オフィシャルブログ

インスパイア(増田皓夫)

2017.06.29

増田2

平素は大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただく商学部3年の増田皓夫です。3年目にして初のブログで緊張していますが、どうぞお付き合いお願いします。

まず初めに、文武両道を謳う國學院久我山高校出身の鴻巣良真や英語を勉強中と専ら噂中の藤川誠人らの為にインスパイアという言葉を説明したいと思います。「inspire 人 to do」 で 「人を刺激、触発して何か行動をさせる」というように刺激、触発といった意味があります。

今回は私がインスパイアされた人について話したいと思います。

昨年の12月末に祖母が亡くなりました。生前は、「何か良い物買ってあげるね」「あなたのお母さんは体育の先生だからあなたは丈夫な身体なのよ」といったポジティブな言葉を何百回も言う程に呆けていましたが、それはそれは元気なおばあちゃんでした。新宿の老人ホームでほぼ寝たきりな状態で、ご飯もゼリー状の物しか食べられない様子を見て悲しかったのを覚えています。私は、老人ホームの先生と一緒に祖母をお風呂に入れるという経験を亡くなる一週間前にしました。服を脱がせて、大きいお風呂に入れた瞬間、「気持ちいいねぇ~~、幸せだねぇ」と言いました。数ヶ月寝たきりで、何も喋らない状態だったので、奇跡的な出来事でした。元々泣き虫なのですが、私は涙が止まりませんでした。その頃、どうリハビリしても一向に良くならない怪我を持っていて、腐り掛けていましたが、友達と居られること、お風呂にゆっくり浸かれること、親のご飯を食べられること、好きなサッカーを出来ること、当たり前に出来ることの尊さや有り難さを痛感させられました。今を一生懸命生きなければならないと学びました。

また、自分を勇気付けてくれる人が近くに居ました。それはある同期の存在です。この3年間、怪我を繰り返しているのですが、リハビリを自分で考えて行動し続けて、同期の前では落ち込んでる様子も殆ど見せず、チームの為に働き掛けてくれます。また、私がどうにも心が落ち着かない時は、怪我のことを話したり、モチベーションの保ち方であったり相談に乗ってくれました。彼の諦めない姿勢を近くで見ていたので、自分が長期離脱をしてもずっと我慢してリハビリを続けて来られました。本当に感謝しています。私だけでなく、他の選手もきっと影響を受けていると思います。あまりここで書き過ぎると、これからの関係が怪しくなって来るので、ここまでにして置きます。(笑)

ふと自分ではなく、周りを見渡すと、自分を助けてくれる人、頑張っている人が沢山居ます。そういった人が自分を勇気付けてくれる、と怪我を乗り越えて思います。

三浦さんや体を見て下さった医者やトレーナーの方々、身を粉にして働いてくれる同期の学生スタッフ、復帰して間も無い自分に融通を効かせてくれた大知君と完、陰で応援してくれる友達、そして毎朝送り出してくれる両親、私を助けて、刺激し続けてくれる人達の為にも、サッカー人生が終わるまで、走って走って走り続けたいと思います。

《NEXT GAME》
7月1日(土) アミノ杯 1回戦 vs神奈川大学
@時之栖スポーツセンター裾野Fグラウンド 15:00キックオフ

リーグ戦前期終了(関東リーグ戦第11節)

2017.06.26

こんにちは。じめじめとした梅雨の季節になり、大雨や暑さで不安定な天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日は関東リーグ戦第11節桐蔭横浜大学との対戦が龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドにて行われました。会場へ向かう頃降っていた雨も試合が始まる時には止み、前期最終節となる大事な試合を部員全員が一つとなって戦いました。勝利とはなりませんでしたが、白熱した戦いが繰り広げられました。

円陣

 

 

心を一つに円陣を組むスターティングイレブン

 

 

 

 

