オフィシャルブログ

一歩踏み出せよ(山本研)

2016.05.31

山本研
こんにちは。今回ブログを担当させていただくことになりました、環境情報学部1年の山本研です。慶應ソッカー部という素晴らしい組織で、日々サッカーが出来ていることに喜びと誇りを感じながら生活しています。

本題に入るにあたり、皆さんに一つ考えていただきたいことがあります。古代ギリシャの哲学者、ゼノンが言ったことについてです。
「私は部屋にいる。私は部屋の外に出たい。部屋の外に出るにはドアまでいかなければならない。今いる位置からドアまで進むには、ここからドアまでの距離の半分を通過しなくてはいけない。その半分を通過するには、半分の半分を通過しなくてはならない。半分の半分を通過するには、半分の半分の半分を通過しなくてはならない。これが永遠に繰り返されるのだ。だから私はこの部屋から出れない!」
さて、彼は本当に部屋から出られないのでしょうか。どのようにしたらドアに到達出来るでしょうか。

私ならゼノンさんに迷わず言います。「いや、一歩踏み出せよ」と。当たり前のように思われるかもしれませんが、このような考えを持てるようになったのは、國學院久我山高で過ごした高校3年間にあります。

入学当時の私は「1年から試合に出て活躍してやる。俺は他の誰よりも上手いんだ!」と意気込んでいました。しかし、すぐに大きな勘違いであることに気付かされました。私が1年生の時の3年生には渡辺夏彦くん(現慶應ソッカー部)や富樫佑太くん(現FC琉球)がいました。私の数百倍上手でした。私は、試合に出て活躍するどころか、トップチームにすら入れませんでした。久我山の3年間で試合に出れる日は来るのだろうか、毎日悩みました。どうやったら試合に出れるかを必死で考えました。同じポジションの選手が自分より上に何人いて、誰を追い抜けばトップチームに行けそうなのか(ちなみに当時の私のポジションは夏彦くんと同じトップ下です)、授業中でさえそのことで頭が一杯でした。練習で、自分が追い抜くべき人とプレーをしても、自分よりその人の方が上手くてまた絶望しました。夏彦くんに近付かなければいけないのに、夏彦くんより上手くない人にも負けている自分って・・・。目の前が真っ暗でした。ある日、トップチームの練習に呼ばれて、参加しました。やっぱり私のプレーは通用しませんでした。ふて腐れて帰ろうとした時、コーチに呼ばれ、ひどく怒られました。
「勘違いするな。お前は上手くない。自分が上手くないということを認めろ。」
初めは受け入れられませんでした。その後も何度も何度もコーチから同じことを言われました。そして、何日も経ってようやく気付きました。私は、自分が上手くないということを心から受け入れていなかったのです。現在地に止まって、どうやったら夏彦くんに勝てるかを考えていたのです。考えているだけで一歩も踏み出していませんでした。自分と夏彦くんとの距離を受け入れず、現実から目を反らし、頭の中だけで考え、勝手に絶望を感じていたのです。現在地からは一歩も動いていませんでした。それでは目的地に近付くことは出来ません。このことに気付き、一歩目を踏み出した時から僕の成長は始まったと思っています。

慶應ソッカー部の目標は関東リーグ優勝です。B、Cチームの目標はIリーグ全国大会出場です。個人の目標はトップチームで試合に出場し、関東リーグ優勝に大きく貢献すること、そして大学卒業時にプロサッカー選手になることです。私は今Cチームに所属しています。現在地から目標は遠く離れています。目標を達成する為に私は何をすべきか。練習に全力で取り組む、トップチームの応援は声が枯れるまでやる、チームの仕事も全力でやる。自分が目標から遠く離れていることを受け入れ、目標に向けて一歩踏み出す。そうする以外に無いのです。

「いや、一歩踏み出せよ。一歩踏み出して成長することでしかドアは開けられないよ。」ゼノンさんに言うと同時に、私自身にも言い続けたいと思います。

最後まで拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

 

