オフィシャルブログ

迷いを捨てるとき(澤田泰佑)

2014.06.17

澤田初めまして、経済学部1年の澤田泰佑と申します。
日頃よりソッカー部にご支援またご声援を頂き誠にありがとうございます。
伝統ある慶應義塾体育会ソッカー部の一員になれたことを大変光栄に思います。
一日も早く皆様に認めていただけるよう努力いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
今回は初めてのブログということで簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。
最後まで読んでいただけましたら幸いです。

私は、一貫校である慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校の部活動でサッカーを続けてきました。
KEIO-ONEプロジェクトの下、高校時代には、全国制覇の強豪校が名を連ねる激戦区神奈川県予選で、インターハイ予選4位、全国出場は逃しましたが上位入賞しました。 しかし残念ながら選手権予選では結果を出せませんでした。
一貫校出身であり、希望すれば大学のソッカー部に入部させてもらえるという恵まれた環境であるにも関わらず、私は自分の進路について悩んでいました。
なぜなら、トップチームでプレーヤーとしてソッカー部の勝利に貢献するということが、正直言って難しいと思ったからです。
大学一を目指す我がソッカー部には全国から実力のある意識の高い選手が入部しており、知名度の高い選手も数多くいます。
全国的に実績のない私がソッカ―部に貢献できることがあるだろうか?と不安になりました。 努力してきたつもりでも結果がでなければ評価にはつながらず自分に自信が持てなかったのです。
そんな中グラウンドである方から、私が悩んでいるのを見透かしたかのように、『悩んでいたら、トップにはいけない』と声をかけられました。
私は目からうろこが落ちました。 色々考えても仕方がない、やらないと始まらない、迷いを捨てトップチームを目指そう、そう強く思いました。
そして有難いことに周りにも私の背中を押してくれる恩師や先輩、友人もいました。
その後、2月からの練習参加で、大学ソッカー部はそれまでの部活動とは違い学生主体の運営であるため、プレーヤーである以外にも裏方の大変な仕事がある事、ソッカー部OB、OGの方々、応援していただいている方々のご支援で成り立っている事を知りました。
プレーヤーとして活動しながらも、激務をこなす先輩方を見ていると自分がいかに甘えているかを思い知らされました。
そのような中、トッププレーヤー以外にもソッカー部に貢献できることがあるはずだと考え入部を決意しました。
まずは、プレーヤ―として自分の現在所属チームで結果を出し、全国一を必ず成し遂げ、皆様に応援したいと思っていただけるように精進いたします。
今後ともご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

最後になりましたが、6年間応援として参加して参りました早慶戦、今回は初の運営側となります。
勝利を掴むため、部員一丸となり練習に励んでおります。 7月2日はぜひ早慶戦に熱いご声援をお願いいたします。

《NEXT GAME》
第19回東京都サッカートーナメント 学生系の部 準決勝 vs東京スポーツ・レクリエーション専門学校
6月18日(水) 17:50kickoff @慶應義塾大学グラウンド

「前期4位以内」達成!

2014.06.15

こんばんは。
本日、関東リーグ戦【前期】の最終節が、炎天下の古河市立古河サッカー場で行われました。
インカレ出場する為に掲げた「前期4位以内」という目標を達成するためには、本日の勝利は不可欠で、全部員が一丸となってこの試合に臨みました。
試合は前半に1点、後半に2点を挙げ、3−0と快勝。今季のテーマである「無失点」を貫き、最高の形で前期リーグ戦を締め括ることが出来ました。部員達の応援の声に、ピッチ上の選手が存分に応える、慶應らしい一丸を体現した試合だったと思います。
IMG_2187

 

 

本日のスターティングイレブン

 

 

 

 

IMG_2717

 

 

スタンドも盛り上がりました!

 

 

 

 

4月から始まった前期リーグ戦は今節をもって終了となります。結果は6勝2敗3分で、専修大学、順天堂大学、早稲田大学に次ぐ4位で前期を終えました(詳細はこちら)。この結果を力にし、後期リーグ戦でも勝点を積み重ね、必ずインカレ出場権を勝ち取って参ります!

