オフィシャルブログ

待望の初勝利(関東リーグ戦 第3節)

2016.04.17

こんにちは。桜の花も散り、葉桜が綺麗な季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日、江戸川区陸上競技場にて関東リーグ第3節法政大学戦が行われました。
いつも応援してくださる皆様に良い結果をご報告出来ず、心苦しい日々が続いておりましたが、昨日ようやく今季初勝利を収めることが出来ました!

試合開始のホイッスルが響いて2分、右サイドでボールを受けた加瀬澤(4年・清水東高)が攻撃の起点となり、増田(2年・桐蔭学園高)に絶妙な横パスを送ると、増田はワンタッチで相手DF2人を振り切り、コーナーサイドまで運びます。そこから、右ペナルティエリア角にいた加瀬澤に折り返し、それを左足でダイレクトに振り抜いたボールはゴール左隅に突き刺さり、待望の先制点となりました。
これにより、勢い付いた本塾でしたが、法大もカウンター攻撃で自陣ゴールに迫ってきます。しかし、GKの上田(1年・横浜F・マリノスユース)の好判断なセービングにより、難を逃れました。
その後も、中盤の加瀬澤、豊川(4年・ジェフユナイテッド千葉U-18)、増田が、チャンスメイクを連発し、攻守に渡り奮闘します。また、山本(4年・國學院久我山高)も前線からプレスをかけ相手陣内に攻め入りますが、惜しくもゴールには至りません。
後半ロスタイムには、鴻巣(2年・國學院久我山高)が関東リーグデビューを果たし、本塾は試合開始2分に奪った貴重な1点を守りきり、見事今シーズン初勝利を挙げました。

応援してくださる皆様と同様に部員一同もこの勝利の瞬間を心待ちにしていました。2連敗している中、皆様からいただいた拍手や激励のお言葉は励みになりました。誠にありがとうございました。また、現在熊本地震により被災されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。ご不便な生活を強いられている方がいる中で、私たちがこのように何不自由なくサッカーや勉学に取り組むことが出来ることに感謝しながら、1日1日を大切に努力して参ります。

昨日の試合で、ゴールを決めた加瀬澤と、そのアシストをした増田にインタビューをしました!
S__11952134
加瀬澤 力(4年・清水東高)
昨日は、応援していただきありがとうございました。今シーズン初めて勝つことが出来、大変嬉しく思っております。OBの方々やチームメイト、社会人スタッフの方々皆で勝ち取った勝利だと思っています。私個人としては、沢山の方に迷惑をかけてしまったと思っています。開幕前なかなか思うようにプレーが出来ず、すごく悩んでいました。しかし、同期や家族の支えがあり乗り越えることが出来ました。特に両親には本当に感謝しています。まだまだシーズンは始まったばかりです。私達の目標は関東リーグ制覇です。満足している暇などありません。謙虚にひたむきに、一つ一つの練習を大切に、本気で目標に向かっていきます。今後共ご声援の程宜しくお願い致します。

増田 皓夫(2年・桐蔭学園高)
開幕2連敗で迎えた第3節を勝利に収めることが出来て素直に嬉しく思います。この勝利は、先週の明治大学とのトレーニングマッチで勝利出来た流れがあってこそだし、またスタッフの方々やスカウティング、そして応援といった裏の仕事をしてくれる人がいてこその勝利だと思います。技術的なことで言えば、慶應らしく堅守速攻が試合を通して出来ていたので、続けて行きたいと思います。個人としては、セカンドボールの読みや寄せのスピードを意識して今試合に臨みました。まだまだ足りない部分が多いですが、意識したところはある程度出来ていたかなと思います。この勝利に満足せず、関東リーグは毎週続くので、次も良い準備をして、走り切りたいと思います。次節もご声援の程、宜しくお願いします!