開始早々前半、杉本がこの試合最初のシュートを放ちますが惜しくもバーの上に外れます。その後も本塾の攻撃が続きます。増田のスルーパスに抜け出した小谷が相手DFを上手く躱しシュートを放ちますがゴールとはなりません。しかし、41分遂に試合が動きました。杉本の強烈なシュートから得たCKを近藤が蹴り、八田が完璧なヘディングで合わせて先制点を挙げます。その後も、両センターバックの鴻巣、八田を中心に11人全員での守備で相手に隙を与えず、流れを本塾が掴んで前半を1ー0とリードして折り返します。

八田さん得点後

 

 

ゴールを決めた八田と喜びを分かち合う小谷と杉本

 

 

 

 

前半の勢いに乗っていきたい本塾でしたが、57分、本塾の一瞬の隙を突かれ与えてしまったPKをきっちり決められ、1ー1と振り出しに戻ってしまいます。61分、杉本に代え田中健を投入しましたが、攻撃の流れは桐蔭大に傾いていきます。しかし、集中した守備で何とか追加点を許しません。追加点を狙う本塾は83分、宮川大に代え渡辺恭を投入します。試合終了間際の90分、途中出場の渡辺恭が強烈なシュートを放ちますが、惜しくもバーに当たり得点とはならず1ー1の引き分けで試合を終えます。

前期リーグ全11試合を終え、本塾は2勝5敗4分で暫定11位と思わしくない結果となってしまいました。私達の目標であった「関東リーグ優勝」からは程遠くあるのが現状です。「後期リーグでどのように這い上がって行くのか。」ここから部員全員でチームの事を考え直して参りたいと思います。7月に入ると、アミノバイタルカップが始まり、また15日には早慶戦があります。これらの試合、そして夏の遠征で一回りも二回りも成長し、後期リーグでは更に強くなったソッカー部をお見せしたいと思います。日頃からソッカー部を応援して下さる皆様のご期待に応えられるよう部員一同気を引き締め精進して参ります。今後も温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。
7月15日(土)、等々力陸上競技場にて伝統の一戦である早慶定期戦が開催されます。6年ぶりの勝利を掴むべく、また会場を満員にする為、選手、マネージャー一同準備を進めております。当日は是非皆様会場に足をお運びいただき熱いご声援を宜しくお願い致します。
(早慶戦HPはこちら

文責 竹本友眞

《NEXT GAME》
7月1日(土) 「アミノバイタル」カップ兼総理大臣杯関東予選 1回戦 vs神奈川大学
@時之栖スポーツセンター裾野Fグラウンド 15:00キックオフ

人造人間16号(石井翔)

2017.06.21

石井2

今回のブログを担当させていただきます経済学部2年の石井翔です。

突然ですが私は最近、誰にも言っていない新たな目標を見つけました。今回はその目標を見つけた経緯と理由について書きたいと思います。非常に拙い文章ですが、最後までお読みください。

私は以前からトップチームの試合に出て活躍する、という目標に向かって全体練習をして、授業後には同期の部員とトレーニングを行うという日々を繰り返していました。今でもその目標は変わっておらず、この習慣を変えるつもりはありません。

下手くそな私だから、これからも人より多くの時間練習していくつもりです。しかし、何処か全体練習をただ熟すだけになっている自分、また自主練の時にはグラウンドに来ることに満足している自分がいました。そんな自分に気づいたのは最近で、4月末から始まったIリーグを戦って来て学んだことです。

私の所属するC1チームは現在、6戦1勝5敗で最下位となってしまっています。理由は単純で、得点力不足が原因です。6試合をしてチーム合計4点しか得点をしていません。FWである私の得点は0、得点したのは全てチームメイトです。とても悔しいです。自分は交代して出場時間が短いんだと、言い訳したこともありました。FWとして得点出来ない、情けない自分を認めたくなかったのかもしれません。そして公式戦以外にも練習試合含め、練習の紅白戦でも得点出来ない日々が続いていくうちに、いつの間にか点を取ることに自信を無くしてしまっていました。カウンターのチャンスには、パスの選択と自分でシュートまで行く選択を迷ってしまい、ボールを奪われ逆にピンチになる、最悪でした。

