オフィシャルブログ

みんなの喜ぶ顔が見たい(久保飛翔)

2015.12.09

久保こんにちは。最高の主務からバトンを引き継ぎました、環境情報学部4年、主将の久保飛翔と申します。

今年の春、ファジアーノ岡山への入団を決意する際に、自分の中である1つの疑問について、多くの時間を費やし、考えました。
「何の為に、これまでサッカーに取り組んできて、何の為に今後もサッカーを続けていこうと思うのか」というものです。

ただ単にサッカーが大好きだから。幼い頃に思い描いたプロになりたいという夢の実現の為。考えれば考える程、様々な答えが出てきたのですが、どの答えも自分の中で納得できるような答えにはなりませんでした。
そんな中、自分がサッカーをプレーしていて嬉しいときは、どのようなときか考えるようになりました。試合に勝利したときの充実感。点を取ったときの興奮。自分の力が試合で通用したときの達成感。嬉しいと思う瞬間は、数多くあります。
その中でも、私が最もサッカーをプレイしていて嬉しいと思う瞬間。それは、 「私のサッカーを応援し、活躍を期待してくれている方の笑顔が見られたとき」です。その瞬間が見たいからこそ、今までどんなに辛い練習にも取り組んでくることが出来、今後もサッカー選手としての人生を送っていきたいと思うのだと気付くことが出来ました。

苦楽を分かち合い、チームの目標のために必死に努力し続けるソッカー部のみんな、サッカー選手としての成長の為、毎日熱心に指導を行ってくれる社会人スタッフの方々、多大なるご支援をしていただいているOBの皆様など、私を応援し、期待し、支えてくれている多くの方々の喜ぶ顔を私は見たいです。
その中でも特に、両親には感謝してもしきれません。幼い頃から、私がサッカーに真剣に取り組む為にサポートをしてくれ、試合には必ず駆け付け応援してくれました。大学入学後も、愛媛県から12時間近い時間をかけ、車で試合会場まで駆け付けてくれるときもありました。
私がサッカーをプレイするために本当に多くの方が私を支えてくれています。感謝してもしきれません。 そのような方たちの為にも、私は明日、初戦を迎えるインカレに、今までのサッカー人生で培ってきた自分の力の全てをぶつけたいと思います。どんな逆境に立たされても声を出し続け、最後まで諦めず泥臭く戦い、試合終了の笛が鳴るまで必死に勝利を追い求めたいと思います。

私は、日本一を勝ち取りみんなの喜ぶ顔が見たいです。それを原動力に死ぬ気で戦います。

慶應サッカーに関わる全ての人が一丸となり、必ず日本一になりましょう!!

≪NEXT GAME≫
第64回全日本大学サッカー選手権大会
12月10日(木) vs大阪体育大学 13:30kickoff @江戸川区陸上競技場

同期の仲間へ(織井敬太郎)

2015.12.07

織井こんにちは。「湘南のオニヤンマ」の異名を誇る我らが副将山田融よりバトンを受け継ぎました、経済学部4年、主務の織井敬太郎と申します。

役職柄今まで何度かブログを書く機会がありましたが、今回は最後となりそうなので同期の仲間へ私の気持ちを伝えます。

4年生、俺はみんなに絶対に後悔だけはしてほしくない。どんなにかっこ悪くたってもういいんじゃないか。馬鹿になって、もっともっと必死になってやろうぜ。泥臭く、自分が出来ることを探して、ひたむきにチームのために体を張る、そんなかっこいいところを後輩たちに見せてやろうよ。

2年生の頃、練習で疲れていても毎日夜遅くまでしたミーティングは一体何のためにあったのか。時に喧嘩してぶつかっても、腹割って話せばお互いのことが分かってこいつのために頑張りたいって思ったあの時の気持ちを、みんなが自分に誓ったことを、もう一度思い出してほしい。
今の自分でいいのか。本当に全力か。最後胸張ってやり切った、後悔はないと、そう言えるのか。もうこれで終わりだぞ。サッカーに懸けられるのはこの瞬間しかないんだぞ。本気でぶつかっている奴がいる裏でお前は何をしている。恥ずかしくないか。本当に肩を並べて歩けるか。お前の覚悟は、行動は、「日本一」にふさわしいか。
チームのためなら、同期のためなら俺たちはもっとできる。

俺は主務としてみんなに向けて言葉を投げかけることが多くあった。今もこうして「もっとやれ」とみんなに向けて言っているわけだが、その度に果たしてそんなことを言えるほど自分は何かできているのかといつも葛藤があった。みんなに言うからには誰よりも自分がやらなくてはならないと、自分の発する言葉にとても責任を感じていた。きっとまだまだやれることは多くあったし、物足りないところもあったと思うが、それでも俺はみんなに主務として選んでもらえたことを本当に感謝している。俺が夜遅くまで仕事をしていたら、仕事が終わる最後まで一緒にいてくれたことは絶対に忘れない。練習が終わった後、ふとマネ部屋に来て声をかけてくれたことがどれだけ心強かったか。本当に嬉しかった。
みんなに支えてもらった分、今度は俺が返していきたい。みんなと一緒にあと少し、もう一歩、頑張りたい。

