オフィシャルブログ

たまには真面目なこと言います(小村研人)

2015.10.11

小村 こんにちは。慶應のカービィこと吉岡からバトンを受け取りました、法学部政治学科の小村研人と申します。

ソッカー部員として最後のブログ執筆を楽しみにし、3週間前から原稿を推敲し、渾身の「3年生へ」を作り上げたのですが、2日前にして急遽内容を変更しました。
それは、いつもは冷静な吉岡の熱いブログに心を打たれたからです。確かに、自分の考えを「整理して上手く」伝える事は必要だと思います。ただ引退まで残り少ない今、自分の想いを「多少不恰好な文面でも素直に」綴ってみたいと思います。

今の自分の想いを素直に言うと「この同期と4年間過ごせて本当に良かった」という言葉に尽きます。全くもってありきたりな言葉かもしれません、でもこの想いしか自分には思いつかないのです。

ソッカー部にはセレクションが無く、皆さんご存知の豪からオフサイドを知らなかった山鹿まで、同期には22人の部員がいます。入部当初は慣れない環境に加え、米井に声を掛ける事すら緊張しましたし、山口は粗相しかしないし、戸惑う事も少なくありませんでした。
ただ、先輩から言い渡された夏休み毎日ミーティングもプレー中より速く走って先輩に水を渡した代替わりも毎日5.6時間行ったスタッフ決めミーティングも全て、この22人だからこそ笑顔で過ごせてこれたと自分は思います。みんなが沈んでる時は新井君や近内や比留間や山岸や晋平がチームを盛り上げ、浮ついてる時は織井が締め直し、理紗や可奈やchi氏の最高の笑顔に支えられ、この学年は何でも乗り越えてきました。このように今振り返ると、無駄のように思えたあの地獄のような日々も少しは意味はあるのかな、と思えます。

そしてそう思えるのも(甘いと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが)、現在トップチームが良い結果を出してくれているからに他なりません。
一緒にプレーするのが好きだった将健を、最終ラインで壁のごとく立ちはだかる飛翔や宮原を、ボランチで蝶のごとく舞う融をスタンドで見るしかない自分が腹立たしいですが、そんな事は本当にどうでも良くて、何よりも今はただ勝って欲しいのです。国士舘も早稲田もぶっ倒して、誰もが初めは無理だろうと一笑に付した「関東大学リーグ制覇」をこの22人の4年生で達成したいのです。
そして最後には、立松がREXを貸し切って、颯生とR.Y.U.S.E.I.を歌って、4年間を締めくくる事が出来たら良いなぁとのん気に考えています(笑)
小田とはまだまだ長い付き合いになりそうですが…。

さて、ある偉い人が言っていた言葉に「勝負の神は細部に宿る」とあります。残り70日、この細部を4年生から先頭になって示していきたいと思います。
今後共温かい応援宜しくお願いします。

私が次にバトンを託すのは、我らが学連幹事山岸翔です。写真に魔法をかける事でも有名な彼、今回は私たちにどのような魔法をかけてくれるのでしょうか。楽しみです。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
10月18日(日) 第18節 vs専修大学 13:50kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

サッカーがくれたもの(吉岡康季)

2015.10.09

吉岡

こんにちは。
第89回関東大学サッカーリーグ戦にて、12チーム中2位と好調なチームを守備面で支えている慶應の守護神、宮原隆志よりバトンを引き継ぎました。環境情報学部4年吉岡康季と申します。

爽やかな秋晴れの続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
大変恐縮ですが、今の私の想いを綴らせて頂きたいと思います。

私は小学生の頃からサッカーを始め、部活動を通して14年間継続してきました。その中でも、大学4年間の体育会ソッカー部で過ごした時間はとても濃く、充実した時間になっています。サッカー、ミーティング、地域貢献、KSS、審判、Iリーグ委員、どれも初めての体験で本当にたくさんの挑戦をさせて頂きました。たくさんの挑戦をして、「成功」、「挫折」、「感謝」と様々な経験を積む事ができ、日々「成長」を感じています。私にとってソッカー部は、本当に多くの事を学ばせてくれ、自身を成長させてくれる大切な場所となっています。そんな大切な場所で、一緒にいろんな挑戦や経験をしてきた仲間は本当に大切な仲間です。私は本当に心強い同期を持つ事ができました。
楽しいことや得意なことに情熱を注ぐことは簡単です。しかし、辛いことや苦手なことに情熱を注ぐことは本当に難しいことだと思います。私自身、挫折を味わい、苦手なことから目を背け、逃げたいと思うことが何度もありました。しかし、逃げることなく、苦手なことにも挑戦し続けることが出来たのは、単純に「負けたくない」という想いだけでなく、同期の頑張る姿に刺激を受けたからだと思います。私の同期は喜びや悲しみを共に感じ、困った時は一緒に考え、支えてくれる最高の同期です。
そんな心強い同期や大切なチーム、なにより自身の為に残りのソッカー部生活を駆け抜けていきたいと思います。と言っても、今までとやることは変わりません。最後まで選手として一つでも高いレベルを目指してサッカーに取り組むこと。その上で、自身がチームに対してなにができるのか、考え行動すること。
今年度の目標である、「関東大学サッカーリーグ優勝」に向け、残り少ないソッカー部活動の中で挑戦し、成長し続けたいと思います。

