オフィシャルブログ

余裕(小室絢人)

2014.05.30

小室こんばんは!
4年の小室絢人と申します。

寒い冬を耐えた後には必ず暑い夏が訪れる事を実感し、”四季豊かな日本ってやっぱり素敵だなぁ”と感じる今日この頃です。

この暑い季節になると夏合宿をイヤでも思い出します。合宿では朝から日が沈むまで走り込みを行います。グラウンドマネージャーもこの時ばかりはただの鬼となり、私たちを横一列に並ばせては顔色一つ変えずに笛を鳴らし続けます。泣きながら走る選手もおり、私たちにとっては本当に”魔の合宿”です。宿舎に戻るとあまりの疲労ですぐに寝るのですが、目を瞑った瞬間に翌朝がきます。朝を迎えた時の絶望感はこの合宿でしか味わうことが出来ないものだと思います。そんな”魔の合宿”も今年で3回目を迎えます。私の好きな矢沢永吉の言葉でこのようなものがあります。

「一回目、散々な目に遭う。二回目、落としまえをつける。三回目、余裕。」

今年は大好きな矢沢永吉の歌を聞きながら余裕で合宿を乗り越えたいと思います。まだまだ二ヶ月先のことにソワソワしている小さな人間ですが、ソッカー部員として残り半年全力で頑張って行きたいと思います。

≪NEXT GAME≫
アミノ杯兼総理杯予選 vs山梨学院大学
5月31日(土) 12:30kickoff @時之栖裾野E2グラウンド

まじめです(冨田純)

2014.05.27

冨田
こんにちは。今回ブログを担当させていただきます、総合政策学部2年の冨田純です。
今回が初めてのブログ担当で、何を書こうか悩みましたが、最近の自分のソッカー部生活について書いていこうと思います。

私は今シーズンからリサーチを務めさせていただいています。
リサーチは、関東リーグなどの公式戦でトップチームが対戦する相手を分析し、対戦相手の特徴や、戦術の情報をトップチームに提供する仕事をしています。
リサーチの仕事で自分が試合に出ることが出来なかったり、忙しく大変な面もありますが、週に一度、トップチームのミーティングに参加しプレゼンをしたり、対戦相手の試合を見に行ったりと、トップチームに近い距離で関わることの出来るこの仕事にとてもやりがいを感じています。
リサーチになって初めての関東リーグ第1節で明治大学に勝利した時は、自分が試合に出て勝ったかのように嬉しかったのを今でも覚えています。これからもトップチームに少しでも良い影響を与えられるよう精一杯頑張っていきたいと思います。

私たちの学年は現在、副務を決めるミーティングをしています。
これから部のリーダーになっていく部員を決めるミーティングはそう簡単にいくものではなく、これから更に回数を重ねもっと深く話し合わなければいけないと思っています。
副務を決めるミーティングですが、どんなチームにしていくべきなのか、ひとりひとりがチームにどのように関わっていくのか、ということにまで話は広がり、その内容は時にはとても厳しいこともあります。
しかし、このミーティングを通して学年みんなで悩み、お互いに高め合いながら話し合っていくことで、ひとりひとりが成長し、それがチームの力になるのだと確信しています。学年として信頼できるリーダーをみんなで決めていきたいと思います。

さて、現在行われているIリーグで私の所属する慶應Aは勝ち点6で2位につけています。
私はFWとして途中交代で出場する機会が多いのですが、思うように結果を残すことが出来ていません。
前節、駒澤大学に破れていしまいましたが、全国大会出場を目標に、悲観することなくまた次節に向け準備をしていきたいと思います。

私がチームに出来ることはそれほど多くはありませんが、自分の目の前のことに真剣に向き合い全力を尽くすことでしか、自分にもチームにも成長はないと思っています。これからも自分の為に、チームの為に精一杯頑張っていこうと思います。
今後とも温かいご声援の程、よろしくお願いいたします。

≪NEXT GAME≫
アミノ杯兼総理杯予選 vs山梨学院大学
5月31日(土) 12:30kickoff @時之栖裾野E2グラウンド

謙虚に一歩ずつ

2014.05.24

こんばんは!
今日は関東リーグ第10節駒澤大学戦が行われました!

試合は主将増田が前半4分と33分に得点し2−0で前半を折り返すと、後半PKを与えてしまう場面があったにも関わらず失点を許さず、2−0で勝利を飾ることができました。

この一戦により、関東大学サッカーリーグ1部所属の東京都大学サッカー連盟に登録されているチームの中で春季に行われる前期リーグ戦の結果の上位4校に入ることが決定した為、東京都サッカートーナメント(天皇杯予選)に出場することが決定しました!去年、一昨年とこの舞台からは遠ざかっていた為、非常にうれしく思います!

また、前期の関東リーグを1節残していますが、来週末からはアミノ杯兼総理杯予選が始まります!中1日の連戦で選手にとっては体力的にも精神的にも辛い戦いになると思いますが、このアミノ杯で勝ち上がり、夏に行われる総理大臣杯で優勝することができればインカレへの出場が決まる大事な戦いですので、出場する選手もしない選手も自分にできることを精一杯行って参ります。

謙虚に一歩ずつ進んで参りますので応援の程、よろしくお願いします!

