オフィシャルブログ

「必然と偶然」(田村祐二朗)

2019.04.16

田村平素より大変お世話になっております。環境情報学部新1年の田村祐二朗と申します。

入学したての新1年、そして初のブログということで拙い文章ではあるかと思いますが、どうか最後までお付き合いください。

必然と偶然……。この二つの事象について自らの人生において深く考えさせられる機会があり、独自の視点からの考えではありますが、少しでも自分の人生に重ね合わせていただけると幸いです。

2018年6月3日、静岡県高校総体決勝。全校応援という舞台で歓喜に沸くスタンドと仲間達。しかし、私はそのピッチに立つことは出来ず、引退を迎える同学年の仲間の為に気持ちを体現することも出来なかった。様々な思いが頭の中で錯綜する中、悔しさのみが突き抜けていたのは今でも鮮明に覚えている。

仲間が導いてくれた全国総体。名誉挽回のチャンスとばかりに最善の準備をしていた。しかしメンバー発表の数日前、またも怪我により夢の舞台に立つ機会は突然に絶たれた。言葉に表せない悔しさで自然と涙がこぼれ落ちた。どうして自分ばかりこんな目に遭うのか。悔やんでも悔やみ切れない日々を過ごした。そこで引退することも考え、14年間やってきたサッカーを初めて嫌いになった瞬間でもあった。

ただ、そのサッカーから離れた数週間は同時に慶應義塾大学に進むにあたり、非常に大きな意味を持つ期間になったのも事実だった。大学のAO入試を突破するには、塾通いが自分にとって不可欠であり、怪我によって失われたと思っていた日々は、塾に通い続けることで成功へと自分を導いてくれる貴重な日々となった。自分のサッカー人生における最大の挫折の連続が過程となって、夢の実現を力強く後押ししてくれたのだ。

怪我は自分の人生において、様々なチャンスを逃した原因である一方、違うビッグチャンスを創出してくれた。そのチャンスを手にした今では、偶然に起こった怪我も必然的に起こったものであり、大きな価値を持つものであったと振り返ることが出来る。怪我がなければ、今の自分は間違い無くなかったと言えるし、一生涯の中でどれだけの偶然を必然へと変えることが出来るかが重要だとしみじみと感じた。言い換えれば、2018年は怪我に泣かされた年であったが、怪我に本当の意味で助けられた年であった。

ベンチメンバーとして試合に出られない立場からしか見えないものや分からないものを肌で直接的に感じることや、応援席からピッチ上で躍動する選手を声を枯らして後押しすることを通して、ピッチに立つ責任や自覚が生まれ、改めて多くの人のお陰でチームを背負って戦っていることを強く実感出来た。「チームの為に」という本質的な意味が少し見えた気がした。この境遇に直面したからこそ気付くことが出来たものである。

怪我をしていなければ、自分はこのブログを書いていないし、ましてやここにいなかったかもしれない。様々な偶然の連続が必然的に自分をこのソッカー部に連れてきたと今では考えている。ここでプレーする運命であったと。そして幸運なことに今はこのソッカー部で伝統の黄色のユニフォームを着てプレーすることに大きな喜びと誇りを感じることが出来ている。

だからこそ、慶應を代表して戦う重圧を噛み締め、様々な人々への感謝の思いをピッチで体現し、2部優勝と共に1部昇格、早慶戦勝利に精力的に貢献していきたい。

これから起きる、一見、挫折と見える様々な失敗や偶然の怪我はその後の成功の土台となって、「この失敗や挫折がなければ……」と言えると信じているし、そう考えていただきたい。決して諦めてはいけないし、笑顔で振り返ることが出来る日は必ず来る。

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

私の胸に深く刻み込まれている一つの言葉である。

きっとそうだ、この試練は神から必然的に与えられたものなんだ。必ず成功の糧となり、原点となるのだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月27日(土) 関東リーグ戦 第3節 vs日本体育大学
@Shonan BMW スタジアム平塚 11:30キックオフ
※集中応援日となっております。是非お越しください。

