オフィシャルブログ

ルールの裏の本質を見極める(三田健太郎)

2019.04.03

三田平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただく、経済学部新2年の三田健太郎と申します。
4月に入り、平成に代わる新元号も令和と発表されましたね。因みに今年度初のブログ投稿は、ガチャピンこと宮崎諒君でした。私と同じく浪人を経験した彼のブログも是非読んでみて下さい。

先日、ソッカー部のOBであり日本テレビのアナウンサーの田辺研一郎さんがソッカー部に対し講演会を開いて下さいました。田辺さんはそこで「ルールよりモラル」というお話をされていました。話の詳細な内容はここでは割愛させていただきますが、このテーマに関して、以前TED Talksで興味深いものを発見したので紹介させていただきます。
紹介させていただくのは以下の動画です。
Yves Morieux :『How too many rules at work keep you from getting things done』
『ルールが多すぎると仕事は捗らない』 イブ・モリュー

この動画の中でモリュー氏は、組織が生産性を向上させる為の指標として「clarity,measurement,accountability」を挙げています。それぞれ「明確さ、数値化、責任所在」ですね。モリュー氏によると、この3つこそが、人の努力を無に帰するものであると陸上競技のリレーを例に解説しています。一部を紹介します。

あるチーム(Aとします)は4人の個々のトータルタイムがもう1つのチーム(Bとします)より上回っていました。しかし結果としてはBチームが勝利しました。なぜでしょうか。
答えはチームAはバトンパスを成功させるという本来の目的よりも、責任の追及を行なったからでした。
リレーではバトンを渡すことが命ですから、チームAはバトンを渡す時の責任者を決めました。責任の所在を明確にすることが狙いです。
確かに責任の所在は明確になりました。しかし、これでは成功する状況を生むという本来の目的よりも、失敗した時の責任者は誰なのかを気にしています。そういった状況ではチームは負けてしまいます。ルールに則り失敗の責任を明確にすることで失敗する組織を作っているのです。

この状況は日々の部活動の中で往々にして生じていると思います。ソッカー部は部員数が多い部であり、多少のルールは必要不可欠だと思います。しかし、伝統だからといってルールに従うのではなく、そのルールの裏にある本質を見極めて一人ひとり行動する必要があると強く感じました。また私自身ルールが無く数値化されない部分でも組織に貢献できる部員であろうと改めて決意しました。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月7日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs青山学院大学
@日本体育大学グラウンド 11:30キックオフ

延世レポート③(石原大暉)

2019.04.02

石原平素より大変お世話になっています。今回延世レポートを担当させていただく、文学部3年石原大暉です。
私と後輩の日川と山田大の3人で3/18(月)から3/31(日)までの2週間、韓国の延世大学校サッカー部に短期留学させていただきました。延世大学校や生活面のことは後輩2人がブログで書いてくれたので、割愛させていただきます。(まだ彼らのブログをご覧になってないという方がいましたら、是非一読お願いします。)

この延世留学では、3人の中で私が最上級生だったので、いかに彼らをリラックスさせ、風通しの良い関係を築き、心の支えとなってやれるのかということを意識していました。ところが、良心を前面に出しすぎたせいか、何日間も連続で彼らの洗濯物を干し、挙句の果てにはマッサージを強要させられました。「威厳とは何か」と考えさせられる2週間でした。

延世1

 

オフの観光を楽しむ2人

 

 

そんな雑談は置いときまして、今回の延世留学では様々なことを感じることが出来ました。それは決してサッカー面や文化の面などだけではありません。その中でも、人と人との繫がりについては非常に考えさせられました。延世留学では監督やコーチ、ドンちゃん(彼については後輩のブログに書いてあります)を始めとする選手達や寮母さんなど沢山の人と出会いました。彼らは知っている日本語やグーグル翻訳を駆使して話しかけに来るなどして、常に私達を気に掛けてくれました。留学中には延世大学校サッカー部とソッカー部の関係を築いて下さったオウさんやドンちゃんのご両親に食事をご馳走になる機会がありました。その時にオウさんとドンちゃんのお父さん(慶應義塾大学で教授をなさっていました)のお二人がおっしゃっていた言葉の中に「自分も慶應にお世話になって色々な人に面倒を見てもらったから、慶應から延世に来てくれた子達には同じようにしてあげたい。」というものがありました。一見当然のことだと思えますが、この気持ちは非常に大切なものであり、この気持ちが人と人とを繋げ、それが大きくなって延世と慶應のような関係性が築かれるのだと思います。私もそれを忘れることなく心に持ち続けます。そして夏の定期戦で延世大学校サッカー部が日本に来た時には、彼らが私達3人を優しく迎え入れてくれた以上におもてなしをします。