何とかこの状況を打開したいと思い、私は何故点を取れないのか考えてみました。ここで自分について客観的に考えたことが良かったと思います。私にはエゴが足りない、優し過ぎるのではないか、という結論を得ました。そんな時、ふと中学の頃の監督からの言葉を思い出しました。「お前は人造人間16号になれ」と。当時はこの言葉の意味をよく理解出来ていませんでしたが、今なら分かる気がします。人造人間16号とはドラゴンボールに登場するキャラクターです。普段は穏やかで争いは好まない性格ですが、大事な場面では力を発揮して仲間を助けます。つまり中学の監督が言いたかったことは、普段の自分とサッカーをする自分の性格を変えろということだったのだと思います。確かにサッカーに於いてFWなら特にある程度のエゴは必要かもしれません。

それから私は、サッカーをする時はエゴイストになることを意識し始めました。それも僅か1、2週間前のことです。まだまだ意識し始めたばかりですが、次のIリーグまで約1ヶ月空きます。それまでにまずは、練習から少しずつ変わっていき、次節は試合出て必ず得点したいと思います。FWとしてチームが苦しい時に点を取れるような選手になる為、私は人造人間16号を目指します。

以上が私の新たな目標と見つけた経緯、理由です。
また、今年のIリーグは前期と後期で同じ相手と2度対戦する機会があります。前期でやられた分、しっかり後期にやり返してやろうと思います。そして何より、ゴールを決めてサッカーの楽しさを追求していきたいです。

《NEXT GAME》
6月25日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs桐蔭横浜大学
@龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 11:30キックオフ

忍耐と継続(関東リーグ戦第10節)

2017.06.19

こんにちは。梅雨入りを控え不安定な空模様が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日は関東リーグ戦第10節順天堂大学との対戦が成田市中台運動公園陸上競技場にて行われました。前節までとは大きく変わりどんよりとした曇り空で肌寒さを感じる気温となりました。前期リーグ戦も残り僅かとなり、現在11位の本塾にとって負けることの出来ない一戦でした。

S__5439586

 

前半、本塾はFW宮川大に当ててセカンドを狙うスタイルで、一方順大は前線が流動的に動き、ボール支配率では本塾を上回ります。開始早々8分、順大に自陣右サイド深くのスローインから細かくパスを繋がれシュートを打たれますが、GK上田が正面で止めます。本塾はその後暫く、ハイプレス、DF陣は鴻巣を中心としたチャレンジアンドカバーを徹底して、相手に付け入る隙を与えず、拮抗した試合展開を見せます。しかし落ち着き始めた順大が徐々にボールを回し始めます。35分、順大7番名古がドリブル突破からクロスを上げたり、38分、FKをヘディングで合わせたりと、本塾は幾度ものピンチを迎えます。苦しい展開ながらも何とか、体を張ったディフェンスや守護神上田のビッグセーブで前半を無失点に終え、0-0で折り返します。

 

S__5439587

 

DFの要となった鴻巣(背番号15)

 

 

 

後半が開始し、順大は13番浮田に代わり、9番松島を投入します。それにより、サイドからの仕掛け、裏への抜け出しが増し、攻撃のスイッチが一段階上がり、本塾は押し込められる展開が続きます。55分ショートカウンターから裏に抜け出され、グラウンダーのアーリークロスに飛び込まれますが、GK上田のセーブで凌ぎます。右サイドを崩され、58分には、クロスからのボレーシュート、62分にはドリブル突破からのシュートと、いずれも枠外に外れますが、立て続けに攻め込まれます。ロングボールから相手の個人技でシュートまで持ち込まれる場面もありました。その後も順大の猛攻を受け、後半計10本ものシュートを打たれます。本塾はボールを繋ぐ余裕もなく、中々攻撃にシフトチェンジすることが出来ませんでした。しかし攻め込まれる展開が続く中、体を張ったプレーでサイドを限定し、最後まで相手の得点を許しませんでした。守護神上田の活躍も大きく、耐え抜き、0-0の引き分けで貴重な勝ち点1を手に入れました。

