オフィシャルブログ

ソッカー部で学んだこと(岡端拓也)

2016.10.16

岡端2
今回部員ブログを担当させていただきます、4年リサーチの岡端拓也です。
暑かった夏がようやく終わり、肌寒い季節がやってきました。急な秋の訪れと共に、長い様で短かった4年間のソッカー部生活が終わりに近づいていることをひしひしと感じています。最後のブログでは、私がソッカー部で学んだことを書いていこうと思っています。上手く書けるかは分かりませんが、最後まで読んでいただけたらなと思います。

私がソッカー部で学んだことは、初心を忘れずに目標に向かって努力することの楽しさと難しさです。

私が慶應義塾体育会ソッカー部の門戸を叩いた時、やっと入部することが出来たという喜びと共に、自分の実力がどこまで通用するのか早くサッカーをしたいなあ、という気持ちで一杯でした。中高合わせて東京都3位が最高成績だった自分にとって、関東の舞台で闘うソッカー部はずっと憧れの組織であり、観に行った早慶戦は夢の様な舞台でした。入部時は1番下のカテゴリーからのスタートでしたが、もう下がることは無い、上がっていくだけだと自分自身を奮い立たせ、1つずつ目標に進んでいくことが出来ました。大志を抱きながら目標に対して邁進することが出来ている日々は何とも言えない充実感があり、ハードなトレーニングをいくら重ねようと楽しくて仕方ありませんでした。

しかし、振り返って考えてみると大学2年時にグラマネミーティングをした時の私は入部した時の私とは違っていたのかなと思います。2年生の時の1年間はリサーチ業務と練習、授業のバランスが上手く取れず、コンディションが常に悪い様な状態でした。前向きな気持ちでリサーチを引き受けたのにも関わらず、リサーチ業務が1番大切なサッカーの邪魔になっていると思うこともしばしばありました。色々工夫はしたものの、当時の私にはそういうマイナスな思考がこびり付いてしまい、思う様なプレーが出来なくなっていたと思います。そして、そのタイミングでグラマネミーティングが始まったのです。

ミーティング初期、私の中にグラマネになる選択肢などありませんでした。しかし、サッカーが思いの外上手くいっていなかったこと、加えて終電近くまで同期と対話を繰り返す日々が続いたこともあり、段々とグラマネという役職が自分の中で1つの選択肢になっていきました。そして私は3人の最終候補に残りました。3ヶ月以上ほぼ毎日同期から対話を求められ、お前にやってほしいと言われ続けた私はかなり神経が磨り減り、もうこの際自分の目標や信念など捨ててグラマネをやった方が楽なんじゃないかとさえ思いました。しかし、そんな時に1人の同期が僕に言ったのです。

「入部した時のギラついたお前はどこにいったんだよ。思い出せよ全部。」

普段は温厚なその同期はいつに無く真剣な眼差しで私に言ったのです。その時私はハッとました。私は忙しさや過酷な状況の中で1番大切な自分の気持ちを忘れていたのです。こんなところでサッカーを辞められない。素直にそう思いました。グラマネをやるか選手を続けるか、その間で心が揺れていた私を救ってくれたのはその同期でした。

「常に俺の先を行け」

その同期が高校卒業の時に私の色紙に書いてくれた言葉です。その言葉を思い出した私は、推してくれた同期のみんなに申し訳無い気持ちを持ちながらも選手を続ける決断をしました。
そして、その決断以降、私は自分が選んだ選手の道が間違っていなかった、岡端を選手として残して置いて良かったと皆になるべく思ってもらえるように練習に取り組みました。その結果、幸運にも私は4年の春にトップチームに上がることが出来ました。しかし、しっかりと定着するところまでいきませんでした。

Bチームに落ちたショックは大きく、私はなかなか気持ちを立て直すことが出来ませんでした。そして、その時から自分の中でサッカーを楽しむ気持ちが消え、上に早く戻らなければならないという焦り、同期への申し訳なさ、自分自身の不甲斐無さで心が一杯になりました。このままの状態が続くことは自分に対しても同期に対しても失礼だとよく分かっているのに、どうしてもそういった負の感情が拭えませんでした。そんな日々の結果、私は遂にCチームに落ちてしまいました。

純粋にサッカーを楽しむこと。昔は簡単に出来ていたことなのに、なぜかそれが出来なくなってしまったのです。サッカーが大好きな自分にとってサッカーをするのが辛くて苦しい感覚の中でプレーすることは地獄でした。

