オフィシャルブログ

グラマネとして部員に伝えたいこと(川原一哉)

2016.01.27

川原

大変お世話になっております。昨年からグラウンドマネージャーを務めております、総合政策学部新4年の川原一哉と申します。
2016シーズンがいよいよ間近に迫り、あらゆる感情がこみ上げてくるのと同時に、引き締まる気持ちでいっぱいです。

さて、今回のブログでお話しようと思うことは、グラウンドマネージャーとして昨年1年間で多く感じた、部員の皆に伝えたい考えです。どこまで皆の心に響くかは分かりませんが、部を強くしたいという想いで書くことにします。

私は、グラウンドマネージャーになってから多くの相談を受けました。その多くが「どうしたら試合に出れるか、活躍出来るか」という内容でした。サッカー部なので当たり前の内容かもしれませんが、本当にこの質問がほとんどでした。この質問を受けて思うのは、彼は今の自分に自信が無いのか、または、評価基準や評価に対して何か思うことがあるのか、等です。決してその選手を駄目だと思っている訳ではなく、そう思うのです。そう感じるのです。そして、その質問の答えは一貫して決まっていました。「自分が誰にも負けないと思える強さをチームに発揮しろ」ということです。自信をもってこの言葉を選手に投げかけることが出来るようになったのは、自身のグラウンドマネージャーでの経験からでした。
就任してすぐの頃、私は偉大な先輩方や社会人スタッフの皆様のように活躍したいと思っていました。どうしたらサッカーをあんなに上手く教えられるか、どうしたらプロを目指す選手から信頼されるか、考え続けていました。その時は、活躍している先輩や社会人の方々の姿やその結果ばかりが目に入ってしまい、単純にそれを真似たりと、がむしゃらに努力していました。その結果、自分らしくないことばかりに意識がいき、自信がなく、やらされているような日々が少しの間続きました。自らやりたくて、皆に支えられ、任されているコーチという仕事が、何故か楽しくなく、私は疲れていました。それは非常に残念なことです。しかし、ある時自分のやりたいことは何なのか、どのようになりたいのか、そして、このチームに自分は何が出来るのかを純粋に考えることが出来るようになりました。自分と言う人間は何故サッカーをしているのか、ソッカー部に入ったのか、グラウンドマネージャーをしているのか、それを純粋に考え、納得した時、恐れを忘れ、全身全霊でグラウンドマネージャーという役職を楽しみ、結果を出せるのだと思うことが出来ました。
部員の皆は、分かっている、当たり前のことだ、と思うかもしれません。しかし、逆境や境地に立った時、本当に自分にしかない強みや感情を理解しているか否かが勝負の分かれ目になると私は思うのです。もう一度自分の心に問いただしてそれを見つめてほしいです。関東リーグの舞台で活躍する選手は皆、誰にも負けない圧倒的な何かを持っています。必ずその何かはピッチで一番になります。自分の強みに自信を持って戦っています。だからこそ、自分にしかない強みを信じて、それを伸ばして欲しいです。もちろん改善しなくてはいけないこともあるし、それを直すことも疎かにしてはいけないと思います。しかし、それ以上に自分にしか無い強みは武器になるのです。
慶應ソッカー部には、本当に優秀な人材が溢れていると感じます。コーチとして、サッカーも勉強も人間性も部員から学ばされることばかりです。感謝しています。だからこそ、心から上記のことを信じて頑張ってほしいです。その先には、ソッカー部の勝利があると確信しています。

2016シーズン、今までよりも結果が求められると思います。偉大な先輩方が築いてくれたこの流れを、必ず掴みます。全力で全てを出し切り、圧倒します。
今後共、ご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

スパイクと祐二さん(井上大)

2016.01.24

井上

平素は大変お世話になっております。総合政策学部新4年の井上大と申します。
全国高校サッカー選手権大会に三年連続出場、今大会では準優勝と旋風を巻き起こしたあの國學院大學久我山高校(以下久我山高校)の四年前の主将です。本年度はソッカー部副将を務めさせていただくこととなりました。

今回は私の愛用するスパイクと、私が影響を受けている久我山高校サッカー部のOBの方について書かせていただきます。

サッカーのスパイクはアンダーアーマー、アディダス、ナイキ、プーマ、ミズノなど様々。デザインを重視するのかそれとも機能性を重視するのか、その選び方も十人十色です。
そんな中私は、SVOLME(スボルメ)のスパイクを愛用しています。「スボルメといえばフットサルのブランドだよね」という声が聞こえてきますが、実はサッカー用のスパイクも出しています。スパイクのフロント部分にカンガルーレザーが使用されており、フィット感が素晴らしく足に良く馴染みます。一般の人の平均より幅が広い私の足にも、問題なくフィットしています。

