オフィシャルブログ

早慶戦まであと2日(田中貴逸)

2014.11.14

田中日頃より多大なるご支援と暖かいご声援をいただき誠にありがとうございます。
本日のブログを担当します、経済学部4年の田中貴逸と申します。

時が経つのは早いもので、関東リーグも残すところあと一節となりました。明日行われる駒澤大学の結果と日曜日の早稲田戦での勝利がインカレ出場にむけての絶対条件となります。客観的に見ると、厳しい状況かもしれません。しかし、チャンスはあると思っています。主将の増田も言っていましたが、今一人一人が出来ることをすべてやりチームに貢献することで一体感が生まれ、必ずインカレに出場することが出来ます。
この様なチャンスを掴みとれる状況まできたのも、昨年、一昨年の先輩方が1部の舞台を残してくださったお陰であり、3年前に圧倒的強さを誇り背中で引っ張ってくださった4年生の存在があったからこそだと思っています。
早慶戦まであと2日となりましたが、今までの4年生に負けない様にチームの為に頑張りたいと思います。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs早稲田大学
11月16日(日) 11:30kickoff @味の素フィールド西が丘
☆☆集中応援日です☆☆

一寸法師(磨見朋樹)

2014.11.14

磨見
こんにちは。今回ブログを担当させていただきます、文学部4年の磨見朋樹です。

日本昔話のひとつ、『一寸法師』。最終節早稲田戦を二日後に控えた今、文学部である私の頭の中にはこの『一寸法師』を元にした物語が広がっています。以下、原作と妄想の簡単なストーリーです。

針の刀を持ち、お箸でお椀の船を漕ぎ、都への旅に出た一寸法師。都で立派な家を見つけ、そこで働かせてもらうことに。ある日、家の娘との旅の道中、鬼が娘をさらいに来た。娘を守ろうとすると、鬼は一寸法師を飲み込んだ。真っ暗な鬼のお腹の中を針の刀で刺してまわると、鬼は一寸法師を吐き出し、逃げて行った。
 今、私たちは真っ暗なお腹の中にいます。早稲田に公式戦9連敗を喫し、偉大な先輩方が築き上げてきたプライドがさらわれようとしています。このまま終わる訳にはいきません。今こそ針を突き刺し、早稲田を倒す時です。

物語は続きます。慌てて逃げた鬼は、不思議なものを落としていった。それは、何でも願いが叶う打出の小槌。小槌を振って体を大きくした一寸法師は娘と結婚し、金銀財宝も打ち出して末代まで栄えましたとさ。
鬼門となっている早稲田を倒し、打出の小槌を携えて、日本一の金メダルを獲得する。そんな結末で私の物語は締め括られています。

「そんなめでたい話があるものか」と思われるかも知れません。「おめでたいやつだ」と思われるかも知れません。それでも私は、最高のハッピーエンドを信じ、仲間と共に最後まで走り続けます。

プライドを懸けた戦いに、熱いご声援の程、宜しくお願い致します。

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs早稲田大学
11月16日(日) 11:30kickoff @味の素フィールド西が丘
☆☆集中応援日です☆☆

ゴールキーパー(増川翔太)

2014.11.13

増川今回のブログを担当させていただきます。
商学部4年の増川翔太です。

私は、中学1年からゴールキーパーを務めてきました。最後のブログでは、ゴールキーパーというポジションが、何を考えているか、どのようなことを行なっているのかを伝えたいと思います。
90分間の試合の中でゴールキーパーがボールに関わる時間は、90分間のうち1分もありません。では残りの89分間何をしているかというと、味方に指示を送るコーチングに徹しています。敵が攻めてくる危険な場所をいかに早く察知出来るか、そして危険な場所にいかに早く味方を動かすことが出来るかが、重要となってきます。その為に、常に頭をフル回転させ、グラウンドを見渡し、味方に自身の声が届くよう、絶えず声を出し続けなければなりません。
もし、完璧に味方を動かす事が出来れば、ゴールキーパーは手を使うどころか立っているだけでいいのです。

しかし、現実は完璧にいきません。そこで次に、敵のシュートへの対処が必要となってきます。
先程のコーチングを並行しながら、味方にシュートコースを限定してもらい、いかにゴールの大きさを小さくするかを考えます。もし味方がいなければ、自分が敵との距離を縮めてシュートコースを限定していきます。ゴールを奪われない為に、全身を使って敵のシュートを防がなければなりません。時には顔面に当たったり、腹部に直撃したりします。その痛みは言葉には出来ませんが、味方と連携して防いだ時の達成感に勝る事はありません。

