オフィシャルブログ

ゴールデンウィーク(新井祐介)

2014.04.30

新井こんにちは。今回ブログを担当させていただきます、商学部3年新井と申します。以前同期の米井や2年の岡端もブログで書いていましたが、私もリサーチを務めさせていただいております。
さて、関東リーグ戦が開幕し5試合が終わって、慶應は3勝2分の勝ち点11で4位につけ、未だ無敗で波に乗っています。去年、一昨年と比べるととても良い流れでリーグ戦のスタートを切れていますが、チームは驕ることなく常にチャレンジャーの姿勢で1戦1戦闘えています。これが昨年の苦境を乗り越えた今の慶應の強みだと思います。

4月も終盤になりゴールデンウィークに入りましたが、この1週間で関東リーグ戦は3試合行われます。中2日、中3日というスケジュールで選手は非常にきつい闘いになりますが、それと同時に私たちリサーチ班もこのゴールデンウィークはハードです。普段は1週間かけて完成させる仕事を、2日や3日で完成させなければなりません。リサーチの仕事はチームの勝利のために行うことであり、時間がないからと言って質を落としたり、ミスをしたりすることは許されません。私たちにとってこのゴールデンウィークは一年のうち最も忙しい期間であり、ほぼ毎日どこかのチームのスカウティングに行き、リサーチ部屋に泊まり徹夜で作業をすることも珍しくありません。

私たちの仕事は直接勝敗に影響を与えるかどうか目に見えるものではありません。しかし、厳しい闘いを乗り越えていく上でなくてはならないものだと信じています。このゴールデンウィーク3連戦を全勝という最高の結果で終われるよう、私たちリサーチが力になりたいと思います。

また、ゴールデンウィーク中の5月4日にはIリーグもスタートします。全チームが一丸となって全ての試合で勝利できるよう全力で闘っていきますのでこちらも合わせて、これからもご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第6節 vs東京国際大学
5月3日(土・祝) 13:50kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

★★集中応援日★★
関東リーグ戦 第7節 vs早稲田大学
5月6日(火・祝) 13:50kickoff @味の素フィールド西が丘
詳細はこちら

4月を終えて

2014.04.27

こんばんは。

本日はピッチ脇に置いたボトルの水がすぐにお湯になってしまうような気候の中、関東リーグ戦第5節、筑波大学戦が行われました。

vs筑波スタメン

 

 

 

 

 

 

 

 

試合は前半、加瀬澤力(2年)のFKを望月大知(2年)が折り返し、それを宮地元貴(2年)がヘディングで決め先制点を挙げます。
その後は両者拮抗した展開が続き、相手のシュートがポストに阻まれる危ないシーンもありましたが、
序盤に決めた1点を守り抜き、本塾が1-0で勝利を収めました!

現在5試合を終えて3勝2分の4位と、無敗で4月のリーグ戦を戦い抜くことが出来ました。
来月に入ると、3日(土・祝)に東京国際大学戦、6日(火・祝)に早稲田大学戦、そして10日(土)に順天堂大学戦と、3連戦が待ち受けています。
連戦となりますが、目の前の試合に全力で取り組み、着実に目標に向かって勝ち点を積み重ねていきたいと思います。

また、6日(火・祝)の早稲田大学戦は、集中応援日となっております!
今シーズン、開幕前の鹿児島遠征において、決勝カードとなった早慶戦。その際は、3-0で本塾が勝利を収めました。
しかし早稲田大学には昨シーズン、関東リーグ戦では2戦2敗、定期戦でも完敗しており、全部員が何としても勝ちたいという強い思いを持っています。
現在早稲田大学は本塾と同じく3勝2分ですが、僅かな得失点差で3位に付けています。
永遠のライバルである早稲田大学との一戦、当日は様々な企画をご用意しております。是非ご来場下さい!
詳細はこちら

これからも、温かい応援宜しくお願い致します!

文責 杉山理紗

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第6節 vs東京国際大学
5月3日(土・祝) 13:50kickoff @Shonan BMW スタジアム平塚

ラストシーズン(川田悠介)

2014.04.25
川田

今回ブログを担当させて頂くことになりました。4年の川田悠介と申します。

時が過ぎるのはあっという間で、もうラストシーズンを迎えております。4年目にして思うことを書かせていただきたいと思います。

3年間を振り返ってみて納得のいくシーズンを送れたことはないなと感じております。1年時はトップチームとBチームを行き来しながらも試合には出れず。2年時は大半をBチームで過ごし、トップチームに関わることも出来ず。3年時は試合に出場させて頂きながらも怪我などでトップチームに定着出来ず。と、大変不甲斐ない3年間だったなと感じております。
しかし、この苦労を経験したからこそ成長出来た事もたくさんあると信じております。

この3年間の集大成をラストシーズンで体現し、納得のいく最高のシーズンを送りたいと思っております。3年生以下の選手であまり納得のいく結果が出ておらず、悔しい日々を過ごしている人も多いと思います。決して腐らず、諦めずに強い気持ちを持ってもがき続けて欲しいと思います。必ず納得のいく結果が出ることを信じて頑張っていきましょう。

