オフィシャルブログ

主務の私が、一個人として思うこと(林 草太郎)

2017.02.07

林草

今年度主務を務めます、林 草太郎と申します。

人間、環境に飛び込んでしまえば周りに合わせることは出来ます。特に私はそういう人間でした。しかし、どこか自分に規制をかけ、「ここが全てではない」と距離を置き、青春だ何だとなりふり構わず突き進むことが出来ないこともあります。

それで満足でしょうか。

どこか自身を変に客観視して4年間を過ごす。それで「やりきった」、「最高の仲間だった」と心の底から嘘偽りなく言えるでしょうか。
日本一にならない限り後悔はします。日本一になれたとしてももっと出来たと個人で後悔する人も中にはいるでしょう。それならば勝っても負けても最後になりふり構わず心の底から泣く経験をしたい。私はそう感じています。

これが3年間を通して、私が今思うことです。これは主務だからとか4年だからとかそんなことは関係ありません。

自分がこの部に何を求めているのか、自分はこの4年間で何がしたいのか、自分はどうなりたいのか。結局それを振り返る時の尺度は常に自分の中にあります。客観視なんて糞食らえです。私はこの1年間、誰よりも自分の為に行動します。主務としてこの1年間を馬鹿になって駆け抜けます。

早慶戦は45,000人を動員した素晴らしい時代の再来を目指し、今年は満員にします。ソッカー部という組織の「当たり前」を見直し、勝つ組織をつくりあげます。関東大学サッカーリーグでの優勝を筆頭にタイトルを奪取します。
私がこの1年間で達成するべきことは山程あります。その為には周りを変に気にしている暇もなければ、冷静に考えているだけで歩みを止める時間も要りません。私たちのチーム、そして学年が決めた軸を信じて目の前のものに全力で取り組んでいきます。

OBをはじめ平素より多大なるご支援ご声援をいただいている皆様、この場を借りて御礼申し上げます。誠にありがとうございます。ソッカー部は様々な方に支えられて活動出来ています。学生主体の理念の下活動していきますが、私たちの考えや行動だけでは足りないことも多々あるかと思います。温かく且つ厳しい目で見ていただき、ご意見等あれば積極的にお申し付けいただければと思います。全ての意見を真摯に受け止め、その中で主体的に行動し理念を体現していきます。

今年1年、何卒宜しくお願い申し上げます。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