オフィシャルブログ

今年の目標(山本哲平)

2015.05.19

山本

こんにちは。今回ブログを担当する法学部政治学科3年の山本です。以後お見知りおき下さい。

「得点王」

これが私の今年の目標です。この目標を掲げてオフシーズンを過ごしました。しかし蓋を開けてみれば第9節終了時で3点。自分の思い描いていたものとは異なる結果となっています。
しかしこの結果を素直に受け入れ、いま自分に何が足りないのか、またどのようにすれば成長出来るかを考えながら取り組んでます。
私が改善しようとした点の1つに考え方があります。その参考にしている本がルー・タイスの『アファメーション』です。

 IMG_5736

まだ全部を読み終えてはいませんがとても参考になるところが多いです。内容としては言葉には法則があり、その法則を理解し、アファメーションという技術を使うことで自分の能力・人生・未来を変えることができるというものです。
この本を読み始めてから考え方が変わり自分のモチベーションをコントロールすることが少しできるようになりました。
まだ完璧ではないですが、以前よりも何をするにしても前向きに取り組むことができるようになりました。
皆さんも是非お読みください。

これからはもっと点を取り、チームを勝利に導けるよう努力を絶やさず、上を目指したいと思います。ありがとうございました。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第10節 vs桐蔭横浜大学
5月23日(土) 13:50kickoff @川口市青木町公園総合運動場

初心

2015.05.17

こんばんは。

昨日、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドにて、リーグ戦第9節の中央大学戦が行われました。

雨が降りそうな天候の中キックオフ、序盤はペースを握られ攻められる場面もありましたが主将・久保(4年)を中心とした守備陣が相手の得点を許しません。
その後ペースを握りかけたところ、ペナルティエリアで相手を倒しPKを献上。それを冷静に沈められ、1点ビハインドとなってしまいます。
後半は山本が1点を奪い返し、逆転すべく全力で攻め、沢山のチャンスがありましたが、得点に繋がらず、1-1の引き分けで試合終了となりました。

そして本日は下田グラウンドにてBチームとCチームのIリーグが行われました。Bチームは敗れてしまいましたが、Cチームは苦しい試合展開の中勝利をもぎ取り、チーム全体を鼓舞しました。
この勝利が次の勝利に繋がるよう、もう一度初心に返り、目標に向かって精進していきたいと思います。

今後共温かい応援宜しくお願いします。

文責 飯沼可奈

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第10節 vs桐蔭横浜大学
5月23日(土) 13:50kickoff @川口市青木町公園総合運動場

影響力(近内陽介)

2015.05.14

近内今回ブログを担当します。経済学部4年の近内です。

先日テレビでやっていたのですが、マツコデラックスの経済効果は8億円らしいです。というのも、彼(彼女)がテレビ番組であるわらび餅が美味しいという事によって色々な影響を含めてお金が8億円動くらしいです。人に影響を与えられることはすごいと思います。

今回のブログでは人にいい影響を与えることについて話したいと思います。
私は中等部から慶應に入り、そのまま慶應義塾高に進みましたが、慶應義塾高のサッカー部でスタメンとして試合に出ることができたのは2試合のみ。実力も実績もない、そんな私にとって、大学でソッカー部に入るのは難しい決断でした。
しかし、入部を決断することができたのはソッカー部で活躍している同じ高校出身の先輩の姿に勇気付けられたです。早慶定期戦や集中応援日で見に行った関東リーグ戦で試合に出ている姿はとても印象的で、自分もこの先輩方のようになりたい、きっとなれるはずだと信じて入部しました。
入部してから、心が折れそうになることは本当に何度もありました。特に1年の秋と2年の秋は、CチームやBの1.2年チームで試合に出ることができず、上を目指すことを諦めかけていました。そんな中、一緒にCチームでプレーしていた先輩が関東リーグ戦や早慶定期戦に出ている姿に勇気付けられ、また自分を信じて頑張ろうと思えました。
4年生になった今、今度は自分がいい影響を与えられる存在にならないといけないと思っています。残りのソッカー部生活はあまり長くありませんが、その中で数少ないチャンスに喰らい付いて掴めるように毎日を大切に取り組んでいきたいと思います。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第9節 vs中央大学
5月16日(土) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

謙虚に、熱く、フルファイト(松木駿之介)

2015.05.12

松木こんにちは。
この度ブログを担当させていただく、総合政策学部1年の松木駿之介です。
1年生は入学してから早くも1ヶ月が経ちます。私は新しい環境に慣れ、たくさんの先輩とコミュニケーションをとらせていただくことで本塾ソッカー部がどのような集団、組織であるかが分かってきました。同時に、この組織に入れた喜びを改めて感じています。
今回は私の大学サッカーに対する熱い想いを書かせていただきたいと思います。
私は青森山田高校から本塾ソッカー部に入部させていただきました。出身は神奈川ですが、高校サッカー選手権で優勝したい、必ずプロになるという強い信念を持って、親元を離れ、極寒豪雪の地・青森で寮生活をすることを決断しました。私は小さい時からプロになりたいという想いはあったものの、サッカーに対する気持ちというのは今思えば薄かったかもしれません。プロになれたら幸せだろうなと、こだわりがなかったのかもしれません。

