オフィシャルブログ

早慶戦に向けて(保田隆介) 

2014.11.09

保田-3
こんばんは。
11月9日のブログを担当します、法学部法律学科4年副将の保田隆介です。

先日のインカレ出場を懸けた大一番、駒澤大学戦は1-2で敗れ、プレーオフ出場圏内から脱落しました。私自身は1年で最も重要なこの試合をスタンドで見届けることとなりました。副将でありながらピッチでチームを牽引することができず、自分の不甲斐なさを感じています。チームのために仕事をしてくれている同期に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

これで自力でのインカレ出場はなくなり、本日の関東リーグで5位の国士舘大学が勝利したため、最終節で6位の駒澤大学が引き分けか負けた上で早慶戦での勝利がプレーオフ出場の絶対条件となりました。

この結果を受けて、本日トップチームの選手だけでミーティングを行いました。そこでは”本音を言い合おう”という呼びかけのもと、全員が思いの丈をぶつけ合いました。”まだ4年生とサッカーがしたい”と後輩たちが話してくれたり、涙ながらに語ってくれる選手がいたりしました。今回のミーティングにより、トップチーム全員がこのままでは終われないという気持ちを更に強く持つことができたと思います。

あと1週間、打倒早稲田に向けてもう一度スイッチを入れ直し、インカレ出場に向けて一丸となって頑張っていきたいと思います。私自身も残り少ないサッカー生活に悔いを残さぬよう、全力で取り組みます。応援宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs早稲田大学
11月16日(日) 11:30kickoff @味の素フィールド西が丘
☆☆集中応援日です☆☆

大家族(宮部元太郎) 

2014.11.08

宮部おはようございます。4年グラウンドマネージャーの宮部元太郎です。
ソッカー部生活も残り数日となり、インカレ出場そして日本一を目指して活動する中で私が感じた慶應という組織の在り方について今回のブログで書きたいと思います。

私達はサッカーやミーティングを通して、この100人以上の大きな組織を如何にして日本一の組織にするかについて考えてきました。全国には数多くの大学サッカー部が存在し、それぞれの部活がこれまでの伝統やチームカラーをもとに組織を形成しています。サッカーだけではなく人間性の向上を目的とした部活、完全にサッカーを基準にセレクションし選ばれたメンバーだけが入れる実力主義的な部活、日本一を目指しサッカーを中心に生活している部活・・・。私達も組織の在り方というのを模索し、身近なライバルでありインカレ常連校の早稲田大学と自分達を比較したこともありました。しかし、引退を控えたこの時期になって私は慶應ソッカー部とは巨大な「家族」のような組織だと考えるようになりました。
監督は時々このような言葉を使います。「我々はファミリーだ。全員で戦っているのだ。」まさにその通りだと感じました。現役生を祖父のように暖かく見守って下さるOBの方々、一家の大黒柱である父のようにチームをまとめる監督、叔父のように優しく相談に乗って下さるコーチ陣、姉妹のようなマネージャーに、兄弟のような先輩と後輩そして同期。ソッカー部に関わる私達には生まれや育ち、考え方や価値観が違えども、慶應の黄色い血が流れている。そして、ただ体育会的な厳しい上下関係や規則だけではなく、同じ屋根の下に暮らす家族のような信頼で繋がっていると思います。

今日の試合を含め今年のリーグ戦も残り2試合となりました。私は第2の家族のようなこのソッカー部で1日でも長く生活したいと思っています。そして、インカレに出場し私達が引退した後にチームを支える後輩たちに全国の舞台を経験させてあげたいと思っています。そして何より4年間という長い歳月を共に過ごした同期・スタッフと日本一の景色を観たいと思っています。私は直接ピッチに立ってチームの勝敗を左右することは出来ませんが、自分の出来ることを模索し、最後まで悔いのないように全力を尽くしたいと思います。

本日も熱い応援を宜しくお願い致します。

≪TODAY’S GAME≫
関東リーグ戦 第21節 vs駒澤大学
11月8日(土) 13:50kickoff @江戸川区陸上競技場

秘密結社 おにぎり(河合秋人) 

2014.11.07

河合今回ブログを担当します、河合秋人です。
僕たちの代ではB、Cの選手で学生スタッフでない選手の事をおにぎりと呼んでいます。僕もおにぎりです。
僕たちが3年生の頃のミーティング中、試合に出る選手、スタッフ、応援する僕たちの三角形を大事にしようと話していたところ、そのホワイトボードを見た田中貴逸が「おにぎり!おにぎり!」と叫びだしました。その瞬間意味がよく分からなかったのですが、よくよく聞いてみると、その三角形の真ん中には赤いマグネットが貼られていたため彼には梅おにぎりに見えたのです。
チームの具である、試合に出る選手や学生スタッフ。それを包み込むおにぎりのような存在にB、Cの役職の無い選手はなろうということで、その日を境におにぎりは誕生しました。
ちなみに余談ですが、田中貴逸は今年の夏の合宿で前代未聞の伝説を残します。ヒント(野口、クロスカントリー)