いま、幸運なことにずっと夢見てきた「日本一」を自らの手で掴めるところにいる。4年間の集大成として、これ以上ない最高の舞台が目の前にある。
トップチームにいる4年生はみんなの想いを背負って、死ぬ気で戦ってくれ。人数も少なくて寂しい想いをさせてきてしまったかもしれない。でも、俺たちは同じピッチには立つことができないけれど、すぐそばで声を枯らして、心の底から勝利を願って叫び続けるから。だから、自信を持って前を向いて戦ってほしい。

4年生、「日本一」になろう。
大歓声に包まれたピッチで、黄色のユニフォームを着た選手たちが躍動して、得点を決め、仲間たちに拳を突き上げ、そこに仲間が集まり、また一際大きな声援が飛ぶ。その歓喜の瞬間まで走り続けよう。
この最高の仲間で、俺たちの4年間を証明しよう。

次のブログが最後の4年生ブログです。
担当は主将・久保飛翔。普段は寡黙に淡々とみんなのいじりを躱すこの男も、最後のブログという重圧からは逃れることはできないでしょう。彼はいいこと書きますよ、ベストイレブンにも輝いた最高の主将ですから。期待しましょう。

≪NEXT GAME≫
第64回全日本大学サッカー選手権大会
12月10日(木) vs(大阪体育大学vsIPU・環太平洋大学)の勝者 13:30kickoff @江戸川区陸上競技場

大好きな人(山田融)

2015.12.03

山田我らが誇るレフティモンスター山鹿渉平よりバトンを受け継ぎました、総合政策学部4年、副将の山田融です。

インカレ決勝まで残り15日間の今、私の好きな人への想いを伝えたいと思います。
1番大好きな人、それは同期のみんなです。その中で優劣を付けることは出来ません。その中で今回は少し恥ずかしいですが、端山豪と吉岡康季について記したいと思います。
端山とは小学校6年生からの知り合いで、その時は大学で一緒にサッカーをやるとは思いませんでした。話がつまらなかったり、年を追うごとに老けていく彼を嫌いになりそうな時は何度もありましたが、今では4年間を共に乗り越えた戦友です。彼には多くの刺激をもらい、共に成長出来たと思っています。そしてサッカー選手としてだけではなく、一人の友人としてもお世話になりました。そんな彼とプレーすることも残り数試合。泣き虫な彼を日本一という結果で男泣きさせることが今の僕の最大の目標です。

 

S_3549216464092

 

 

 

 

 

 

 

 

また吉岡とは実家が近く、多くの時間を共にしてきました。2年時のミーティングでの行き帰りの車で色々な話をし、今まで知ることの出来なかった彼の本心を知り、彼を大好きになりました。AチームとCチームという関係性の中、いつも応援してくれて、そして試合後には彼が得意とするごますりで褒めてくれて、とても励みになりました。彼の人間性がシーズン中に苦しかった時の支えになっていたことに私は最近気付きました。
ここでは2人のことをあげましたが、同期22人は最高の仲間です。苦楽を共にしてきた彼らと絶対に日本一になります。どんな逆境に陥っても最後に力になるのは、みんなの存在です。今まで支えてきてもらった分、日本一という最高の恩返しが出来るように頑張ります。
Image_1bc16af

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後輩のみんなにも一言伝えたいことがあります。今、チームに対しての不満、規則に対しての不満、個人の評価に対する不満はあると思います。でも、そのチームを作っているのも規則を作っているのも、評価しているのも仲間であり、これからは自分の信頼している同期が作っていくものです。感謝の気持ちを持てば必ず言動は変わります。まずは感謝の気持ちを持って、ただ表面的なものだけを見ずに、奥にどんな思いがあるのかを汲み取ってみればより素晴らしいものが見えてくるはずです。
色々言ってきましたが、「日本一をとる。」これを締めの言葉とさせていただきます。
次回のブログ担当は主務の織井です。試合後の彼の演説にはいつも圧倒されますが、次回はどんなブログを書いてくれるのでしょうか。

≪NEXT GAME≫
第64回全日本大学サッカー選手権大会
12月10日(木) vs(大阪体育大学vsIPU・環太平洋大学)の勝者 13:30kickoff @江戸川区陸上競技場

延世特集 完結編

2015.12.01

こんにちは。日韓国交正常化50周年に当たる今年、日韓のサッカーを先導してきた4つの私立大学による交流大会が開催されました。慶應のマネ部屋では、来年以降を見据えて3年以下のメンバーで取り組みました。この試合に臨む8名の延世大学校の選手とスタッフは2日前から来日し、計4日間日本に滞在しました。今回は延世特集の締めとして、4日間の様子をお伝えます。

