オフィシャルブログ

チャレンジ精神で挑んだ鹿島遠征(Dチーム)

2019.08.30

8月も明日で終わろうとしております。皆様は令和初の夏休みをいかがお過ごしでしたでしょうか。
本塾Dチームは昨日をもってTRAUM CUP 東日本 in SUMMERの全日程を終了致しました。
また、Dチームの遠征をもって全カテゴリの夏遠征・夏合宿を終了致しました。
今回のブログでは3日目以降の様子をお伝えさせていただきます。

3日目。
朝から空は曇り、夏の面影が薄らいでいくような涼しい気候でした。
残念ながら2日目までは本戦で1勝も出来ておらず、なんとか下位リーグでは勝利を挙げたいところです。

1試合目は同志社大学との本戦です。
前日のフレンドリーマッチで負けてしまった借りを返すべく、士気を高めてピッチに向かう選手たち。前半はスコアレスドローで折り返しますが、後半早々から立て続けに3点を奪われ、窮地に追いやられます。
しかし、直後にメンバーを大幅に入れ替えたことが功を奏し、宮本大地(1年・慶應義塾高)と齊藤淨(1年・慶應義塾湘南藤沢高等部)の1年生コンビが2点を取り返します。
本塾の猛追も虚しく試合は終了してしまいましたが、苦しい状況でも諦めない選手たちの気概が感じられました。

IMG_0447

得点を決めた宮本大地

IMG_0463

2点目を決めた齊藤淨(写真右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2試合目は順天堂大学との本戦です。

序盤から本塾が先制点を挙げ幸先のいいスタートを切りました。続いてPKを獲得し、これを秋葉満喜(2年・慶應義塾高)が落ち着いて決めます。
試合のペースを終始本塾が握り、最終的には7−2と大量得点で勝利することが出来ました。

IMG_0550

PKを決めた秋葉(写真右)

IMG_0671

2得点を挙げた古川(写真左)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息をつく間もなく次に控えるフレンドリーマッチに臨みます。相手は横浜市立東高校でした。大学生としての意地の見せ所と思いきや、前半は得点を上げることが出来ません。思い通りに攻め切れないことに焦りを募らす本塾でしたが、後半開始早々に山田武明(3年・千種高)が先制点を挙げ、流れを引き寄せます。その後も2得点を追加し、勝利で3日目を締め括りました。

4日目。
天気は晴れ、すっかり夏の暑さに後戻りしました。3日目が涼しかっただけに、より一層暑さが強く感じられました。

IMG_1155IMG_1158

 

 

 

 

 

 

1試合目はフレンドリーマッチでしたが、急遽空きが出た決勝トーナメントの、ひと枠の代わりとして出場しました。
1.2日目を勝ち進んでいった強豪・東海大学熊本との試合に対し、本塾はチャレンジャー精神を持って果敢に攻め入りました。
前半、PKを獲得した濵田真(3年・FCトリプレッタユース)がしっかり決め切り、ゲームの主導権を握ります。
後半は2点を返され、逆転を許してしまいます。しかし本塾も負けじと食らいつき、85分に古川絋平(1年・学習院高等科)が、89分に廣田尚(1年・暁星高)が得点を挙げ逆転勝ちとなりました。

2試合目は東京学芸大学との本戦でした。
序盤から先制点を挙げられ苦しい試合展開を強いられますが、65分に廣田が同点弾を決めます。
引き分けで終わるかと思われましたが、試合終盤にゴールを決められ惜しくも敗戦となりました。IMG_1606

今回の大会の出場チームはどこもレベルが高く、1ランク上のカテゴリにどう勝つか試行錯誤しながら4日間を終えました。
この遠征で得た貴重な経験を糧に、今後もより一層の高みを目指して日々の練習にも尽力して参ります。

 

 

個人的な話にはなりますが、私は今夏、TOPチームとDチーム2つの遠征に帯同させていただきました。
どちらも40人超えの大所帯でしたが、カテゴリごとの色がそれぞれ出ていると感じられました。
Dチームは1.2年生を中心にフレッシュさと元気さで満ち溢れ、遠征を通じて一体感が高まっていくのがとても伝わりました。
今回の遠征に参加した未来ある選手たちが、今後関東リーグで活躍する姿を見届けられることを願っております。

まずは既に後期に折り返したIリーグで、チーム一丸となって結果を残して参りたいと思います。
今後ともご声援の程、宜しくお願い致します。

※鹿島遠征の試合結果詳細は試合速報ブログご覧下さい。

文責 桑原美里

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

鹿島遠征初日・2日目(Dチーム)

