オフィシャルブログ

ソッカー部に入部して本当に良かった(久保飛翔)

2015.06.30

久保こんにちは。今年度、主将を務めています環境情報学部4年の久保飛翔と申します。

去年の年末、私は学年でのミーティングを通して主将を務めることが決まりました。主将を務めることになったことで私の中で今まで以上にチームを引っ張っていこうという強い覚悟を持つことが出来ました。しかしその反面、自分は主将としての役割をどれだけ全うすることが出来るのだろうかと不安に思うこともたくさんありました。正直、今年に入り私自身多くの怪我に悩まされ、そのような気持ちを溜めこんでしまうことは多々ありました。リーグ戦開幕前に捻挫し1カ月の離脱。やっと復帰できたと思った矢先、脳震盪による離脱。そして、現在は鼻骨骨折。主将として試合に出場し、チームの勝利に貢献しなければならないのに自分は何をやっているのだろうと何度も情けなく思いました。

しかし、先週末に行われたB、CチームのIリーグを観戦し、私自身このソッカー部に入部して、この部で主将を務めることが出来て本当に良かったと思い、今まで抱えていた悩みは全て吹き飛んでしまいました。それは、カテゴリー関係なく今の自分に置かれた立場で全力でサッカーに取り組み、チームのために魂のこもったプレーを見せる選手やカテゴリーの違う選手やIリーグのメンバーから外れてしまった選手が声を枯らして応援している姿を見て、私は本当に感動し多くの刺激をみんなから受け、このような素晴らしい仲間を持つことが出来て本当に良かったと思いました。

今年は「一丸」というスローガンを掲げ、活動を行ってきました。私の勝手な考えではありますが、私は全部員のことを「慶應Family」だと思っています。正直、この部で活動を行う中で、部員に対してイラつくことやなんでもっとこうしてくれないの?と不満に思うことは多々あります。しかし、そのように思ったとしてもソッカー部員は誰一人としてその相手を見捨てるようなことはしません。仲間だからこそ本音をぶつけ合うことが出来ますし、時にはそっと寄り添って相手の気持ちになって考えることが私たちには出来ます。また、これまでのシーズンを通して嬉しいことや悲しいことなど様々な感情を部員全員で共有し、活動してきたからこそ私たちには本当に強くて深い絆があると思います。

明日は、私にとって最後の早慶サッカー定期戦となります。今、思うことはただ一つです。みんなの力を一つにして早稲田に勝ちたい。勝ってみんなで馬鹿みたいに騒ぎたいです。明日、早稲田に勝利し、慶應の新しい歴史をみんなで作りたいと思います。ご声援の程、宜しくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第66回早慶サッカー定期戦
7月1日(水) 19:00kickoff @等々力陸上競技場
★早慶戦HPはこちら

早稲田にはもう負けられない(矢野峻寛)

2015.06.27

矢野こんにちは、今回ブログを担当させていただききます文学部3年矢野峻寛です。
早慶戦への想いを話させていただきます。

私自身、親の関係で早慶戦を幼い頃から観てきました。両校のプライドがぶつかり合う白熱した試合が毎年繰り広げられ、いつか自分もあのピッチに立ちたいと強く思うようになっていました。
また、私は、暁星高校出身で、高校サッカー選手権では早稲田実業に惜敗を喫し、引退することになりました。この試合で全力を出しきれなかった後悔がずっと残り、慶應に合格した時は、必ず早慶戦で早稲田に勝つと心に誓いました。
チームとしても、現在定期戦3連敗中で、今年負けると来年チーム内に定期戦勝利を味わった選手がいなくなってしまいます。早稲田に勝つことでしか得られない喜びがあるはずです。定期戦は、負けては何も意味がないのです。
早慶戦があと4日に迫り、トップチームは良い緊張感の中で練習出来ています。

またBチームもIリーグ早慶戦が今週末に迫り、前哨戦ともなる戦いを前に、チーム全体が「早稲田からの勝利」を求めています。
早慶戦当日は、トップチームの選手の力だけでは絶対勝てません。部員全員で早慶戦を作り上げ、与えられた場で全力を出すことによって、チーム一丸となり、早稲田を倒すことが出来ると思います。
今年は絶対に勝ちます!熱いご声援、宜しくお願い致します!

≪NEXT GAME≫
第66回早慶サッカー定期戦
7月1日(水) 19:00kickoff @等々力陸上競技場
★早慶戦HPはこちら

駒野さんとIリーグ(井出悠介)

2015.06.24

井出こんにちは。
今回ブログを担当させていただく環境情報学部1年の井出悠介です

今回は2年生マネージャーの駒野さんと今の想いについて書きたいと思います。
駒野さんは僕に一番最初に声をかけてくれた先輩です。たまたま僕と堤(1年)と駒野さんの誕生日が近いということに気付いてくれて、5月が誕生日の人を集めた5月会なども開催してくれました。
ONとOFFの切り替えや物事に真剣に取り組む姿勢など、駒野さんから学ばなければならないことはたくさんあります。また、駒野さんの笑顔からはパワーをもらえます。

