オフィシャルブログ

サッカーが出来る幸せ(大薗慶悟)

2018.06.28

大薗平素よりお世話になっております。総合政策学部1年の大薗慶悟です。今回のブログでは、私の高校時代の話をさせていただきます。

私は宮崎県から親元を離れ神奈川県の高校に入学しました。私の通っていた高校のサッカー部は入学当時から監督問題等があり、練習が無いという異例な状態からスタートしました。また、部活が始動したと思いきや、2年生や3年生とは全く関わることが無く、まるで別のチームであるかのような、あり得ない体制でした。そんな中でチームメイトが監督からパワハラを受けるトラブルに巻き込まれる等、沢山の問題が起きました。そして、私達はこの監督の元ではサッカーが出来ないと思い、ある種のストライキを起こしました。その結果、元々先輩方を指導していたコーチが私達を指導して下さることになりました。しかし、私達はグラウンドが使えない、使えたとしても隅だけであったりと十分にサッカー出来る環境がありませんでした。その後も5回も監督が変わる等、私自身もこのままサッカーをしていていいのだろうかと悩ませられる日々が続きました。

この状況のせいで仕方なくサッカー部を辞めていく仲間や転校していく仲間さえいました。気付けば最初40人いた同期もいつの間にか半分になっていました。「全国大会に出たい」というただそれだけの目標に向けて残ったメンバーで1日1日を大切に過ごしてきました。そんな中、私達は理不尽にも学校と監督側から「関東大会、インターハイでどちらもベスト8に入れなければ選手権には出さない」という条件を突き付けられ大会に挑むことになりました。関東大会では見事3位になる事が出来ましたが、夏のインターハイではベスト8を決める試合で逆転負けしベスト16に終わってしまいました。負けたと同時に私達の引退が決まったのです。

しかし、私達は選手権を目指しこの高校を選び入った為諦める事が出来ませんでした。インターハイで負けてからグランドは使えなかったものの、毎日部員全員で集まり話し合いをし、どうしたらサッカーをする事が出来るのか、どうしたら選手権に出る事が出来るのか等、全員一丸となって考えました。選手の保護者の方々も私達の為に全力を尽くして下さりました。学校側の最終的な答えが出るまでグラウンドの4分の1しか使えないという不十分な環境の中でも、全員が選手権に出る事だけを考え一生懸命練習に取り組みました。

選手権の直前に、私達が選手権へ出場出来るという発表がありました。グラウンドが当たり前のように使え、当たり前のように自主練が出来る環境を有難く思いながら毎日練習に取り組みました。私達は全力で予選を戦い抜き、決勝ではライバルである桐光学園と対戦しました。決勝戦では我らのキャプテンが退場するという絶体絶命の状況に置かれ、神様はどこまで私達を見放すんだと思いつつも、必死でゴールを守り抜き運命のPK戦に縺れ込むことになりました。両者4本目まで決め、迎えた5本目。緊張の一瞬に私は心臓が止まる感覚さえ覚えました。私達は難なく決め、相手のキャプテンの番が回ってきました。私は素直に「お願いだ。外してくれ。」そう願いました。次の瞬間、ボールは白く輝くバーの遥か上を飛び夕日の中へと消えていきました。ここで長い長いホイッスルが会場中に響き渡ったのです。こうして私達は目標であった神奈川県制覇、全国大会出場を果たす事が出来ました。応援席にはこれまで支えてくれた保護者、学校の先生方、辞めた後も応援してくれた仲間、OBの方々がいてみんなが讃えてくれました。優勝と共に、嬉し涙はもちろん、今までサッカーが出来なかった辛い時期のことなどが思い出され、「今まで辛かった」と号泣したのを今でも鮮明に覚えています。

私はこの高校サッカーを通して、沢山のことを学ぶことが出来ました。その一つは、どんなに辛い時でも前を見て進むことが大事だということです。これはサッカー以外にも通用することだと思います。「All is well」(きっとうまくいく)と物事をポジティブに捉えて前進すれば成功すると私は考えます。そして一番に学んだことは「サッカーが出来る環境を当たり前と思ってはいけない」ということです。この事は高校で痛い程実感しました。ソッカー部はとても素晴らしい環境です。この最高の環境下にいるからこそ、沢山のことを吸収してサッカーが出来ることに感謝し、この環境を最大限に生かしていきたいです。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月1日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 11:30キックオフ

ボールを奪える選手(馬場啓輔)