「今日までそして明日から」(内桶峻)

2019.04.12

内桶平素より大変お世話になっております。法学部政治学科3年の内桶峻です。
初めてのブログということで、この場を借りて、この数年で私が体験してきたことについて書かせていただこうと思います。少し長くなりますが、最後まで読んでいただければ幸いです。

2016年1月11日。全国高校サッカー選手権大会決勝。たしかに私はあの日、埼玉スタジアム2002という素晴らしいスタジアムで、5万4千人の大観衆の中で試合をしていた。初めて武者震いというものを経験し、ここでプレーできる幸せを噛みしめていた。しかし、キックオフの笛が鳴った後のことからがうまく思い出せない。試合中に何が起きて、いつ自分は交代してピッチを去り、どんな試合の終わり方をしたのだっただろう。ただ、自分がひどいプレーをして、チームのみんなに迷惑をかけて、応援スタンドの方へ顔を上げることができなかったことだけは鮮明に覚えている。試合結果は0-5。涙が止まらなかった。天国と地獄とはきっとこんな状況のことをいうのだろう。そんな風にして私にとっての高校最後の試合は、最高の舞台で、最悪な終わり方をした。

次の日から私は自分の部屋に籠もり、ひたすら机に向かい続けた。センター試験が5日後に控えていた。気が抜けたらすぐにあの日の記憶が蘇ってしまいそうだったから、ひたすら勉強に集中した。学校も受験シーズンになると休みだったため、誰にも会うこともなく、あっという間に受験日を迎えた。無情にも、第一志望であった慶應義塾大学は不合格だった。だが、慶應義塾入学への強い思いを捨てることは出来ず、浪人する決断をした。卒業式を迎え、サッカー部の仲間と久々に会ったことで、みんなは大学へ進学し、自分はもう一年受験勉強をすることを実感した。このとき、初めて自分のサッカー人生はもう終わったのだと思った。

5歳の時から始め、特に大怪我をすることもなく毎日のように続けてきたサッカーから初めて距離を置いた。ボールを一人で蹴ることすら一度もなかった。今振り返ってみると、サッカーに燃え尽きていたのかもしれない。現役の時は、受験勉強を十分にできず、また、本格的に塾に通ったこともなかった私にとって、浪人期間は新鮮なことばかりだった。気のせいかもしれないが、予備校で勉強する毎日は、少し楽しかった。

浪人とは回り道だ。みんなが一足先に大学生活を始めている中で、空白の一年を過ごすことになる。しかし、回り道をするからこそ新しい発見があり、新しい出会いがある。浪人の一年間を通じて、新たな知識を多く蓄えることができ、大切な友達にも出会うことができた。もちろん、つらい日々もあり、変化のない毎日に絶望を感じ、何のために勉強しているのかがわからなくなったこともあったけれど。

様々な葛藤を抱えながら過ごした、どことなく現実離れした毎日も、気がつけば受験シーズンを迎えた。万全の準備をして迎えた二度目の受験は自分には出来過ぎなほど最高の結果に終わった。こうして、友達や先生、そして家族に支えられながら、私は、念願の第一志望であった慶應義塾大学法学部政治学科へ合格することができた。予備校の先生に合格報告したときに泣いて喜んでくれた姿を見て、つらい一年間を乗り越えたことを実感し、浪人する決断をした自分の選択は間違っていなかったのだと確信出来た。

久々に靴箱の奥からスパイクを取り出すと、そこにはまだあの日の埼スタの芝生がついていた。止まっていた時間が新たに動き出すのを感じた。

しかし、現実はそんなに甘くはなかった。ソッカー部での最初の練習は悲惨なものだった。30分走の半分程で過呼吸状態になって離脱した。本気で死ぬかと思った。練習でもミスを連発し、周囲の冷たい視線を感じながら、小学生でもしないような空振りをした。現実を受け止めることは時としてこんなにもつらいことなのか。思うようにサッカーができなくなったことを痛感し、改めて自分のサッカー人生は終わったのだと絶望した。一年のブランクは自分でも想像以上のものだった。自分より上のカテゴリーで活躍するかつての高校の同期たちの存在が信じられないほど遠くに感じた。

