オフィシャルブログ

慶應・神戸サッカー定期戦へ向けて

2014.08.11

こんばんは。
6泊7日の菅平合宿が終わってから早2日が経過しようとしています。選手達にとって、この2日間は合宿疲れを癒すリフレッシュ期間でした。11日から練習を再開し、12日には第64回慶應・神戸サッカー定期戦(慶神戦)が行われます。(詳しくはこちら

慶神戦はその名の通り本塾と関西にある神戸大学との定期戦のことで、今年で第64回目を迎えます。早慶戦に負けず劣らずの歴史のある、大切な定期戦のひとつです。普段戦ったり交流することのない神戸大学との試合は、毎年新鮮で楽しみです。
試合会場は慶應と神戸を隔年で行ったり来たりしており、今年は慶應側の日吉陸上競技場で開催します。神戸大学の皆さんは、関東遠征を兼ねて日吉にいらっしゃるのです。ホーム会場である今年、当日は本塾の部員の多数が仕事に入り慶神戦を支えます。
そんな慶神戦ですが、昨年敗戦、一昨年は引分と、ここ2年勝利することができていません。しかし、今年の慶神戦は菅平合宿の成果をお見せする一番のチャンスであり、関東リーグ戦後半戦へ向ける第一歩としての大事な試合であると思います。慶應のホーム会場で堂々と戦い、必ず勝利の塾歌を響かせようと思います。

年に一度しかない慶應・神戸サッカー定期戦。この機会を大切にし、切磋琢磨し合いながら神戸大学と共に成長できたら、と思います。神戸大学の皆さん、宜しくお願い致します。
平日の開催とはなりますが、宜しければ会場へお越しいただき、熱いご声援を賜りますようお願い申し上げます。
DSC05389-300x225

 

 

 

 

 

 

 
(写真は2年前に日吉陸上競技場で行った時のものです)

文責:大山千尋

菅平全員合宿終了!

2014.08.09

こんばんは。
本日、6泊7日にわたる菅平での全員合宿を終えました。

ここ3年間で一番長い期間の合宿となりましたが、大きな怪我もなく、全員が無事に帰って参りました。

昨日は午後の練習途中に標高の高い地域特有の雷雨に見舞われ、練習を途中で中止せざるを得ない状況になりました。突然降り出す大雨と共に全員が屋根の下に避難するというアクシデントもありました。
菅平1

最終日となった本日は、2日目にも走った「野口みずきクロスカントリーコース」で最後のトレーニングとなりました。1週間、慣れない環境でのトレーニングに疲労もピークの中での走りとなりましたが、選手もスタッフも一丸となり、無事に合宿最終日を終えることができました。走り終わった選手たちには達成感と疲労感の入り交じった表情を見ることが出来ました。
菅平2
菅平3

菅平4
[右から]2回連続1位のタイムで走り切った小坂慎太朗(2年)とおなじく上位でゴールした岡端拓也(2年)

この合宿は、トレーニングももちろん大切ですが、普段一緒に練習することのないABCチーム、全学年の部員が共同生活を行うことで交流を深められる機会でもあります。今日の帰り際には心なしか初日よりも学年チーム関係のなく笑い合う部員たちの姿を見られた気がします。

全員合宿も終わり、約1ヶ月後には関東リーグ戦後期が始まります。4年生にとっては最後の関東リーグ戦、このメンバーでのソッカー部での生活も長くて残り約130日となりました。
チームとしての目標「インカレ出場」、その先の「日本一」、またそのチームの中で部員116人が個々の目標を達成出来るかどうかもこの夏、いかに自分、そしてチームと向き合えるかに懸かっていると思います。後期リーグをチームとして万全の状態で迎えるため、この夏期間、一日一日を無駄にしないよう大切に過ごしていこうと、改めて実感致しました。

最後に、この合宿においてお世話になりました関係者の皆様に心より御礼申し上げます。関わって下さる全ての方々への感謝を形にすべく、これからも全員で走り続けて参りたいと思いますので、これからもソッカー部の応援を宜しくお願い致します!
菅平5

文責:大塚安希

峠を越えて

2014.08.06

こんばんは。合宿地の菅平高原は、朝晩の心地よい涼しさに恵まれています。ここまで雨に見舞われることもなく、無事に5日目を終えました。普段とは違う長閑な環境の中で日数を重ねていく度に、チームの一体感の高まりを感じます。7日間に渡るこの合宿も終盤に差し掛かりましたが、最後まで気を抜くことなく努めて参りたいと思っております。

さて今日のブログは、本日行われた練習風景を紹介します。午前中は、各々のペースで30分間のランニングと自主トレーニングでした。
image

 

 

 

 

 

 

 

ハイペースを保って黙々と走る選手や、チームメイトと談笑しながら走る選手、コンディションを整えるべくゆっくり走る選手などが混在していました。

image-1

 

 

 

 

 

 

30分間走後は自主トレーニングということもあり、和やかな空気がグランドを包んでいました。
image-2

 

 

 

 

 

 

 

 

左から中井建太(1年・青森山田高)、手塚朋克(1年・静岡学園高)、田中健太(1年・横浜F・マリノスユース/慶應義塾高)
image-3

 

 

 

 

 

 

 

左から秋光雄人(1年・高松高)、遠藤颯亮(1年・Baggio second/International school of milan)