2019.08.28

こんばんは!
昨日より、Dチームは鹿島遠征に来ており、「TRAUM CUP 2019 東日本in SUMMER」に参加しております。
本日は1日目、2日目の様子をお伝えさせていただこうと思います。

本塾は2日間で予選グループリーグを対中央大学、対IPU・環太平洋大学、対産業能率大学A、フレンドリーマッチを対産業能率大学B、対東京学芸大学の計5戦を戦い、グループリーグ戦は2敗1分し、フレンドリーマッチは1勝2敗という結果で、苦しい展開となっております。

海人1日目大会初日は、予選グループリーグ初戦の中央大学戦、フレンドリーマッチの産業能率大学B戦、東京学芸大学戦の3試合が行われました。中央大学戦は、開始3分でFW古川紘平(1年・学習院高等科)がPKで先制点を決めましたが、その後相手にペースを奪われ、立て続けに2点失点しまいます。その後試合終了間際にDF竹本海人(1年・FCトリプレッタユース)が1点追加するものの、勝ち切ることができず、2ー2の引き分けで初戦を終えました。(写真:得点を取った竹本海人)

 

フレンドリーマッチでは、産業能率大学B戦と東京学芸大学戦共に30分を1本ずつ行いました。産業能率大学B戦では開始8分でFW宮本大地(1年・慶應義塾高)が得点するものの、その後相手に3点追加され、1ー3で試合を終えます。続いて行われた東京学芸大学戦ではFW伊藤真聖(1年・慶應義塾湘南藤沢高等部)の先制点によってリードすると、本塾はそのまま逃げ切り、1ー0で試合を終えることが出来ました。

 

登木2日目2日目の今日、1試合目は予選リーグ第2戦となるIPU・環太平洋大学との試合でした。前半に2点許すも、後半10分から途中出場となったFW登木昂大(2年・基町高)が立て続けに2点追加し、一度は同点となりますが、その後相手に2点の失点を許してしまい、2ー4という悔しい結果で試合を終えました。(写真:得点を決めた登木昂大)

 

 

ましろ雄大本日2試合目は予選リーグ3戦目となる、産業能率大学A戦でした。相手の猛攻撃により3点奪われた後にFW伊藤真聖(1年・慶應義塾湘南藤沢高等部)が立て続きに2点追加するものの、本塾は最後まで追いつくことが出来ず、2ー3で第3戦を終えました。(写真:ハイタッチをする伊藤真聖と島田雄大)

 

 

2日目のフレンドリーマッチでは、同志社大学と30分を2本行いました。開始7分で相手に得点を許した後に本塾が2点追加し一度は追いつくものの、その後相手に3点追加され、逆転を許してしまいました。
明日からは下位リーグとなります。2日目までの反省を活かし勝利出来るよう、チーム一丸となって戦って参ります。

今後共、温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

※本日の試合結果詳細は試合速報ブログご覧下さい。

文責 川上くるみ

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

山中合宿を乗り越えて(TOPチーム)

2019.08.26

こんにちは。
夏の暑さが残る日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日を持ちまして、TOPチームは5泊6日の山中合宿を終えました。
本ブログでは、24日以降の様子をお伝えいたします。
23日までの様子については、こちらをご覧ください。

24日は、早朝練ではジョグ、午前はサーキット練習、午後はSDWの選手・CBの選手が提案した練習メニューを行いました。

IMG_9766IMG_9755

 

 

 

 

 

 

ポジションごとに提案した練習メニューを提案した選手が指示を出して実践するという経験は、リーグ戦期間ではないこの時期だからこそできたもので、新しい気付きも生まれた有意義な時間になったと思います。

IMG_9968IMG_0074

 

 

 

 

 

 

最終日の25日は、早朝練では体幹トレーニング、午前練ではCBの選手提案の練習メニューを行いました。

IMG_0188八木さん

 

 

 

 

 

 

お昼には、山中山荘近くにある撫岳荘キャンプ場にてBBQを行いました。
ポジションごとに、自分たちの提案した練習メニューの良かった点や反省点を発表した後、主務の塩木よりプレゼンテーションの投票結果の発表がありました。
1位はWB班、2位はGK班でした!