しかし寮生活をし、私は自分自身、ハングリー精神が欠けていると気付きました。寮生活から強烈なハングリー精神が身につきました。寮では身の回りのことは全て自分でやらなければいけませんし、外出時間も1時間半と限られ、遊べる時間なんてありませんでした。学校と部活以外の時間、外出時間は限られているので自然とサッカー漬けの3年間になりました。暇な時間があればグラウンドに出てサッカーをするか、筋トレをするか、サッカーのビデオを観るか、そんな毎日を過ごしていました。サッカーと向き合える時間が一番落ち着く時間です。周りの仲間たちも皆プロを目指し、切磋琢磨してきました。寮生活は本当に大変でしたが、とても充実していました。寮生活をしていたので家族のありがたみを猛烈に感じます。わがままを言っても、笑顔で寮に出してくれた両親に感謝しきれません。

3年間を共に過ごした仲間たちと日本一になりたい、私に携わってくれた方々、そして両親に結果で恩返しがしたいという特別な想いで、私は高校サッカー最後の大会となる全国高校サッカー選手権に挑みました。しかし1回戦、私がPKを外しチームは敗退しました。3年間、ひとつ屋根の下で日本一という目標のために共に過ごし、闘ってきた仲間たちの想いも、それを支え、応援してくださった人たちの想いも、私の一本のキックで散ってしまったのです。感謝の気持ちを結果で示すことができませんでした。

選手権が終わってからしばらく、私は心から笑うことができなくなっていました。高校サッカーでの経験は私にとって一生の財産です。高校サッカーでの経験があるからこそ、私には大学4年間で誰よりも汗をかき、誰よりも身を削り、誰よりも熱く闘う覚悟ができています。必ず大学で日本一になり、必ずプロになる。そのためにならどんなことでもやる覚悟があります。朝練、筋トレ、夜練、食事、勉強。結果を出すためにできることは努力です。下田に朝早くいけば哲平さんがいます。筋トレルームにいけば望月さんや溝渕さんがいます。夜にグラウンドにいけば林谷さんや池田さんなどの先輩がいます。この組織はそれぞれ個人が「レベルアップをするための自主練」というのを当たり前のように実践されている先輩が数多くいます。私はそういった先輩の背中を見ながら毎日刺激されています。そういった姿を見ていると、まだまだ1年生は物足りないと感じます。1年生からチームを盛り上げていけるようになれば、そのチームになれば必ず強くなります。その為にこれからもっともっと1年生から盛り上げていきたいです。私自身も常日頃から「プロになる、必ずプロになって活躍している姿を見せる」と言い聞かせ、毎日を泥臭く、懸命に生きていきます。大学サッカーという舞台でも、素晴らしい環境で、素晴らしい仲間、先輩たちと夢に向かってやっていきたいと思います。今まで私に携わってくれた方々、家族に必ず恩返しをします。

最後になりますが、現在、本塾ソッカー部は「関東大学リーグ制覇」という目標を達成するべく、「一丸」となって闘っています。今節、負けてはいけないライバル・早稲田大学に敗北を喫しました。前期残り3節。すべて勝つという強い意志を持ち、今は次節中央大学戦のことだけを考え、更なる「一丸」となって闘っていきたいと思います。そして早稲田大学には7月1日、早慶定期戦で必ず借りを返すことを誓います。

私は1年生ですが、1年生だからという考えは全くありません。常にチームの勝利のために
「謙虚に、熱く、フルファイト」
していきます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。今後とも応援よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第9節 vs中央大学
5月16日(土) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

立ちはだかる壁

2015.05.10

こんばんは。
昨日、味の素フィールド西が丘にて、関東リーグ第8節 早稲田大学戦が行われました。
2月4日に新チームが始動してから、早稲田と対戦するのは初めてで、絶対に負けられない戦いに本塾は気合いを入れて臨みました。

しかし、結果は0−1の敗北。
開始14分に失点してから前半のうちに立て直せず、終盤は猛攻するものの得点することが出来ませんでした。

ライバル・早稲田に勝つことが出来ず、悔しい思いでいっぱいです。しかし、下を向いている時間はありません。
5日(火・祝)に第8節を終えてから早稲田戦に備えた3日間。きっと、何か足りなかったことがあるのだと思います。
次節までの1週間、部員一人ひとりがもう一度気を引き締めて、勝利の為に出来ることを考えていきたいと思います。
そして、今回のこの悔しい気持ちは、7月1日(水)の早慶サッカー定期戦にぶつけたいと思います!

昨日の早稲田戦をもって、GWの3連戦を終え、結果は1勝1敗1分けとなりました。(詳しくはこちら)
この3日間に、合計308名の方に会場まで応援にお越しいただきました。集中応援日と設定した早稲田戦には、200名を超える方が来場して下さいました。お忙しい中お越しいただき、本当にありがとうございました。
満足いく結果ではありませんが、沢山の方々に支えられていることを再確認できた3連戦でした。
応援して下さる皆様に、結果という形で感謝を伝えられますよう、これからも部員全員で努力して参ります。

今後共、ご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

文責 大山千尋

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第9節 vs中央大学
5月16日(土) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

記事一覧

月別アーカイブ