疲労がピークに達している身体を癒す選手が多く見られました。

午前から打って変わり、午後は紅白戦が行われました。
DSC01332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所属するカテゴリー内での試合や、他のカテゴリーとの意地をかけた試合など白熱した展開が繰り広げられました。

残すはあと2日となり、あと3回の練習で帰途に着きます。後期の関東リーグ戦の開幕やIリーグ、社会人リーグの中断明けに向けて精進して参りますので、今後とも温かいご声援の程、宜しくお願い致します

文責:駒野誠一

菅平合宿3日目終了。

2014.08.04

こんばんは。

菅平合宿3日目が終わりました。

2日目、3日目は朝の散歩から始まり、選手は疲労を感じながら、ダボスの麓で体を伸ばしました。

DSC_0336

 

 

 

 

 

 

そして、2日目の午前練習は菅平合宿恒例の「野口みずきクロスカントリーコース」でのトレーニングとなりました。ホテルからさらにバスで山を登り、菅平牧場という高原を抜けると、山中にある約10kmのコースが見えてきます。全員が肉体的にも精神的にも強くなる為に、自分の持つ力の限り、全力で走り切りました。

ダボス

 

 

 

 

 

1位で走り終えた小坂慎太朗(2年)に今回の合宿についてコメントをもらいました。

「今回の合宿は非常に厳しいものですが、その分メンタル、フィジカル、技術などをより高められると思います。この厳しさに負けず、精一杯取り組み、全員で乗り越え、チームとしても個人としても、9月から再開する後期リーグに繋げたいと思います。」

 

2日目の午前、そして3日目は終日、3面広がるサッカー場での練習となりました。ABCチーム各グラウンドに分かれ、ポジションごとの練習・ゲームを中心に行いました。個人の技術向上、そして今年の慶應のコンセプトである「守備」にポイントを置いた練習となり、フィジカル的な苦しさもあるなか、全員で声を掛け合いながら、密度の濃いトレーニングとなりました。ゲームでは、カテゴリーを越えた対戦となり、いつも以上に激しい紅白戦となりました。

DSC_0339

 

 

 

 

 

 

 

そして本日の夕食は全員でのバーベキューでした。

S__24444947

 

全員合宿の醍醐味は、学年を越えたコミュニケーションをとれることであり、そしてチームとしてより一体感をつけることです。合宿も3日を終え、選手たちの疲労も目に見える様になってきましたが、食事や各部屋では学年関係なく会話する姿が見えます。

 

 

 

 

 

そんな合宿2日目の昨日、小林剛(4年)が23歳の誕生日を迎えました!

DSC01282今回が最後の全体合宿となり、4年としてチームを引っ張る彼に今の気持ちを聞いてみました。

「2年時から三年間誕生日を合宿地で迎えています。ソッカー部員として本当に嬉しい限りです。毎年、年を重ねる毎に強くなっていくことをひしひしと実感しております。写真からも十分に伝わるかと思います。菅平合宿もまだ3日目を終えたばかりですが、普段チームの違う下級生の部員達ともコミュニケーションをとることができ非常に有意義な合宿を送ることができています。残りの時間も全選手がケガをすることなく、関東リーグ、アイリーグ、社会人リーグと各カテゴリーの試合に向けていい準備ができるように4年生が中心となって引っ張っていきたいと思います。連日のトレーニングにより、足に負担がかかっているのはもちろんなのですが、ランニングをしているのにも関わらず首が痛くなっていることが菅平合宿の厳しさを物語っているのではないかと思います。残りの数日、最後まで頑張ります。」

小林が言うように、サッカーの面でも、サッカー以外の生活面でも、僕たち4年がチームを引っ張り、後期リーグに向けた堅いチーム作りをしていきたいと思います。

 

文責 鶴岡昇太朗

 

夏の幕開け

2014.08.02

こんばんは!
ソッカー部はテスト期間のオフを終えて、本日から再始動。長野県の菅平高原に合宿に来ています。

早朝に日吉キャンパスに集合し、片道約6時間弱かけて宿舎に向かいました。到着し、昼食をとった後、早速グラウンドへ出発しました。
グラウンドについたら、須田監督から、長期のオフ明けの合宿であるがメリハリが大事であり、サッカーを楽しむことをテーマにこの合宿に取り組んでほしいとのお話をいただきました。

P8020020

 

 

 

 

 

 

 

その後30分間走を行い、全チームシャッフルでのミニゲームを行いました。
山の天気は変わりやすく、途中突然の雨に降られたりすることもありましたが、全員で無事に初日を終えることが出来ました。

P8020025P8020037

 

 

 

 

 

 

 

夜には宿舎の食堂に合宿参加者全員が集合し、社会人スタッフから、全員合宿の意義、慶應ソッカー部のあるべき姿などのお話を頂きました。

P8020045

 

 

 

 

 

 

 

これから1週間普段あまり接することのない他のチームの選手と生活を共にすることで、チームとしての一体感を高めていけたら、と思います。

明日は早朝に散歩をして、午前練習では野口みずきクロスカントリーコースでの10キロ走があります。
明日に備えて今日は早めの就寝を予定しています!明日も目標に向かって頑張ります!

文責 飯沼可奈・杉山理紗

記事一覧

月別アーカイブ