チームとしては4節が終わり2勝2分と近年稀にみる好スタートを切っております。このまま突き進み必ずや日本一をとってみせます。
ご声援の程、これからも宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第5節 vs筑波大学
4月27日(日) 11:30kickoff @味の素スタジアム西競技場

チームへの貢献 (林草太郎)

2014.04.23

林草こんにちは。今回ブログを担当させていただく、商学部1年の林草太郎です。
私は2月から練習に参加していますが、B、Cチームの練習にしか参加したことがなく、正直なところ練習時間の異なるAチームのメンバーのことはよく分からず、試合も見たことがほとんどないほどでした。それ故、自分の中ではAチームの選手との壁を感じていました。
そんな心境の中迎えた決起会。開幕前の緊張した雰囲気の中で発せられる先輩たちの言葉一つ一つに様々な想いを感じました。日本一を目指すという強い想い、ラストシーズンに懸ける想い、そして全ての言葉にはどんな形であれ、チームに貢献しようという想いが表れていました。部員全員が輪になり部歌を歌ったとき、「自分は日本一を目指す慶應ソッカー部の一員なのだ」と強く実感するとともに、「チームにもっと貢献したい」という先輩が語った想いと共通のものを強く感じました。

開幕から4戦。2勝2分け、負けなし、という最高とは言えないまでも素晴らしいスタートを切りました。そしてその状況に浮かれることなく、決起会後の想いはいまだに胸に残っています。それどころか自分の仕事が増えるにつれ、リーグ戦に間接的ではあっても関わっている、チームにもわずかではあっても貢献出来ているのだと感じることが出来るようになってきました。しかし、仕事をするということは責任を負うことにもなります。
自分は、「積み込み」という仕事を主にしています。関東リーグ戦の前日にチームとして必要なものを準備して部車に積み込むのが主な仕事です。アップに使うボールやビブス、選手が飲む飲料を入れるボトル、治療用の簡易ベッドなど、試合に関わる多くのものを扱いますが、一つも欠けてはいけません。それが自分たちの仕事に対する責任です。いつもはあるものがない。たとえ、それがそれほど重要なものではなかったとしても、チームに少しでも不安要素を与えることは悪影響でしかありません。自分たち積み込みの仕事は、いつもあるものをいつものように準備することです。仕事を完遂したからといってチームに貢献出来ているかは実感出来るものではありませんが、なくてはならない仕事だと自負しています。

Cチームに所属する自分にとって、チームに貢献できることはあまり多くありません。リーグ戦に出場して点を取ることも、体を張ってゴールを死守することも出来ませんし、今の自分にはそこまでの実力はありません。しかし、自分に与えられた仕事をミスなく行うことでチームに「いつもの場」を提供する手伝いをすることは出来ます。「いつもの場」を提供し、そこでメンバーに活躍してもらえるように精一杯の努力と応援をこれからもしていきます。そしていつかは直接的に貢献できるように日々精進していきます。
拙い文面でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからも慶應義塾体育会ソッカー部の応援をよろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第5節 vs筑波大学
4月27日(日) 11:30kickoff @味の素スタジアム西競技場

3分の1を終えて。

2014.04.20

こんばんは。
関東リーグ戦開幕から早2週間が経ちました。
水曜日に行われた第3節から3日間、全力で準備して参りました。そして迎えた本日の第4節。対するは3戦全勝の絶対王者、専修大学です。会場の味の素フィールド西が丘には、70名を超える応援の方々にお越しいただきました。

startingmember

 

 

 

 

 

 

試合は、両者一歩も譲らないまま0−0で前半を終えました。後半は開始早々熱がこもる試合展開になります。警告を受けた後のセットプレーから1点を失い、その後豊富な運動量で巻き返し1点を返すものの直後に2点目を押し込まれてしまいます。しかし、最後まで諦めない本塾は、最後の最後まで得点を狙って走り回りました。そしてこのまま試合終了かと思われたロスタイム、山本哲平(2年)の同点弾がゴールに突き刺さりました。結果、強豪専修大学相手に2−2の引き分けで、なんとか勝点1を収めることが出来ました。
goal

 

 

 

 

 

 

IMG_6963

 

 

 

 

 

 

 

開幕から2週間で早くも4試合を消化し、前期の3分の1を終えたことになりました。結果は2勝2分と順調なスタートダッシュが出来たと思います。
しかし、試合後には主務の長井俊興(4年)、主将の増田湧介(4年)から、昨日のB・Cチームが練習試合で負けてしまったことに対し厳しい言葉がありました。
トップチームの選手が身体を張って結果を残してくれている中、関東リーグ戦に出ない選手や私達マネージャーももっともっと頑張らなければならないという大きな責任があります。今週1週間、部員全員で自分の全力で出来ることに取り組み、水曜日のJr.リーグを始め土曜日の練習試合でも貪欲に勝ちを狙いにいき、万全の状態で第5節に臨みたいと思います。

今後共、温かいご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

文責 大山千尋

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第5節 vs筑波大学
4月27日(日) 11:30kickoff @味の素スタジアム西競技場

1 / 3123