撫岳荘キャンプ八木さん

 

 

 

 

 

 

発表後、八木総監督から乾杯のご挨拶があり、BBQを楽しみました。

IMG_0390 IMG_0401

 

 

 

 

 

 

八木総監督・淺海監督・髙橋コーチによるスイカ割りも行いました。

IMG_0402 IMG_0414

 

 

 

 

 

 

早朝練・午前練・午後練の3部練を全員でこなす日々はハードでしたが、食事・サッカー・睡眠のみを全員で行った約1週間のこの合宿を経て、後期リーグを勝ち抜いていくための一体感が生まれた貴重な時間となりました。

10年ほど前まで毎年行われており、今年から再開した山中合宿。
山中合宿に来て、いらしていただいた福井元総監督や社会人スタッフ、そして山中山荘の方のお話を聞き、ソッカー部のこれまでの歴史を肌で感じる事ができ、関東リーグの舞台が受け継がれてきたことのありがたさ、そして1部リーグ昇格への想いがより一層強くなった期間でした。
そして、これまでの伝統も大事にしつ、走るだけでなく頭も使った新しい山中合宿の伝統を築いていく節目の代である事を実感しました。

関東リーグ優勝に向け、与えられた環境で自分に何が出来るか。部員一同考える事を辞めずに精進して参ります。
山中合宿での厳しい練習を乗り越え、一回り成長した選手への温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

文責 梶浦つばさ

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

山中合宿折り返し(TOPチーム)

2019.08.24

こんにちは。
秋の訪れは未だに感じられない暑さが続いておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
石川遠征を終えたTOPチームは、20日より慶應義塾体育会山中山荘にて、5泊6日の山中合宿を行っております。

ソッカー部創立と同年(1927年)より慶應義塾所属の体育会が合宿等で宿泊させていただいている歴史ある山荘で、都心より10度程涼しい環境の中、後期リーグ開幕に向け、全員が一丸となりトレーニングに励んでおります。

基本的には朝6時からの朝練後、午前練習、午後練習を行います。昨年度の菅平合宿よりもかなりハードなクロスカントリーのメニューをこなし、疲労も溜まる中、上級生を中心にお互いに鼓舞しながら走力を鍛えています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_82caUNADJUSTEDNONRAW_thumb_82f7

 

 

 

 

 

 

 

また、今回の合宿ではポジションごとに自チームや試合の分析をまとめたものを発表するプレゼンテーションも行い、その際に自分達で提案した練習メニューを翌日の練習にて実践します。ボールを使い、自分達が中心となって練習を作り上げる生き生きとした選手達の姿が印象的です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_831bUNADJUSTEDNONRAW_thumb_8318

 

 

 

 

 

 

 

2日目の午後には甲府へ向かい、山梨学院高校と練習試合を行いました。攻撃陣の大量得点となったものの、強豪高校との対戦は課題も多く残り、翌日からの練習改善に繋げることが出来た良い機会となりました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_825bUNADJUSTEDNONRAW_thumb_8283

 

 

 

 

 

 

 

3日目には福井前総監督が激励にいらし、お菓子の差し入れを頂きました。山中山荘での合宿を毎年行っていた時代のお話や今年同様2部首位で折り返した年のお話をお聞きし、この素晴らしい環境で練習をさせていただいている有り難みを再認識致しました。

4日目は生憎のお天気でしたが、一時的に晴れ間も見られ、無事に山中湖合宿を折り返しております。そして夕食後のプレゼンテーションの後には八木総監督のお誕生日をお祝いしました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_8334UNADJUSTEDNONRAW_thumb_8339

 

 

 

 

 

 

 

関東リーグ2部優勝に向けた厳しい夏も全員で乗り切り全員で強くなって、堂々と後期の舞台に立てる様に、残りの練習を精一杯こなして参ります。自分達の伸び代を信じ、一歩ずつ成長している選手達に、今後共熱いご声援の程宜しくお願い申し上げます。

文責 内藤舞

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

宮崎遠征最終日(Bチーム)

2019.08.21

こんにちは。
先日、Bチームが参加致しました「第2回デサントジャパン2019カレッジサッカーフェスティバルin西都」が幕を下ろしました。
本日は3日目、最終日の様子、また、2日目の朝と3日目の朝に見物したアカウミガメの放流につきましてもお伝えさせていただきます。

