オフィシャルブログ

2015年を振り返って

2015.12.30

こんばんは。
師走の慌ただしい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

本日ソッカー部では、有志でお集まりくださったOBの方々と現役による蹴り納めが行われました。
4チームに分かれてミニゲームを行い、今年最後のサッカーを皆で楽しむと共に、普段は直接関わりの少ないOBの方々と現役との交流を図ることが出来、有意義な時間となりました。
今年1年分の感謝の気持ちと、来シーズンへの抱負を胸に、すがすがしい汗を流しました。
S_3678672048613IMG_1012IMG_1025 (1)

 

 

 

 

 

2015年も残りわずかとなり、今年1年を振り返ってみると山あり、谷あり、色々なことを乗り越えてきたと感じます。「一丸」のスローガンの下、関東リーグ優勝の為に121人で戦ってきた今シーズン。何度も壁にぶつかりながらも実りある一年となったように思います。

4月。関東リーグが開幕し初戦、第二節と連続で勝ち点3を積み重ね暫定1位となり最高のスタートを切りました。
IMG_2237

 

 

 

 

 

しかし、5月の終わりに行われたアミノバイタルカップでは格下の相手に対しPK戦までもつれ込む大熱戦の末、初戦敗退を喫し、悔しい結果となりました。

7月。満を持して行われた第66回早慶サッカー定期戦。この一戦の為に部員全員で万全の準備を積み重ねてきた本塾でしたが、宿敵早稲田にはまだ一歩及ばないことを感じ、悔しさでたまりませんでした。
IMG_2293
 

 

 

 

 

8月。下田のグラウンドで毎日朝から晩までたくさんの汗を流し自身の成長に向けて努力を重ねました。また、各カテゴリーで遠征を行い更なるレベルアップを目指しました。
そして9月の関東リーグ後期開幕。台風などの影響によって開幕が延期されるというアクシデントの中迎えた桐蔭横浜大との一戦、前半0-2と重い雰囲気のまま折り返すと思いきや、一転後半は本塾が猛攻撃を仕掛け、主将、久保をはじめとする本塾イレブンが次々とゴールをを決め4点を奪い、合計4-2での劇的な勝利を収めました。大事な開幕戦での勝利に勢い付いた本塾は続く2戦も快勝し、関東大学1部リーグでの46年ぶりの3連勝を成し遂げました。部員全員が目の前の勝利に向かって歩幅を合わせ、一歩ずつ進んでいけているという手ごたえを感じるような日々で、今シーズン掲げてきた「一丸」の意味をかみしめることが出来たように思います。

IMG_1190IMG_2182

 

 

 

 

 

しかし、そのような日々も長くは続かず、宿敵である早稲田によってまだ自分たちに足りない物があると気づかされた10月の関東リーグ内の早慶戦。思うような結果が出ず、関東リーグ優勝に手をかけたまま足踏みするというもどかしい思いの中、ただ勝利をつかみたい一心でがむしゃらにチームの為に一人一人が自分が出来ることを探しました。
そして得られた関東リーグ3位。優勝にこだわってきただけに悔しい気持ちの残る3位となりましたが、ベストイレブンや個人賞に多数選出していただくことが出来ました。
関東リーグでの雪辱を晴らすべく臨んだインカレ2回戦。そして4年生の引退。

IMG_1843

 

 

 

 

 

ここに書き並べることの出来ない一日一日の些細な出来事も、このように振り返っているとつい昨日のことであったかのように思い出されます。
私はソッカー部に携わり始めてからまだ1年も経っていないのですが、様々な経験をさせていただき、毎日たくさんのことを学ばさせていただいています。苦しいこともありましたが、この1年、1年生として必死に駆け抜けてきた毎日が輝いていると感じています。そしてこの2015年という素晴らしいシーズンを経験させてくださった方々、特に今の4年生には感謝の気持ちでいっぱいです。

今シーズンが終了して約20日が経ちましたが、下田では着々と次のシーズンを新体制で迎える準備が整ってきています。来年は今年を更に上回る年にすることが出来るよう、部員一同気を引き締めて新年を迎えたいと思います。

最後に、私たちはここまでソッカー部を作り上げてくださった全ての先輩方の積み重ねでこのような素晴らしい環境で今年も活動することが出来ました。ありがとうございました。そして、この1年ソッカ―部に関わって下さった全ての皆様に感謝申し上げます。
2015年も応援ありがとうございました。2016年も変わらず温かいご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

文責:高松由佳子

一日一死(藤川誠人)

2015.12.29

藤川こんにちは。
この度ブログを書かせていただく事になりました、総合政策学部1年の藤川誠人です。
ブログを書かせていただく事は初めてですが、ブログを通して沢山の方々に私の想いや考えてきた事をお伝えできる事に感謝しています。ありがとうございます。