それでも周りの練習に必死に食らいつき、余計なプライドを捨て、自分の出来る最大のプレーを心がけた。幸運なことに私のことを評価してくれる指導者との出会いもあり、1年生の最後には新人戦全国準優勝を経験し、2年からはトップチームに昇格することができた。トップチームに上がれたことも嬉しかったが、かつてのチームメイトともう一度一緒にプレーできることがなによりも嬉しかった。

私は今でも自分がこうして体育会ソッカー部に所属していることを不思議に感じることがある。一年のブランクとともに、ある意味一区切りついていた私のサッカー人生を、またこの世界へ戻してくれたのは、一年先に慶應へ入学していた高校時代の同期たち5人だ。サッカーサークルに入ろうと思っていた私を熱心にソッカー部へ勧誘してくれたみんなのおかげで、最高な仲間と出会い、充実した日々を送れている。感謝してもしきれない。ありがとう。

限りなく長く思えた大学生活も折り返し地点を迎えた。今の私の目標は、いち早く怪我を治し、Bチームからトップチームへ昇格することだ。そして、今年がラストシーズンである4年生たちと最高の瞬間を同じピッチで味わいたい。一緒に試合に出て、勝利に貢献することで、かつては同期、今は先輩、そして今後は生涯の友達となる彼らに少しは恩返しができるはずだ。

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。
今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月14日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs関東学院大学
@龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールド 14:00キックオフ

今の思い(阿部真吾)

2019.04.09

阿部平素より大変お世話になっております。環境情報学部2年の阿部真吾と申します。

ついに関東リーグが先日開幕し、ソッカー部での活動も2年目となりました。初のブログということで何を書こうか迷いましたが、今回は今の率直な気持ちを綴りたいと思います。拙い文章ですがどうかお付き合いください。

ソッカー部に入り1年間が過ぎましたが、本当に人生で最も早い1年でした。慶應のソッカー部に入りたい一心で一般受験を何とか乗り越え、ソッカー部に入部することは叶いましたが、1年経ってみて不甲斐ないというのが今の思いです。カテゴリーはDチームから上へ上がることが出来ず、同期で一緒にやっていた選手は気付けば上のカテゴリーへ行っていました。2018年は何も達成出来ず非常に悔しいシーズンとなりました。

「この部活における自分の存在意義を良く考えた方が良い」
「ここで価値を生み出せないなら、もっと違う将来の為になることをした方が良い」
伊藤洋平コーチがよくDチームの中で言うセリフです。

こう言われる度に、自分はこの部に対してどう貢献出来るかとか、この環境でサッカーに時間を費やす意味とかを改めて考えさせられます。Dチームにいるからこそ刺さる言葉ですし、あまり好きな話ではないです。もちろん大学生活の4年間は貴重ですし、もっとサッカー以外のことにもチャレンジ出来る素晴らしい環境が慶應義塾大学にはあります。高校生の時までとは違い、大学生活では様々なバッググラウンドを持つ学生や華々しいキャリアを持つ教授の方々等との関わりも増え、自分が生きてきた世界の狭さを実感しました。まだまだ多くの知らないことがありますし、生活のほとんどがサッカーに費やされてきたこれまでの生活では感じることの出来なかったことです。その為貴重な学生という時間の中では、もっと様々なことを勉強したり経験したりすることに時間を注いだ方が良いのかも知れません。やりたいことの為にとソッカー部を退部し、違う道を歩む同期や先輩方も見てきました。