直接会場にお越しいただきご声援を下さった方々、メールや電話で激励の言葉を掛けていただいた方々、ありがとうございます。ソッカー部は、沢山の皆様に支えられているのだということを日々強く感じております。

さて、関東リーグ戦は本日で一段落となりましたが、休む間もなく18日(水)から天皇杯の学生予選が始まります。Bチーム・Cチームも来週末にインディペンデンスリーグを控えております。早慶サッカー定期戦も、開催まであと3週間を切りました。
巷ではワールドカップが始まり、サッカーへの注目度も高まっていることと思います。日本代表に負けないくらい、ソッカー部員も頑張ってサッカーに打ち込んで参りますので、是非ご注目下さい。
今後共ご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

文責 大山千尋

《NEXT GAME》
第19回東京都サッカートーナメント学生予選(Bブロック)
準決勝vs東京スポーツ・レクリエーション専門学校
6月18日(水) 17:50kickoff @慶應義塾大学グラウンド

こいつと共に(豊川功治)

2014.06.13

toyokawaこんにちは。総合政策学部、2年の豊川功治です。
今回初めてブログを書くことになったのですが書くことが見当たらないので、ある男の呼びかけ、アプローチによりその男と自分について書かせていただきます。

その男とは國學院久我山高校からやってきた小比賀奨(おび)です。
そんなおびか、写りたがるのにはたった一つの理由があります。それはこいつ明日誕生日なんです。もう21歳になるおび、個人的には大して興味はありませんが、このブログを見てくれた方で少しでもお祝いの気持ちがある方は祝ってやってください。

securedownload

そして次に自分のことを書かせていただきます。
先日、僕はBチームに落ちました。正直に言わせていただくと、昨年の夏トップチームに上がってプレーをしてから、今後Bチームに落ちることはないと思っていました。
しかし、Bチームでプレーをしていてわかったことは自分の無力さです。Iリーグも自分のミスで負け、実力のなさ不甲斐なさを感じました。実力がないから今の現状があり、これからは自分次第でどうにでもなると思っています。
そして、自分だけでなくおびも同じ経験をしています。同じ苦しさなど様々な経験を共にしているからこそ分かり合えるものがあります。自分達には夢があり、部活での大きな目標があります。それを成し遂げるために、Bチームの今が成功だったとなるように努力していきます。
これを読んでくださった方は豊川功治と小比賀奨の名前を覚えていただき、これからの活躍を是非見てほしいです。
自分は”こいつと共に”目標にむかって頑張ります。

《NEXT GAME》
関東リーグ戦 vs桐蔭横浜大学
6月15日(日) 15:20kickoff @古河市立古河サッカー場

ソッカー部に梅雨はない

2014.06.11

こんばんは。日頃より温かい応援を賜りまして、誠にありがとうございます。先週金曜から週末にかけて、日本列島は、梅雨入りを告げる豪雨に見舞われました。そんなコンディションの中で行われました「アミノバイタル」カップでは、夏の総理大臣杯出場権を逃す8位に終わり、ちょうど梅雨空のような重苦しい結果となりました。しかし、いつまでも引きずっている時間は我々にありません。今週末には関東リーグ戦前期最終節が控え、次週からは本戦出場を懸けた天皇杯予選が始まります。また、来たる7月2日には早慶サッカー定期戦の舞台が待ち受けています。心の中の雨雲を素早く流し、チーム目標である「インカレ出場」「大学日本一」に向かって邁進するのみです。今後ともご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

image さて、昨日10日(火)に、慶大三田キャンパス西校舎ホールに於いて、平成26年度体育会新入部員宣誓式が挙行されました。ソッカー部1年も参加し、体育会の新入部員が一堂に会しました。前半の式典では、慶應義塾体育会・清家会長や同・宮島理事からのお言葉を頂戴し、後半のガイダンスでは、スポーツ医学研究センターの紹介や3、4年生からのお言葉、激励がありました。改めてソッカー部の、慶應義塾体育会の一員となったことを肌で感じ、背筋が伸びる思いでした。組織の一員となることには、相当な自覚が必要とされ、相応の責任が伴います。今年度は、選手とマネージャーを合わせ約30名がソッカー部の門を叩きました。2月初旬のシーズンインから4ヶ月が経ちますが、我々1年はまだまだ未熟であり、右も左も分からない状態です。しかし、いつまでも右と左が分からないようでは、組織の一員と言うことは出来ません。OBやOGの方々のご支援、練習環境、上級生の存在を始め、自分を支えてくださる全ての人への感謝の気持ちを忘れずに、1日でも早く真のソッカー部員になれるよう努めて参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