同期のみんなへ、絶対に全員で優勝を勝ち取ろう。

次回は、桐蔭学園(私の出身校です)の永遠のライバル、桐光学園出身の小村研人の登場です。努力家で真面目な彼。どんな想いを綴るのでしょうか。次回以降も4年生の書くブログから目が離せません。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
10月11日(日) 第17節 vs神奈川大学 11:30kickoff @川越運動公園陸上競技場

ジンクス(宮原隆志)

2015.10.07

宮原
大山のちーさんからバトンを受け取りました。4年生のブログリレー、今回は私、宮原隆志(経済学部)が担当致します。

今回は私のジンクスについて書きます。

実は私は意識的にジンクスを作らないようにしています。几帳面とはいえない性格なのでしばしばそれを忘れてしまい、忘れてしまったことが気になってしまうからです。ジンクスになりそうになったら自分から崩してしまいます。

そんな私ですが試合前に必ず行うことがあります。
アップ前に、仕事をしてくれる同期に感謝すること。そして試合直前に、応援してくれる同期や後輩に感謝することです。
そうすると自然と力が湧いてくるのです。

ゴールキーパーとはとても重圧を感じやすいポジションです。
1つのミスが試合の流れを決めてしまうことも多々あります。かといってミスを恐れていては実力が十分に発揮できません。マインドコントロールが難しいポジションだと思います。

私は120人の部員を代表して試合に出ている責任やプレッシャーを昇華して力とするためチームメイトへの感謝を思い出すよう習慣づけています。主務、学連、グラマネ、トレーナーなど様々な形でチームに尽くしてくれる同期の為にも目標であるリーグ優勝を成し遂げたいと思います。

さて、ブログリレー、次はソッカー部で最も顔が広いと評判の吉岡康季です。
恥ずかしがりやな一面もありますが秘めた熱い想いを聞かせてくれるでしょう。

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ遠征時の一枚。大きさが分かりづらいですが、巨大なビール缶を発見して驚いている吉岡です。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
10月4日(日) 第16節 vs中央大学 11:30kickoff @中央大学グラウンド

伝えたいこと(大山千尋)

2015.10.05

こんにちは。近内よりバトンを受け取りました、法学部政治学科4年、マネージャーの大山千尋です。
10年来の仲である近内は、いじられることが多くお調子者のところもありますが、実は真面目な努力家で、やればできる子です。引退までのあと2ヶ月、同期の絆という大きな原動力を持つ彼の活躍に期待しています!

image

 

 

 

写真は去年の近内の誕生日です(笑)

 

 

 

 

 

 

さて、今までマネージャーとして何度もブログを書かせていただきましたが、個人として書くブログは今回が最初で最後です。長くなってしまいそうな予感がしますが、今回は二つのことをお伝えしたいと思います。お付き合いのほどよろしくお願いします。

まず一つ目は、「ソッカー部のマネージャーになった理由」についてです。初対面の方に、体育会でマネージャーをしている、というと「なんでそんな大変なことをしているの?」と聞かれることが多いですし、部員にも度々聞かれる質問なので、この場を借りて説明させていただきます。
いちばん大きな理由は、ソッカー部のマネージャーは選手と共に戦う仲間だから、です。ソッカー部では、水出しやタイム測定、ユニフォームの洗濯など、選手でも行える業務は選手自身が行うという決まりがあります。私たちマネージャーの仕事は、120名を超える部の運営であったり、HPやツイッターの更新などの広報活動、早慶戦などの大会の企画運営、部の窓口として様々な方面やOBの方々と連絡をとることなど、選手では手が回らない部分を補うことで、選手がサッカーに集中して100%以上のパフォーマンスを引き出せる環境を作り出すことを目的としています。「マネージャーはいなくても良いものだから、プラスにならないと、いる意味がない」という先輩のマネージャーがおっしゃられた言葉をいつも心に刻み、日々を過ごしています。
こうした仕事に大きなやりがいと責任を感じたこと、そして、部員一人ひとりが当たり前に、マネージャーのことを「共に戦う仲間」として思っていてくれていることが、ソッカー部のマネージャーを選び、続けられている理由です。
もちろん大変なこともありますが、本気でサッカーに向き合う選手たちと共に戦う4年間は、マネージャーにならなければ決して経験できなかったものであり、私はソッカー部のマネージャーであることを誇りに思っています。