なぜ監督に抗議してでもトップチームにしがみつくことが出来なかったのか。
なぜもっと早く上を向いて明るくサッカーに取り組むことが出来なかったのか。

やり切れない想いと後悔が日々よぎります。

しかし、その様な中でも私には目指すべき目標があります。それは同期とインカレ出場の切符を勝ち取ることです。残りの期間、選手としてプレーで貢献することは難しい状況ですが、私にはリサーチという役職があります。トップチームが苦しんでいる時に力になれるのがリサーチです。残りの期間、選手の悩みやチームの迷いを少しでも解決出来る様に尽力します。

そして何より、自分と共に4年間サッカーを真剣に取り組んできた同期と1日でも長くサッカーをしたいです。そのために、日々の練習は基より、小さくてもいいから自分に出来ることを探してやっていきたいと思っています。

まとまりきらなかったかもしれませんが、自分が今思っていることを書かせていただきました。後輩には私と同じ様な後悔はして欲しくないと思います。サッカーを楽しむことを忘れずに日々目標に向かって突き進んで下さい。

《NEXT GAME》
10/23(日) 関東リーグ戦 第19節 vs法政大学
@川口市青木町公園総合運動場 14:00キックオフ

好きなことと得意なこと(松本渓)

2016.10.14

松本
お世話になっております。法学部政治学科4年の松本渓です。日頃から多くの方々に様々な形でご支援いただき、何不自由無い環境でサッカーを追求出来ていることに日々感謝しております。また、引退間際のこの時期だからこそ、それがいかに幸せなことであるのかを実感しております。今日私が後輩の皆さんに伝えたいことは、好きなことと得意なことの区別を付けるということの重要性です。
私はサッカーが好きです。しかし得意ではありません。ここに帰結したのはごく最近です。この組織に入った選手の大半は、前所属チームの強い弱いに関わらず、自分のサッカーに強い自信を持っていた人でしょう。サッカーが好きで、それが自分の一番得意な事だと思っている人でしょう。しかし私の場合、幾多のミーティングを経て、リサーチ、副務、グラウンドマネージャー、学連幹事の候補に推される自分を客観視して見ると、プレーヤーではなく、それらの役職での方が自分の特徴を活かしてこのチームに貢献出来るのではないかと思うこともあり、プレーヤーとしての自信を失った時もありました。事実、そうなのでしょう。選ばれし11人以外の部員が彼らと同じモチベーションで戦う為には、サッカー以外の自分の得意分野を必死に探し、自分がプレーヤーとしてピッチに立った時に最高の環境だと思える環境を自ら整える努力をすることが重要だと思っています。それをすることが出来る様になれば、サッカー選手の前に、人間として成長出来ると確信しております。また、それはプレーでも同様なことが言えます。シーズン初めに須田監督が仰っていた「自分のonly one」とは、自分の好きなプレーのことではなく、他人から評価して自分が他より秀でている部分を指します。例えそこに納得がいっていなかったとしても、素直に受け止めてそこを磨くことが、上で活躍する原動力となるでしょう。スカウティング部門として関東リーグ全てのチームの様々な選手を見てきましたが、現在トップレベルで活躍している選手は必ずそのような武器を持っています。その為、特に現在下のチームにいる選手達は自分の位置をもう一度見つめ直し、ピッチ内外で自分が得意なことを見つける努力をして欲しいと思います。
肌寒い季節となりましたが、新たなチーム目標である「インカレ出場」に本気で向かう選手たちに変わらぬ声援をお願い致します。

《NEXT GAME》
10/15(土) 関東リーグ戦 第18節 vs明治大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

感謝(森下翔馬)

2016.10.13

森下2こんにちは。総合政策学部4年の森下翔馬です。関東大学リーグも残すところ5節となり、長い間続けてきた学生サッカーも遂に終わりに近づいていることを改めて感じております。今回、このブログを書くにあたりこれまでの大学生活を振り返ってみるとサッカー、学校生活、仕事等書き切れない程、濃密で貴重な時間を過ごしてきました。そんな時間を今まで過ごしてこられたのは、様々な人が私に関わりサポートしてくれたお陰だと思っています。そんな感謝の気持ちを普段、なかなか皆様に伝えることが出来ないので、全てを伝えることは出来ないかもしれませんがこの場を借りて感謝の気持ちを述べたいと思います。少し長くなってしまうと思いますが、お時間が許す時にでも読んでいただければ幸いです。