(写真左:増田皓夫、写真右:加瀬澤力)

 

 

関東リーグ戦は始まったばかりです。連勝を目指して、次節に向け部員一同全力で駆け抜けて参ります。今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

 

文責:浜田真帆

《NEXT GAME》
4/23(土) 関東リーグ戦 第4節 vs桐蔭横浜大学
@川口市青木町公園総合運動場 11:30キックオフ

バースデーボーイズ(松本渓)

2016.04.15

松本こんにちは。いつも応援ありがとうございます。今回のブログは法学部政治学科4年松本渓が担当させていただきます。
4年生として迎える最後の関東リーグが開幕し、明日で3節目を迎えます。
関東リーグ優勝を掲げて臨んだにも関わらず、本塾は2連敗を喫しており、想像出来る最悪の結果でスタートしたと言っても良いでしょう。
しかしながら監督を始めトップチームの選手達、他カテゴリーの選手達は目を腐らせることなく毎日の練習を充実させています。
そこで、今日私の投稿が流れを変える投稿になることを願って一筆書かせて頂きます。
テーマは、「4月に誕生日を迎える同期」です。

 

 

S__16474119

 

宮永一希 4月10日生まれ

石川県出身の彼は、肥満体質であることと、きつい時に弱音を吐くという二点以外は完成された人間で、サッカーの実力も去ることながらミーティングでは鋭い意見を連発し、私たち同期を支えてくれている力強い田舎者です。

 

 

 

 

 

 

IMG_3898

 

齋藤勇太 4月11日生まれ

理工学部という過酷な環境に身を置きながら、人一倍努力を欠かさずトップチームで毎日凌ぎを削っている努力家です。「西が丘芸人」と呼ばれ、味の素フィールド西が丘でのデビュー戦を同期一同指をくわえて待っています。元ルームメイトとして一言言わせていただくくと、彼には毛が生えておりません。

 

 

 

 

 

 

S__16490500

 

 

宮地元貴 4月17日生まれ

言わずと知れた我らが主将。体育会本部にも所属しており、熱すぎて後輩に引かれているという噂も少々聞きますが、それも含めて愛されている人気者です。壇上で話す時に台詞を忘れるのはいい加減勘弁していただきたいところです。

 

 

 

 

 

 

IMG_5492

 

浅井良介 4月23日生まれ

学年内での役職はイベント係で、彼の存在そのものが私たち同期の仲の良さに直結しております。過去にあったイベントとしては、千葉の僻地まで行き武装してサバイバルゲームを行いました。度重なる怪我に悩まされていますが、最後の1年、彼はこんなものでは終わりません。

 

 

 

 

 

IMG_5257

 

 

小坂慎太朗 4月23日生まれ

普通の選手の1日のトレーニング時間は2時間程度ですが、彼のトレーニング時間は6時間です。自身の練習を終え、最後のチームが練習を終えた頃にはまだジョグをしているという努力の天才です。また、彼には沢山のルーティーンがあり、おそらく自分でも把握しきれていません。

 

 

 

 

 

 

IMG_6046

 

前田啓介 4月24日生まれ

キリスト教徒が通う小学校を卒業した彼の心はソッカー部一純白だと言われていて、サッカーの技術は折り紙付きですが、どう見ても太っています。自分より身長の高い女性にしか興味がないというこだわりも持ち合わせています。

 

 

 

 

 

 

これらが4月に誕生日を迎える同期です。試合会場などで見かけた際は是非誕生日おめでとう、と一言言っていただけると喜ぶと思います。以上の通り癖が強い同期がまだまだ沢山おりますが、そのおかげで毎日楽しく過ごせています。私たち4年がチームを引っ張っているという自覚を持ち、目標に向かって戦う姿を今後共応援宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4/16(土) 関東リーグ戦 第3節 vs法政大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

苦境(阿津地健也)

2016.04.13

阿津地
こんにちは。この度部員ブログを担当させていただく、総合政策学部3年の阿津地健也です。
日頃より温かいご支援ご声援をいただき誠にありがとうございます。満開となった桜も散り始め、葉桜の季節となりました。

