オフィシャルブログ

日本代表戦で目にしたスポーツの素晴らしさ(永原雄太)

2013.09.18

永原日頃よりソッカー部を応援していただきありがとうございます。 今回ブログを担当させて頂く法学部法律学科3年の永原雄太と申します。

先日OBの方からソッカー部に、日本代表対ガーナ代表のチケットを頂きました。 部員内での激しいチケット争いの末、幸運にも当選し、私自身大変久しぶりの代表戦を、日産スタジアムに観に行くことが出来ました。

スタジアムは平日の夜にもかかわらず、会社帰りのサラリーマンや子供連れの家族、大学生のサークルなど多くの人の熱気で溢れていました。
6万人の観客がワンプレーごとに歓声をあげ、チャンスの度に叫び、ゴールが決まると全員立ち上がり、隣にいる見ず知らずの人とハイタッチしていました。

東京のオリンピック招致団の最後のプレゼンで、パラリンピアンの佐藤選手がスポーツの力、スポーツの素晴らしさについて語っていたのが非常に印象的でしたが、サッカーはまさにその最たるものである、と、スタジアム全体が一体となる姿を目の当たりにし、実感いたしました。

今回のようにOBの方のご厚意で、部員が日本を代表する、そして世界で活躍する選手のプレーを間近で見る貴重な経験をさせていただけるのも、ソッカー部の良さであります。 この場を借りて感謝申し上げます。私自身多くの刺激を受けて、より一層精進して行こうと思いました。
!cid_1_482984541@web4303_mail_ogk_yahoo_co

日産スタジアムには多くのブースが出ていましたが、その中に関東大学サッカーリーグのブースもあり、学連の皆さんやJUFAガールの皆さんが大学サッカーを広めてくださっていました。 ブース内には慶應の端山豪(2年)のパネルがあったので記念撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

これからもっと大学サッカーが広まり、世間から注目される存在になってほしいです。その為にも、さらにレベルの高い、内容の濃いサッカーをしなくてはなりません。
先日、トップチームは関東リーグで負けてしまいましたが、次こそは勝利できるようチーム一丸となって気持ちを新たに頑張りたいと思います。 引き続き応援宜しくお願いします。

!cid_1_482981899@web4310_mail_ogk_yahoo_co

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第13節 vs筑波大学
9月22日(土) 11:30kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

向き合うこと

2013.09.17

こんばんは。
先日の台風の影響で関東リーグ第12節が延期され、本日、下田グラウンドにて関東リーグが行われました。関東リーグ戦を下田グラウンドで行うことは珍しく、私達は初めての経験でした。

普段練習や練習試合を行っているグラウンドでのリーグ戦は、やりやすくもあり、やりにくくもありました。いつもの緊張感を下田で作らなくてはならなくて、メンバー入りした選手は部室に入らず、関東リーグ戦であることを意識し、その特有の空気を作りました。

そうして迎えた絶対に負けられない、ホームでの戦い。相手は今年から1部で戦っていて、現在3位に位置している桐蔭横浜大学です。いつもより近い場所での応援で、全員が声を張り上げて応援しました。
端山のゴールで先制点を挙げるも、その後2点を奪われて逆転されてしまいました。どうにかして勝ち点を奪おうと、後半に臨みましたが、更に2点を奪われ、1-4で勝ち点を献上する形になってしまいました。

万全の準備をしたと思って臨んだ後半戦、スタートから未だに白星を挙げることが出来ていません。
主務の天野(4年)から、全員が何かを変えろ、と言葉がありました。その言葉通り、この結果にはなにか理由があるはずです。全員が自分自身と向き合い、そしてチームと向き合うことで、何か今までと変えていくべきものが見えてくるのではないか、と思います。
形振り構わず、チームのことを考え抜き、勝利の為に何が出来るのかを考え、次への準備をして参ります。

応援してくださっている皆様に、いち早く勝利のお知らせを届けられるように、これからより一層精進して参りますので、変わらぬご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第13節 vs筑波大学
9月22日(日) 11:30kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

文責 飯沼可奈

ぼくのしゅみ。(池永和将)

2013.09.13

池永こんにちは。 今回のブログを担当します、商学部3年闘将の池永和将です。

ここで突然ですが、ソッカー部員は休日に何をして過ごしているのか、私の休日を例に挙げて少し紹介したいと思います。私は月に数回、美術館や展覧会に行くことで、色々な作品に出会い新たな感動や共感を受けながら過ごしています。目の前にある作品を通して、時代も場所も違うもう1人の人間と会話を楽しむ事が出来るのです。

 私の中で一番印象に残っている展覧会は、六本木の国立新美術館で行われていた「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」という展覧会です。ワシントンにある「National Gallery of Art」にある12万点の作品の中から「印象派」と言われる400点は特に人気を誇っています。今回はその中から選りすぐりの全83点が展示されていて、日本初公開のものもたくさんあってとても貴重な展覧会でした。

私は、作品を通し普通は意識しない視点で世界を見渡すことで、感性が磨かれるのではないかと思います。その感性とは知識の幅でもあり、視点の幅でもあると考えています。

最後に、いよいよ慶應の関東リーグ後半戦が開幕しました。初戦は負けてしまいましたが、選手一同全力を出し切って戦いますので、試合会場まで足を運んでいただけると幸いです。応援よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第12節 vs桐蔭横浜大学
9月16日(月・祝) 13:50kickoff @古河市立古河サッカー場

