BRBお知らせ

■東京都1部リーグ 第九戦 VS.V.F.C東京 (5-1勝利)

2013.07.29

2013/7/28(日) 18:45 KICK OFF

慶應BRB

V.F.C東京

5
(勝点19→22)
2 前半 0 1
(勝点15→15)
3 後半 1
得点者  20分 三浦良介 (森田達見)
38分 久保雅史 (森田達見)
49分 V.F.C東京
59分 三浦良介 (加美義人)
83分 原田亮 (藤村龍生)
90+1分 大山元輝 (加美義人)
 警告・退場  [警告] 慶應 大山元輝
[警告] 慶應 三浦良介
[警告] 慶應 冨田賢
[警告] V.F.C東京
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
関根 宏一郎 1 GK GK 21 藤安 雄治
今村 匠実 20 DF DF 32 佐潟 隆平
三上 佳貴 3 DF DF 17 小坂井 深
冨田 賢 6 DF DF 26  藤村 龍生
大山 元輝 5 DF MF 30 原田 亮
市川 慎士 8 MF MF 40 大塚 直樹
加美 義人 36 MF FW 14 毛利 惣治
久保 雅史 11 MF
太田 大輔 13 MF
森田 達見 10 FW
三浦 良介 12 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
30 市川 慎士 原田 亮
70 今村 匠実 佐潟 隆平
81 太田 大輔 藤村龍生

戦評

大変な事態である。何しろ先週、慶應BRBはセルベッサFC東京に敗れたのだ。今季23年ぶり一部昇格のBRBに、確たる勝利の方程式はない。「こないだ勝ったんだから今日も勝てんだろ! えぇ? 勝てんだろ!」「カテンダロ!」「今日も!」「キョウモ!」「コナイダモ!」「イツマデモ!!!」耳から蒸気がピーの勢いで叫び、頭のネジを外したまま90分走って我に返る。ああ今日も負けなかった。前々節まで6勝1分の理由全部がこれである。そこにくらった今季初黒星。さぁ困った。「こっからは6連敗で、6勝1分6敗でシーズン終了・・・」寝付きが悪いタイプ。「いや、星の並びは○○○○○△○●だから、この後は△●●●●●。最終成績6勝2分6敗。合計14試合でリーグ全13試合より多くなっちゃう点は、この際無視しましょう」半端な偏差値が邪魔するタイプ。「マルマル、サンカク、マル、クロマル、マルマル、モリモリ、みんな食べ・・・ いや、何でもないっす。断じて何でもないっす」明らかに仕事が出来ないタイプ。これまで勝利、あるいは無敗の二文字で束ねられた集団が、それぞれ余計なことを考えはじめた時の脆さたるや。突き詰めて積み重ねてきた分、ほつれた後の再構築の難しさたるや。

試合開始。相手のVFC東京は、これぞVFCというサッカーを展開。圧巻の制空権を持つFW根本知治を全面に押し出したした長短のクロス、こぼれ球にはFW浜崎真人らの手練が襲いかかる。これがやたらめったらのボカ蹴りサッカーならいざ知らず、蹴る方からして経歴に頷くしかない納得の球筋。ちょ! ちょっと! 止めてくんない! そこに蹴るのだけは! 止めてくれるはずもない。もう! 相手の嫌がることばっかして! もう何なの! 聞き入れてくれるはずもない。かくてBRB陣内には正確で無慈悲なクロスボールが雨あられ。前半15分まででVFCシュート数7本、BRBは当たりそこねのホゲホゲ1本。GK関根宏一郎の好守なくば2~3失点が妥当なところ。守備陣はクリアに汲々とし、中盤は頭上越えられて右往左往し、前線はボールを追っかけ回すだけ。組織としての慶應BRBは消え、目の前のボールに反応するだけの11人と化した。

