オフィシャルブログ

生きているだけで丸儲け(宮地元貴)

2015.03.31

宮地こんにちは。ソッカー部3年、宮地元貴です。
「生きているだけで丸儲け」
この言葉は僕の座右の銘です。生きているということは本当に幸せなことです。
僕は昨年の5月4日、最愛の父を亡くしました。急性の心筋梗塞でした。前日には僕のサッカーの試合を田舎から観に来てくれ、その夜は一緒に食事もしました。いつもと全く変わりがなく、元気だった父が翌朝には帰らぬ人になりました。何が何だか分かりませんでした。信じられませんでした。
父の死後は時の流れが非常に長く、また非常に短くも感じられました。夢現つのまま、昨日、父の一周忌を迎えました。
このように節目を迎えても、まだ何が起こったのか分からなくなってしまう時があります。父の死を受け入れることが出来ていない自分がいます。これまで何度も何度も夢であって欲しいと願いました。しかし、父が戻ってくることはありません。父はもうこの世にはいません。現実は残酷です。人生はいつ何が起こるか分からないということを本当の意味で痛感しました。

生前、父は僕に全てを捧げてくれました。幼い頃から毎週のように僕のサッカーの練習に付き合い、大きな愛情を注いでくれました。
中学生以降、祖母の家にお世話になることになった為、父と一緒に暮らすことは出来ませんでしたが、まだ幼かった僕を笑顔で親元から送り出し、いつでも夢を追う僕を一番に応援し続けてくれました。そして、大人になるまで、僕を育ててくれました。
二十歳の誕生日の時に、普段は全く泣かない父から涙ながらに言われた「ありがとう」という言葉は僕の最高の宝物です。父への感謝の想いは言葉で表現することは出来ない本当に大きなものです。

僕には幼い頃から父に言い続けてきた夢があります。
「世界一のサッカー選手になる」
この夢は幼い頃から今に至るまで僕を突き動かしています。最終的に僕がこの夢を掴めるかどうかは分かりません。今の僕から考えたら、誰もが不可能だと笑うでしょう。
しかし、誰に何を言われようと、強い信念を持ち、今を生きることが、夢を掴む為の唯一の道であると思います。
幸運なことに、僕が生きる今は、素晴らしい環境に恵まれ、素晴らしい方々に囲まれています。父が残してくれた素晴らしい今があります。そして、このソッカー部にも日本一という共通の目標に向かって、お互いを高め合うことが出来る最高の仲間がいます。僕は本当に幸せ者だと感じています。
この先の人生、これまでがそうであったように、数多くの困難があると思います。しかし、そこで挫けてはいけません。
生きていれば、どんなに無謀な夢にも挑戦することが出来ます。
生きていれば、不可能だと言われることをやってのける事が出来ます。
生きていれば、壮大な夢を掴むことが出来ます。
この歳で親を亡くすことを周囲の人は可哀想だと言います。しかし、僕はこの悲しみを力に変えて、人の痛みや悲しみを理解することが出来る強い人間になりたいと思います。この悲しみを乗り越えた先には明るい未来が待っていることを信じて、一つ一つの出会いを大切にしていきたいと思います。自分自身の可能性を信じ続けていきたいと思います。
天国にいる父に夢を掴む姿を見せることが出来るように、残された母、妹を幸せにすることが出来るように、そして、僕を支えて下さる全ての方々に恩を返すことが出来るように、サッカーを楽しみ、人生を楽しみ、いつ何が起こっても常に前を向き、全身全霊をかけて今を生きて行きます。
下を向いている暇はありません。
生きているだけで丸儲け。
僕の人生をかけて証明します。
!cid_D8C03AD1-65F5-4AB0-B0C8-F4844485E013
 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 開幕戦 vs法政大学
4月5日(日) 11:30kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

桜フェスタ

2015.03.29

こんにちは。

昨日は下田地区にて、第8回桜フェスタが行われました。毎年恒例の下田5部(野球部、ラグビー部、グラウンドホッケー部、ソフトテニス部、ソッカー部)が中心となり地域の方と交流を図るお祭りです。

大勢の方が下田グラウンドにいらっしゃいました。
各部から数名ずつが集まって構成される「桜フェスタ実行委員会」が主導して準備を行ってきましたが、当日は実行委員でない部員も多くお手伝いをしました。
焼きそば、カレー、お餅、豚汁等の屋台に加えて、日吉の人気からあげ店や台湾料理店も出店しました。桜は四部咲き程でしたが、天候にも恵まれ地域の方で大変賑わっていました。