スボルメの創設者兼社長は、久我山高校サッカー部のOBでいらっしゃる渡邉祐二さんです。渡邉さんは常々「サッカーを通して社会に貢献したい」、「新しい試みを考えることで会社と共に自分も成長していきたい」と仰っており、とてもバイタリティ溢れる方だと感じています。世界の一員として社会に影響力を行使したいという想いもお持ちです。そして新たな取り組みを行いながら、常に成長を追求していく渡邉さんの姿勢に、私は大変刺激を受けています。高い志を持ち想いを実現させていく社会人であり、そして偉大な先輩である渡邉さんを大変尊敬しています。

今シーズンのソッカー部は「関東リーグ優勝」という目標だけでなく、その先にある「サッカーを通じて慶應義塾としての理念を体現する」ことにも挑戦します。「一塾生として社会に貢献できる人材に成長する」という目的を常に念頭に置き日々活動して参ります。
渡邉さんの想いが詰まったスボルメのスパイクを履いて、私もソッカー部が掲げる目標と目的の達成に挑みます。
本年もソッカー部の応援を宜しくお願い致します。

image1スボルメの大さん

新シーズンへ向けて(豊川功治)

2016.01.20

豊川今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部新4年の豊川功治です。

本当に時が過ぎるのは早く、あっという間に大学生活ラストシーズンとなってしまいました。
この3年間を振り返ると、自分の思うようには試合に絡むことが出来ず、入学時に描いていたものとはかけ離れたものとなってしまいました。
喜びや楽しさより悔しさや不甲斐なさを感じることが多い3年間だったと思います。
しかし、今は最上級生として気持ちを新たにし、シーズンインが待ち遠しくとても楽しみです。

ソッカ―部では毎年シーズンに入る前、学生コーチを中心に学生のみで練習を行います。今年はA,Bチームに分かれて1週間の練習を行い、最後には紅白戦も行いました。
いつも仲良くふざけあったり、背中で引っ張ってくれていた先輩がもういないというのは寂しい思いもありますが、最上級生としての自覚を再認識する良い機会となりました。
練習の中では新シーズンへの競争はもう始まっていることを感じ、非常に手応えのある時間を過ごせたのではないかと思います。

先日の納会で新主将の宮地元貴(4年)がこんな言葉を話していました。
「須田さんを漢にします。」
納会の場では少し場が和むところもありましたが、今シーズンはこの言葉に尽きると自分は思っています。
個人としての目標ももちろんありますが、この言葉を成し遂げることができれば必然と自分の目標が達成出来ると考えています。

そして、昨年達成することが出来なかった関東リーグ制覇という目標を成し遂げる。
自分は関東リーグにコンスタント出たことがないのでどのようなものかわかりませんが、この同期とチームで目標を成し遂げたいし、成し遂げなければならないと感じています。
自分はスタッフでもありませんし、サッカーが上手いわけでもないので、チームのために何が出来るか正直わかりません。
しかし、自分らしく、今までの思いも全てをこの1年にぶつけ、みんなで笑って、最後の日まで今年1年突き進んでいこうと考えています。

本年もソッカー部の応援を宜しくお願い致します。

強い組織とは(松井隆明)

2016.01.11

松井あけましておめでとうございます。
この度ブログ担当させていただきます経済学部新2年の松井隆明と申します。
私がソッカー部に入部してからあっという間に1年目が終わりました。
去年の今頃、眠れないほどの緊張と不安で胸が塞がっていた自分を思い出すと、もう1年過ぎたのか、と時の流れの速さを感じます。
去年の1年間を振り返ると、内部生としてソッカー部に入部させていただきましたが、実力が足りず一番下のカテゴリーでプレーをする毎日でした。
プレーが上手くいかず気持ちが空回りしてカッとなってしまう日もあれば、ボールにすら十分に触れない日もありました。
そんな苦しい1年目でしたが、常に意識の高い先輩方や同学年の仲間からの刺激、食事などに気を配ってくれる親の支え、そしてやりたいときにサッカーが出来る幸せな環境があり、私自身も常に意識を高く持ち続けることが出来ました。