背番号12・三浦良介。組織とか個人とか何すかそれ、自分はそもそも目の前のボール追っかけて汗かくだけっす、が身上のFWである。実際その発汗量は地域リーグのレベルを軽く凌駕する。さらにこの日は高い湿気も手伝って粘度も十分。あっという間に妖怪・ヌラヌラ男爵へとメタモルフォーゼを遂げ、その時が来るのを待った。19分。BRBクリアボールの処理に相手ディフェンスがもたつく。ここが千渡と背後からヒタヒタと現れたヌラ男爵、ヌルりとボールを奪取すれば、体をぶつけに来たDF陣の間をヌラヌラすり抜け、気付けばGKと一対一。ハイドロプレーニングで勢いを増したシュート刺さって1-0。歓喜の抱擁はドジョウつかみ大会のごとく。
さらに劣勢チームの先制で生じた一時的混乱に乗っかって内容までやや盛り返し、38分にはゴール前に侵入したMF久保雅史のシュートが相手に当たってゴールイン。狐につままれたような2-0で前半終了。

後半。VFC のMF河合崇泰による、GKお口アングリFKで幕開け。2-1。一点差となって、勝負の時間帯。前半同様、構図としてはVFCがこれでもかとねじ込み、BRBは耐えてカウンター。押し切るのか、凌ぎ切るのか。再び登場は三浦良介。14分、今度はMF加美義人のスルーパスで抜け出すと、角度のないところから逆サイドへ流し込む。アナタあの子が! 闇雲に走るだけだったあの子が! ちゃんと膨らんでからパスを呼び込んで! 「ゴールの可能性は感じさせるが、得点の匂いは全くしない」とかクソミソに言われてたのに、GKの動きをちゃんと見て! 感涙のベンチ。なるか脱皮。キワ物扱いヌラヌラ男爵ではなく、負け試合をひっくり返すFWに化けた瞬間が今なのか。

試合はこの後、VFCに怪我人が出たこともあり攻撃がややペースダウン。2点差をバックにやっと一息、BRBがこの試合はじめて意思を持ってボールを回す。38分には途中投入のMF原田亮、期待に応えてCKヘッド一発、さらにロスタイムにはお待たせしましたDF大山元輝・今季初ゴールで5点目。後半途中までは押されっぱなしの展開で、終わってみれば4点差勝利。あの内容で負ける日もあれば、この内容で勝つ日もある。明日だってどうなるか分からない。それでも内容をとことん追求し、勝敗には妖怪を使ってまで固執する。そのようなサッカーと人生を大いに良しとして、明日も慶應BRBは行く。

写真

スタメン。特にどうということもない一枚なだけに、どうしてもGK関根ヘアースタイルの行く末が気になる。

スタメン。特にどうということもない一枚なだけに、GK関根のヘアースタイル行く末が気になる。

劣勢が続いたが、DF陣は良く体を張った。写真は冨田賢。是非東京都国体選抜に残って欲しい。

劣勢が続いたが、DF陣は良く体を張った。写真は冨田賢。是非東京都国体選抜に残って欲しい。

MF原田亮(中央・30)のヘディング決まって4点目。3点差に突き放す一発に表情緩む。MF藤村達生(左端・26)、DF佐潟隆平(右端・32)と途中投入の三人はいずれも期待に応えた。

MF原田亮(中央・30)のヘディング決まって4点目。3点差に突き放す一発に表情緩む。MF藤村達生(左端・26)、DF佐潟隆平(右端・32)と途中投入の三人はいずれも期待に応えた。

 

 

 

■東京都1部リーグ 第八戦 VS.CERVEZA FC東京 (0-2敗戦)