話を元に戻しますが、直接的にチームの勝利に貢献出来ない僕たちは存在意義を問われた時に果たして必要なのかと思われがちですが、僕たちはこのチームに必要です。応援で誰よりも声を出し、仕事を率先することで苦しいときチームを勇気づけられるからです。
先日の試合で副将の保田隆介が「試合中の声援のおかげで限界の体が動き出す。精神は肉体を動かす。」ということを応援隊長の小室絢人・池永和将に涙ながらに言っていました。

インカレに向けて今週の試合は絶対に落とせません。おにぎりから盛り上げていきます。チーム一丸となって戦うので、応援よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第21節 vs駒澤大学
11月8日(土) 13:50kickoff @江戸川区陸上競技場

No Pain No Gain(大畑貴裕) 

2014.11.06

大畑
こんにちは。慶應義塾体育会ソッカー部、選手兼トレーナーの大畑貴裕と申します。
今日は自分の大切にしている言葉について書きたいと思います。

「No Pain No Gain」という言葉は高校時代の恩師から頂いた言葉です。意味は、痛みが無ければ何も得られない。つまり、何かに勇敢に挑戦し、挫折し、そこから得た「悔しさ」から初めて成長出来るという意味であると考えています。
ソッカー部では高校時代には考えられなかった多くの「悔しさ」を経験しました。Cチームでも試合に出場出来ないこと、同期が試合をしている一方で運営の仕事に入らなければならないこと、周りとの技術レベルの差に愕然としたこと、試合に出ても数分で交代させられてしまったこと、下級生にポジションを取られたこと。
挙げ続けるときりがない程多くの悔しい思いをしました。その度にこの言葉は何度も励ましてくれました。サッカーを辞めたいと思ったことも何度もありました。現実から逃げる為に友達との遊びに没頭したことや、一人で涙したこともありました。しかし、逃げていても何も変わりませんでした。現実を受け止め、本気で正面から戦って、死ぬ程苦しんで初めて、少しだけ成長出来るんだと思います。
私自身、初めてBCチームの公式戦に出た時の感動は忘れません。仲間に応援される喜び、試合に勝つ喜び、悩み苦しんだ分だけ喜びは大きなものでした。そして大学で本当にサッカーをやってて良かったと感じた瞬間の一つでした。
現在のソッカー部のほとんどの部員が何かしらの「悔しさ」を持っていると思います。大切なのはその悔しさを決して忘れないことであると思います。悔しい思いをして、苦しみ抜くこと、それが必ず自分の成長に繋がります。試合に出場出来ている選手はそういった他の部員の「悔しさ」を背負って戦うことが本当の感謝なのだと思います。

現在勝利から遠ざかり、苦しい状況が続いていますが、苦しさを乗り越えた先に大きな喜びが待っていると信じて戦い抜きます。
残り僅かですが応援の程よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第21節 vs駒澤大学
11月8日(土) 13:50kickoff @江戸川区陸上競技場

サッカー小僧(山内浩道) 

2014.11.05

山内
初めまして。今回ブログを担当させて頂く法学部政治学科四年の山内浩道と申します。平素は多大なるご支援誠にありがとうございます。
さて、今年度の関東リーグも閉幕まで残すところあと僅かになり、インカレ出場に向け今まで以上に身を引き締め練習に臨んでいるところです。
私自身ブログの執筆などといった大役とは無縁の生活を送っていたため題材探しに骨を折っていたところですが、競技サッカー人生最後の節目を迎えるにあたって、誠に僭越ながら今想うことを綴らせて頂きたいと思います。

こんな私ではありますが、ここ数週間夜に1人で自分自身のサッカー人生について振り返ることが多々あります。毎晩様々な感情が湧き上がりますが、「サッカーが好き」という感情は全くブレる事なく毎晩湧き上がってきます。
試合に負けて次の日の練習に行くのが億劫になることや監督やコーチに怒られてサッカーを辞めたいと思ったことは数え切れない程ありますが、そのようなときでさえサッカーを嫌いになることはありませんでした。辛い火曜練や恐ろしく早い朝練などもサッカーが好きだからこそ乗り越えられるのだと思います。
そんなサッカー生活を送れるのも長くて40日ほどと考えるととても寂しいですが、最後に笑って終えられるよう今まで以上に気を引き締めて日々取り組みたいと思います。
また、後輩のみんなにはこの「サッカーが好き」という感情を忘れずに持ち続けて欲しいと思います。

関東リーグ戦は残すところ2節となりますが、インカレ出場を果たすため部員一同全力で取り組んでまいりたいと思います。是非応援のほど宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第21節 vs駒澤大学
11月8日(土) 13:50kickoff @江戸川区陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