オフィシャルブログ

一部残留 応援ありがとうございました

2013.11.24

いつも温かいご支援ご声援ありがとうございます。

私達、慶應義塾体育会ソッカー部は、2013シーズンを終了し、関東リーグ戦10位、一部残留という結果になりました。

昨日の最終節、流通経済大学戦はたつのこという遠い会場で行われましたが、たくさんの方にお越しいただきました。

DSC08004

応援の部員も前節同様、力強い応援で選手を鼓舞しました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1994B.C.Dチームの4年生は、前日に早稲田大学との練習試合でラストゲーム終えました。45分×3本の試合で3本目に金昇基(4年)のFKが2本とも入り、2-0でライバルに勝利することができました。
4年生の気合いの入ったプレーは後輩たちの目に焼き付いたと思います。

 

 

 

 

 

 

DSC08001流通経済大学戦では、開始早々に主将・松下純土(4年)のゴールで先制。
1-0で折り返しますが、後半19分に追い付かれてしまいます。
流通経済大学が交代で主力の4年生を立て続けに出し勢いを加えると、後半29分PKで勝ち越しゴールをを許してしまいました。
負ければ残留に暗雲が立ち込めるという状況で、諦めずに全員が戦い、後半33分に増田湧介(3年)が決めて同点。勝利するため最後までゴールを脅かしますが、試合終了。
たつのこのピッチで喜ぶことはできず、残留争いの行方は今日の中央大学vs日本体育大学の結果に委ねられました。

 

 

閉会式のため、西が丘で全員観戦した中央大学vs日本体育大学は、0-0の引き分け。勝ち点で日本体育大学を上回り、本塾の一部残留が決定しました。

 

DSC08009閉会式の様子

 

 

 

 

 

 

 

最後の試合で勝つことができませんでしたが、一部に留まることができました。
最後まで諦めずに、部員全員が戦ってきたことが天に通じたのではないかと思います。
皆様によいご報告ができ、大変嬉しく思っております。

今シーズンを振り返ると、アミノバイタルカップ準優勝といった嬉しい出来事の一方で、開幕4連敗、後半戦開幕5連敗、降格圏から抜け出せない日々が続く苦しいシーズンでした。何より、夢見てきた「日本一」を諦めることは辛いことでした。

その中でも、代々先輩方から受け継いできたチーム一丸に向けて、1人ひとりが諦めずに努力してきました。苦しい日々の中に少しだけあった心からの喜びは格別で、そのためにまた頑張りたいと思える瞬間でした。

応援してくださる皆様になかなかよい結果をご報告できませんでしたが、それでもいつも変わらない温かいご声援は、私達のパワーになりました。
こんなに幸せなチームは他にはないと思います。大変感謝しております。

これをもちまして、4年生は引退となります。沢山の力をお借りして、なんとか後輩たちに1部の舞台を残すことが出来ました。試合に出て活躍する部員が少なく、個人が悩み葛藤を抱えていましたが、真面目に努力し続けました。その姿を見た後輩が活躍してくれることを期待しております。

来シーズンは1部リーグ復帰後6年目となります。頼もしい3年生以下が勇敢に戦い、今年果たせなかった「日本一」を実現してくれることを祈ります。引き続き、彼らにご声援いただければ幸いです。

最後に、私の最後のブログ更新となります。2年前にできた新しいHPやブログ、それだけでなく試合会場やOB会で沢山の方と接する中で、応援してくださる方々のありがたみを感じて参りました。これからはマネージャーの後輩たちが今まで以上に、皆様から愛されるチームを目指してやっていってくれることと思います。支えてくださった全ての皆様に感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。
今後共、慶應義塾体育会ソッカー部を宜しくお願い致します。

 

 

文責 呉田幸子

慶應義塾体育会ソッカー部(松下純土)

2013.11.22

松下こんにちは。ブロクリレー最終回を担当します、主将の松下です。
最終回担当という大役と今迄の同期のブログの質の高さから、少々のプレッシャーと戦いながら執筆しています。拙い文章かと思いますが、最後まで読んで頂けると幸いです。

さて、4月に開幕した関東リーグもついに今週で最終節となりました。ソッカー部は前節の勝利により降格圏を脱出し、自力残留の可能性を手にすることが出来ました。最後まで何が起こるか分からないリーグ戦、気を引き締めて臨みたいと思います。

主将として臨んだ今シーズン。新チーム始動の2月、私は不安などこれっぽっちもありませんでした。「目標である日本一に必ずなれる。なってみせる。」そう思っていました。しかし4月、関東リーグ開幕4連敗。日に日に遠ざかっていく日本一に不安と焦りを感じました。何度も同期の仲間と話し合いました。明確な答えが出ることはありませんでしたが、明らかだったのは、このような状況でも決して下を向くことなく自分達の今迄やってきたことを貫くということでした。
そして手にした総理大臣杯への切符。夏の日本一への挑戦権を手にした私達は、自信を取り戻しこの大会に臨みました。しかしここでも初戦敗退。そして後半戦開幕5連敗。日本一は遥か遠くへ、降格圏すら抜け出せない日々が続きました。
目標も1部残留へと変わりました。この時の悔しさは生涯忘れないと思います。しかし徐々にチームは波に乗り、先にも述べましたが自力残留の可能性を手にすることが出来ました。