高校3年の4月、私は慶應義塾大学を受験することを決めました。しかし、その意志を先生や知り合いに伝えたところ猛反対され、先生方からは志望校を変えることを提案されました。また、知り合いや友達からも「流石に無理だから止めておけ」と言われたことを今でも覚えています。周りの人たちからしたら、私の受験は無謀な挑戦と言っても仕方の無いものでした。その頃私は、受験をするにあたって自分を信じてくれる人は殆どいないんだと強く孤独感を感じていました。しかし、そんな周りの人たちが反対する中、家族だけは違いました。無謀だった挑戦だったにも関わらず家族だけは私に「自分の思ったことをやれば最後までやれば良い」と言葉をかけてくれました。今思えば、本当に慶應義塾大学に合格したことが奇跡的なことだったと思いますが、あの時、家族がかけてくれた言葉が希望となり、大きな原動力となりました。そして、入学してからも、私のやりたいことを常に尊重してくれたことで多くのことを大学でも学ばせていただくことが出来ました。今まで自分の思う様に色んなことをやってきたので、その分、家族には迷惑を掛けることが多くあったと思います。まだ、何も家族には恩返しが出来ていない状態で申し訳ないのですが、心が折れそうになり弱っていた自分を支え続けてくれた家族には本当に感謝の気持ちで一杯です。

そんな家族の大きな支えがあったお陰で私は慶應義塾大学に無事入学することが出来ました。今では、あれから3年半程の月日が経ち、もう卒業に近いシーズンなのですが、大学の入学式をしたのがつい昨日のことの様に思えます。長い様で短かった大学生活、思い返せば殆どがソッカー部での生活で、高校に引き続き大学でもサッカー漬けの日々を送ってきました。そんなサッカー漬けの毎日を送る中で、私には沢山の仲間が出来ました。それは、ソッカー部の同期です。ソッカー部の同期の皆とはサッカー、仕事、勉学、プライベート、些細なことまで多くの時間を共有してきました。そんな同期の皆を一人一人紹介したいのですが、何ページになるか分からないくらい個性が強い集団なので敢えて止めておきます。そんな多くの時間を共有してきた同期の皆と過ごせるのが残り僅かしかないと思うと、少し寂しい気持ちになります。この約3年半、私が不器用な人間な為に同期には沢山の迷惑を掛けてきました。そんな中、同期は私が落ち込んでいる時には励まし、仕事の面でミスをしてしまった時には注意し、試合に出た時は大きな声援を送り続けてくれました。同期がどんな時でも私に関わってくれたお陰で大きく人間的にも成長出来、何より非常に充実した日々を過ごすことが出来ました。これまで同期の皆に自分から何かしてあげられたかと言うと殆ど何も出来ていないと思います。むしろ私から謝りたいことばかりです。そんな自分の側に常にいてくれた同期の皆には沢山のありがとうを伝えたいです。本当にありがとう。

そして、日頃からソッカー部に携わっていただき素晴らしい環境を用意して下さっているOBの方々、お忙しい中熱心に指導してくださる社会人スタッフの皆様方のお陰で、最高の仲間に巡り会えたこと、1人の人間として大きく成長出来たことを心より感謝しています。残すところ私のソッカー部生活も残り僅かとなりましたが、まだチームとしてインカレ出場権をかけての大きな戦いが残っています。OBや社会人スタッフの方々に少しでも恩返し出来るように、自分の出来る事を精一杯やり同期をはじめとするソッカー部の仲間と共に全国出場の目標をまずはしっかりと達成していきたいと思いますので、引き続き熱いサポートの程宜しくお願い致します。

最後になりましたが、ここに書いた人たちだけではなく、ソッカー部の先輩・後輩、高校の友達、地元の友達、まだまだ多くの人たちに感謝の気持ちを伝えたいのですが、本当に感謝してもしきれません。日頃からの皆様方のサポートのお陰で今の自分が成り立っていることを感じております。残りの学生生活、そんな感謝の気持ちを胸に日々精進して参りたいと思いますので、これからも宜しくお願い致します。長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
10/15(土) 関東リーグ戦 第18節 vs明治大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

伝えたいこと(小坂慎太朗)

2016.10.11

小坂2

平素より大変お世話になっております。総合政策学部4年の小坂慎太朗と申します。以前このブログで記したように、時はあっという間に過ぎ去り、私たちも引退するまで約2ヶ月となりました。引退までの1日1日を全力で取り組もうと考えると同時に、ふとした瞬間にこれまでの4年間を省みることが多くあります。その中でも痛切に感じていることを後輩に向けて書きたいと思います。