2013.07.25

2013/7/21(日) 18:10 KICK OFF 大井第二球技場

慶應BRB

CERVEZA FC東京

0
(勝点19→19)
0 前半 0 2
(勝点13→16)
0 後半 2
得点者  74分 CERVEZA FC東京
85分 CERVEZA FC東京
 警告・退場  [警告] 慶應 古賀久善
[警告] CERVEZA FC東京
[警告] 慶應 古賀久善
[退場] 慶應 古賀久善
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
関根 宏一郎 1 GK GK 21 藤安 雄治
今村 匠実 20 DF DF 2 水澤 仁雅
冨田 賢 6 DF DF 32 佐潟 隆平
三上 佳貴 3 DF DF 7  金房 拓海
大山 元輝 5 DF MF 8 市川 慎士
加美 義人 36 MF MF 13 太田 大輔
古賀 久善 37 MF FW 17 小坂井 深
久保 雅史 11 MF
藤村 龍生 26 MF
森田 達見 10 FW
三浦 良介 12 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
81 藤村 龍生 小坂井 深
81 三浦 良介 太田 大輔

戦評

CERVEZA FC東京。その名には東京の社会人サッカーこの10~15年が重なる。チーム設立は1984年。広告を中心に業界のお付き合い関係でチーム結成。サッカーも楽しいけど、その後のお酒も楽しいよね、という集団が選んだ名前はCERVEZA MAS O MENOS。直訳すれば「ビール(CERVEZA)、適当に(MAS O MENOS)」。ピッチの上で見せるサッカーもまた、さぞかしこの後飲むビールはうまかろう、という要所で締めるスタイル。一方で当時の慶應BRBも、月に何回か大学仲間で集まって、いい汗かいてお互いの腹の弛み具合を笑い合う集団。自然と両チームは同じリーグに属し、勝ったり負けたり、飲んだり飲まなかったり、おいFCホッピー!お前ら飲み過ぎてんじゃねえぞ! 何ですか? あー、どなたでしたっけ、例のほら、社会人にもなって大学名に守ってもらってる甘えん坊集団の、と軽口を叩いたりと、それはそれは牧歌的な時代を謳歌していた。

2000年代。様相は変わる。社会人サッカーの半端無いレベル向上。景気が悪いと人はサッカーしかやることがないのか。技術もさることながらその運動量たるや。「前からガンガンプレッシャー掛けていこう!」なんて、昔だったら口にした奴に「マエからガンちゃん」とでもあだ名が付けられそうな話が大まじめに語られる時代。ここで両者は袂を分かった。甘えん坊集団は、Jリーグ100年構想ってこんなストイックなの? もっとなんかこう、芝生に寝転んでボールがコロコロコロみたいなもんじゃなかったの? などと現実から目をそらしたまま最下部リーグへ。ホッピーの方は、ようしやってやる、若くて動けるだけのチームにゃ負けられねえ、東京の激務サラリーマンとしてどこまでやれるかやってやる。そして、俺達適当じゃねえ、MAS O MENOSじゃねぇ、でもビールは大事。CERVEZAはとても大事、という話があったのかは不明だがCERVEZA FC 東京と改名し、この名前をこよなく愛する集団が、人数不足、グランド不足、資金不足、多忙、結婚、出産、育児、転勤、異動、嘲笑、「お前いつまでそんなことやってんの」深夜自分への問い、社会人チームに降りかかるあらゆる苦難を、意地と丸いボールへの思いでくぐり抜け、今や堂々東京の一部リーグ常連。そのCERVEZAに、自らの名前を取り戻すべく2010年に再立ち上げし、今度は「前からガンガン」のムシロ旗を立ててエッサホイサの百姓一揆スタイルで駆け上がった慶應BRBが挑む。CERVEZAの慶應ソッカー部出身者5名、BRBのCERVEZA会社同僚3名。両者の公式戦は、確認出来る限りでは1997年以来。15年ぶりの再会は、東京都一部リーグの首位争い。それぞれの歴史とスタイルを背負い、一回りたくましくなった選手達が、ピッチ入場を今や遅しと待っている。前置きがようやく終わろうとしているのだ。