2018.06.25

馬場平素より大変お世話になっております。今回、ブログを担当させていただくことになりました、法学部法律学科2年の馬場啓輔と申します。

このブログで私はボールを奪える選手について書きたいと思います。ソッカー部は関東リーグで勝ち切れない日々が続き、また私が所属するBチーム、またCチームも勝ち切れない試合が多くあります。そういった試合をどのように勝ち切れるようにしていくのか。その為にもボールを奪う選手が重要であると考えます。

近年では、「ボールを扱うのが上手い」というだけでは試合に出させてもらえない世界になっています。例えば、世界で活躍するリオネル・メッシはボールを扱うのが上手いのが前提で、ゴールを奪う力に長けています。もしメッシがゴールを奪えない上手な選手であったら、世界一のプレイヤーにはなっていないはずです。では、ゴールを奪えない選手はどのように活躍していけばいいのか。それは、アシストをする選手であったり、ヘディングが負けない選手であったり、ボールを奪える選手等様々であると思います。その中でも私はボールを奪える選手が重要であると考えます。

私が応援しているリバプールというチームは、得点出来る選手が3トップにいて、中盤の3選手にボールを奪える選手を配置し、ヘディングが強いCBを置き、サイドを縦横無尽に駆け上がれる選手がいます。まさに強いチームの象徴です。これだけでも十分に強いチームなのですが、このチームの良い所は誰一人として、守備をサボらず、ボールを奪う力に長けていることです。ボールを奪われてから一気に守備へと切り替わり、相手と駆け引きしながら、ボールを取りに行きます。このチームのエースであるモハメド・サラー選手ですら守備を疎かにすることを許しません。このようにチーム全体が共通理解の元、守備をサボらず、ボールを奪いに行き、すぐにカウンターを仕掛けることで相手の意表を突き、ゴールを奪います。つまりボールを持ってから短時間でゴールまで行くのです。

確かに、後ろからボールを動かして確実にゴールまで行くことは素晴らしいことで、それが理想の形と言えると思います。しかし、ボールを奪ってから素早く攻撃してゴールまで行くことの方がより簡単に、素早くゴールを奪える形です。前線にボールを運ぶ為に、ドリブルやパスでDFを剥がして多くの時間を使うよりも、相手陣地でボールを奪えれば、その時間が削減されて何枚ものDFを置き去りに出来るのです。

私自身高校時代、「ボールを扱うのが上手い」という程度で、通用してしまっていた為、ボールを奪うことの重要性に気付けていませんでした。しかし、大学に入ってからフィジカルで勝てなくなり、相手の強いプレッシャーを躱すことが出来なくなりました。そこから、自分自身も相手に対して強いと思われるプレッシャーの掛け方を心掛けた為、多少はボールを奪える選手になれたのではないかと思っています。

現在関東リーグもそうですが、私が所属するBチームのIリーグでも勝ち切れていません。その理由は様々ではありますが、共通して言えるのが得点力不足だと思います。FWが決定力を身に付け、チャンスがあれば、決め切る。そういったことも大切ですが、それは個人の能力の問題でもあります。しかし、前線でのプレスで相手と駆け引きをして、ボールを取る力を身に付けること、ボールを奪われた後にチーム全体でボールに襲い掛かることは、意識の問題とチームでの共通意識さえあれば出来ることです。ボールを奪うことを増やすことで、より多くのチャンスを生み出すきっかけになり、勝ち切ることに繋がると思います。そして自分自身がゴールを奪う為の、ボールを奪える選手になりたいと思います。

拙い文章でありましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月1日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 11:30キックオフ

運(竹内瑠架)

2018.06.21

竹内平素より大変お世話になっております。法学部法律学科1年の竹内瑠架と申します。私は1年間の浪人という期間を経て、ソッカー部の門を叩くことになりました。ブログという形で自身の考えを表現するのは初めてになります。拙い文章ですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

さて、最近ホットな話題であるワールドカップ。今回の日本代表は親善試合等でもなかなか勝ち星が得られなかった上に直前で監督が交代したこともあり、私自身もそうですが日本代表に強い期待感を抱いていた人は少なかったように思えます。しかし、日本代表は前回大会で1ー4で負けた宿敵コロンビアに2ー1で勝利し初戦を白星で飾ったことで、サポーターが抱いていた日本代表に対する不信感を払拭し、サポーターからの期待を取り返しました。そこで私が考える勝利の要因を書き留めようかと思ったのですが、そこはプロのライターの方に任せ、私はハリルホジッチ前監督解任の理由とされている「コミュニケーション」の部分についてお話させていただこうと思います。