《NEXT GAME》
6/4(土) 関東リーグ戦 第10節 vs流通経済大学
@龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 14:00キックオフ

各々がするべき事を(関東リーグ戦 第9節)

2016.05.29

こんばんは。日差しも強くなり、夏の足音がすぐそこまで近付いてきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日、味の素フィールド西が丘にて行われた関東リーグ第9節は、宿敵かつ前年度関東リーグ覇者、早稲田大学との因縁の対決でした。

前節の国士舘大学戦で勝利を収めた本塾は、今節も非常に良い立ち上がりを見せます。中盤のパスワークから渡辺(3年・國學院久我山高)が持ち上がり、中央でパスを受けた田中(3年・横浜F・マリノスユース)がゴール左隅に決め、先制します。しかし、ここから徐々に試合の主導権が相手に移り、本塾は我慢の時間帯が続きますが、守備陣が粘りを見せ、前半を1ー0のまま、無失点で折り返します。

後半、本塾は反撃に出た相手の勢いに押される場面が続きますが、65分、相手守備陣からボランチへのパスが弱くなった所を奪った手塚(3年・静岡学園高)からのパスを受けた田中がGKとの1対1を落ち着いてゴールに流し込み、遂に追加点を奪い2ー0となります。勝利を決定付けたい本塾は、更なる追加点を狙い果敢に攻めます。しかし、相手も本塾との点差を縮めようと攻撃の手を緩めません。一進一退の攻防が続く中、83分に、相手のゴール前に出されたクロスをクリアしようと試みた溝渕(4年・流通経済大学付属柏高)が痛恨のファウルを犯し、警告を受け、PKを献上してしまいます。このPKを決められ2ー1と1点差に迫られると、本塾の緊張感も高まり、試合は更に白熱します。相手の猛攻の中、88分、こぼれ球を詰められあわや失点かと思われましたが、上田(1年・横浜F・マリノスユース)の好セーブで難を逃れます。その後のロスタイムも、相手の必死の攻撃を幾度となく耐え凌ぎ、見事本塾は因縁の相手、早稲田大学に2年ぶりに勝利を収めました。

この試合の勝利の決定打となる2得点を挙げた田中に、インタビューをしました。

Image_4c8f014田中 健太(3年・横浜F・マリノスユース)

昨日は、応援していただきありがとうございました。今回の早慶戦は、相手が早稲田大学だったという特別な思いもありますが、「自分たちのフットボールをする」ということをこの一週間チームの皆で共通認識として持ちながら取り組み、前半の20〜30分は早稲田相手にその意識を実行に移して良い立ち上がりをする事が出来ました。それに加えて、精神面での「戦う気持ち」は早稲田に負けていなかったと自負しています。その二つの要素があったからこそ勝利を掴み取る事が出来たと思っています。しかし、この後にも試合は続いているので、ここで浮足立たずに気を引き締めて次の試合に臨みたいです。今年はここ数年で勝てなかった専修大学、早稲田大学、流通経済大学など手強い相手に勝つことで優勝に近付く、という目標も掲げています。来週の流通経済大学戦では、専修大学と早稲田大学への勝利に続き、今回も勝利を目指します。次の一週間も「自分たちのフットボールをする」事を意識して練習に取り組み、100%の力を出すことが出来れば必ず勝てる試合だと思っているので、頑張ります!次節もご声援の程、宜しくお願い致します。

この試合で本塾は今シーズンの連勝記録を更新し、3連勝を飾る事が出来ました。それは、部員一人一人が勝利の為にするべき事を本気で取り組んだ結果掴み取る事の出来た勝利です。しかし、「関東リーグ優勝」が本塾の目標であり、ここで満足して足を止める訳にはいきません。この一週間で取り組んだ事をもう一度振り返り、さらなる成長をして、強敵、流通経済大学との一戦に臨みたいと思います。