こうして執筆しながら今シーズンを振り返ると、毎日が苦痛でした。何度も監督に「主将として何もしていない、主将を辞めろ」と言われました。サッカーが嫌いになりそうでした。ソッカー部を辞めたくなりました。それでも毎日下田に足を向かわせることが出来たのは、間違いなく同期の支えがあったからです。2年時に、1年間かけて涙ながらに話し合って出した学生スタッフ。自分の時間やサッカー人生をソッカー部に捧げてくれた彼等は、私の誇りであり同期の誇りです。部員等周りの人からはいつも明るい人間と思われがちな私ですが、私はそんなに強い人間ではありません。お互い自らの殻を破り、腹を割って話した同期の存在なくして今の自分はいません。最高の仲間と出会えたことを心の底から感謝しています。同期だけではありません。後輩達、OBの方々。ソッカー部に関わる全ての人が私を、そしてソッカー部を支えてくれました。ソッカー部は私の宝物です。

最終節、この4年間私を一回りも二回りも成長させてくれたソッカー部と、それを支えてくれたソッカー部に関わる全ての人へ、勝利をもって恩返しします。試合後動けなくなるまで走り続けます。声が潰れるまで鼓舞し続けます。選手生命を懸けてこの部を守ります。
最後になりますが、今シーズンもご指導ご声援の程誠に有難うございました。たつのこフィールドで皆様に笑った姿をお見せできますよう、死力を尽くし闘います。応援の程宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs流通経済大学
11月23日(土・祝) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

同期へ、最後に(天野弦)

2013.11.21

天野こんばんは。

理工学部管理工学科4年、主務の天野弦と申します。

ブログを書くのは今回で2回目です。恐縮ですが、オフィシャルブログという場をお借りして、最後なので同期の4年生に私の気持ちを伝えます。

4年生、最後はプライドを持って戦って下さい。今まで散々、特に4年生のBチームの人(特に日高、西沢、鳥山)にはプライドを捨てろと口酸っぱく言って来たから、今更何を言ってるんだと思うかもしれないけど、最後はプライドを持ってやって欲しい。

シーズンインの時に自分たちがやってきたことを誇りに日本一を目指そうと話したけど結果的には駄目だった。自分自身、チームをまとめきれなかった。皆がフルシーズン、サッカーに集中する環境を作り出せなかった。後輩に示すべき姿勢を示すことが出来なかった。挙げればきりがないほど色んな事を後悔している。

それでもここまでどんなに駄目でも諦めずに粘り強くやってきたのは、2年の時のミーティングがあったからだと思う。それは他の4年の皆も同じだと思う。あの時、サッカーを続ける、辞めると言うことを中途半端な覚悟で決めた奴はいないと思う。皆がみんな、自分のわがままとかこだわりというものを捨てて真剣に話し合って真剣に悩んで自分の立場でチームのために頑張ろうと話し合った。だから、どんなに負けてもどんなに上の人から批判されてもこのプライドだけは譲れなかったと思う。その捨てきれないプライドがなければここまでやって来れなかった。同期には最後、そのプライドを全てぶつけて欲しい。後輩に見せつけて欲しい。

最終節に出場する4年は本当にプレッシャーが懸かる大一番だけど、俺らの4年間を全て出してくれ。魂のこもったプレーだけを見せてくれ。

明日の最後の練習試合、早稲田大学戦に出る4年は早稲田に慶應魂を見せつけてくれ。自分の4年間の証明を後輩に示してくれ。

今まで散々、4年には色々と要求をして、きつい言い方も沢山したけど、俺はこの学年で主務をやれて本当に良かったと思っている。今まで出会った仲間で一番真剣に向き合って、酸いも甘いも一緒に経験した仲間だと思っている。

だからこそ、最後に皆との形をたつのこで遺したい。

ラスト、絶対に勝とう。

最終節、応援の程宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs流通経済大学
11月23日(土・祝) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

Never Give Up (岩田修平)

2013.11.20

岩田修こんにちは。名古屋グランパスU-18出身、総合政策学部4年、副将の岩田修平です。本日ブログを担当させて頂きます。

まず始めに、日頃からソッカー部を支援して下さる皆様に、この場を借りて、深く御礼申し上げます。先週末の東洋大学戦では多くのOBの皆様、保護者の皆様に会場で熱い声援をいただきました。まさに、「一丸」という慶應の強みが生んだ逆転勝利であったと思います。今週末は1部残留をかけた最終決戦です。ここまできたら結果が全て。必ず勝利し、1部残留を自力で決めます。引き続き、応援宜しくお願い致します。