シーズンインして二ヶ月が経過した今、私が素直に想っていることを書かせていただきます。
現在サッカー面で自分が思っているような結果を残せておらず、今の状況をなかなか受け入れられない自分がいました。その為から自分自身に対してもしっかりと向き合うことが出来ませんでした。そんなふとした時に高校時代のコーチが口酸っぱく言っていた言葉を思い出しました。

「常に自分に対してベクトルを向けろ。」

同期の多くが試合に出て活躍する中で、日々の練習で今日は足が痛いから仕方ない、今のプレーは味方のミスだから自分は悪くないなど適当に言い訳を作って自分自身と向き合うことから逃げていた自分に対して本当に情けないと感じました。この自分を変える為には日々自分自身と向き合い、今の自分に必要なことは何か、自分自身が成長する為には何をするべきなのか考えて行動に移さなければいけません。

人は苦境に立たされたその時にその人の真価が問われます。苦境に立たされた時にどれだけ自分に向き合い努力出来るか。この努力によって今後の成長に関わると思います。

拙い文章でしたが最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今後共ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4/16(土) 関東リーグ戦 第3節 vs法政大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

1日1日を大切に(関東リーグ戦 第2節)

2016.04.11

こんにちは。桜の花びらも散り、新緑がきらめく、いよいよ春らしい陽気が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

一昨日、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドにて関東リーグ第2節筑波大学戦が行われました。結果は1ー2で惜敗となりましたが、次に繋げることの出来る意義深い試合となりました。
前節、明治大学との開幕戦で敗戦を喫し、ここからが本当の開幕戦であるといった気持ちで練習に励み、浮き彫りとなった反省点や改善点を修正しながら1週間を過ごし、本節に臨みました。布陣は4-1-4-1、今季からセンターバックにコンバートした森下(4年・大阪桐蔭高)や前節に関東リーグ初出場を果たしたばかりの増田(2年・桐蔭学園高)、矢野(4年・暁星高)などをスタメンに起用し、控えの選手も大幅に前節とは入れ替え、前節から一新した気持ちで迎えました。

IMG20160409-112722-10IMG20160409-124248-83

 

 

 

 

 
(写真左:第2節のスターティングイレブン、写真右:今季からセンターバックに転向した森下(4年・大阪桐蔭高))

前半、本塾は筑波大の正確なパスワークに圧倒され、また風下だったこともあり拮抗した展開が続きます。6分、筑波大のFKをGK上田(1年・横浜F・マリノスユース)の好セーブによって失点を免れます。前半中盤からは筑波大の堅い守備や風の力で速度が速くなった筑波大のシュートに苦しむ中でも、本塾にもチャンスを感じさせるシーンが多く見られるようになります。渡辺(3年・國學院久我山高)、松木(2年・青森山田高)がシュートを放ちますが枠を超え、決定機を掴むことが出来ません。その後はスコアレスで前半が終わるかと思われていた中、37分、ゴール前でのGKとDFの連携ミスを突かれ、先制点を許してしまいます。反撃を試みますが、そのまま前半は0-1で終わります。

本塾は後半から矢野に代え、山本(4年・國學院久我山高)を投入し、得点を狙います。風上になった本塾は後半開始から試合の流れを掴みます。増田がゴール前の良い位置でFKのチャンスを得ますが、山本のシュートは僅かに枠の上をかすめ、捉え切れません。57分、筑波大にカウンターを仕掛けられ、攻め込まれますが、固い守備でゴールを阻みます。62分、筑波大が1対1の絶好のチャンスを得ますが、GK上田が冷静にゴールを阻止します。しかし、その流れからクロスを上げられ一瞬の隙から本塾は2失点目を許してしまいます。65分には松木に代え小谷(2年・藤枝東高)を投入し、流れを変えようと試みます。そんな中84分、本塾は井上(4年・國學院久我山高)のCKから望月(4年・静岡学園高)が頭で合わせ、意地の1点を取り返します。これで本塾は追加点を奪いに勢い付きますが、時既に遅し。合計1-2で試合終了しました。

IMG20160409-113001-12IMG20160409-131021-126

 

 

 

 

 
(写真左:円陣の様子、写真右:本塾今季初ゴールを決めた望月(4年・静岡学園高))