ただそんな簡単な話でもなく、5歳からサッカーを始めて以来、サッカーのない日常など考えられなかった訳で、何よりも好きなものといえば間違いなくサッカーです。まだまだ諦めきれない目標がありますし、自分を応援してくれる家族や友人など全ての人の期待に応えたい気持ちもあります。自分は弱い人間ですが、それでももう少しだけ頑張りたいと思わせてくれるような友人や尊敬出来る人や環境がソッカー部にはあると思います。本当にふとした何気ない瞬間や光景が自分を奮い立たせてくれることがよくありますし、そういう時にソッカー部に入って良かったと思うと同時に忘れかけていた憧れの舞台や入部当初の気持ちが思い起こされます。初めて見た早慶戦の衝撃はまだ体が覚えています。存在意義について問われると正直未だにわからないような所はありますが、今後自分が目標に向かう過程の中で何か核のようなものを見つけられたら良いなと思います。

もっと目標に近付く為に今は自分の課題と向き合って出来る最大限のことを毎日継続していくしかありません。チームメイトと切磋琢磨出来る環境やいつも応援してくれる家族や友人に感謝して、今後ももっと上を目指していきます。

拙い文章ではありましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今年こそは関東リーグ1部復帰を果たすべく、部員一丸となって戦っていきます。今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月14日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs関東学院大学
@龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールド 14:00キックオフ

有言実行(佐藤海徳)

2019.04.06

佐藤海平素より大変お世話になっております。法学部政治学科4年の佐藤海徳と申します。

ついに関東リーグ開幕前日となりました。今回のブログでは、新チームになってから感じた苦悩と、今シーズンにかける想いを綴らせて頂きます。

強いチームになるには、どうすればいいのか。

これは、私が主将に就任した時から約3ヶ月間、ずっと考えてきたことです。
ソッカー部に入部してからの3年間は、2部に降格したことや、早慶定期戦での3連敗など、悔しい想いを数多くしてきました。今まで、手を抜いたことはありません。しかし、なぜ理想の結果は出ないのでしょうか。

新チームになった今シーズンも、7試合目の練習試合で初勝利を掴み、沖縄遠征ではBチームの方が好成績を残すなど、理想とはかけ離れた現実でした。

正直、本当に辛かったです。しかし、毎週、毎試合、テーマとして掲げたことが出来たかどうかを振り返ることで、結果が出るか出ないかに振り回されず、一つひとつ着実に前に進んできました。

どうしたらチームが強くなれるのか、私が導き出した答えは、「有言実行する」です。

なぜ強いチームを作る為にこれが必要なのか。
それは、チームとして、課題を明確にして改善に取り組むことが出来るだけでなく、各個人の目標を周りと共有することが出来るからです。

4年生の学年ミーティングでは、強いチームとは「協調ある競争」が出来ることであると考えました。

自分が言ったことに、責任を持って、何が何でも成し遂げて欲しい。一人ひとりが高い目標を宣言し、その目標に向かって全力で取り組めば、ライバルはそれに刺激を受けるし、もし目標に届いていない選手が周りにいたら、手を差し伸べてあげて欲しい。皆で切磋琢磨して、皆で助け合おう。

主将として部員の皆に伝えたいことは、「有言実行」それだけです。

関東リーグでは、1試合ずつ目標を設定し着実に成長していきます。どこにも負けない強いチームとなって、必ず関東リーグ2部優勝と早慶定期戦勝利を成し遂げます。

まずは明日の開幕戦、応援してくれる人が感動するくらい走り、セットプレーから得点をします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今シーズン、全部員で一丸となって闘い抜き、必ず関東リーグ1部昇格を果たします。
今後共、ご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月7日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs青山学院大学
@日本体育大学グラウンド 11:30キックオフ

「あと一歩」(八田和己)

2019.04.05

八田平素より大変お世話になっております。
今年度より、副将を務めさせていただくことになりました、総合政策学部新4年の八田和己と申します。

ソッカー部に入部して早いもので4年目となりました。そして今週末にはいよいよ関東リーグが開幕します。私にとってはラストシーズンとなり、少し寂しい気持ちもありますが、とにかく楽しみで仕方がないです。
今回は私がラストシーズンに懸ける想いを綴らせていただきたいと思います。
拙い文章ですが、どうかお付き合いください。