≪明日の試合≫
Iリーグ 慶應A vs駒澤大学
13:00kickoff @home

Iリーグ 慶應B vs中央大学
12:00kickoff @中央大学グラウンド

社会人リーグ vsPASSION
15:10kickoff @秋ヶ瀬公園サッカー場F2

Jr.リーグ vs中央大学 
15:00kickoff @home

≪NEXT GAME≫
アミノ杯兼総理杯予選  
5月31日(土) vs未定
時間未定 @時の栖

関東リーグ戦 前期最終節 vs桐蔭横浜大学
6月15日(日) 13:50kickoff @古河市立古河サッカー場

文責 杉田優奈

一人暮らし(宮永一希)

2014.05.23

宮永こんにちは!今回ブログを担当させていただきます、環境情報学部2年の宮永一希です。
今回は「一人暮らし」について書きたいと思います。なぜ、一人暮らしについて書こうと思ったのかというと、先日、実家に帰省する機会があり、「一人暮らし」がサッカーに与えている影響の大きさを感じたからです。

私は怪我をしていたのでしばらくの間実家で自宅療養をさせていただいていました。実家では食事は美味しくバランスの良いものが出てくるし、洗濯は勝手に終わっているし、病院へも車で送り向かいしてくれる。正直、また元の暮らしに戻るのが憂鬱に思っていました。そのくらい実家は居心地がよく、リラックスすることができる場所でした。
一人暮らしは基本全てが自由です。帰ってきて昼寝をするのも宿題をやるのも、食事の質も、自分に課す自主練の時間も・・・全て自分が決めることができます。全てが自分次第です。そこにソッカー部が強くなるための、他の大学と差をつけるためのキーポイントが隠されているような気がします。
注意してくれる人は誰もいない中、自分に厳しさを与えることは非常に難しいような気もしますが、日本一という目標を掲げ続けている限り、「できて当たり前」なのだろうと思います。むしろ、我慢してストイックな生活をおくっているという意識すらないのかもしれません・・・。
しかし、僕はストイックな生活を送るのが苦手で、嫌いです。美味しいものを食べていたいし、眠れることならたくさん眠りたいです。ただ、今はそれ以上に、勝ちたい、勝利の中心にいたいと思いの方が強いため、かろうじてですがストイックな生活をおくれています。この厳しい生活が大学生活を、自分の人生を豊かにしてくれるものだとも思っています。

最後に、親のように身近で応援してくれる存在がいないことも一人暮らしの大変さでもあります。だからこそ日吉に住んでいる仲間と互いに切磋琢磨し、高め合っていきたいと思います。

頑張ろう、日吉住み。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第10節 vs駒澤大学
5月24日(土) 11:30kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

悔しさをもって(中井建太)

2014.05.20

中井この度ブログを担当させていただく総合政策学部1年の中井建太です。
1年生は入学して早くも2ヶ月近くが経とうとしています。
私は青森山田高校から本塾ソッカー部に入部させていただきました。
出身は東京ですが、全国高校サッカー選手権大会優勝を目指し、親元を離れて、冬は極寒の青森で寮生活をすることを決断しました。
高校生活では怪我も多くあり、思うようにサッカーが出来ず、悔しい思いをした時もありました。また優勝を目指し日々サッカーに取り組みましたが選手権、インターハイ、国体にも出場するも全国優勝という夢は叶わず悔し涙を流しました。
大学サッカーでは高校で経験した悔しさだけは忘れずに、1年目からトップの試合に出場して、本塾ソッカー部の優勝に貢献したい!と強い気持ちで日々練習に取り組んでおります。
私はBチームに所属させていただいております。正直な気持ちを言うとものすごく悔しいです。ですが、これは私だけではなく、トップの試合に出ている選手以外みんなが持っている気持ちだと思います。それぞれが1日も早く上を目指し、優勝に選手として貢献したいと思っていると思います。
私は技術の問題ももちろんあると思いますが、全ては気持ちがあればいつか必ずトップに近付けると思っています。そのメンタルとはただ練習だけ100%で取り組めばいいというのではなく、練習を100%で取り組むのは当たり前で、大事なのは生活全てをサッカーに捧げる決意があるかどうかということだと思います。自主練習だったり、私生活での行動、本当に上がりたいのなら遊びたい気持ちも振り払い、全てをサッカー中心に考え行動するべきだと思います。
私達、新入生も「1年生だから」という気持ちではなく貪欲に「1年生が引っ張って行くんだ」というぐらいの気持ちで日々精進し、頑張る決意でおります。各カテゴリーで日々激しい争いをし、トップチームを脅かす力を付け、ソッカー部全体のレベルを更に上げれば、元々団結力は抜群な我々なので、間違いなく「最強、最高」の慶應義塾体育会ソッカー部になれると確信しております。
私も「最強、最高」のチームに貢献できる一人になれるよう、日々努力を惜しまず、頑張る所存です。
今後共ソッカー部にご支援ご声援の程、どうぞ宜しくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第10節 vs駒澤大学
5月24日(土) 11:30kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

1 / 3123