二つ目は、選手たちへ伝えたいこと、「ソッカー部は本当にたくさんの方々に支えられている」ということです。
マネージャーという仕事柄、このような思いを私は日々感じることが多いのですが、選手たちは日常生活の中でなかなか感じることはないかもしれません。
ですが、関東リーグ戦やIリーグには時間場所問わず多くのOBの方、保護者の方が駆けつけて下さいます。会場に来られない若手OBの方からも「速報メールみてるよ!頑張ってるね!」と声をかけていただくこともあります。道を行く近隣の方々に、「時々ここでサッカーをみるのが楽しみなんだ」と温かい言葉を頂いたこともあります。スポーツドリンクやゼリーの差し入れを頂くこともあります。普段当たり前のように使っている下田グラウンドの人工芝も、OBの方のご理解とご協力によって張り替えていただいたものです。
こうしたたくさんの方々に支えられて部が存続しているということを、選手のみんなも常に忘れずにいてほしいと思います。

最後に、周りへの感謝を述べて、本ブログを締めくくりたいと思います。
改めて、ソッカー部を支えてくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。いつもご配慮やお気遣いを本当にありがとうございます。また、未熟な私を育ててくださった先輩方、頼もしく個性豊かな可愛い後輩達、そして少ないながらも仲の良い最高の同期達にも心からありがとうと言いたいです。

今すぐにでも引退するかのようなブログを書いてしまいましたが、私たちの戦いはまだ終わりません。後期リーグ戦の残る6試合を全力で臨み、大好きなみんなと必ず「関東大学リーグ優勝」という目標を達成します!そのために努力は惜しまないつもりです。
今後共、ソッカー部へのご支援ご声援、どうぞよろしくお願い致します。

次のブログは、誰もが認める「慶應の守護神」、宮原隆志です!彼は私たちの代唯一の浪人生で、つまりこの部の最年長者です。決してサッカーでは有名ではない進学校出身ですが、コツコツ努力を重ね、今ではナイスセーブを連発するGKとしてチームの柱となっています。宮原のブログにご期待下さい!

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
10月11日(日) 第17節 vs神奈川大学 11:30kickoff @川越運動公園陸上競技場

原動力(近内陽介)

2015.10.03

近内

山崎晋平からバトンを受け取りました。経済学部4年の近内陽介です。ブログリレー2番手という重要なポジションで、トップバッター山崎のブログがとても好評だった事もあり、少しプレッシャーを感じていますが、せっかくの機会なので今自分が思っている事を述べたいと思います。

今、2つの現実が私の目の前にあります。1つはサッカーを続けられる時間が長くても約80日、短いと約50日しかないという事です。そして、もう1つは現在自分がCチームにいるという事です。
4年の後期をCチームで迎えるという事は半年前には予想もしていなかった事で、しかもそれは全て自分の至らなさが原因である事に、情けなさと少しでも期待してくれていた人への申し訳なさを感じています。

目標の舞台は距離を測る事もできないほど遠くにある状況でも絶対に諦めたくない、諦めきれないというのが今の私の思いです。
刻一刻と減っていく時間に焦りが諦めに変わり、「もう無理だ」と何度も折れそうになる心を支え、立ち止まりそうになる足を前へ、前へと突き動かそうと、2年生の時に山口真太朗と2人で密かに交わした約束が今のこの思いの原動力になっています。

山口とは1年生の時から、仕事をしている時もサッカーをしている時も意見がぶつかる事が多く、その分彼の素直さ、熱さというものを強く感じていました。そんな彼と2年生のミーティング時に、「どんなに下のチームにいても引退を迎える時まで絶対に諦めずに頑張り続ける」と誓い合いました。この約束のもと、Cチームのキャプテン、そして学生トレーナーとしてピッチ内外で常に全力で走り続ける彼の姿があるからこそ、自分も負けていられないと強く思う事が出来るのです。目標を共に目指す仲間がいる事に感謝し、これからも練習に励みたいと思います。

山口2

 

 

 

 

 

←関東リーグ戦での山口(4年)

 

 

そして次のブログは私たちの代が誇るスーパークリエイター「大山のちーさん」こと大山千尋です。自らがデザインした「ちーシャツ」で早慶戦を盛り上げたその手腕で、ブログリレーも大いに盛り上げてくれる事でしょう。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
10月4日(日) 第16節 vs中央大学 11:30kickoff @中央大学グラウンド

3 / 41234

記事一覧

月別アーカイブ