オフィシャルブログ

下手くそは走れ(関俊太朗)

2017.04.28

関こんにちは。平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、商学部1年塾高出身の関俊太朗です。とても早い時期にこのブログの順番が回ってきたことに戸惑いが隠しきれませんが、今回は「大学サッカーを続ける理由とそこに懸ける想い」について書かせていただきます。

自分達の代の塾高サッカー部は、創部史上初の全国総体出場と55年ぶりの関東大会出場を果たすことが出来ました。選手権こそベスト16で敗退してしまいましたが、二つの大きな結果を残し、素晴らしい形で引退する事が出来ました。そんな中インハイに出場した為、自分の心の何処かに満足の気持ちが芽生えていたというのが正直なところです。それが故に大学ではサッカーを続けずに、体育会ゴルフ部に入部する意思を今年の1月の時点で親や友達に伝えていました。今考えると相当不安定な人間だなと思ってしまいます。

2月初旬、ボールを触ったのが年末の体育のサッカーが最後だった私は、同期の下谷に正式引退前最後の練習だからと誘われ、気晴らしのような気持ちで下田グラウンドに向かいました。そこで今まで毎日当たり前の様に蹴っていたサッカーボールを約2ヶ月ぶりに触った時、小さい頃無邪気にボールを追いかけていた記憶が蘇り、素直に「サッカーって最高だな」と感じました。この時が大学でサッカーを続ける事を決定した瞬間でもあります。大学の練習は2月7日からのスタートで、両親には春休みの予定を自分の優柔不断な性格で振り回してしまったことを今も反省しています。

このような形で大学サッカーに足を踏み入れることになった私ですが、このままだと皆さんは、「お前はボールを蹴るのが楽しいから体育会ソッカー部に入ったのか?」と思うでしょう。
しかし、自分はサッカーにおいて一つの強い信念を持っています。それは【試合中自分がうまくいかないときはとにかく走れ】という言葉です。これは中学生の頃公式戦の後に父親に言われた一言です。私は足元の技術が秀でているわけでもなく、爆発的なスピードがあるわけでもありません。「そんなお前がもしも走ることすらやめたら使い物になるのか?」と中学時代父親に問われた時に続けて父親が発した言葉です。その時父親は何の気なしに発したと思いますが、「自分のストロングポイントは?」という質問に対してすぐに一つや二つ答えられなかった自分にはとても響く一言であり、「自分の気持ちを全面に出す」という現在のプレースタイルの基盤となっています。そして、ぶれる事のない一つの芯を見つけたことで、微力ながら全国総体出場や関東大会出場に貢献する事が出来たのではないかと感じています。

最後に、大学サッカーでは塾高サッカー部引退時の甘い自分を壊す為に、そして、毎日全力でサッカーを楽しむ為に、父親から貰った言葉と両親や自分に関わってくれた全ての人への感謝を忘れずに真摯に日々の練習に打ち込んでいきたいと思います。

拙い文章ですが、最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
4月30日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs東京国際大学
@江東区夢の島競技場 14:00キックオフ

情熱は足りてるか(宮川類)

2017.04.25

宮川類こんにちは。平素より大変お世話になっております。環境情報学部2年の宮川類と申します。
今回は、私が普段から考えていること、そして感じていることを皆さんにお伝え出来たらと思います。

「人はどうやったら成功出来るのか。」

私はいつもこのようなことばかり考えています。朝が始まり、練習してから学校への移動時間も考えていますし、学校へ行き帰宅してからも同じです。テレビは付けません。もうここ数ヶ月ドラマやバラエティーは見てないです。ベッドの上で横になったり、地べたに座ったりしてボケーっと考えています。ときどき音楽をかけるのですが、長渕剛や尾崎豊の歌はとても良いです。人が在るべき姿、在るべき生き方を示唆してくれるからです。
さて、こんなに熟考しているのだから答えは出たのかと皆さんは思うでしょう。しかし答えはもちろん、出ないままです。惜しいところまではいきましたが、私が求める答えというのは、或いは、成功しなければ分からないのかもしれないです。長い道のりです。それでも尚、考え悩むことは止めません。成功したいからです。
世の中には、2通りの人間がいると思っています。元から備わっている才能やセンスでいとも簡単に成功出来る人間と、いくら努力を駆使して骨身を削ろうとも成功出来ない人間です。また、大概の前者は楽観的で失敗など屁にも思わず、後者はバカがつくほどの真面目であり繊細なのです。正直、後者の私からすると不公平で不平等だと思います。
「人間性」等関係ない。そんなことを何度思ったことでしょう。しかしそう嘆く度に、気付くことはいつも同じです。周りの人間や環境が問題なのではなく、本田圭佑さんが以前テレビで言っていた自分自身の「情熱が足りないだけ」なのだと。
私の今までの人生を振り返れば、成功する為の答えに近いものは自ずと分かっていたのかもしれません。サッカーの才能がこれっぽちもないこの私が、誰しも無理だと思っていたスペインの門を叩いて拓けたのも、私の周りの誰もが行こうとしなかった大学に挑んだら運良く功を奏したのも、全部ぜんぶ誰よりも情熱を持って取り組んでいたからこその結果なのだと。

