オフィシャルブログ

下田学生寮(小坂慎太朗)

2013.09.06

小坂

こんにちは。今回ブログを担当させて頂く一年の小坂慎太朗です。
まず始めに軽く自己紹介をさせて頂きます。二人兄弟の次男で、群馬県高崎市出身で田舎の大自然の中でのびのびと成長してきました。未だに代官山などのお洒落な街並を歩くと緊張してしまう田舎者です(笑)が、これからよろしくお願いします。

さて、今回は私やソッカー部全体としても大変お世話になっている下田学生寮について紹介させて貰います。
私たちソッカー部が現在使用させて貰っているグラウンドの真横には様々な部活のロッカールームやミーティングルームなどが存在する巨大な複合施設があります。そしてそこには私の住む下田学生寮も併設されています。

 

 

20130906_170135b

 

 

 

 

 

 

 

下田学生寮には様々な施設が完備されています。栄養のバランスが考えられた食事をとることが出来る食堂、非常に多くのマシンが揃っているトレーニングルーム、練習や試合の疲労を一気に落とせる大きな浴場、その他洗濯設備やミーティングも行えるラウンジなど、スポーツをする上でこの上ない程の素晴らしい環境が整っています。このような環境が整った寮は全国にも中々無いと思います。さすが慶應、って感じです(笑)

 

20130906_014510b

 

 

 

 

 

 

 

寮の部屋は2人部屋になっています。ですが、入り口から壁を挟んで二つに仕切られているので一応プライベートはあります。各部屋には基本的に大きな本棚と勉強机とベッドが取り付けられており、広いとは言えませんが、住み慣れるとなかなか居心地が良い場所です。
ちなみに相部屋は同じく一年の宮地元貴です。うるさいです(笑)いつも絡んできてうっとしいこともありますが二人で仲良く?やっています。

20130906_165509b

 

 

 

 

 

 

 

そして下田学生寮の一番の魅力は、何と言っても他の部の選手達と仲良くなることです。他の部の様子を聞くことでモチベーションにも繋がります。また、同じ学年だけでなく、先輩同士を通じて縦の繋がりもとても強くなります。皆で遊びに出かけたり、バーベキューをやることもあります。もはや家族のようです。下田民(下田学生寮に住んでいる人)みんな大好きです(笑)

DSC06926

 

 

 

 

 

 

 

ここまで紹介させてもらったのはほんの一部の様子ですが、まだまだたくさん下田学生寮には良いところがあります。
ソッカー部の中で寮で暮らしているのは私を含め8人です。ラグビー部等と比べると少ないので、もっと多くの人に入寮して欲しいです。

下田学生寮はおそらく日本でも屈指の環境が整っています。そのような環境に居られることを感謝しながら環境を最大限活用し、私も少しでも慶應の力になれる様、これからも日々精進して参りたいと思います。

まもなく慶應の関東リーグ後半戦が開幕します。選手一同全力を出し切って戦いますので、ぜひ試合会場まで足を運んでいただけると嬉しいです。応援よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第11節 vs順天堂大学
9月11日(水) 11:30kickoff @江戸川区陸上競技場

熱い夏の終わり~秋の戦いに向けて~

2013.09.04

こんにちは。
暑さは続きますが暦は9月、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ソッカー部は熱い夏を終えて、1週間後に関東リーグ戦開幕を控えています。

ソッカー部の夏を少し振り返ってみたいと思います。(各遠征のブログまとめはこちらをご覧ください。)

8/1~6 仙石原全員合宿
全員で乗り越えた過酷な合宿は、KYOSO(共創)を体現でき、大変有意義な合宿でした。
集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

8/10 第63回慶應・神戸サッカー定期戦
猛暑の中行われた敵地での定期戦は久しぶりの敗戦となりました。手厚いおもてなしをしていただき充実した定期戦でした。
DSC07550 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

8/11 第37回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント
悲願の日本一を目指して戦った全国大会は、全員が応援に駆けつけたものの悔しい初戦敗退となりました。
20130811 PMC kangaku-keio-40

 

 

 

 

 

 

 

8/19~22 石川遠征
新生Acdチームで臨んだ大会ではなかなか勝ち星をつかめず14位。悔しい遠征となりました。
IMG_0201

 

 

 

 

 

 

 

8/21~23 藤枝遠征
6戦無敗。3、4年生のベテランBSチームが意地を見せました。
P8230903

 

 

 

 

 

 

 

 

8/23~25 韓国遠征・第50回慶應・延世サッカー定期戦
50回の記念大会は、延世大学校側の素晴らしい歓待を受け、盛大に行われました。半世紀の絆が一層深まりました。(フォトギャラリーはこちら)
IMGP0082

 

 

 

 

 

 

 

 