私は大学1年生の時に初めて観た関東リーグを今でも鮮明に覚えています。選手一人ひとりの技術力の高さ、スピードの速さ、フィジカルの強さなど全てに圧倒されました。また会場の雰囲気や応援の凄まじさに感動し、その時に「いつか自分もこの舞台に必ず立とう」と決意しました。すると運もあって、2年目に関東リーグの舞台に立てるチャンスが巡ってきます。前年度の4年生が多く抜けたことや怪我人などの影響もあり、急遽本職ではないセンターバックとして開幕戦に出場することになったのです。目指していた舞台に立てることになり正直嬉しかったです。

しかし、待っていたのは自身の非力さを痛感する毎日でした。技術、スピード、フィジカル全てにおいて劣っていた私は、観ている人に感動を与えるどころか、付いていくことに必死で、ただただ時間だけが過ぎていき、結局何も出来ずに終わってしまいました。結果、チームは降格してしまい、これまで多くの先輩方が守り続けてきた関東1部リーグの舞台を、こんなにもあっけなく落としてしまったことに大きな責任を感じています。さらに昨シーズンは1年目で1部復帰を目指すも、結果は関東2部リーグで7位。あまりにも不甲斐ない結果に本当に情けない気持ちでいっぱいです。これまでを振り返ると私はこのソッカー部に何も結果を残せていないのです。

そして迎えた今シーズン。
”今年こそ!”と意気込むだけでは優勝なんか出来ないということは分かっています。そんなに甘くありません。では今まで何が足りなかったのか。私はやはり「あと一歩」のところだと思います。昨年の前期の日本体育大学戦、後期の中央大学戦など「あと一歩」のところで勝利を逃した試合が数多くあります。あと一歩寄せていれば、あと一歩足を出していれば、あと一歩走っていれば、というシーンが頭をよぎる人も多いのではないでしょうか。私はこの「あと一歩」にこだわって戦っていく必要があると思っています。

そんな中、今年は『走って、走って、走る』というテーマを掲げて、全員がどんなに苦しい状況でも走り続けられるようなチームを目指して取り組んでいます。私はこの走りこそが「あと一歩」に繋がると思っています。まだまだ足りないですが、徐々に走れるようにもなってきているのも確かです。これからも自分たちを信じて、「あと一歩」にこだわって挑み続ければ、勝負強さが身につき、シーズン中にも成長しながら、2部リーグを優勝できると確信しています。

しかし、1人でも妥協してしまったら、これまでと同じ結果になると思います。本当に生半可な気持ちでは2部リーグ優勝は成し遂げられません。4年生は特に分かると思います。これを読んでくれた部員には、もう一度、自分に「あと一歩」が足りているかを問いかけてみてほしいと思います。毎日の練習で、アップでマーカーをちゃんと走り抜けているか、ラントレの時にラインをちゃんと踏んでいるかなど。その一歩が本当に最後の勝敗を分けます。後悔してからでは遅いです。

だからこそもう一度、明日の練習からでも意識して取り組んでほしいと思っています。偉そうに言っていますが、私自身もまだまだ足りていません。まずは私が、誰よりも走って「あと一歩」にこだわっていきます。応援してくれている人が感動するくらい走って、チームの勝利に貢献します。もし出来ていなかったら指摘して下さい。私はこれだけの覚悟を持って今シーズンに挑みます。

繰り返しになりますが、今シーズンはとにかく「あと一歩」にこだわり続けます。そして最後まで諦めずに、泥臭く、慶應らしく勝利を掴み取り、必ず2部リーグ優勝を果たします。

拙い文章となってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。お時間のある方は是非、会場に足を運んでいただければと思っております。皆様の応援が本当に力になります。これからも引き続き熱いご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月7日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs青山学院大学
@日本体育大学グラウンド 11:30キックオフ

2 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