私はふらっと書店に立ち寄り、表紙で気になった本を即購入してしまうことがしばしばあります。そのせいで表紙と内容とのギャップに苦しみ半分くらいで飽きてしまうことが多々あるのですが…。そんな私が何度も読み直した本の中で『運は人柄』という本があります。その本では、人生において重要な3要素を才能、努力、運とし、その比率は1:2:7としています。私はこの文章を読んだ時、「さすがに運が7割は大きすぎるだろう」と思っていました。しかし本を読み終えた今、「運が7割」というのはあながち間違ってはないと考えています。端的に言うと、人と良好なコミュニケーションを取ることによって運は向上するということです。この本では会社を例に挙げています。部長が徹夜でやらなければ終えられない程の仕事を課された際に、部下が率先して残りの仕事を手伝ってくれたとする。この時部長は「俺は良い部下を持ったな、良い部下を持てた俺は運が良いな」と思うでしょう。しかしそれは偶然運が良かったのではありません。それまでの部長の言動、例えば毎日必死に仕事に取り組んでいること、また、ご飯を奢ってくれた際に見返りを求めてこないことによって部下が部長の為に動きたいと考え、率先して動いてくれたのです。私達が「運が良いな」と思うことの多くは私達のそれまでの言動に依存しているのです。つまり、コミュニケーションを取ることによって運を向上することが出来るのです。

私達は今年度2部のステージで理想的な結果は出せておりません。私は現在試合に出れてない1年という立場でチームに貢献で出来るよう動いています。ソッカー部では、伝統としてチームの土台を安定させる為に1年が仕事を全うするのは当たり前のことです。しかし、形だけになってはいけないと思います。私達は伝統の形を模範するべきではなく、ソッカー部の魂を伝統として受け継ぎ、形は付随してくるもので良いのです。型にはまろうとする必要はありません。チームの為になるよう行動しようとする魂をまず最初に持てば良いのです。それによる行動により衝突が起きるのであれば仕方ないことです。そこでコミュニケーションを図り、解決をしていけば良いのです。そして、運を向上させていけば良いのです。

大変拙い文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。今後共、ソッカー部への熱い応援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月1日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 11:30キックオフ

意志と身体(佐藤海徳)

2018.06.18

佐藤海平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、法学部政治学科3年の佐藤海徳です。
この写真は、先月ヴィッセル神戸に移籍して大きな話題となったイニエスタ選手の写真です。
初めてこの写真を見た時、私はこう感じました、

「これが球際だ」

と。身体から約2メートルも離れたルーズボールをマイボールにしようとしている瞬間を捉えていますが、私は彼の頭の中で、「このボールはマイボールに出来る」と考えているに違いないと思いました。イニエスタ

私がこの状況になったら、相手選手も死に物狂いでボールを奪いに来ているのが見えるので、スライディングをして仲間のいる方に蹴り出していたと思います。この状況で、このように大きく足を伸ばしながら、しかも、相手を手でブロックしながらキープする人はいないと思います。もしこのようにキープしたら、内転筋肉離れ、左膝内側靭帯損傷、足首捻挫は間違いありません。

さて、今回の本題では、最近私が学んだことについて書かせていただきます。「意志と身体(カラダ)」についてです。
これは、私が2年目のシーズンを長期離脱することとなった怪我の後から、とてもお世話になっているチームトレーナーの三浦さんに学ばせてもらったことです。
簡単に説明すると、メンタル面である「意志」と、フィジカル面である「身体」は強い結びつきがあるという事です。

三浦さんのトレーニングは、第三者から見たら一風変わったトレーニングに見えると思います。重りを付けたりして行うことはあまり無く、どのように身体を動かしたら、全身を連動させることが出来るかを追求したトレーニングです。それは筋力トレーニングでも体幹トレーニングでもストレッチでも表現出来るものではありません。

相手と相撲の様に力いっぱい押し合っている最中に、「余裕そうに押してみて」と言われた時の自分をイメージしてみてください。その時、きっと顔は自然な表情に変わり、手の力だけで押すのではなく全身で押すようになると思います。全身の重みを相手に向けることでより強いパワーを出すことができ、トップレベルの選手は全身を使って相手とぶつかり合ったり、身体の芯からボールを蹴るというプレーをしているから、より身体をしなやかに大きく速く動かすことが出来ます。最初の写真のように、イニエスタ選手はこのような状況においても、歯を食い縛らず、臀部や指先など全身が力むことなく動かせています。