満を持して出迎えに行った来日初日、正装で現れた延世大のメンバーは、体格が大きく迫力があり、コミュニケーションを取るのが少しはばかられました。手元には来日メンバーのリストがあったものの、当然顔と名前が一致する訳もなく、ここから4日間どこまで距離を近付けることが出来るか、期待と不安が入り混じった気持ちでした。下田での合同練習を終えた後、日吉にあるソッカー部員行きつけの定食屋で、延世の選手8名と、合同チームを組む部員8名が一緒に食事を取ったのですが、そこで驚かされたのが出されたキムチ鍋に入れる香辛料の多さでした。僕から見たらもう十分に赤くて辛そうだったキムチ鍋に、「ノースパイシー、ノースパイシー」と言いながら香辛料を加え続ける延世の選手達。あまりの辛さにむせる慶應の部員も多くいましたが、延世の部員もむせていて、笑ってしまいました。食事後はタクシーでホテルに向かって部屋まで送り届け、ほっと一息胸をなで下ろしていていたのですが、それも束の間、延世大のスタッフと食事をしていたOBの方から一本の電話が掛かってきました。「夜食で、選手8人分のハンバーガーセットを買って届けてほしい」。さっきまであの辛いキムチ鍋をモリモリと食べていたじゃないか、と喉元まで上がってきていた声を押し殺し、あくまで延世大はゲストなんだからと自分に言い聞かせて一旦下田に戻りました。その後、購入したハンバーガーのセットを両手に抱えてホテルに向かい、各部屋をノックして配りました。味が濃くないと満足しないんだと感じたので、もちろんフライドポテト用のケチャップは忘れずに入れました。そこでは、セットを受け取ってハグをしてくれる選手もいましたし、延世の応援歌のようなものを教えてくれる選手もいて、ハンバーガーセット8つ分以上の価値がある交流が出来た気がします。

image3
image2

2日目は下田での合同練習の後、南麻布にある韓国大使館にて、大使が大学関係者、各大学選手・スタッフ選手及びOB会幹部を招待したレセプションが開催されました。総勢130名にも及んだこの会でも、やはり出てきた食事の辛さに新鮮さを感じました。延世の選手と一緒にバイキングに並んでいたのですが、辛そうなものを避けていたら、昨日ハンバーガーを届けた時にハグされた選手が、おもむろに僕の皿の上に真っ赤な物を乗せてきました。おい止めてくれ、とは思ったものの、昨日感じていた距離間が着実に近付いていることを実感出来て嬉しく思いました。その後4大学の部歌や校歌を歌ったのですが、延世大の歌は昨日僕に教えてくれたもので、合点がいきました。延世留学を経験した慶應の選手の中には、この歌を歌える選手がいて驚きました。試合に備えてホテルに戻る目黒線の中では、その歌を覚えるまで教えてもらったり、武蔵小杉で降りるまでは会話が途切れませんでした。言葉が通じなくとも、心を通じ合わせることが出来、とても感慨深かったです。

image4

 

 

 

 

 

 

 

 

試合の当日の3日目。4大学交流戦を開催するにうってつけの快晴に恵まれ、多くの方に会場までお越しいただきました。僕自身、ピッチの上で国歌を聞いたことなどもちろんなく、2ヶ月ほど前からこの日の為に準備してきたのだと思うと、鳥肌が立ちました。試合では、即席のチームとは思えないようなパス回しや、韓国人選手のフィジカルの強さ、また延世と高麗の選手の激しい「削り合い」があり、普段とは全く異なる雰囲気を感じました。試合こそ負けてしまいましたが、来日してからずっと関わっている延世の選手のプレーを見て感じるものがありましたし、サッカーという共通言語で確実に繋がり合っている慶應と延世、早稲田と高麗を見て心が動かされました。この日の試合後は、目黒のとんかつ屋で食事を取り、親睦を深めました。
PB290012PB290007PB290003

 

気が付けば、最終日の4日目。ほぼ全員の延世大の選手と触れ合うことが出来、想像以上の3日間を過ごせました。見送りに行った選手には疲れた表情も見受けられましたが、手土産を渡すと笑顔で受け取ってくれました。恐らく「来年はこっちに来いよ」というようなニュアンスのことを言ってくれたと思うのですが、それを聞いた時には、これまでの応対が報われたような気がして、とても嬉しかったです。延世大が帰国した後、これまでの忙しさがなくなり、どこか寂しく思う自分がいました。それだけ、今回のプロジェクトに関わることが出来たのだと思っています。チャンスがあれば、来年は是非、延世遠征に帯同したいと思っています。
image1

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、このプロジェクトは早慶両校OBの方と早稲田ア式のマネージャーの力無くしては実現するものではありませんでした。会場を抑えるところから、延世大とのやり取りまで、至れり尽くせりやっていただいた気がしています。3年以下の体制で臨んだマネ部屋としても多くの課題が見つかり、収穫もありました。今回分かったこれらの事柄ときちんと向き合い、改善していきます。お世話になった皆様に、この場をお借りして御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

文責:駒野誠一

≪NEXT GAME≫
第64回全日本大学サッカー選手権大会
12月10日(木) vs(大阪体育大学vsIPU・環太平洋大学)の勝者 13:30kickoff @江戸川区陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