「変化を積極的に受け入れる」。私がこの4年間で最も重要だと感じたことです。至極当然のことの様に思えますが、このことを実践できている人はなかなかいないと思います。変化を受け入れるということは、それまでの自分が確立してきた方法とは異なる考え方や努力の仕方を持つことであり、それに伴って築いてきた積み重ねを否定されたように感じるからです。しかし私は、変化を受け入れるということは過去を否定することではなく、新たな積み重ねを始めることであり成長のための一歩であると考えます。
そういう私自身もなかなか変化を受け入れることが出来ない人間でした。これまでのサッカー人生において経験した成功や挫折をもとにした自分なりのサッカーヘの向き合い方や練習方法を以って大学サッカーへ打ち込んできましたが、小さい頃からの夢であったプロになることは出来ず、関東リーグでも目立った活躍することは出来ず、大学での4年間は決して成功したとは言えませんでした。それでも一つの目標であった早慶定期戦に出場することができました。それはある同期の言葉で私が変化を受け入れられたからだと思っています。その同期は今年の春になかなかパフォーマンスが上がらず関東リーグに絡めない私に対してアドバイスをくれました。しかしそのアドバイスは当時の私の考え方からは到底受け入れられないものでもありました。それでもどうにか現状を変えたいという思いからその同期の言葉を信じて考え方や取り組み方を変えました。するとその方法は私に合っていたようでパフォーマンスが向上し、より自信を持ってプレーすることが出来る様になりました。
同期のアドバイスを受け入れるときはそれまでの自分の考えを自ら否定している様で非常に怖かったことを覚えています。それでも現在はその考えが正しいこと、そして以前の私の考え方があったからこそ、そのことに気付けたと感じています。

この部活においても関東リーグなどの試合に出場できる部員は僅かですが、全部員が自分なりに考えて必死に努力をしていると思います。そしてその努力の積み重ねに自信を持っているからこそみんな悔しさや葛藤に負けずプレー出来ているはずです。だからこそ人の意見やアドバイスを聞き入れ、自分に変化をもたらすことは難しい。それでも夢や目標があるなら変化を恐れず積極的に受け入れてほしいと思います。一度変化してそれが合わないなら戻せば良いし、そういう試行錯誤の中で本当に譲れない部分や自分の軸が磨かれると考えます。そしてその変化のきっかけは至る所に転がっていると思います。同期や後輩との会話、グラウンドでの先輩の振る舞い、家族や友達などとの他愛もない話。それによって変化するのはサッカーへの取り組みかもしれないし私生活かもしれません。人間的成長はサッカーの成長に繋がりその逆もまた通じるものがあると思います。怖がらずに素直に変化を受け入れてください。

最後に、今シーズン初めに掲げた関東リーグ優勝という目標をインカレ出場に変えることになりましたが、やることは変わらないと思います。一戦一戦を全力で戦い少しでも上の順位へ行き、インカレに出場、そしてその先へ行けることができるよう、私たち4年生が本気で向き合うのでその様子を見てみんな付いてきて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
10/15(土) 関東リーグ戦 第18節 vs明治大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

ソッカー部における民主主義(石出大地)

2016.10.11

石出
こんにちは。法学部政治学科4年、石出大地です。4年となり今、こうして何をテーマに書こうかと悩めていることは、私にとって奇跡です。私はソッカー部の部員として、サッカーの試合同様に「想定外の局面」が「サッカーを続けていくこと」に対していくつもいくつも襲いかかりました。けれど同期、先輩、後輩はもちろん監督、社会人スタッフ、OBの方々と本当に沢山の方々に助け支えていただいたおかげで今日まで来ることが出来ました。そんな感謝も綴りたいのですが、部の公式HPから発信するこのブログは、「これからソッカー部でサッカーがしたい」「大学生活の4年間をサッカーに打ち込みたい」と思ってくださる方々もご覧いただいているかもしれません。そんな皆様にソッカー部への感謝に替えてお伝えしたいと思います。