今の私にとっての成功とは、勿論サッカーです。明日もまた、私はサッカーのことだけを考えているでしょう。自問自答を繰り返し、本気で成功しようと試みているでしょう。

成功する為には、人と同じ生活をし、同じことを考え、同じ努力をしていてはダメなのです。

長く拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
関東リーグ、そしてIリーグ共々チーム一丸となって闘います。今後共ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

《NEXT GAME》
4月30日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs東京国際大学
@江東区夢の島競技場 14:00キックオフ

挑み続けること(風間真哉)

2017.04.21

風間

こんにちは。平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、法学部政治学科3年の風間真哉と申します。普段から一緒に過ごす時間の長い同じ学部の同期を紹介しようと思いましたが、せっかくの機会なので、今回は自分の大学サッカーにかける想いについて綴らせていただきます。

2年前入部した時、慶應義塾湘南藤沢高等部出身の自分は周りと経歴、実力、練習量、全てにおいて周囲との大きな差を痛感しました。1番下からのスタートで誰よりも厳しい道のりになることを覚悟の上で入部しましたが、最初の2ヵ月間の練習は毎日ひたすら走り続けるものでした。この経験が、上手くなりたいというより強いハングリー精神を自分に植え付けてくれました。

そんな下から一つずつ這い上がろうとしている自分には常に意識していることがあります。それは「挑み続けること」です。上手くいかなくて落ち込むことや弱音を吐くことはあっても、必ず前を向くことを心に誓っています。毎日必死に練習して、小さな成長を積み重ねること以外に、自分が上手くなる道は無いと考えています。現実を受け入れ、足りないことを考えて、上のレベルへ挑み続ける必要があります。

自分は幸運なことに日々チームメイトから素晴らしいプレーや考えを学ぶことが出来る環境にいます。周りの上手いプレーを羨ましく思うこともありますが、自分にあるものを一生懸命に磨いています。周りばかりを意識するのではなく、常に自分の120%を出すことを意識してやって行きます。素晴らしいキーパー陣を始め、自分のミスをカバーしてくれる頼もしいチームメイトもいます。そういった仲間に、勇気を貰って、チャレンジし続け、チームに必要とされる選手に成長したいと思います。

これからも自分のサッカー人生の全てを懸けて、大学サッカーに挑戦していきます。しかし、挑戦だけでは絶対に終わらせません。今を全力で戦い、日々挑み続けることで、這い上がっていきたいと思います。そして必ず自分の目標を成し遂げ、自分を支えてくれている全ての人に恩返しをします。

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月30日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs東京国際大学
@江東区夢の島競技場 14:00キックオフ

恩返しを誓う方々(松岡瑠夢)

2017.04.18

松岡平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年松岡瑠夢です。今回は「恩返しを誓う方々」について書かせていただきます。

私は慶應義塾幼稚舎出身で慶應義塾中等部、慶應義塾高校と進み今年の春、慶應義塾大学に進学しました。
今回私はこの場をお借りして今まで携わってきた人達への感謝の意を示し、サッカーで恩返しすることを誓いたいと思います。

私がこのお話をしようと思ったのは言うまでもなく、今の私がいるのに支えてくれる人がいたからです。

私は勉強があまり得意ではありません。そんな私の周りにはいつも助けてくれる友達がいました。そのお陰で私は今、大学に進学出来たと思っています。では、そのお世話になった友達に何で恩返しができるのか。慶應義塾大学でサッカーをする事は以前から決めていたことで私も楽しみにしていましたし、入部してから早二ヶ月、毎日がとても充実しています。選手が主体となって運営されている組織の一員として自分を磨けるだけ磨くこと。そして人としても選手としても成長し、その姿を見てもらうことで、今まで私を支えてくれた一人でも多くの友達に喜んでもらうこと。これが、私の出来るささやかな恩返しだと思っています。

次にある方について書かせていただきます。
私は小学校時代、東京ヴェルディジュニアというチームに所属させていただいておりました。本来は4年生からチームに入れるのですが、特別に3年生から入らせていただきました。このチームに入って、将来はヴェルディのプロの選手になることが目標になりましたし、活躍することでチームに入れて下さったスタッフの方々に恩返しをしようと強く思っていました。しかし中学校に上がる際、私は何か変化が必要だと感じました。ヴェルディというチームが特別に居心地が良かった分、どこかで甘えてしまっている自分がいました。そこでもっと厳しさや刺激を求めた私が決断したことは、ライバルチームであるFC東京の下部組織に入ることでした。ヴェルディでは本当に色々な経験をさせていただきましたし、生意気ではありますが恩返しを誓っていた分、チームを辞めるときは小学生ながらとても悩み心苦しかったことを今でも覚えています。ですが決断した以上ヴェルディには戻れないし、移籍する以上、次はFC東京で頑張らなければならないという強い覚悟が持てました。