前期リーグもいよいよ残り1試合となりました。部員一同、日々惜しむことのない努力を積み重ね、苦しみながら挑み続けてきたリーグ戦ですが、結果という形に結びつけていないのが現状です。しかし、その事実を正面から受け止め、耐え抜き、跳ね返すことが出来るのが魂の慶應です。昨日の試合も、慶應魂故、無失点で守り切ることが出来たと思っております。どのような状況でも、今まで同様の努力を継続し、更に一つひとつの行動に拘り、練習に拘り、試合に拘っていく、そうして「凡事徹底」していくことで道は開けると信じ、進んでいくしかありません。次節の相手は現在12位の桐蔭横浜大学で、絶対に勝たなければならない相手です。必ず勝利を掴み取り、「関東リーグ優勝」という目標をただの目標で終わらせぬよう、後期に繋げていきます。ソッカー部を応援して下さっている皆様のご期待に応えられます様引き続き精進して参りますので、今後も変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

文責 三浦亜由美

《NEXT GAME》
6月25日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs桐蔭横浜大学
@龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 11:30キックオフ

習慣(榊枝英将)

2017.06.16

榊枝2

平素より大変お世話になっております。商学部2年の榊枝英将と申します。ここでは、習慣について私が感じていることを書きたいと思います。

私たちには、何気なく取っている行動が多くあると思います。それは習慣と言うものかもしれません。習慣にするということは、基本的には良いことだと思います。繰り返し行うことで、しっかりと身に付き、無意識のうちにも行動出来る様になって、神経を擦り減らすことが少なくなります。また、自分が日々繰り返すことで、自信も付くと思います。日常生活は勿論、サッカーに於いても様々なことが習慣付くことは非常に重要だと考えます。何故なら、サッカーは瞬時の判断が必要とされるので、無意識のうちに行えることが増えれば、より他のことに頭を働かせることが出来るからです。さらに、練習で習慣としてやって来たことは試合で自信を持って力を発揮することにも繋がります。その他にも、習慣とすることには、多くのメリットがあると思います。

しかし、この習慣には悪い面もあることを見逃してはいけません。それは、無意識のうちに行えるようになる分、考えなくなったり、緩慢になってしまう恐れがあるということです。これを所謂「慣れ」というのかもしれません。習慣付いた行動の質が落ちてしまうのなら、やらない方が良いのではないかと感じます。また、常に同じ状況であるとは限ないのに、臨機応変に対応出来なくなる恐れもあります。サッカーに於いても常に同じ状況とは限りません。相手の動きを見て判断してプレーする必要があるにも関わらず、習慣のように決まって同じプレーをしてミスしてしまったりすることがあります。

ここで、大切なことは二つあると思います。1つ目は「その行動が何故必要なのか」、「その行動を取るに当たって注意すべきことは何か」を常に意識し、習慣化することです。それにより高い効果が得られるし、日々の行動の質が大きく変わって来ると思います。習慣にすることを目的とするのでは無く、習慣にすることは何かをより良くする為に行っていることを忘れてはいけません。2つ目は、繰り返しになりますが、習慣とすることは良い面だけでなく、悪い面もあるということを頭に入れて、行動するということです。いつもと同じことをしていても通用しないことがあることを理解しておく必要があると思います。

抽象的なことが多くなってしまいましたが、これらを踏まえて、私は日々の練習で取り組んでいる攻守の切り替えや相手よりも走ること、現在自主練習で行っているパスの練習、体幹トレーニング等の意味や意識すべきことを再度考えて取り組んで行きたいと思います。また、練習中に習慣として出来ることを増やして自信をもって試合に臨める様にしたいです。その中で、必ずしも練習と同じ状況が訪れるとは限らないことも頭に入れて、臨機応変にプレー出来る様にしたいと思います。そして、素晴らしい環境でサッカー出来ることに感謝の気持ちを忘れずに日々の練習、行動から勝負だと思って一日一日の練習を大切にして取り組んでいきます。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
6月18日(日) 関東リーグ戦 第10節 vs順天堂大学
@成田市中台運動公園陸上競技場 11:30キックオフ

1 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