政策学部3年の橋本健人です。

この度、2022年シーズンのレノファ山口FC入団内定が決まりました。
この素晴らしいクラブでプロサッカー選手のキャリアをスタート出来ることを大変嬉しく思います。

練習参加を通して、レノファ山口のクラブとしての目指す道・スタイルや、毎日の濃いTRなどからサッカーに対する考え方を肌で感じ、このクラブと共に大きく成長していきたいと強く想い、今回契約させていただく決意を致しました。

今回、レノファ山口と契約するにあたって、淺海監督を初め、多くの方々にご尽力いただきました。
心より感謝申し上げます。

ここまで、とても出会いに恵まれた人生を歩んできました。
自分が人生の岐路に立たされる度、周りの人の支えがあって今の自分があることを実感します。
散々迷惑をかけてきたけど、好き勝手にサッカーをやらせてくれた両親。
僕のサッカー選手としての基盤を作ってくれた横浜FCのアカデミーコーチの方々。
頼れるソッカー部の仲間、社会人スタッフの方々。
皆さんのおかげで今の自分がいる。
本当にありがとうございます。

そんな僕をつくってくれた周りの人が、誇らしげに自慢出来るようなプロサッカー選手になりたい。

僕はまだまだ未熟者です。
フィジカルもアジリティ能力もプロレベルに達しているとはいえないし、人としても半人前。
足りないことだらけです。
それでも、不安はありません。

もっと上手くなりたい!もっと上へ行きたい!という果てしない向上心は、プロサッカー選手を志した小さい時から、今も変わらず持ち続けています。
考えれば考えるほど新たな気づきがある。自分の想像をピッチの上で自由に描ける。
そんな深く、楽しく、大好きなサッカーをもっと究めて、自分がどこまでいけるのか。
正直楽しみで仕方がない。

今年、ソッカー部としても勝負の年です。
3年振りの関東1部復帰。
僕は大学3年生で、進路を決めるにはまだ早いかもしれません。
けれど、今の自分では関東1部で「Deep Impact」を残すことは出来ないから。
在学中の残り2年間で、もっと成長する為、挑戦しようと決意しました。
親しい4年生との残り1年、そして同期との残り2年間、僕は後悔したくない。

サッカーが好きだから。
ボールがゴールに吸い込まれるあの瞬間、仲間と喜び合うあの瞬間がたまらなく好きだから。
僕は、自分の選んだ道を信じ、自分だけの道をぐんぐん前へ進んでいきます。
みんなの想像を超えていきます。

レノファ山口とソッカー部の両方から学び続け、もっともっと成長したい。
そして、みんなと勝ちたい。勝って喜びたい。

残り2年間、僕は黄色とオレンジを身に纏い、
自分の理想である、
「観ていて楽しいプロサッカー選手」になります。

もっと上手く、もっと強く、そしてもっと上へ。

今後も変わらぬご声援の程、宜しくお願いします。

橋本健人

「スポーツよ生きろ」(川村祐生)

2020.05.26

平素よりお世話になっております。 今回のブログを担当させていただきます、法学部政治学科3年川村祐生と申します。 宜しくお願いします。
新型コロナウイルス感染拡大によって、不要不急に分類されたスポーツ。 オリンピック、Jリーグ、プロ野球、大相撲、インターハイといった数々のイベントが中止や延期となり、ソッカー部も活動自粛を余儀なくされた。

スポーツは死んだのか?

スポーツは勝つ喜びを教えてくれた

スポーツは負ける悔しさを教えてくれた

スポーツは努力することを教えてくれた

スポーツはサボることを教えてくれた

スポーツは奇跡が起きることを教えてくれた

スポーツは諦めることを教えてくれた

スポーツは人との出会いを与えてくれた

スポーツは人との別れを与えてくれた

スポーツには皆を熱狂させる力がある

スポーツには皆を感動させる力がある

スポーツは死なない

スポーツよ生きろ

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後もソッカー部へのご支援、ご声援宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