さて。ここからが本題です。ヴェルディを辞めてFC東京に所属するまでの期間、私はどこのチームにも所属していない為、練習をする場所を失っていました。所属していないとトレセンの活動などにも参加出来ない為、一時的にチームに所属する必要がありました。しかし、当然FC東京に入るまでの何ヶ月かの短い期間の所属を認めてくれるチームなど、普通はありません。困っていた私に、1つのチームだけが所属することを承諾して下さいました。そのチームがスクデットというチームです。そのチームの監督であった早田さんという方が、私が恩返しをすると誓った方です。トレセンなどの活動が出来ず練習する場所が無かった私にチームへの所属、練習参加を許可して下さり、私のわがままな主張を快く受け入れて下さいました。毎回違うグラウンドでの練習、グラウンド整備、土での練習など当時経験したことのないものばかりだったので、最初は驚くこともありました。しかし、そういった環境だからこそ、サッカーが出来るありがたみを感じ、だからこそチームの結束力の高まりも感じることが出来ました。そしてその後、FC東京、大学サッカーへと繋がる貴重な経験をさせていただけたと心から感謝しております。そんな早田さんに少しでも活躍をお伝えする為に、年賀状という形ではありますが年に一度、近況を報告をさせていただいています。

それと繋がっている話で、東京ヴェルディジュニアの監督にも恩返しを誓う人がいます。今はFC浦安というチームの監督を務めていらっしゃる斎藤さんという方で、私はこの方に本当にお世話になっています。ヴェルディを辞めるとなった時も力を貸して下さいましたし、今でも私の目指すべきプレーを指南していただいたり、何歳でこの辺りのレベルまでいくべきというアドバイスを頂いたりと、綿密に連絡を取らせていただいています。私のサッカーへの考え方や能力を上げて下さった斎藤さんにも、私は恩返しを誓います。

最後に、サポーターの方に頂いたゲーフラの言葉を紹介します。「瑠夢限大」という言葉です。無限大の無を瑠夢の夢に変えていますが、無限大の可能性を秘めているという意味だそうです。私はこのゲーフラを見るとモチベーションが上がりますし、とても気に入っています。この言葉、期待に応えられる様、これからも頑張っていきたいと思います。

長くなりましたが、私がここで言いたいことは、人は一人では成功出来なくて、ここに至るまでの数多くの方々のお陰で今の自分があるということです。
必ず恩返し出来るよう日々精進します。
拙い文章ですが、最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
4月30日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs東京国際大学
@江東区夢の島競技場 14:00キックオフ

遂に開幕(関東リーグ戦第1節)

2017.04.17

こんにちは。
先週末、遂に関東リーグ戦が開幕しました!

土曜日には味の素フィールド西が丘で開会式が行われ、昨年度関東リーグ王者の明治大学vs昨年度第4位の順天堂大学、昨年度インカレ王者の筑波大学vs昨年度関東リーグ第3位の日本体育大学の2試合を観戦しました。

開会式の様子です。関東大学サッカーリーグに所属する24大学が集まりました。
IMG_0573

 

 

 

 

 

 

 

私達も翌日迎える開幕戦に向け、より一層身が引き締まりました。
そして迎えた昨日の開幕戦。相手は昨年度関東リーグ第5位の法政大学でした。

法政戦スターティングイレブンです。
IMG_0572

 

 

 

 

 

 

キックオフ直後の6分、相手のカウンター攻撃でミドルシュートを打たれるも、GK上田(2年・横浜F・マリノスユース/桐蔭学園高)のビックセーブで難を逃れます。その直後の10分、近藤(4年・愛媛FC)が上げたクロスに中で競り合ったピーダーセン(2年・FCトリプレッタ/慶應義塾湘南藤沢高)が倒され、PKを獲得します。これを近藤が落ち着いて決め、先制点を挙げます。

その後は攻められる場面が続きますが、上田やDF陣の体を張った守備により、前半を無失点で折り返します。
後半開始直後、前線に抜け出した小谷(3年・藤枝東高)が宮川類(2年・流通経済付属柏高)からのスルーパスを近藤にパスし、それを近藤がしっかりと決め、追加点を奪います。その後は、本塾が攻め続けるも得点には至らず。78分には、FKをファーで合わされ失点し、2-1。その後は試合終了まで本塾が攻め続け、試合はそのままホイッスル。開幕戦を勝利で飾ることが出来ました!

今シーズンの目標は「関東大学リーグ優勝」です。この目標を一人ひとりが常に心に留め、目の前の一戦に全力で挑んでいきたいと思います。今節は、7名もの選手が関東リーグ初出場を果たしました。昨年の主力選手が多く引退した今年、ポジション争いも一層激しくなっています。お互いが刺激し合い、切磋琢磨しながら、練習に励む姿に頼もしさを感じる毎日です。

次なる相手は東京国際大学。明日から2週間かけてこの試合の為に全力で準備して参ります。また、再来週にはIリーグも開幕します。全部員がそれぞれのリーグで力を発揮出来る様に、日々の練習を全力で取り組んで参りたいと思います。
今後共温かい応援宜しくお願い致します。
文責 浜田真帆

《NEXT GAME》
4月30日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs東京国際大学
@江東区夢の島競技場 14:00キックオフ

1 / 212