BRBお知らせ

■2015年度東京都3部リーグ 第7戦vs八王子フットボールクラブ(1-0勝利)

2015.07.06

2015/6/28(日) 17:30 KICK OFF

慶應BRB

八王子フットボールクラブ

1 1 前半 0 0
0 後半 0
得点者(アシスト者) 13分 慶應BRB 石川一将(仲小路啓介)
警告・退場
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
小森 敬士 38 GK DF 26 佐藤 正和
伊藤 豪一郎 6 DF MF 35 和田 卓也
金房 拓海 3 DF MF 44 長久 徹史
山村 祐樹 36 DF
長尾 賢太郎 15 DF
山浦 新 10 MF
河合 秋人 25 MF
山本 翔太 8 MF
毛利 惣治 29 MF
仲小路 啓介 11 FW
石川 一将 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
47 仲小路 啓介 和田 卓也
70+1 毛利 惣治 佐藤 正和

戦評

東京のサッカー文化がどうたらと嘆く御仁は、日曜の戸吹スポーツ公園に来てみればいいんじゃないだろうか。したり顔でぶつぶつ言う前に、人工芝ピッチで輝く八王子FCを目の当たりにすればいいのではないだろうか。見よ。この人々を見よ。もし今この瞬間、サッカーが天に召されたら、彼等はシュワシュワと1/3ぐらいに縮み、余生は棒人間として送ることになるだろう。ここだけではない。同市内に限ってみても、北ではアローレはちきたが、南では南八王子SCが、あっちこっちでシュワシュワと音をたて、チンとベンチに腰掛けるだけの棒人間が量産されるのだ。文化などというしゃれたデザートを越え、人間がサッカーである処分場跡地・戸吹スポーツ公園まで、えっちらおっちら登ってくればいいんじゃないだろうか。

さて慶應BRB。
東京都社会人サッカー3部リーグ5ブロックも第7節。この時点での成績は4勝2敗。数字上の可能性はあるが、実質優勝は前節で慶應BRBを負かした憎いあなた・東京U23と本日の対戦相手である八王子FCに絞られている。いけない。このまま路傍の石になってはいけない。せめて「このブロックは3強だったねー」と事情通に思わせる何かを残さなければ。結局この年優勝することになる八王子FCに「今年はもう組み分け甘過ぎて。二月の時点で優勝確信的な?」と酒の肴にされないような試合をしなければ。

そういう背景を踏まえたわけではないがスタメンに変化。久々登場・第六次慶應BRB初年度の正GK小森敬士を最後尾に据え、初出場のMF河合秋人がMF山浦新との同期ペアで中盤底に構える。主将金房拓海と伊藤豪一郎はそれぞれCBと右SBにコンバートされ、開幕からフル出場を続けるCB山村裕樹と左SB韋駄天・長尾賢太郎のバック4。計算の立つ守備陣にほくそ笑む両サイドMFは毛利惣治と山本翔太。ツートップはお馴染み石川一将と仲小路啓介のコンビ。ベンチには和田ワディ卓也、佐藤チャー正和、ガリレオ・ガリレイヒーとあだ名が本名化したベテラン勢が控え、監督田村裕貴と本部鶴岡昇太郎のスタッフ陣もメンバー票書き上げて充実の笑顔。早速試合開始と同時に、八王子相手にヘイヘイヘイとボールを曝す。来たら出す、来なきゃ進む。一方の八王子は、はち切れんばかりの運動量。何ならこの山ごとフィールドってことでいいですよと四方八方から斬りかかる。おかしい。東京都3部ってこんなリーグだったっけ。相手に食いつかせて引き剥がして縦にとか、その縦を事前に読んで3人ぐらい寄せてとか、さらにその3人を感じてトラップ一発誰も足を出せないところにボール置くとか、そもそもこの22人は何に取り憑かれてこんなに走るのかとか。趣味ってレベルじゃないですよねとざわざわするちらほらギャラリー。

前半12分BRB先制。毛利と山浦のパス交換から抜け出した仲小路。折り返したグラウンダーに石川が点で合わせて八王子ゴール隅に転がす。美しい。そしておかしい。ホントに3部かここ。その後の八王子反撃をいなしてハーフタイム。短い。やはり都3部なので35分ハーフ。

後半は八王子ペース。技術戦術もちろんのこと、まぁよくもここまでというほどの運動量。あらあらあらと追いかけるとボカスカーンと逆に蹴られる。およおよおよと何とか間に合うと今度はぐいぐいドリブル勝負。きかん坊の世話でもしてるかのように走り回らせた結果、腰が砕けてピンチ連続。ていうかマジでこれ3部? 3部? 3部なのー! 見送ったシュートの先にGK小森。何だかよく分からないがともかく止めまくる。5年半前の大雪の東京カップ、サブGKとしてベンチコートに染み込む雪に一片の泣き言なく、前後半サイドラインでのアップに励んだ男が初夏の八王子で甦る。2本3本4本止めて、お前は男だ小森敬士。交代のワディが絶好機外すとかお馴染みチャー選手のクローズ劇場とか3部らしい出し物も織り交ぜて1-0試合終了。バンザイ勝利だ慶應BRB。文化? 知らねえよ。人間がサッカーな僕等の日曜日はかくて輝く。

写真

スタメン。今季初参戦がベンチ含めて3人いても全くたじろがないユニ供給体制を評価してもらいたい。

スタメン。今季初参戦がベンチ含めて3人いても全くたじろがないユニ供給体制を評価していただきたい。

5年半前の東京カップ。BRB史上最寒のコンディションで前後半黙々とベンチで耐えたGK小森。これが今日に繋がってなければ何が人生か。

5年半前の東京カップ。BRB史上最寒のコンディションで前後半黙々とベンチで耐えたGK小森。これが今日に繋がってなければ何が人生か。