ゴールキーパーは、10回シュートが来たら10回防がないと立役者になれないマイナスなイメージもありますが、この上記で述べたゴールキーパーでしか体験することが出来ない醍醐味が、私を奮い立たせ、サッカーをより大好きにさせてくれました。
ゴールキーパーは、自分1人だけでは守る事が出来ない事を、身に沁みて感じさせてくれるポジションです。しかし、このポジションを務める事が出来るのも、残り少なくなってきました。
最高の仲間と1日でも長くサッカーが出来る様に、そして味方と連携して防いだ達成感を1回でも多く味わえる様に、残りのサッカー生活に全力を捧げていきたいと思います。
リーグ戦も残すは最終節のみとなりました。最後まで温かいご声援、よろしくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs早稲田大学
11月16日(日) 11:30kickoff @味の素フィールド西が丘
☆☆集中応援日です☆☆

想いを形に(平戸奨眞) 

2014.11.13

平戸今回ブログを担当致します、法学部法律学科4年の平戸奨眞と申します。ブログを書く機会もあまりないので、今回はこの場をお借りして皆様への感謝の気持ちを綴りたいと思います。

ソッカー部での4年間を振り返り、まず思うことは、「一生ものの経験をしてきた」ということです。一生忘れることのできない最高に楽しく嬉しいこともあれば、それ以上に一生忘れることのできない悔しく悲しく辛いこともありました。ただ、そのような状況でも決して下を向かず、心を折らずにやってこれたのも、本当に多くの人たちに支えられてきたからだと思っています。

試合前や試合後にメールを下さる先輩、叱咤激励してくれる後輩、どんなことでも一緒に乗り越え、時にはバカなことにも付き合ってくれる最高の同期。もちろんそれだけでなく、試合に出ていなかった自分を励まして下った一回りも二回りも年の離れたOBの方々、会う度に「頑張れ」と声を掛けてくれる学部やゼミの友達。更には違う大学の人、会社の内定者、地元の友達、毎試合後に声をかけて下さる方、そして家族。本当に多くの人たちの本当に何気無い一言が、力となり、励みとなり、だからこそ、心を折らずにここまでやってこれたのではないかと思っております。

この様に、自分が思っている以上に応援されていること、サポートされていることに、4年目の最後にして痛感しました。そして、そのような方々に恩返しをするには、やはり結果を出すことが一番だと考えています。自分が試合に出場すること、得点やアシストをすること、チームが勝つこと、インカレに出ること、そして日本一になること。これらを成し遂げ、恩返しをするために日々努力をしてきました。

いよいよ明々後日、リーグ戦最終節の早慶戦があります。もちろんこのままでは終われません。ソッカー部に関わる全ての人たちの様々な「想い」を早慶戦での勝利という「形」にし、最高の恩返しをしたいと思っています。是非サッカー人生を賭けた4年の姿を、そして119人の部員全員で勝ち取る勝利の瞬間を観に来て下さい。ご声援の程、宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs早稲田大学
11月16日(日) 11:30kickoff @味の素フィールド西が丘
☆☆集中応援日です☆☆

「無心」(池永和将) 

2014.11.13

池永

今回のブログを担当します、池永和将です。
ここで突然ですが、ソッカー部員は休日に何をして過ごしているのか、私の休日を例に少し紹介させて頂きたいと思います。
私は月に数回、美術館巡りをしに行くことでリラックスしたり、刺激を受けたりしながら過ごしています。先日は今年開業した東京の新ランドマーク「虎ノ門ヒルズ」に行きました。都内では東京ミッドタウン248mに次ぎ2番目に高い建物であるということで、下から見上げる景色は想像を超えた壮大さで言葉に出来ない素晴らしさがありました。(これは最高地点の高さではなく、やや低い場所にあるヘリポートの高さを採用したものである。実際には255.5mであり、事実上都内で最も高い建物である。)ただ、混雑していた為、虎ノ門ヒルズに入っているホテルアンダース東京の直営店のハンバーガー屋に入れなかったのが唯一の心残りです。
自然豊かな熊本で生まれ育ち地元の公立小中学校で学んだこと、熊本ではスポーツも勉強も誰にも負けない、いわゆる田舎のスーパースターだったこと、しかしながら、高校大学では勉強知識知能、身体能力、芸術文化容姿、全てを持ち合わせている三拍子揃った沢山の先輩や恩師、学生と出会い、完全に打ちのめされこと、全てが私の財産です。
なぜ毎日走り続けるのか。なぜ毎日ボールを蹴り続けるのか。私はただ前だけを見て「無心」に走り続けたいと思います。
サッカーを始めた頃、ただただ楽しく、時間を忘れてボールを蹴っていたあの「無心」な気持ちで。走り続けた先に何かが見えた時、今回叶わなかったハンバーガーをたらふく食べたい思います。

今週の土曜日には、BC選手を中心とした早稲田大学との練習試合があります。必ず勝利して、次の日のリーグ戦に繋げたいので、応援よろしくお願いします。
虎ノ門ヒルズ

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs早稲田大学
11月16日(日) 11:30kickoff @味の素フィールド西が丘
☆☆集中応援日です☆☆

記事一覧

月別アーカイブ