オフィシャルブログ

Open-Minded Person(ピーダーセン世穏)

2016.11.29

ピーダーセン
平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当することになりました、経済学部PEARL1年のピーダーセン世穏です。
今回は、ある尊敬する先輩から伺った興味深い考え方を自分の観点も交えて皆様にお伝え出来ればなと思います。

つい先日、自分のカテゴリーの練習試合が終わり何もなしに地面に座り込んで試合を見ていたら、ある先輩が横に来てくださり、貴重なアドバイスをいくつか下さいました。その中で、今回紹介したいのは、「Open-minded personになれ」というものです。

Open-minded とは、直訳しますと「偏見の無い、新しい思想を受け入れる」という意味になり、つまりそのアドバイスは、「広い心を持って他人の意見に耳を傾けなさい」という意味になります。これは、4年間ソッカー部に所属し様々な経験を通して得た、プレーヤーまたは人として成長する為に不可欠なアイディアだと言います。「人の意見をよく聞く。」当たり前の様に聞こえますが、これを実践するとなると、なかなか難しいものがあります。特に、自分以外の部員全てがライバルとなるこの厳しい環境下では、その度合いは倍増します。しかし、これが出来ている人は例外無く人としてもプレーヤーとしても成長し、その逆もまた然りだと言います。

「いくら能力があろうと、心を閉ざし、自分の考え方しか受け入れない選手は結果的に落ちぶれ、成長出来ない。」この言葉は私の心に深く沁み込み、また、3年後、自分が引退する側の立場に立っている時のことを考えさせられました。中学・高校とチームの中心選手としてプレーしてきた私は、指導者の方々と対立することが少なからずありました。一つひとつのプレーについて、また、チーム全体のことについて、自分の意見が正しいと感じたら、相手の意見や考えが何であれそれを強引にも突き通すといった具合で、今考えると随分と生意気な奴でした。ありがたいことに指導者に恵まれ、そんな自分を突き放すのではなく真摯に向き合い話し合ってくれました。しかし、高校までの狭い世界ではそのスタイルを突き通せていましたが、大学のレベルではそうはいきません。カテゴリーが下でも能力が高い選手がしのぎを削っていて、周りからの刺激やアドバイスを受け入れず1人殻に閉じこもったままでは、成長はおろか現状維持すらままなりません。

「全てのアドバイスを受け入れろというのではなく、それらを受け入れ自分で取捨選択して活かせということ。」自分に自信を持たなければ通用しないスポーツの世界で周りの意見全てを取り入れていたら、ストロングポイントや各々の特徴等は薄れていってしまうと言います。

「自分で有益になると思ったものだけを残し、それ以外は捨ててしまえば良い。だからまずは、周りの言うことに耳を傾けなさい」自分の実体験にもマッチしたこのアドバイスは、心に深く入り込み自分の考えを改めさせてくれました。先輩にとても感謝しています。

今シーズンが終わりに差し掛かっている中、4年生の引退も同時に近づいてきています。先輩方と過ごす数える程しか残っていない活動を最大限に有益な物に出来る様、自ら近付いていきアドバイスや考えなどをお伺いしたいなと思います。またそれを来たる次のシーズンから生かせる様に自分の考えに取り入れたいと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、応援よろしくお願い致します。

《NEXT GAME》
12/7(水) インカレ 1回戦 vs四国学院大学
@ゼットエーオリプリスタジアム 11:00キックオフ

勝つことの難しさ(本田完)

2016.11.26

本田

こんにちは。平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部2年の本田完です。

今回、私は関東リーグを終えて今感じていること、自分自身がインカレに向けてどのようにチームに関わっていくことが出来るのか、ということについて決意を述べたいと思います。
今シーズン、私はリサーチとしてスカウティングを通し、様々な大学のサッカー、チームとしての雰囲気を見てきました。チームとして戦術や狙いがはっきりとしている大学、チーム全体として応援の雰囲気や勝利に対するモチベーションが高いなと感じた大学も多くありました。私たち慶應義塾も勝利の為にそれぞれが出来ることを最大限やろうと努力しています。ただ努力しているのは私たちだけではなく、全ての大学が日々勝利の為に全力を尽くしていることも感じました。それらを見て私は関東大学サッカーリーグ戦で勝つことの難しさ、過酷さを、身をもって感じたとともに慶應義塾が勝つ為に必要なことを再度洗い出さなければならないと強く感じました。

強いチームには強いチームなりの立ち振る舞いがあり、それはそのチームに所属している全ての選手に言えることです。目の前の相手をリスペクトすること、試合に出ている選手をリスペクトして応援すること、出ている選手は応援してくれる選手に対しリスペクトの気持ちを持ち続けること。強いチームになる為に我々慶應義塾が求めていかなくてはならないことだと思います。