さて、昨シーズンはあと一歩のところで関東リーグ制覇を逃し、また早慶戦も敗れ、非常に悔しい思いをしました。

「強い組織とは何なのか」

この疑問が私の頭の中から離れませんでした。1年間全員が同じ方向に向かって全力を尽くしてきたにも関わらず目標を達成できず、関東リーグの厳しさを実感しました。結局勝った組織が強く、負けた組織が弱いということなのか。そんなことはないと思います。私は強い組織とは「厳しくも温かい組織」だと思います。そのために必要なものは、①明確な目標、②高い貢献意識、③信頼、④密な交流(対話)、だと思います。①と②はすでに十分だと思いますが、③と④に関しては十分であるとは言えないと感じました。学年単位で見てみると、ミーティングなど密な交流はあり、信頼も生まれているかと思います。しかし、学年を越えた縦の関係を見てみると特に密な交流(対話)は少ないと思います。「厳しくも温かい」の温かいは決して甘い、優しいということではなく、縦の関係に強い信頼があるということです。縦の信頼が強ければ、例えば後輩は「先輩方のために」と貢献意識もより一層上がると思います。そしてその信頼は密な交流なしでは生まれないと思います。厳しくも明確な目標があり、強い貢献意識があり、信頼があるからこそ、持てるものだと思います。今年で私は2年生となるわけですが、2年はチームの土台である1年の指導をしつつ、先輩方を下から盛り上げていかなければならない学年です。自ら先輩方に積極的に関わること、それに加え、1年生と先輩方が強い信頼を築けるための架け橋にもなっていきたいと思います。

最後に、新年なので今年の抱負を書かせていただきたいと思います。

「経歴など関係ない。」

これは経歴のある人だけが言える言葉です。私にとっては経歴は羨ましいものです。憧れているものです。しかし、私もまだ経歴を作れる、歴史を作れる立場にいます。今年で2年生となり、現役として長くてもあと3年しかサッカーをすることができなくなりました。残り3年となれば、突然やってくる大きなチャンスも挫折もあと数回しか来ないかもしれません。少し大袈裟かもしれませんが、今までのサッカーと向き合ってきた年数を考えるともう残り3年は「集大成」という言葉を使ってもおかしくないのではないかと思います。それくらいの覚悟を持って、個人としてより厳しく、より喜べるよう、そしてこの慶應義塾体育会ソッカー部というチームにおいて輝かしい歴史を残せるよう日々精進していきたいと思います。
乱文失礼いたしました。最後までご高覧いただきありがとうございました。

成長(北川直樹)

2016.01.07

北川こんにちは、はじめまして。
この度ブログを担当させて頂く経済学部新2年の北川直樹です。
早いもので私がソッカー部に入部してからまもなく1年が経とうとしています。
そこで今回私は、来る2016シーズンに向けて昨シーズンを振り返って思うことを綴らせていただきたいと思います。

私は3月から、よりサッカーや学業に専念出来るようにと一人暮らしをしています。
当初は家事や食事など戸惑うことが多かったものの、同期だけで私含め10人が日吉で一人暮らしであるということもあり、お互いに支え合うことで、ようやくこの生活にも慣れ、徐々にではありますが、自立出来るようになってきた気がします。
一人暮らしというのは友達からするととても便利なものらしく、ミーティングで遅くなった日や次の日の練習が朝早いときには特に、よく同期が泊まりにきます。
たとえ何も理由がないときでも、伊東(1年)と増田(1年)はよく泊まりにきます。一人暮らしは意外と寂しいもので、実は有難いのですが。

そんなことはさておき、このように一緒に過ごす時間が増えると、色々な話をすることがあり、その話題は多岐に及びますが、たまにミーティングでの議題についてや、自分たちの今の目標など、もし自分がソッカー部に所属していなかったら考えてもいないだろうなというような真面目なことを話すことがあります。
自分が今どのように考えているのか、これを言葉にして相手に伝えることはとても大切なことだと思います。
ミーティングでは、各々がそれぞれ色々な意見を出し合う中で、同期の意見と自分の意見を擦り合わせて吸収し、また新たな自分の考えを形成していきます。
引退された4年生が「ソッカー部はただサッカーを上達させる場なのではなく、人間力を高める場でもあるんだ」と何気ない会話の中で仰っていて、自分の中ではそれがとても印象的でした。
先輩たちの話を聞いていると、まだまだ甘いような気はしますが、ミーティングなど様々なことを積み重ねていく中で、更に人間として成長することが出来るのだと思います。

最後に、私が好きな言葉を1つご紹介致します。

「努力は運を支配する」

この言葉は、元ラグビー日本代表監督を務め、その一方で金融界にも実績を残した、宿澤広朗さんの言葉です。
小さな積み重ね、努力がやがて形となって、そして運すらも手繰り寄せることが出来ると信じて、日々精進していこうと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。今後ともご声援の程宜しくお願い致します。

1 / 212