現在のIリーグの成績は1勝2敗1分です。僕はこの4試合、チームメイトが仕事や応援をしてくれるなか出場させてもらいました。点が入ると盛り上げてくれるし、点を入れられると励ましてくれる、こんなチームでサッカーができることが本当に幸せだと感じました。
しかしその分出場できる選手は責任を感じてプレーしないといけないし、結果を残さなければなりません。21日に行われたIリーグvs明海大学では負けられない試合でしたが、2-3と惜しくも敗戦してしまいました。
この敗戦によってIリーグ全国という目標は難しくなり、チームとしても2連敗をして勢いがなくなってしまいました。
それでも来週にはまた試合があります。最後の最後まで全国に行くという目標を諦めず、残りの試合を全勝したいと思います。そして、仕事や応援をしてくれる仲間や、冨田コーチや立松さん(4年・グラウンドマネージャー)、そして何よりも駒野さんに勝利という形で普段の恩返しをしたいです。
まずは28日に行われる日体戦に向けてチームで調整し、チーム全員で勝ちにいきます。
自分にできることをやっていくので、何卒温かいご声援のほどよろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第66回早慶サッカー定期戦
7月1日(水) 19:00kickoff @等々力陸上競技場
★早慶戦HPはこちら

チケット売り!(長尾周亮)

2015.06.21

長尾

初めまして!文学部2年の長尾と申します。今回は僕がブログを担当させていただきます。

さて、いよいよ早慶戦の季節となりました!僕はリサーチとして宿敵早稲田大学の研究、分析をしておりますが、年に一度の定期戦にはいつも以上に熱が入っております。また、ついこの間同じリサーチの池田(2年)がTOPチームに昇格し、僕個人として彼の活躍にも期待しております。

この華々しい早慶戦ですが、僕たち部員にはひとつ大きな壁が立ちはだかっています。それは、チケット売りです。実は早慶戦のチケットは部員が事前に買い、売りさばかなければならないのです!ですから早慶戦前はレギュラー争いの裏側でもうひとつ大事なチケット売りの争いが日々起こっているのです。
部員のほとんどはこの戦いに非常に苦戦しております笑(もちろん僕もこの中の1人です。しかし中には1人で異常に売りさばく人も…)
早慶戦までの残りの日々はさらに闘いが激化することでしょう。

このように僕たちがチケット売りに奮闘している早慶戦ですが、毎年、長い期間、多くの人手を使い、この伝統の一戦を盛り上げているのです。
当日は是非ともチケットを手に会場に足をお運びいただき、共に慶應の勝利を分かち合いましょう。
今後ともソッカー部に温かいご支援、ご声援をよろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第66回早慶サッカー定期戦
7月1日(水) 19:00kickoff @等々力陸上競技場
★早慶戦HPはこちら

死ぬ覚悟(溝渕雄志)

2015.06.18

溝渕
こんにちは。「慶應魂の後継者」こと環境情報学部3年の溝渕雄志です。本日は私が部員ブログを担当させていただきます。

「死ぬ覚悟を持っている者こそが最も強く恐ろしい」

この言葉はWeb検索を繰り返した末に発見した、とある偉人の名言などではありません。私自身が大切にしている私の言葉です。

勝負の世界に生きる我々にとって、勝つか負けるかは生きるか死ぬかと同等のことです。その世界で脅威となるのは、勝ちたいと強く想う人間ではありません。絶対に負けたくないと必死になる人間でもありません。ではどういう人間なのか、それは、これで駄目なら死んでもいいと腹を括った人間なのです。

私にはこの言葉の根拠となる経験があります。それは高校3年次、最後の選手権の時のことです。
私たちのチームは県予選の準決勝、つまり負ければ引退の試合で、因縁のライバルチームと対決しました。前半早くも先制を許してしまい、その後はチャンスを決めきれない展開が続きます。その流れは後半も変わらず、時間だけが刻一刻と過ぎていきました。
この状況、普通であれば誰もが焦ります。プレーが少々雑になろうとも、必死の形相でとにかくゴールに向かおうとするはずです。しかし、ピッチに立っていた私を含む11人の中には誰一人として焦る表情をした者はいなく、それどころか皆が笑っていました。決定機を外しても笑いながら味方に謝り、笑いながら許すのです。むしろ、追い詰められた表情をしていたのはリードする相手チームでした。結局、ラストワンプレーで我々が同点に追いつき、PK戦の末に劇的な勝利を手にすることが出来ました。死ぬ覚悟を持って腹を括っていた我々と負けたくないと必死だった相手、この試合こそ皆に死ぬ覚悟があったが故に掴み取った勝利であると確信しています。

最後にもう一度、我々は死ぬ覚悟を持たなければなりません。そのためにも俺はこれだけやったと、腹を括れるだけの努力をしなければならないのです。それが自信となり、挑戦となり、脅威となり、勝利となるのですから。

≪NEXT GAME≫
第66回早慶サッカー定期戦
7月1日(水) 19:00kickoff @等々力陸上競技場
★早慶戦HPはこちら

1 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