さて、私がブログを担当させていただくのは2回目になります。1回目は今シーズンがスタートしたばかりの2月、日本一という目標を掲げ大学ラストシーズンでのチームの躍進を誓いました。しかし、現実はそう甘くありませんでした。開幕4連敗、早慶戦3戦全敗、そして残留争い。唯一、日本一に近付いた総理大臣杯も初戦敗退でした。

私自身、副将として迎えた今シーズン、開幕3連敗を喫した以降、ピッチに立てず仲間の戦う姿をベンチから応援するしかなかった自分。なかなか勝てないチームにおいて、敗戦の責任を負えない自分。そんな自分が情けなく、葛藤ばかりだった前期。夏、総理大臣杯出場を決めたものの、最後の早慶定期戦では何も出来ずに惨敗。
さらにその試合で足首を骨折し、チームから約3ヶ月も離れることになった時には、チームの為に何も出来ない自分が嫌になりました。今年1年間、自分の姿が後輩達にどう映ったかは分かりません。正直、格好よくはなかったと思います。でも、今こうしてピッチに戻ってこれた以上、チームを残留させる。最後に与えられたその責任を果たしたいと思います。

1年の頃、同期皆で決めた目標、夢の日本一には残念ながら手が届きませんでしたが、この夢を後輩達に託す為にも何が何でも1部の舞台を残す。これが今、私達4年生の使命であり、責任です。
残留に向けたここ数試合、私を突き動かしているものに、同期と何か一つ成し遂げたい。という気持ちがあります。私達の学年は、この4年間でトップチームで試合に関わることが出来た選手も少なく、サッカーの面ではあまり目立たない学年でした。それでも、何度もミーティングを重ね、どうしたらチームに貢献できるか考え、4年間不器用ながら必死にやってきました。自分のサッカーを犠牲にしてチームの為に動いてくれるスタッフ、毎日遅くまで働いてくれるマネージャー、最後まで後輩に何かを残そうともがく仲間。そんな同期の仲間23人との4年間は私にとって誇りであり、学生生活最大の財産です。学生スポーツといえ、勝負の世界。記録に残るのは結果のみです。だからこそ、最後に残留という結果を出して終わりたい。ソッカー部での4年間の証として、1部残留を成し遂げたい。それだけです。

最後に、今年1年間おれら4年についてきてくれた後輩達。ありがとう。本当に多くの場面で皆に助けてもらいました。ただ、おれらはまだ何も成し遂げていない。ラスト3日、最後まで全力で走り抜けよう。一丸になろう。

泣いても笑ってもラスト1試合。同期皆が、そしてソッカー部全員が笑って終われるよう、死力を尽くします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs流通経済大学
11月23日(土・祝) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

後輩へ(日髙悠太郎)

2013.11.19

日髙こんにちは。都立駒場高校出身、総合政策学部4年の日高悠太郎と申します。

四年生ブログも終盤を迎え書くことがありません。そしてなによりこの後副将、主務、主将と続くにも関わらずこのタイミングでなぜ私なのかさっぱり理解できません。ワンクッション置いたのでしょうか?いずれにせよ完全にミスだと思います。
とはいっても仕方ないので、引退直前の今、可愛い後輩達に伝えたいことを書かせていただきます。

とにかく必死に、一生懸命になってください。
私の口からこういう言葉が出ることに驚いている人ばかりだと思いますが、本心です。

四年間たくさんのことを犠牲にして部活に打ち込んできました。辛い練習やミーティング、しかし、それらを乗り越えて、引退を迎えようとしている今私が感じているのは後悔です。

インカレ、アミノバイタルカップ、大臣杯、残留争いなど、そのすべてをピッチ外から見ているだけでした。
特に現在、同期や後輩が残留の為に必死に戦っている姿をただ見ていることしかできないこと、四年生として「自分が残留させてやる」ということを口にさえできないこと、また同期、特に主務天野、グラマネ田村、竹尾に対して約束したことを守れなかったことを本当に悔しく、申し訳なく思います。
そしてなによりそこに立つために必死にならなかった自分を情けなく思います。

「サッカーに懸けて打ち込んだほういい、後悔するから。こんなに必死になれる環境はないよ」と引退していく先輩方は毎年言われます。
私はこの言葉を本気で受け止めていなかったから、私自身も後輩たちに同じことしか伝えられないのだと今強く感じます。

だから後輩たちには本当に必死になってほしいです。
確かに応援や仕事も大事です。だけどそれでチームが勝って素直に喜んでいてはだめです。負けろって思うぐらいでいいと思います。
関東リーグのピッチで自分の力でチームを勝たせてください。
その為に今日から必死になってやってください。

来年一部の舞台でみんなのその姿を見るために、私自身もラスト一節できる限りのことをやり必ず残留したいと思います。
応援よろしくお願いします。
≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs流通経済大学
11月23日(土) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

1 / 41234