2週間はあっという間でしたが、延世での経験は忘れません。また延世で学んだことを日本でも還元出来るよう精進していきたいと思います。そしてこの延世留学に関わっていただいた全ての方にこの場をお借りして、感謝申し上げます。

延世2

 

 

 

 

拙い文章になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
4月7日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs青山学院大学
@日本体育大学グラウンド 11:30キックオフ

本当に慶應に入ってよかった(宮崎諒)

2019.04.01

宮崎平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、法学部法律学科新2年の宮崎諒です。今回は初めてのブログということで、多少緊張しますが自分の気持ちを綴りたいと思います。

「本当に慶應に入ってよかった」

ソッカー部の練習に初めて参加した日から丁度1年が経過した今の自分の率直な感想です。

私は1年間の浪人期間を経てこのソッカー部に入部しました。高校の同期が大学に入学し、新たな大学生活を送っている中、慶應に受かってソッカー部に入りたいという強い思いを抱きながら河合塾秋葉原校に通い始めました。幼い頃から勉強が苦手でほとんどして来なかった私にとって朝早くから始まる勉強漬けの日々は過酷なものでした。受験勉強に重要な時期と位置付けられている夏までの期間は、朝から勉強して夕方の17時前には精神的にも体力的にも限界を迎え、すぐに勉強道具を片付けて帰宅して寝るまでテレビを見ているような日々でした。また日曜日を勉強しないオフの日と決め、家で一日中ダラけて過ごすか味の素フィールド西が丘サッカー場でソッカー部の試合が行われる際には、可能な限り観に行きました。7月に開催された早慶戦にも友人と行き、観客の多さや華々しさに圧倒されました。今思えば、4月から8月の前半までの時期は、慶應に行きたいという思いばかりが増えていく一方で、勉強においては質的にも量的にも十分とは言えなかった気がします。はっきり言って、受験を舐めていたと思います。

しかし、ある人のブログを見たことがきっかけで私の浪人生活は大きく変わりました。
それは中井晴斗先輩のブログです。
晴斗君のブログには、毎日10時間以上も勉強し、テレビを見れる時間も1時間のみということが書かれていました。
そのブログを読んだ時、晴斗君の1日の勉強時間と自分の勉強時間の差に衝撃を受けたと同時に、このままでは今年も慶應に受からないのではないかという危機感を強く抱いたことを覚えています。そして早速次の日から自分の生活リズムを変えていきました。どんなにキツいと思っても塾の閉館時間である21時30分になるまでは勉強をし続けるようにし、日曜日にもしっかり勉強をするようにしました。そのように自分で決めて以降、受験に対する不安や焦りによって暫くの間は机に向かうことが非常に苦しく、1日に何度も家に帰りたいと思うことがありました。しかし、ソッカー部に入ってサッカーをしたいという思いに支えられてそのような生活をなんとか受験まで続け、無事法学部に合格することが出来ました。

ソッカー部への入部後は、初めて体験するものばかりでした。自分達の代は部の仕事でのミスが多くて毎日ミーティングを行ったことや早慶戦を初めて観る側ではなく運営する側として味わうことが出来ました。更に先日行われたヨーロッパ遠征では、ドイツのドルトムントのホームスタジアムでブンデスリーガの試合を観戦したり、ドルトムントU17のコーチに直接指導していただいたりするなど、普段では考えられないような貴重な体験を数多くすることが出来ました。他にも様々な思い出がありますが書き切ることが出来ないので割愛させていただにます。

あっという間に1年の月日が経ち、数年前までは憧れの場所であったソッカー部での生活も残すところ3年を切りました。昨シーズン個人的に納得する1年にすることが出来なかった分、今シーズンは悔いの残らないような1年にするべく、毎日の練習や自主練を無駄にせずに、少しでも高いレベルを目指します。

拙劣な文章ではあったと思いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。来週から関東大学サッカーリーグが開幕し、本塾は4月7日(日)に行われる青山学院大学との試合に挑みます。ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月7日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs青山学院大学
@日本体育大学グラウンド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