開幕から2連敗とはいえ、今節の試合ではやっと本塾らしい試合展開を見せることも出来、手応えを確かに感じました。それ故に1点1点の失点の重みが悔しさを増す結果となりました。今節で得た収穫と課題を胸に、本当の意味で前を向いてこの1週間次節、法政大学戦に備えなければなりません。どんなに足掻いても関東リーグは毎週やって来ます。この悪い状況を乗り越え、打破する為にも試合に出る選手はもちろんのこと、部員130名が自分に出来ることに精一杯取り組み、強い気持ちを持ち続けて参ります。この状況から必ずや立ち直ってみせます。いつかこの苦しい時期があったからこそ、嬉し涙を流すことが出来たのだ、と思える日が来ることを信じ、今は1日1日を大切に、前に進むのみです。
これからも暖かい応援の程、宜しくお願い致します。

文責:高松由佳子

《NEXT GAME》
4/16(土) 関東リーグ戦 第3節 vs法政大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

親への感謝(野村京平)

2016.04.06

野村
こんにちは。初めまして、この度、慶大ソッカー部に入部しました総合政策学部1年の野村京平です。新1年最初のブログを担当させていただきとても光栄です。
2月5日のシーズンインからソッカー部でプレーし、高校サッカーとはまた違った雰囲気の中でやっています。また先輩がとても優しく、充実した日々を送っています。

今回は「親への感謝」について話したいと思います。これはとても当たり前のことですが、出来ていない人が沢山いると僕は感じています。僕も高校に入るまではそんなに「親に感謝すること」なんて深く考えていませんでした。しかし高校で3年間指導してくださり、担任の先生でもあった酒井先生という素晴らしい方に出会い、僕の人生観が変わりました。先生は「誰かの為にプレーすること。そしたらいつもの倍の力が出る」ということをおっしゃっていました。これを聞いて、僕はすぐに親の為にプレーをしようと決心しました。僕よりも早く起きてお弁当を作ってくれて、僕の大好きなサッカーをさせてくれて、試合があればいつも見に来てくれて、良い報告をすると自分の事のように一緒に喜んでくれて、僕の事を一番に考えてくれて、一番近くで応援してくれて、一番に愛してくれる。思えば感謝する事だらけでした。その先生からの話を聞いてから常に親への感謝の心を持ち、親の為に3年間頑張り、3年次には全国高校サッカー選手権準優勝と國學院久我山高校サッカー部の歴史を塗り替えることが出来ました。そして慶應義塾大学にも合格することが出来ました。
その時も一緒に大喜びしてくれました。高校3年間を通じて本当にその様なパワーがあることに気付きました。自分の為だけに頑張っていた時は、辛いと思った時にすぐに妥協していました。しかし親の為なら、親の喜ぶ姿が見たいが為に、きついことがあっても乗り越えられました。もちろん自分の為にも頑張りますが、誰かの為に頑張るとよりパワーが発揮されることを高校3年間で学びました。

このブログを読んでいただいている皆さんも当たり前のことですが、親への感謝の気持ちを忘れないでほしいと思います。いつも僕達の為に一生懸命働いてくれて、自分のことよりも僕たちのことを一番に考えて生活してくれています。僕は心の底から家族を愛しています。皆さんも伝えられるときに親へ感謝の気持ちを伝えてあげてください。そして自分の為だけでなく是非大切な人の為に日々の生活を過ごしてみて下さい。人生一度きりです。過去には戻りたくても戻れません。
だからこれからも僕は親への感謝を忘れずに一日一日悔いのないように日々精進していきたいと思います。

4月2日に関東リーグが開幕し、初戦は結果が出ませんでしたが、まだまだこれからです。ソッカー部の一員として僕も1日でも早くトップチームに関われるように頑張っていきたいと思います。そして今週末、関東リーグ第2節が行われます。関東リーグ制覇に向かい、チーム一丸となって「本気」で戦いますので応援宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
4/9(土) 関東リーグ戦 第2節 vs筑波大学
@龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