開幕戦2●6 戦いは続く

2013.09.12

こんにちは。昨日は関東リーグ戦後半戦の開幕戦vs順天堂大学でした。
前半10分と25分に端山豪(2年)がゴールを決めたものの、後半に5得点を許し、終わってみれば2●6の大敗。“悔しい“という言葉では片付けられないくらいの気持ちの残る逆転負けを喫してしまいました。

2013年関東11節スタメン

 

 

 

 

 

 
小坂慎太朗・豊川功治、2人の1年生がスターティングメンバーに入り、関東リーグデビューを果たしました。

 

11節ホーム運営

 

 

 

 

 

 

 

昨日の江戸川区陸上競技場での試合運営は本塾が運営担当校となり、学連と共に運営を行いました。

 

2013後半戦開幕大旗

 

 

 

 

 

 

 

部員全員の想いが詰まった大旗。全員が全員の想いを背負い、自分の場所で戦います。

10節が未消化のため暫定ではありますが、順位は11位と降格圏内。
沢山の卒業生の努力によって守り続けられてきた一部の舞台は、何があっても絶対に手放してはいけません。
もちろん、個々に反省や悔しさはあるはずですが、ここで下を向いている時間はありません。4日後にはすぐに暫定順位3位、桐蔭横浜大学との試合が控えています。

自分の出来ること、やらなければならないことをもう一度見つめ直し、目標である「インカレ出場・日本一」を忘れることなく、そして絶対に守らなければならない場所「一部」の舞台であり続けるために、私達は戦い続けます。

昨日応援にお越し下さった皆様には大変申し訳ない気持ちで一杯です。
今後も、個々の目の前の課題と向き合いながら、勝利を目指して精進して参りたいと思います。
今後もご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第12節 vs桐蔭横浜大学
9月16日(月•祝) 13:50kickoff @古河市立古河サッカー場

文責 大塚安希

ブレんなよ(沢田真洋)

2013.09.08

沢田こんにちは。経済学部4年、選手兼トレーナーの沢田真洋です。皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。夏は終わりを告げようとしていますが、いよいよ私にとって最後のリーグ戦後半戦が3日後に開幕します。

世界陸上にバレーボールにオリンピックとスポーツのニュースが世界を熱くさせている近頃ですが、つい先日もイチロー選手が日米通算4000本安打を達成しました。日本人として、また一アスリートとしてイチロー選手は、非常にリスペクトする存在です。

イチロー選手といえば「ルーティン」というほど日々の決まり事を継続して行っているようで、誰もが一度は目にしたことのあるバッターボックスに入るまでのあの仕草は何十年も変えずに続けているそうです。そこで、今回は私のルーティンを少しばかり紹介したいと思います。

「お風呂上がりのストレッチ」
お風呂上がりのストレッチは私が中学2年生の頃から約10年間、一度も欠かさずに行っています。おかげで体の柔軟性がとてつもなく上がりました。お風呂後の20分間は家族であっても誰も私に干渉は出来ません。ストレッチを行う場所は大抵自宅のベッドの上です。

「自販機の飲み物」
これは大学に入学してから約3年間と少し続けている習慣です。毎日電車に乗る前に必ず藤沢駅のJRホームの階段下の自販機で飲み物を買います。飲み物の種類はそれが自販機から消えるまで買い続けます。ここ1年はBOSSの「朝のオレ」を買い続けています。このルーティンは私にとってかなり大切なものであり、電車を一本見過ごしてでも、金欠になろうとも必ず買います。

「勝負パンツ」
高校の時から練習試合であろうと公式戦であろうと試合の日に私が履いている下着は7年間同じものです。いわゆる勝負パンツです。同じものを2つ所有しているので連戦にも対応可能です。
sawada

 

 

 

 

数ある私のルーティンの中から本日は3つを抜粋させて頂きました。一見するとバカらしく、意味のないものであるように思えるかもしれません。しかし、一定の精神力を保ったり、自信を生み出したり、結果的に強さになると信じているからこそ続けている習慣なのです。ルーティンの重要性はスポーツのみでなく、今やビジネスにまで応用されているそうです。

そして、このソッカー部にもぶらさずに昔から貫いていることが多くあります。

サポートをして下さる方々への感謝の気持ち、練習時間より多くを注ぐ学年ごとのミーティング、リーグ戦の前日に行う全部員での決起会、出ている11人のために声を枯らし続ける応援、そして一人一人に強く根付いている“勝利に対する熱い気持ち”。

決して目に見えるものではありませんが、ぶらすことなく語り継がれてきた、受け継がれてきた確かなものがこの組織にはあります。それを113人が強く信じ日々を戦っています。それが私たちの「強さ」です。

私は常日頃からずっと思っていることがあります。それは「ソッカー部は日本一の組織」ということです。ここに日本一最高のチームがあるんだぜ‼‼ということを日本中、いや世界中に知らしめたいと本気で思っています。

『日本一』。この目標を決してぶらすことなく全部員で最後まで戦い抜くことを誓います。私も最後の最後までこのチームに身を捧げ続けることを誓います。

いよいよ始まるリーグ戦後半戦。皆様の熱い声援の程どうぞ宜しくお願い致します。
syugo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第11節 vs順天堂大学
9月11日(水) 11:30kickoff @江戸川区陸上競技場

2 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