%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

<議論の場、ミーティングスペース>

それは「慶應義塾体育会ソッカー部における民主主義」です。あっ、読むのを止めようと思った貴方!堅いテーマですが、少しの間お付き合いください!
私は、我がソッカー部の一番の特徴は「ミーティング」にあると考えます。練習はカテゴリー別に各時間帯で行われます。個として「1つでも上のカテゴリーへ昇格」「関東のピッチで活躍」「プロ選手の舞台へ」という各自の目標達成の為に本気で日々練習に取り組んでいます。一方で、チームとして、組織として、「日本一になる為にするべきこと」をカテゴリーには関係なく全部員で考え抜きます。その大半が同期全員で重ねる「ミーティング」です。費やした時間は、おそらく4年間合計の練習時間に匹敵するかもしれません。ここでは、ソッカー部にある学年ごとの役割、学年ごとの目標、主将や副将、主務、グラマネ(学生コーチ)、学連幹事、 トレーナーの選出、そして学年に発生した問題などを話し合います。先に述べたように、通常はカテゴリー別、しかも日吉、三田、湘南藤沢各キャンパスに所属する同期全員が揃ってミ―ティングを持つことは想像以上に難しいことです。また何週間も、何カ月も掛けて議論する議題もあります。1つの「解」に辿り着くまで、壮絶な状況になることもあります。ソッカー部の代表となる運営スタッフになる役に就く人選がまさにそれです。ただ「ふさわしい人間」を選ぶという作業ではありません。自他分析を深く行い、言葉にして、それぞれの理想や想いをぶつけ合います。そして時には、「他者の至らなさ」を指摘し合います。やるせなく、悲しく、苦しい想いも伴います。過去の先輩方から聞いていた「自分の存在価値の模索」「人生で一番密度の濃い時間」「終わりのなきトンネル」という表現のどれもが当てはまる経験を私もしました。また試合に出たいと特に焦っていた時期は、「この時間を自主練に充てられたら」、大学のレポート提出前には、「この時間にもっと多くの文献が読めたのに」と恨めしく感じてしまうことさえありました。そして「なぜこんなにも時間が掛かるのだろう」「ここまで時間を掛ける必要があるのだろうか」と疑問を覚えました。しかし、大学のある講義で「民主主義は素晴らしい制度。しかしそれは、沢山の時間が必要とされ真の実現には根気の要るものでもある。」とおっしゃった教授の言葉で気づかされました。例えば、監督が「主将」を指名する、先輩が「主務」を決める、或いは、多くの推薦を得た者が「グラマネ」に決まるという伝統であれば、どうでしょう。時間は掛かりません。また決定事項に何か考えを持つ者があったとしても異論することは出来ないでしょう。けれど我々の伝統は、ミーティングの日程から始まりどのように役を決めていくかに至るまでその全てを「話し合い」 で進めていきます。議題によって、それぞれがマジョリティにもマイノリティにもなります。しかし、どんな時でもマイノリティが排除されることはありません。同時にトップチームの実力を持つものがマジョリティに君臨することもありません。つまり我々のソッカー部では物事の決定において民主主義理念に則りその実現がなされています。だからこそ時間が掛かるのです。

%e5%90%8c%e6%9c%9f%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

<かけがえのない同期たち>

慶應義塾の祖である福澤諭吉先生は、『西洋事情』で英国議会を見学し、議会で対立する主張により大論争をしていた者たちが、議会が終わると一緒のテーブルで酒を酌み交わす仲間となっていた光景に、異なる人間を尊重する精神を学んだと言っています。そして慶應義塾においてもそのような場であることを求めましたが、まさに我がソッカー部にその精神が宿っています。「ミーティング」で口調は熱く激しくなろうとも、それは「ソッカー部を日本一の組織にする為」に依るものです。議論で闘うことはあっても本当にお互いを尊重し合います。この互いの主張を容赦無くぶつけ合う経験は、大学生活の中でもそう出来るものではありません。我々の重ねてきた時間は、自分に向き合い多様な価値と出会い考え、他者を受け入れるという経験の繰り返しであり、結果、人として成長出来たのではないかと考えます。

もちろん、ソッカー部はサッカーに打ち込める素晴らしい環境が整い最高水準の技術習得や向上が出来ることは言うまでもありません。ただ、部活を続けていく過程で時には「サッカーだけに専念したいのに」という気持ちに支配される時期が来るかも知れません。けれど、慶應義塾でサッカーをする意義をその時にこそ得られるのだと考えます。私は、時間ばかりが掛かりもどかしかったこれまでの時間こそが寛容と協力、譲歩という民主主義社会に生きる価値を会得し、同時に塾生として目指す「独立自尊」に近づける時間であったと確信し誇らしく思います。その他、ソッカー部にはまだまだ脈々と続く素晴らしい伝統がありますが、それは是非入部して感じ取ってください!

4年間重ねてきた膨大な時間はすべて「ソッカー部を日本一のチームにする」為のものでした。今、まさにトップチームが全ての部員の想いを背負いピッチで戦っています。目標に向かい我々の最後まで戦い切る姿をどうか観に来ていただけると幸いです。そして1人でも多くの皆様が、このソッカー部の門を叩き伝統を引き継ぎながら新たな価値創造をしてくださることを願っています。最後までお読みいただきありがとうございました。
―ソッカー部に関わってくださった全ての方に心からの感謝を込めて―

《NEXT GAME》
10/15(土) 関東リーグ戦 第18節 vs明治大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

3 / 41234

記事一覧

月別アーカイブ