今後共、ソッカー部への温かいご声援の程宜しくお願い致します。

文責:桑原美里

《NEXT GAME》
6/4(土) 関東リーグ戦 第10節 vs流通経済大学
@龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 14:00キックオフ

己を知る(溝渕雄志)

2016.05.27

溝渕2
こんにちは。本日の部員ブログを担当する4年のƒ溝渕雄志と申します。
今回はこの場をお借りし、自身の進路選択を通して感じ考えたことを記させて頂きます。

私には現在、プロサッカー選手になるという目標があります。これは覚悟を持った上での目標であり、安易に設定した目標ではありません。

今年に入り、2月の終わり頃まではプロ選手という目標を持ちつつ一般企業への就職活動も行っていました。なぜプロの世界を目指しつつ就職活動もしていたのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。その理由は、プロ選手という職業に不安を持っていたからでも、プロ選手を目指す自分への自信が無い為に人生に安定を求めたからでもありません。ただひたすら、自分自身について真剣に時間をかけて考える機会を得る為でした。その期間では様々な業界の企業を調べ、偉大な先輩方にお会いしては貴重なお話を聞かせて頂き、それらのインプットを元に熟考を重ねました。その結果、気付いたことがあります。

 

自身のこれまでの進路選択の根幹には「可能性の最大化」というコンセプトが存在していたということです。

 

これまでの進路選択、とりわけ大きなものでいえば、サッカー名門高校から慶應義塾大学へ進んだことやプロの世界を目指しながらも就職活動を行ったこと。それは自身の可能性を広げるという目的が選ばせたものでした。サッカーだけの大学生活は欲していなかった。文武両道で励みたかったからこそ慶應義塾大学を受験しました。社会に対してあまりにも無知のままプロサッカー選手を目指したくはなかった。サッカー選手のプロフェッショナルとして社会の一員になりたかったからこそ就職活動にも取り組みました。このように、自身の可能性を簡単に狭めないような選択をしてきました。

そして、私にとってプロサッカー選手を目指すという選択は、何よりも自身の可能性を最大化させる選択だと確信したのです。私は未熟です。それと同時に自分自身にはまだまだ可能性があると思います。その可能性を信じて努力し続けたいとも思います。そこに全てを費やしたいとも思います。その私のプレーを多くの人に見てもらいたいとも思いますし、多くの夢を与えたいとも思います。自分にとってこれこそが何よりも幸せな選択だと心から思ったのです。

時間をかけて考えたものの、出てきた答えは極めてシンプルでした。「プロサッカー選手」の魅力を理解し、これを生業にするんだという決意を固めたのです。

「可能性の最大化」という自分の本質を見直せたことで私の今後の人生は更に素晴らしいものになります。サッカー選手としての可能性、人間としての可能性を大きくするべく、毎日の努力を積み重ねていきます。ただひたすら、自分に出来ることはそれだけなのです。

長く拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今週末の慶早戦。ソッカー部の持つ大きな可能性を体現するべく部員一丸となって闘います。
今後共ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

《NEXT GAME》
5/28(土) 関東リーグ戦 第9節 vs早稲田大学
@味の素フィールド西が丘 14:00キックオフ
☆★☆集中応援日となっております☆★☆

彼の分まで(吉田誠)

2016.05.24

吉田こんばんは。本日ブログを担当させていただきます、商学部3年の吉田誠です。日頃よりソッカー部への温かいご支援ご声援、誠にありがとうございます。

自分の番が回って来る度に、いつも何を書こうかぎりぎりまで迷ってしまいます。今回は、今年私にとって一番衝撃的で、また辛かったことを書こうと思います。
1月15日に起きた長野県軽井沢でのスキーバス転落事故。記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。この事故で13名の大学生が命を落としたのですが、その中には私の高校のサッカー部の同期もいました。親から連絡を受けた時、ただただ呆然としていたのを覚えています。20歳で友人がこの世を去るというのはあまりにも現実味が無く、信じられないことでした。
彼の死で、私は多くのことを考えました。人は本当にいつ死ぬか分からない。明日事故に遭うかもしれない。何気なく過ごしている日々も当たり前のことじゃない。そう思うと、今自分が生きていて、行きたかった大学で、大好きなサッカーが毎日出来ていることはとても幸せなことです。もし彼が生きていたら、残りの人生でやりたいことがきっと山ほどあったはずです。私は、彼がこれから生きたはずの人生の分まで頑張って生きなくてはと強く思いました。