トレーニングを始めたばかりの頃は、自分がどれほど力んでいるかすら理解することが出来ず、この感覚が全く分かりませんでしたが、世界トップ選手の試合の写真と自分の試合の写真を数多く見比べたことによって、自分の目で動きの質を見ることが出来るようになりました。更に、トレーニングを積み重ねて来たことで、遠征で4日連続90分戦っても筋肉痛が無く、自分の手足が長く感じるような感覚を身体でも理解して来ました。三浦さんに指摘される動きの可動域の広さに毎週驚かされているのでまだまだ未熟ですが、疲労が無いことによりメンタル的にとても楽であり、練習が楽しみで仕方ないと思っています。今振り返ると、怪我を負う前までは、疲労が溜まっていても更に頑張ろうとメンタル的に無理をしていたことが常に身体が重く感じていたことに繋がっており、「頑張らないといけない」と「楽しむ」、どちらの「意志」の持ち方をしているかの差は大きいと思いました。

「意志」をどのように持っているかで「身体」が変わり、逆に「身体」の状態が質の高い「意志」を形成することを実感しました。

このことから、「身体」をいい状態にするために、学んできたトレーニングで力の抜き方を身体に刷り込ませて、無駄な力をなるべく入れないようにしています。

また、「意志」からのアプローチであれば、どれだけ心の底から試合に勝ちたいとか上手くなりたいと思っているかがそのままプレーの動きの質に表れるので、なるべくストレスを持たない生活をしています。私の想像ではありますが、イニエスタ選手は日頃の生活においても疲れを感じることは少なく、あまりストレスを抱えていないでしょう。

私がこれを学べたことは大きく、武藤嘉紀さんや主将の松木さんの様に、動きに才能を持った人と競い合っていくために、自分に限界を作らず、写真のイニエスタ選手くらいのより高い「意志」を持ちたいと思います。ソッカー部員の一人として、個の力を伸ばして競争を活性化し、強いチームにして行きます。

最後になりますが、今シーズン、私達は関東リーグでもIリーグでも目標に近い勝ち点を積み上げることが出来ていません。
しかし、試合後には相手チームに「今まで戦った中で一番手強く、良いサッカーをしていた」と言われることが少なくなく、私たちは自信を失ってはいません。今まで積み上げてきたものを信じています。ですので状況は苦しいですが、「勝たなきゃいけない」のではなく、「勝ちたい」。その感覚で心の底から勝利を追求します。
これからもご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
7月1日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 11:30キックオフ

 

体育会新入部員宣誓式

2018.06.15

図1こんにちは。
梅雨に映える紫陽花の花も美しく爽やかな季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

15日(金)に、慶應義塾大学三田キャンパス西校舎ホールにて、平成30年度体育会新入部員宣誓式が挙行されました。ソッカー部1年も参列し、慶應義塾体育会の新入生が一堂に会しました。今年、慶應義塾体育会は126周年を迎え、私達は慶應義塾体育会の一員となりました。前半の式典では、慶應義塾体育会・長谷山会長や同・須田理事からお言葉を頂戴し、後半のガイダンスでは、スポーツ医学研究センターやLEAP(Leadership Education Athlete Program)の紹介、体育会本部の皆様からのお言葉がありました。「文武両道」、「ギブ アンド テイク」、「品位ある行動」という体育会の理念を伺い、改めてソッカー部の一員、慶應義塾体育会の一員であることを自覚し、身の引き締まる思いがしました。

今年度は、選手とマネージャーを合わせ、約50名がソッカー部に入部しました。まだまだ未熟な私達ですが、互いに切磋琢磨し、鮮やかな4年間を彩れるよう努力していきます。慶應義塾体育会のスローガンである「應える慶び(こたえるよろこび)」を胸に、OB・OGの方々や私達に関わって下さる全ての方に支えられ活動出来ることに感謝の心を持ち、期待と声援に応えられるよう全力で練習に励んで参ります。

ソッカー部は現在、関東リーグ・Iリーグと熱い戦いが続いております。また、7月7日(土)には第69回早慶サッカー定期戦が等々力競技場にて開催されます。今後共、ご声援を宜しくお願い致します。(早慶戦HPはこちら)

文責:荻原瑶

《NEXT GAME》
6月17日(日) 関東リーグ戦 第10節 vs拓殖大学
@日立市民運動公園陸上競技場 11:30キックオフ

1 / 212

記事一覧

月別アーカイブ