P3280178P3280183P3280181

 

 

 

 

 

 

グラウンドでは地域の子供達がキックターゲットを行ったり、緑の芝の上でボールを蹴って遊んでいました。お手伝いの選手たちも、楽しそうに子供達とボールを追いかけていました。

また、桜フェスタのメインステージでは、各部代表がステージに上がり、会場を盛り上げました。ソッカー部からは新2年秋光雄人、中込暁、林大晟が出場し、コントで会場を沸かせました。

今回の桜フェスタでは、過去最高の2202名の来場者となったそうです。
私たち体育会の活動は、地域の方のご理解があったうえで成り立つものだと思います。夜遅くまでグラウンド照明を付けていたり、早朝からの練習があったり、グラウンドを飛び出して走り込みをしたり…。そんな私達体育会に対して、いつも温かい目で見守って下さる地域の方々へ、改めて感謝の気持ちを認識しました。このイベントで、少しでも地域の方に日頃の感謝が示すことが出来たかと思います。
今後も、地域の方々への感謝を忘れず、活動して行こうと思います。

文責 杉山理紗

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 開幕戦 vs法政大学
4月5日(日) 11:30kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

延世リポート(齋藤勇太)

2015.03.26

齊藤
こんにちは。今回部員ブログを担当する理工学部の齋藤です。
前回、前々回のブログを書いた二人と2週間、延世大学に留学してきました。それではリポート開始です。
まずは起床。この人たち、朝早いです。朝練があれば7時から、ない時は7時半からストレッチです。一年生が全ての部屋を起こして回ります。そして一番先にストレッチ場所へ行き、先輩達を待ちます。上下関係は日本よりはるかに厳しいです。

 

 

 

IMG_3269

ストレッチ場所で待つ一年生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事面。寮のご飯は最高です。練習後に食堂へ行けば捕食が用意してあります。夜にはバナナも置いてあったりし、とても充実しています。それでも食べたりなければ、パダをデリバリー注文して食べる。韓国の方々、どんだけ食べるんですかね。そりゃがっちりした、大きな体になりますわ。慶應で二番目に背の高い浅井くんよりも大きい選手が沢山いました。

IMG_1399

パダ。夕飯の後にこれ食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてグランド。寮から遠い場所にあります。同じキャンパス内なのにバスで移動するほどです。

IMG_1276
バスを待つ浅井くん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランドはとても硬いです。張り替える前の下田グランドのようでした。なのにみんなスパイクはFGです。足痛くないんですかね。怪我人もほとんどおらず問題なさそうでしたが。

IMG_1412

グランドに降り立つ浅井くん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ沢山ありますが、長くなるのでこの辺でリポートを終わらせていただきます。

この度の留学では、本当に貴重な経験をさせていただきました。福井総監督、須田監督、櫻井さん、延世大学のみなさん、様々な方のおかげでこのような素晴らしい機会をいただけたことに心より感謝申し上げます。この経験を生かせるよう、また下田でより一層精進してまいります。

今シーズンも応援の程よろしくお願いします。
≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 開幕戦 vs法政大学
4月5日(日) 11:30kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

延世留学(宮永一希)

2015.03.24

宮永こんにちは。今回ブログを担当させていただきます、環境情報学部新3年の宮永一希です。延世大学校の留学の詳細については前回のブログで浅井が書いてくれているため、省略したいと思います。

今回は少し自分のことを織り交ぜて書きたいと思います。

私は先月、トップチームからBチームに落ちました。
自分に足りない部分は様々あるのですが、一番大きな部分はタフさです。その足りないものを延世で少しでも補ってこようと思い、日本を出発しました。言葉が通じずいつもと違う日常の中でサッカーをしていれば、必ず成長できると思っていました。厳しい環境が自分を変えてくれるのだろうと思って延世留学を希望しました。

延世のサッカー部は慶應とは異なり、30人程度の少数精鋭で形成されています。そのため、A、Bチーム…とカテゴリー分けされることはありません。全員がトップチームであり、リーグ戦にも全員が登録されているため、全員で練習をし、監督、コーチも毎日、全選手を指導しています。
私が手帳に記録したスケジュールはこんな感じです。(リーグ戦中でありながらも、二部練があり、オフがなかったりとなかなかハードなスケジュールでした。)

 

imageimage (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国はアジアの中でも、力強く、タフなサッカーをすると言われています。一方、日本はスキルフルかつ頭を使ったプレーをすると言われています。
韓国は上記の手帳の記録にあるように、ほぼ毎日ウェイトトレーニングを行っています。毎日毎日、自分の身体を追い込む姿を見て、「確かに、こんなにトレーニングを積んでいれば、力強くタフなサッカーができるのだろうな」と最初は思いました。ですが、本当にそれだけが日本との違いではないように私は感じました。