3日目に行われた福山平成大学戦では序盤から本塾が支配する展開が続きます。前半13分、佐藤嵩也(4年・慶應義塾志木高)からのパスを榊枝英将(4年・川和高)が受け、ゴール前まで運び山田大敬(2年・京都サンガFCU-18)にパスし、そのままゴールへ流し込みます。40分にも北澤快(2年・國學院久我山高)が得点し、2-0で前半を折り返します。後半も本塾がボールを保持しますが、なかなかシュートまで運べません。しかし後半42分、綾部紀幸(4年・慶應義塾高)がセンタリングを挙げ、またも山田がゴールに押し込みます。90分にも本吉航介がダメ押しの一点を挙げ、4-0で勝利しました。

宮崎ブログ⑦

福山平成大学戦のスターティングイレブン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2試合目の相手は鹿屋体育大学でした。本試合も本塾が終始攻めますが、ゴールまで繋がらず、スコアレスドローで後半を迎えます。しかし後半6分、ハーフウェーラインから北澤がドリブルで仕掛け、シュートを放ちゴールネットを揺らします。続く2分後、平田賢汰(2年・慶應義塾高)のクロスに飯塚亮貴(2年・慶應義塾高)が合わせ2-0とします。後半10分にも、鹿屋大のCKからボールを奪い、平田がドリブル突破し、クロスを上げチャンスを作りますが、惜しくもゴールに繋がりません。後半21分鹿屋大に1点を奪われるもそのまま試合終了、2-1で勝利し本塾は予選Bリーグを1位で通過し、翌日決勝を迎えることとなりました。

得点直後のMF北澤(2年・國學院久我山高)

得点直後のMF北澤(2年・國學院久我山高)

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、2日目と3日目の早朝5時より見物したアカウミガメのコガメの放流についても触れたいと思います。2日目の朝は2、3年生が、3日目の朝は1.4年生が新富浜へ向かいました。早朝にも関わらず、夏休みで宮崎に遊びに来ている多くの子供達と共に、コガメが無事浜から海まで辿りつけるよう見届けました。生まれてまもないコガメの健気な姿に部員一同心を打たれました。2日目の朝は、コガメの観察後皆で浜辺のごみ拾いをし、そのままビーチでトレーニングを行いました。普段とは異なる環境で、このような貴重を出来ることこそ、遠征を行う醍醐味であると実感しました。

アカウミガメのコガメ

アカウミガメのコガメ

ビーチでのトレーニングの様子

ビーチでのトレーニングの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生憎の雨で迎えた最終日、決勝の相手は宮崎産業経営大学でした。2日目戦った相手と同じ大学ではありますが、チームが格上で、本塾と同様に負けなしで来ている相手でした。試合か開始早々動きます。前半1分平田の放ったシュートを相手GKがはじき、こぼれ球を飯塚がゴールへ押し込みました。飯塚は4日連続得点と、この遠征で大いに活躍しました。12分には、下谷優太(3年・慶應義塾高)の蹴ったCKに日川優太(2年・高崎高)が頭で合わせゴールネットを揺らします。その後一時相手にボールを回される時間が続きますが、DFラインを中心にシュートまで持ち込ませません。前半42分には新里侑也(2年・慶應義塾高)のGKから榊枝、飯塚、石井翔(4年・多摩大学目黒高)へと繋ぎ石井が本遠征初得点を決め、3-0で前半を折り返します。後半34分にもまたも石井が得点し、終了間際に1点相手に奪われるも
4-1で快勝しました。
また、閉会式後に行われた鹿屋体育大学とのフレンドリーマッチでも平方陸(4年・芝高)の得点が決勝点となり、見事勝利しました。

 

決勝(vs宮崎産業経営大学)スターティングイレブン

決勝(宮崎産業経営大学戦)スターティングイレブン

4日間連続得点のFW飯塚(2年・慶應義塾高)

4日間連続得点のFW飯塚(2年・慶應義塾高)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この遠征で本塾Bチームはフレンドリーマッチ含め負け無しで、優勝することが出来ました。勝ち癖をつけるという意味では目標を達成することが出来たと思います。しかし、決してここで驕る事なく、Iリーグ全国出場という目標に向かい、この夏厳しい練習に励んで参ります。

最後に、この遠征を実現させる為にご尽力頂きました阪南大学をはじめとする「第2回デサントジャパン2019カレッジサッカーフェスティバルin西都」のご関係者の皆様、初音様、OB・保護者の皆様に心より感謝申し上げます。多くの出会いに感謝し、部員一同精進して参ります。

Bチーム集合写真

Bチーム集合写真

閉会式の様子

閉会式の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

今後共ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

文責 三浦亜由美

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

1 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