さて、これから慶應義塾は「一戦必勝」をスローガンに3年連続出場となったインカレを戦います。そこでインカレに向け、私が出来ることはリサーチとして対戦相手を分析し、目の前の勝利の為に気づいたことを選手達に伝えるということ。日々の練習から勝つチームのムード、雰囲気を作り出していくこと。この2つに集約されると思います。慶應義塾の代表としてピッチに立つ選手たちが自信を持って、誇りを持って戦うことが出来るように自分自身出来る限りのことをしようと思います。

今後共、温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。最後まで読んでいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
12/7(水) インカレ 1回戦 vs四国学院大学
@ゼットエーオリプリスタジアム 11:00キックオフ

新たな伝統を(眞中佑斗)

2016.11.22

眞中

こんにちは。平素より大変お世話になっています。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年の眞中佑斗です。

ソッカー部は今シーズンより関東大学フットサルプレリーグに参戦したこともあり、今回はフットサルについて書かせていただきます。

私は全国高校サッカー選手権の舞台に憧れ、親元を離れて作陽高校に入学しました。部員は150名、カテゴリーは4つ、どのポジションも常に熾烈な争いが行われていました。そんな中、私はなかなかトップチームの試合に絡むことが出来ないまま高校2年の1月を迎えました。チームでは新人戦のメンバーが決められていく中で、私はある決断をすることにしました。それはフットサルをするということです。これは選手権の夢を捨てることにもなりかねない大きな決断でしたが、
「このまま何も成し遂げられないなんてもったいない、フットサルで絶対一花咲かせてやる。」
という思いから、残りの高校生活をフットサルに捧げる決意を固めました。

しかし、現実はそう甘くありませんでした。初めて出た大会の結果は1敗1分。何も出来ないまま敗退しました。それから半年間毎日フットサル漬けの毎日を送りました。ときにはフットサルの動画を見て研究し、実践する。ときには自分たちでサインプレーや戦術を考えていく。フットサルに取り組んだ日々はとても充実していました。

そしてこの1年で、全国制覇など様々な経験をすることが出来たこと、また、高校入学当初はこれといった武器がなかった私がドリブルという新たな強みを手に入れることが出来たのは紛れもなく真剣にフットサルに取り組んできたからだと思います。

そして現在ソッカー部でも、少ない練習時間で希望者を集め、フットサルにも取り組んでいます。関東大学フットサルプレリーグでは5試合を終えて暫定2位とフットサル経験が少ない選手が多い中で奮闘中です。
私は慶應のフットサルで、高校時代の全国制覇をもう一度実現し、サッカーのスキル向上という目的と共に、ソッカー部を日本フットサル界を支えていけるような組織にしていきたいです。そして、ソッカー部の新たな伝統を築いていきたいです。

サッカーとフットサルの両立はハードな時もありますが実現に向けて尽力していきます。
今後共、温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12/7(水) インカレ 1回戦 vs四国学院大学
@ゼットエーオリプリスタジアム 11:00キックオフ

4年生の笑顔が見たい(松木駿之介)

2016.11.19

佐藤海

平素より大変お世話になっております。

落ち葉が風に舞い、吹く風に冬の到来を感じます。皆様はいかがお過ごしでしょうか。今回ブログを担当させていただきます、総合政策学部2年松木駿之介です。私は自分のことが好きなので、今シーズンの自分自身の不甲斐無さを書くことで来シーズンに向けての戒めと誓いを書こうと考えていました。しかし時期も時期なので、どうもがいても一ヶ月後には必ず引退してしまう4年生に対しての想いを書かさせていただきます。拙い文章になると思いますが、最後までお読みいただければと思います。

私は大学サッカーをスタートすると同時に、トップチームで試合に出させていただきました。トップチームの先輩は勿論、他カテゴリーの先輩からもコミュニケーションをとっていただき、応援され、そしてたくさん可愛がってもらいました。

昨年の同時期、大好きだった先輩方が引退しました。高校を卒業したばかりの私には歳が3つも離れた先輩方は、「学生の先輩」ではなく、「立派な大人」に見えました。兄のように慕っていた先輩もおり、寂しさでいっぱいでした。先輩が引退することで、こんなにも寂しさが生まれるものなのかと自分でも驚く程でした。

今、そんな気持ちを思い出しています。

今年の4年生は個性が強く、癖が強い先輩もたくさんいます。ピッチ内外において多くの時間を共に過ごしてきました。昨シーズン優勝争いを経験した私達にとって、今シーズンの闘いは厳しく、辛い、大変なものでした。おそらく4年生にとっては、自分が感じていたものよりもっともっと悩むシーズンであったと思います。シーズン終盤、チームをどうにかしようともがく4年生の姿を見ました。4年生は私たち後輩に関東1部リーグでの舞台を残そうと必死でした。それは試合に出てる出ていない関係なくです。自分自身がチームに迷惑をかけ、チームを勝たせることが出来なかったことは本当に不甲斐無さを感じています。「私がチームの為にどこまでも泥臭く、謙虚に、熱く、フルファイトすることが出来ていたら…」と、当初の目標であった関東リーグ優勝という目標を変更せざるを得ない状況にしてしまった責任を感じています。そんな力足らずな私がいても、4年生の力に助けられ、なんとかインカレ出場という再設定した目標を達成することが出来ました。