延世の選手は野心が違いました。競争心が違いました。半分強がプロになると言われる延世大学の集団は、競争が非常に激しく、隣の仲間は敵でした。目の前の仲間に負けないように、誰も努力を惜しまず、自主トレーニングをする。10番の選手は23時までボールを蹴り、サブのある選手は朝の7時の散歩の集合の時には大汗をかいて集合していました。
周りに負けられない、自分が試合にでて活躍するんだという強い気持ちがあるからこそ、力強く、魂のこもったプレーが顕著に現れるのだろうと感じました。 あんなに負けず嫌いな人達を初めてみました。

私は冒頭で、環境が自分を変えてくれると考え、出発したと書きましたが、その考え方自体がおかしかったのだと思います。環境は大体、一緒です。筋トレ施設も、グラウンドの人工芝も、慶應と何ら変わりません。最高の施設が揃っています。正直、大変だったのは言葉が通じなかった位です。
延世留学では上を目指していく「野心」が大事なのだと痛感しました。隣の仲間に負けたくない。自分試合で活躍するんだ、そう思うことがチームが強くなっていく基礎の部分になるのだと感じました。それが自分の足りない「タフさ」につながるのだと感じました。ありきたりかもしれませんが、環境よりも、行動に移すことができる自分自身が大事だと感じました。
それを身をもって感じたことが一番の収穫でした。

慶應ソッカー部で良い競争を生み出すためにも、今所属している、Bチームを引っ張っていきたいと思います。
この2週間で得た経験をチームに少しでも還元できるようにこれからも精進していきたいと思います。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 開幕戦 vs法政大学
4月5日(日) 11:30kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

延世留学 武者修行の旅(浅井良介)

2015.03.22

浅井
今回ブログを担当させていただきます、法学部法律学科新3年の浅井良介です。本日は延世大学校への短期留学についてお話させていただきます。

ソッカー部では、毎年この時期に、3名が延世大学校サッカー部に約2週間短期留学しています。今回は3月7日から20日までの2週間、新3年の宮永一希、同じく新3年の齋藤勇太、そして私の3名が参加し、延世大学校の敷地内にある体育会寮でサッカー部の皆さんと寝食を共にしました。

まず初めに、延世留学という貴重な経験の機会を与えてくださった福井総監督、須田監督含め社会人スタッフの方々、韓国でお世話になりました延世大学校関係者の皆様、付き添っていただいた櫻井氏に心から感謝申し上げます。

日本語はもちろんのこと、英語もほとんど通じないような状況での生活やプレーは始めての経験であり、予想以上に苦労が多かったです。
サッカー面では、味方とのコミュニケーションはもちろんのこと、監督の指示すら聞き取ることができず、初めは満足にサッカーをすることができませんでした。
生活面では、仲間との会話も続かず、伝えたいことも伝えられない。Wifiの通っている部屋に3人でいることが多かったです。
その中で、積極的に打ち解けようと、拙い日本語でコミュニケーションをとろうとしてくれる選手、部屋に来て悩みはないか、不便はないかと聞いてくれる選手に助けられ、徐々に充実した練習ができ、不自由のない生活ができるようになりました。

aaa

 

 

 

 

 

 

(食堂の方から韓国海苔をいただきました)

 

 

 

bbb

 

 

 

 

 
(同級生で一番仲良くしてくれたソンジュンとサンミンです)

 

 

 

 

ccc

 

 

 

 

 

 
(毎晩「不便はないか」と聞いてくれた4年生の選手です)

 

 

 

「この2週間で何かが変わるわけではなく、そのきっかけにしてほしい。」
この延世留学を提案し、実現してくださった延世大学校OBの呉さんや慶應義塾OBの櫻井氏(H19年卒)がおっしゃっていた言葉です。
いつもと違う環境で、大半がプロを志望する選手に囲まれて2週間練習したからといって、何かが大きく変わったわけではありません。この2週間で得た大きな経験が、ただの思い出ではなく、呉さんや櫻井氏のおっしゃったきっかけとなるよう、これからよりいっそう練習に励んでいきたいと考えています。

最後に、延世大学校サッカー部の皆さん、2週間お世話になりました。今年の定期戦でまた会える日を楽しみにしています。ありがとうございました。

 

 

ddd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 開幕戦 vs法政大学
4月5日(日) 11:30kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

1 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