冒頭でも触れましたが、これから試合が続いていきます。Aチームは前述の通り、B、CチームはIリーグと社会人リーグが毎週末控えています。「神は細部に宿る」。マネージャーとして、連戦の時にこそ、この細部にこだわり、勝利の女神を呼び寄せる態勢を作っていくべきだと考えております。ソッカー部に梅雨はありません。日々前を向いて精進していく所存ですので、今後ともソッカー部を宜しくお願い致します

文責 駒野誠一

《NEXT GAME》
関東リーグ戦 vs桐蔭横浜大学
6月15日(日) 15:20kickoff @古河市立古河サッカー場

アミノ杯兼総理杯予選終了。

2014.06.07

こんばんは。

本日を以て、8日間に及ぶ本塾のアミノバイタルカップが幕を閉じました。最終結果は8位と思うような結果が残せず、悔いの残る大会となりました。また、夏の総理大臣杯本戦への出場権も得ることが出来ませんでした。

昨日の順位決定戦vs流通経済大学では、日吉から遠くRKUフットボールフィールドで行われたにも関わらず、豪雨にも負けず全部員が応援に駆け付け、総理大臣杯出場へ向けてチーム一丸となり挑みました。試合は前半終了間際、端山のCKを久保がヘディングでゴールに流し込み、幸先良く先制点を挙げます。しかし後半開始直後、立て続けに2点を奪われ、その後の本塾の猛攻も虚しく試合終了。流経大相手にまたしても勝利を挙げることが出来ず、総理大臣杯出場権を得ることは出来ませんでした。
アミノ応援0606

そして本日は、7・8位決定戦が同じくRKUフットボールフィールドで行われました。相手は永遠のライバル・早稲田大学。思わぬところで公式戦では今季2度目の早慶戦となりました。
本日も昨日に引き続き、雨の中での試合となりました。
アミノ0607
早慶両校とも総理大臣杯本戦への道は経たれ、お互いのプライドのみを懸けた一戦となりました。試合は前半から両者一歩も譲らない拮抗した戦いとなりました。お互いに何度かチャンスはあったものの両校無得点のまま前半を折り返します。
後半には2度PKのチャンスを得るも決め切ることは出来ず、また後半開始直後の2連続失点。反省すべき点は多々あり、個人としてもチームとしても課題の見つかった試合となりました。

昨年度のアミノバイタルカップでは準優勝と、最高とは言えないまでもまずまずの結果を収めただけに、今大会での8位という結果は不甲斐ないものです。チームとしての未熟さを感じると同時に、トーナメント戦を戦うことの難しさも感じました。明日は全員でアミノバイタルカップの決勝戦を観戦します。決勝戦は本日の試合結果により、専修大学vs駒澤大学となりました。この舞台に立てなかったという事実を受け入れ、もう二度とこのような思いをすることのないよう、関東の頂点を決める舞台をしっかりと試合を目に焼き付けて参ります。

悔やんでも悔やみ切れませんが、来週には残り1節となった前期リーグ戦が待っています。下を向いている暇はありません。
総理大臣杯本戦出場が不可能となった今、日本一に挑む舞台は冬のインカレのみ。必ずインカレ出場という目標を達成するべく、目の前の試合に集中して、勝利を収めたいと思います。

この「アミノバイタル」カッブでの悔しい気持ちを決して忘れずに、この経験をしっかりと今後に活かすことの出来るよう、自分に足りなかったものは何なのか、チームに足りなかったものは何なのか、しっかりと突き詰めて参ります。
総理大臣杯本戦がなくなり、トレーニングに集中出来る夏を越え、関東リーグ戦後期をよい形で迎えられるよう、まずは来週の桐蔭横浜大学戦の勝利のみを目指して、部員全員で準備したいと思います。

最後に、今大会中、御殿場や龍ヶ崎といった東京から離れた場所での試合に応援に駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました。結果を残せず申し訳ありませんが、皆様からの温かいご声援は、確実に選手の力になりました。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
関東リーグ戦 vs桐蔭横浜大学
6月15日(日) 15:20kickoff @古河市立古河サッカー場

文責 大塚安希・杉山理紗

2 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