今年も残りわずかとなりました。
そこで、私が今年信条としてきた言葉は「一日一死」です。
この言葉には、「明日があるから今日はやらない。」のではなく、「その時、その瞬間、今を生きる今日を全力で生きる。」という意味があります。
私にとって、生きる事とは1日の終わりに幸せを感じる事が出来る程の努力をする事だと思っています。

私は入学する前も、入学してからも、必ずピッチに立って慶應の為に全力を尽くしたい。このように考えてきました。
ですが、今シーズンを振り返ってみると、トップチームが出る公式戦には全てスタンドにいました。
その時でも、常に「一日一死」、チームの為にも一日を無駄にしないように、率先して声を枯らして応援し続けました。
結果を見ると素晴らしい結果ではありますが、満足のいく結果ではありませんでした。それは、チームとしても個人としてもです。
そんな私が今思うこと、それは個人としてスタンドにいた悔しさ、チームとして満足のいく結果を残す事のできなかった悔しさをピッチで表現するんだ、ということです。
この気持ちを実際来シーズン体現できるように、残りわずかの今年ももちろんですが、来年も精進していきたいと思っています。
来シーズンは、個人としてもチームとしても満足のいくような結果を残せる為に全力を尽くします。
また、どんな時でも慶應の為に全力を尽くします。

来シーズンも私なりに本気で熱く頑張っていきますので、ソッカー部へご声援の程、宜しくお願い致します。

藤川

今年最後の活動

2015.12.24

こんにちは。
寒さも段々と厳しくなり、本格的な冬を迎えていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ソッカー部は先日、年内最後の活動である、大掃除とミニゲーム大会を行いました。大掃除では、1年間お世話になった合宿所、部室、グラウンド周辺を感謝の気持ちを持って部員全員で綺麗にしました。
このような素晴らしい環境で部活動が出来ているのは様々な方の支えがあるからだということを再確認し、来年もお世話になった方々の想いに応えるため日々努力を重ねていかなければ、と気の引き締まる思いです。
そして、大掃除の後はミニゲーム大会を行いました。
学年、チーム関係なく10チームに分かれ、サッカーを楽しんでいる部員を見ると、皆のサッカーへの想いを感じ取ることが出来ました。

集合

 

 

 

(ミニゲーム大会後の集合の様子)

 

 

 

 

2015年のソッカー部としての活動はこれをもって終了となります。
改めて振り返ると、本当に早い1年間でした。私は5月頃からソッカー部の活動に携わっていますが、初めてソッカー部に来た日がまるでついこの前のことのように思えます。
しかし、沢山の先輩方からいろいろなことを教わり、この1年間でとても成長することが出来ました。
それは、1年生全員に言えることであり、また来年は教える立場として、もっと成長していかなければなりません。

あと1週間で今年が終わりますが、1ヶ月半後にはまた新しいシーズンが始まります。
副務冨田(3年)が、「OFFは休みではなく、これからの準備だ」と言ったように、次のシーズンにはまた一段と成長した部員の姿が見られることと思います。

また、12月26日(土)、12月27日(日)に行われる全日本大学選抜の最終選考合宿に2年から手塚、渡辺夏、1年からは松木が選出されました。(詳しくはこちら
慶應を代表し戦ってきてくれることと思いますので、応援してください。

来シーズンも、温かいご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

文責:髙橋美沙子

新たな挑戦に向けて

2015.12.20

こんにちは。

寒風の吹く日が増え、今年も残りわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
本塾ソッカー部は、2月から始まった2015シーズンが12月10日に全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)vs大阪体育大学(試合詳細はこちら)をもち、終了しました。平日の寒い中での試合にも関わらず、普段のリーグ戦と変わらぬ沢山の方々が応援に駆け付けて下さいました。

インカレという大きな舞台に立つことが出来たのも、いつもご支援、ご指導いただいているOBの皆様、保護者の皆様のお力添えがあったからだと思っています。部員一同、心より御礼申し上げます。

昨日、今年度の全日本大学サッカー選手権大会決勝が浦和駒場スタジアムにて行われました。
我々ソッカー部員も全員で観戦し、5,000人を超える観衆の中、関西学院大学と阪南大学が激突しました。

試合は、今年度関西リーグ優勝の関西学院大学が、王者にふさわしい堂々たる試合を披露しました。前半だけで4点のリードを奪い、阪南大学を粉砕。対する阪南大学も、必死にゴールを目指しますが、得点することが出来ず、試合はそのままホイッスル。関西学院大学が、関西リーグ戦と関西選手権、総理大臣杯、インカレの4冠達成を、計4発の祝砲で飾りました。

普段はなかなか観る機会がない関西のチームの脅威を目の当たりにしました。日本一を懸けて戦っていく中では、こういった強豪相手と戦わなくてはなりません。
昨日の動員で、部員一人ひとりが自身の課題と向き合い、また、新たな目標を見出し身の引き締まる思いでスタジアムを後にしました。
これにて、今シーズンの大学サッカー全日程が終了し、閉幕となりました。また来年度、リーグ戦が開幕する4月まで大事な期間となります。気を抜くことなく、来シーズンに向けて準備していきたいと思います。
来年度は、我々が昨日のような大舞台に立つことができるよう精一杯精進して参りたいと思います。
今後とも、ソッカー部を宜しくお願い致します!