4年生と、4年生最後の早慶戦に勝ち残留を決めたこと、下田グランドで行われた4年生最後のリーグ戦で桐蔭横浜大学に勝利し、運も良くインカレへの出場を決められたことは、共に今年一番の喜びでした。

もう少しだけ、4年生とサッカーをすることが出来ます。

私は4年生が大好きです。

今シーズン通してチームの力になりきれていない私ですが、最後の最後、インカレという舞台でチームのために、4年生のために闘います。「一戦必勝」。4年生に頂いた残りの「4年生との時間」に感謝し、必ず恩返しします。

最後に。

私は何事も口にすることが大切だと考えています。口にすることで自分にプレッシャーをかけます。有言実行は私の生き方であり、それはこれまで証明してきたつもりです。

それでは聞いてください。

「俺が4年生の最高の笑顔を咲かせます。」

最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
12/7(水) インカレ 1回戦 vs四国学院大学
@ゼットエーオリプリスタジアム 11:00キックオフ

まだ4年生と(佐藤海徳)

2016.11.17

佐藤海

平素は大変お世話になっております。日々素晴らしい環境で活動出来ていることに感謝申し上げます。この度初めてブログを担当させていただきます、法学部政治学科1年の佐藤海徳と申します。今回は僕がソッカー部の練習に参加してから感じたことと、卒業までに成し遂げたいことを綴らせていただきます。

今年2月から練習に参加し、約9ヶ月という月日が経った今では当たり前になっていることですが、
朝が早い。
部員が多い。
1年は白いシャツに名前を書いて練習をする。
プロに行く人がいる。
ヘディングが強すぎる人。
自分から坊主にする人。(クセが強い)
きのこみたいな髪型だけどサッカーがうまい人。(一応フォローしておきます)
粗相。ペア確。かわち。ぬれち。ちーくー。ジョゴリ。

などなど入部当初は驚くことばかりでした。
しかし慶應の先輩は優しくて、挨拶はしっかり返してくれて、分からないことは何でも教えてくれたので、すぐに馴染むことが出来て今では純粋にサッカーを楽しめています。

ソッカー部の一番の魅力は学生が主体となって運営し、約140人の全部員が各部門の役割を全うすることによって一つの目標に向かってベクトルを合わせて本気になれることだと思います。
特に4年生はこのソッカー部にかける思いが強く、学生主体のチームを引っ張る姿を見て、先輩の器の大きさ、人間力、責任感をピッチ内外において強く感じています。インカレ出場によって4年生の引退が延びたことは本当に嬉しく思いました。

僕は大学の4年間で成し遂げたいことが3つあります。

早慶定期戦で活躍すること。
関東リーグで優勝すること。
日本一を獲ること。

僕は中学3年生の時に慶應義塾高校への入学を志望していましたが、練習に参加した時に高校ソッカー部監督の大方さんからは大学からの本塾への入学を薦めてもらいました。その日に大学の練習を見て、ここでサッカーがしたいと思い、高校3年間勉学に励みました。
高校で全国大会に出場するというキャリアを積んでから本塾に入学出来たので大方監督には本当に感謝しています。
小さい頃からサッカーに夢中でした。しかし今まで日本一を一度も手にしたことはなく、高校選手権で劇的に敗れベスト16に終わりました。その悔しさを晴らしたいです。

そんな中挑んだ大学サッカーですが、今シーズンの関東リーグでは後期から出場機会を得つつも思うような結果は出せずに終わりました。
振り返ると入学してからずっと試合に出ることに必死でした。自分が試合に出るにはどうしたらいいか考え、自分が試合に出るために練習を積んできました。
僕の実力不足が原因で納得のいく結果が出ていないということもあるとは思いますが、自分の事だけで精一杯になって、気持ちのどこかで4年生に頼ってしまっているからでもあると思います。
それがよくわかったのが第21節の筑波大学戦です。僕のサイドで人数をかけて攻め込まれていた時に、目の前の相手と自分のサイドのスペースばかりを意識して守備をしていました。もし僕がチームとして守備の仕方を変えるということを主体的にチーム全体に伝えて、仲間を動かすことが出来ていたら度重なる失点はなかったかもしれません。チームの勝利のための責任感の強さと行動力に4年生との大きな差を感じ、自分の未熟さを痛感させられました。
リーグ最終節では試合に出ることは出来ませんでしたが、1-0で勝利しインカレ出場圏内である第6位でシーズンを終えました。
まだ4年生と一緒に全国大会で戦うことが出来ます。
まだチームの勝利に貢献出来るチャンスがあります。

慶應ソッカー部は「一戦必勝」という新たな目標を掲げ、12月7日の初戦に向けて昨日から練習をスタートしました。
チームに貢献出来るように「本気」で取り組んでいきます。
そして一戦必勝で必ず日本一を獲ってみせます。

今後ともご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12/7(水) インカレ 1回戦 vs四国学院大学
@ゼットエーオリプリスタジアム 11:00キックオフ

1 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