8/29~9/1 御殿場遠征
下級生中心の遠征。サッカーに向き合い試行錯誤しながら個人のレベルアップができました。
P1040622

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の公式戦、遠征があった8月。個人、チームでどれだけの成長ができたでしょうか。秋の戦いが始まる前にもう一度振り返る必要があります。各チームが全国各地の遠征に参加し、遠征先から聞こえてくる仲間の奮闘の様子に刺激を受けながら、全員が走り続けた夏だったのではないかと思います。

このチームで戦えるのも長くても4ヶ月。しっかりと己を見つめ、更なるレベルアップと”日本一”という目標に向けて全員で努力していく所存です。

筑波大学天皇杯出場の影響で私達の関東リーグ戦開幕は1週間延期となりました。関東リーグ戦では前半戦の9試合を終えて12チーム中8位。後半戦13試合で、インカレ(全日本選手権)出場権の5.5位に何としてでも入らなければいけません。※5位までがインカレ出場、6位はプレーオフ。
まずは、9/11の順天堂大学戦に勝利するため部員全員が最高の準備をして参りたいと思います。
(関東リーグ戦日程はこちら)

また、夏の活動では全国各地で様々な方にお世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

後半戦もソッカー部に温かいご声援、宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第11節 vs順天堂大学
9月11日(水) 11:30kickoff @江戸川区陸上競技場

文責 呉田幸子

御殿場遠征 夏を越えて

2013.09.01

こんばんは!

御殿場遠征3日目の昨日は、大阪経済大学、大阪学院大学と、関西勢との試合でした。

試合結果の詳細は、速報ブログをご覧下さい。
曇天の中行われた試合の結果はそれぞれ1-2、1-0。
選手たちは各々思うところがあったようで、宿舎に戻ると自主的にミーティングを行い、最終日に向けての調整を図っていました。

そして今日は御殿場遠征最終日。昨日も対戦した大阪経済大学、そしてびわこ成蹊スポーツ大学との試合でした。
昨日の雪辱を果たそうと臨んだ1試合目・大阪経済大学戦は、試合終了が近づいてきた81分、矢野峻寛(1年)のゴールで先制。 その1点を最後まで守りきり、見事勝利を収めることが出来ました!

8 691

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続く2試合目・びわこ成蹊スポーツ大学戦は、開始4分に上田聖人(1年)のゴールで先制するも、その後相手に3得点を奪われ1-3での敗戦となってしまいました。

410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この遠征は、台風の影響で曇天が続いていました。
更に昨夜から雨が降り出し、天候が懸念されていましたが、朝こそ曇っていたもののお昼頃には青空が見られました!

11

 

 

 

 

 

 

 

 

また本日は遠征最終日ということで、この遠征でのチーム内得点王に輝いた山口真太朗(2年)、齋藤勇太(1年)に、そしてグラウンドマネージャーとしてチームを率いた宮部元太郎(3年)に、遠征の感想を述べてもらいました。

14

 

 

 

 

 

 

 

山口真太朗(2年・写真左)

この遠征はピッチ内外での成長をテーマに、チームとして3泊4日のとても密度の濃い時間を過ごすことができました。 こうした素晴らしい環境でプレーできることに感謝して、今後とも精進していきたいです。 御殿場遠征に関わって下さった全ての皆様、ありがとうございました!

 

齋藤勇太(1年・写真右)

今回の遠征は成長がテーマでした。チーム内得点王になりましたが、チームとして結果を残せなかったのでもっと得点しなければという思いです。遠征中は4年生からの素晴らしい話もあり、選手としてだけでなく人間的な成長もできたと思っています。今回の遠征を機に更に成長できるよう、下田での練習に取り組んで参ります。

 

 

12

 

 

 

 

 

 

 

宮部元太郎(3年)

今回の遠征は「成長」というテーマをもとに、サッカー選手としてはもちろん、一ソッカー部員として、一人間として成長することを目標に取り組みました。サッカー面ではお互いが積極的に議論をする場面が多く見られ、ピッチ外でも少数ながらリーダーシップを発揮していた4年生を中心に全員で寝食を共にすることで、ピッチ内外において各々が成長できた良い遠征になりました。この遠征で得た経験を生かし、後半戦開幕後も、このBJチームから一体となり、トップチーム含めチーム全体に良い影響を与えていきたいと思います。

 

3泊4日の合宿が終わったと同時に8月が終わり9月となり、関東リーグ後半戦がまもなく始まります。

大学サッカーという新しい環境にようやく慣れて来た1年生、後輩が出来て上級生としての難しさと向き合う2年生、各自がそれぞれ何らかの問題や課題を抱えながら日々努力しているということを、今回の遠征を通し、改めて感じました。

今回遠征に参加したメンバーがいつか関東リーグのピッチに立って活躍する姿を想像すると、今からとても楽しみでなりません。
そして今回の合宿が、その憧れの場所へ向かう成長の一部となればとてもうれしく思います。

慶應ソッカー部は、沢山の期待の1.2年生、そして後輩達へと伝統を繋いで下さる上級生と共に走り続けます。
今後もご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

文責 大塚安希・杉山理紗

3 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