現在私が所属するBチームはIリーグ3連勝中です。Iリーグ全国大会出場を目指す中で負けられない試合が続きますが、一戦一戦本気で戦っていきたいと思っています。また、3年は勝負の学年だと多くの先輩方が言います。自分の目標の為、チームの目標の為に、悔いが無いよう日々過ごしていきたいと思います。
拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部への温かいご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5/28(土) 関東リーグ戦 第9節 vs早稲田大学
@味の素フィールド西が丘 14:00キックオフ
☆★☆集中応援日となっております☆★☆

勝利への想い(関東リーグ戦 第8節)

2016.05.22

こんにちは。春から夏へと移ろう季節、皆様お変わりございませんか。

昨日、味の素フィールド西が丘にて、関東リーグ第8節国士舘大学戦が行われました。
前半、本塾は攻撃の連携が中々噛み合わず、押し込まれる展開が続きます。26分、相手陣内からのロングボールを繋がれたところから、細かい連携で中央を崩されて失点し先制を許します。何とか前半の内に追いつきたい本塾は、30分、37分と田中(3年・横浜F・マリノスユース)のクロスから松木(2年・青森山田高)にボールが渡りますが、いずれも不発に終わり、1点リードされたまま折り返します。

後半から、増田(2年・桐蔭学園高)に代わり関東リーグ2度目の出場となる落合(1年・横浜FCユース)が投入されます。すると46分、自陣でボールを奪った松木からパスを受けた手塚(3年・静岡学園高)が右サイドを持ち上がりクロスを放つと、それが相手のオウンゴールを誘い同点となります。その後勝ち越し点が欲しい本塾でしたが、チャンスを作りながらも中々シュートまで持ち込めません。次第に相手ペースとなる中で、DF陣が粘りを見せ持ち堪えます。83分に渡辺(3年・國學院久我山高)に代え小谷(2年・藤枝東高)が投入され、本塾に流れを引き寄せようと試みます。そして迎えた87分、望月(4年・静岡学園高)の良い守備から相手のファウルを誘い、FKを獲得します。井上(4年・國學院久我山高)が放ったボールを望月が折り返し、それを受けた豊川(4年・ジェフユナイテッド千葉U-18)が右足で豪快にゴールに突き刺し、遂に逆転します。さらに90分には田中に代わり投入された池田(3年・浅野高)が残り少ない時間でチャンスを作ります。ロスタイムでの相手の猛攻に耐え抜き、試合終了のホイッスルが鳴ります。

先制点を取られるという苦しい展開ではあったものの、2ー1と前節の順天堂大学戦に続き今シーズン初めて連勝を挙げることが出来ました。
次節は、いよいよ宿敵かつ前年度関東リーグ覇者、早稲田大学との対戦です。勝ち点差5の中に11大学がひしめき、混戦となっている関東リーグ戦。勝ち点では本塾は早稲田大学と並び、直接対決となります。昨年は早稲田大学に3戦勝ち無しと、次節も厳しい戦いになることは間違いありませんが、「関東リーグ優勝」という目標を達成する上では絶対に負けられない一戦です。この1週間、部員全員が本気で各々のやるべきことに取り組み、必ず勝利します。勝とうという気持ちが勝った者が勝利すると信じ、必死で戦います。当日は是非会場にて熱いご声援の程、宜しくお願い致します。

文責:北嶋梨紗

《NEXT GAME》
5/28(土) 関東リーグ戦 第9節 vs早稲田大学
@味の素フィールド西が丘 14:00キックオフ
☆★☆集中応援日となっております☆★☆

1 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