文責:浜田真帆

後悔はしたくない(矢坂天成)

2015.12.16

矢坂こんにちは。法学部政治学科2年、矢坂天成と申します。冬も深まり、夜の街に行けば煌びやかな装飾やベルの音が今年の終わりを告げようとしています。私達ソッカー部は、目標として掲げていた関東制覇には及ばなかったものの、リーグ戦第3位という好成績を収め、関東第3代表として臨んだインカレでは、2回戦負けという納得のいかない結果に終わりました。それに伴い、チームとしての今シーズンの活動は終了し、4年生は残念ながら引退することになりました。今年の4年生は本当に人間として尊敬できる人が多く、多くのことを学び、また多くのおいじりをいただきました。本当にありがとうございました。

折角ブログを書く機会をいただいたので、もっと面白いものにしようと、前日まで「もってぃという男」という大作を完成間近まで書いたのですが、今朝あまりにも大きな怒りを感じたので、内容を大幅に変更し、ある男に感じたこの大きな怒りをここに書かせてください。身内のことですので、これを見た多くの方々にご理解いただけないかもしれませんが、出来るだけ分かりやすいように、また、いつかその男にこの思いが伝わるように書きたいと思います。もしかすると分かり辛い表現や良くない文法を使うかもしれませんが、温かい目で見守っていただけますと幸いです。

僕はサッカーを一度辞めました。サッカーを高校まで続けたモチベーションは高校サッカー選手権に出ることにあって、そのモチベーションは本当に大きく、母と共に高校の近くに小さな家を借りるくらい、家族を巻き込んでしまうくらいのものでした。今考えると僕の人生そのものでした。いざ選手権の県予選で敗退し、引退することになった時、僕には何も無いことに気づきました。毎日12時過ぎまで寝て、ゲームをして、漫画を読んで、遊んで。確かに楽しかった。楽しかったけど、人間としての堕落、虚無感、本当にどうしもない奴だったと今思えば感じます。生き甲斐としていたものを奪われたものが手にするのは怒りでも、落胆でもありません、無です。
それでも上で述べた彼なら無にならず、真っ当な人生を歩めると思います。人間としての能力、考え方、誰もが持つことの出来ないキャラクターを彼は持っています。人格者とはこういう人のことなんだと思っていました。でも、今回の決断に限っては絶対に違う。間違ってる。タイミング、発言、行動、内容、彼の涙、全てを考えても逃げではないのか。どれだけの思いがあって、どう考えているかを理解するのにもしかしたら材料が足らず、主観的過ぎるかもしれない。それでも違うと断言したい。そうなってほしくないという感情的な部分もこの思いを強くしてくれます。 家族の意見はもちろん本当に重要だけど、自分のためだけに生きる部分であるはずのサッカーを無くしたらどうなるのか、本当に深く考えてほしい。俺も家族には同じことを言われているし、やらなきゃいけないことも山ほどある。それなのにここにいるのは、大学でしか出来ないこと、自分が心から選んだこと、それが唯一ここだけだったからだ。自分のためだけにもう一度考え直してほしい。
それでも心から本当に今朝のように思うのであれば、勝手にしてほしい。ただ、自分の思いを最後に吐き出し、かつ他の人に無責任と思われたくないなんてズル過ぎる。しかも、本当にサッカーが好きで続けたいなら今の状況にならない努力を、サッカーを頑張るだけではない努力を100%やってから行動に移すべきだ。それをする時間ならまだいくらでも残されてる。誰に何を言われてもこの考えは変わらないって言ったけど、本当にそうならそんなことは言わない。俺らの代はもしかしたら考えが浅かったり、行動力が無かったりするかもしれない。だけど、本当にみんな優しい。そんなみんなの意見にちゃんと耳を傾けてみてほしい。それらの行動の先に、俺の納得も、みんなの納得も、何より自分の納得があると思う。今のままだと何もかも本当に中途半端になるだけで、後悔だけがみんなの心に残ると思う。2年間共にしたみんなのためにも、もう一度考えてほしい。

ここまで吐き出してみたものの、自分の言いたいことが何なのかも、正しいのかも分からなくなってしまいました。こう感じてしまうのも、自分が小さな男だからなのでしょうか。既に4人の仲間を失ったことに対する後悔がこうさせたのかもしれません。ちゃんとした文章になるように訂正しようとも思いましたが、書きなぐったままにしておこうと思います。本当に見苦しい文章でしたが、どんな結果になったとしても、この思いがいい方向にいけばいいと思います。
今シーズンは終了してしまいましたが、来シーズンもその後もソッカー部の闘いは続きます。良い学年になってチームが良い組織に、そしてそれがいい伝統になっていくように、我々2年生は毎日ミーティングをしています。今後もソッカー部へのご支援ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

1 / 212