慶應BRBは、いつもと変わらず前からガンガンのハイプレッシャーが生命線。FW三浦良介がどこの部族の何の儀式かと跳ね回り、両サイドMF久保雅史と藤村達生はものすごーく視野の狭い人のように相手の足元だけを見つめて寄せ切る、こぼれたボールにはMF加美義人、古賀久喜が嬉しそうに体を投げ出し、奪ったボールは10番森田達見へ。しかしここまでリーグ最少失点のCERVEZAも、中央のDF梅澤誠司、志田野雄一郎、MF菅井順平ら、大学サッカーで鳴らした強面がどんと構え、容易にはゴール前侵入を許してくれない。最大のチャンス、藤村のパスで抜け出したDF大山元輝のシュートも慶應出身GK・山本晃司に防がれてハーフタイム。攻めきれなかった慶應BRBと、受けきったCERVEZAの45分間。

後半はCERVEZAが盛り返して互角の展開。東京都一部リーグ首位争いとして、世界の誰に対しても恥じ入ることのないぶつかり合い。その中で慶應BRBの誤算はCERVEZAの運動量が落ちなかったこと。むしろ交代もうまく使って20分過ぎからは活性化の兆しすら。対する慶應BRBは、この日FW登録5名中3名が負傷で、サブメンバーにFWがゼロ。「今こそこいつだと頭に浮かんだ長身FWは別の場所にいた。本部なのかスタンドなのかは教えてあげない」とは試合後の福田雅監督の弁。結局流れを変えることは出来ず、逆に耐える展開。それでも中央DF三上佳貴、冨田賢の二枚が崩れることはなく、GK関根宏一郎も的確なセーブを見せて、流れからの失点リスクはほぼ封じきった印象。ま、0-0でもいいか。一応こっちが首位だし。それこそがCERVEZAが仕掛けた罠。残り時間がちらついてきたら発火するよう講じられていた罠。後半32分。CK。集中力で上回る相手の動きを捕まえきれず、MF上村俊介に決められる。0-1。すかさずBRBもMF太田大輔、小坂井深の同時投入で化学反応を促すが、逆にバタついたのは我が軍。41分に我慢しきれずPK献上。難なく決められ、退場のおまけまで付いて勝負あり。その後右サイドで奮闘したDF今村匠実の際どいシュートなどもあったが、結局無得点。2010年から続いたリーグ戦ピッチ上での無敗記録はここでCERVEZAにより途絶え、首位争いでも並ばれた。

感情を隠さないCERVEZA。彼らは知っている。今こそが歓喜の時だと。準備を重ねてきた一戦を、描いた通りのプランで仕留める。以前の小手先での勝利では湧いてこなかった、腹の底からの咆哮。もちろん慶應BRBも知っている。今は悔しがる時だと。準備もした、犠牲も払った、試合出る奴出ない奴みな持ち場で奮闘した、残り15分でCKとPKとでやられた。同じく以前のヘラヘラした敗戦では得られなかった、体が強張るような悔しさ。CERVEZAに歓喜の輪。じっと見つめるBRB選手有り。喜べライバル。もっともっと喜べ。その分俺達は強くなる。この棒のような悔しさを呑み込んで強くなる。

【慶應BRB】大塚尚毅選手再加入のお知らせ

2013.07.24

この度、FC Wacker Innsbruck II(オーストリア3部リーグ)から大塚尚毅選手の完全移籍加入が決定致しました。

■大塚 尚毅(おおつか なおき) MF
1989年4月7日生まれ、185cm 78kg
~2008年3月 滝川第二高等学校
~2012年3月 慶應義塾体育会ソッカー部
~2012年6月 慶應BRB
~2013年6月 FC Wacker Innsbruck II

■強化部より
自己評価としては、ドイツからガンバに戻った宇佐美に次ぐ、この夏の欧州ビッグ・ウェルカムバック・トレードと考えている。
唯一の想定外は、オーストリアからの方が千葉県からより移籍がスムーズだったこと。何しろ本人が選手証用の写真撮って来るより手続きが早かった。世界は確実に狭くなっているし、大塚は確実に変わっていない。
昨年在籍していただけにチームへのフィットに不安はない。セルベッサ戦の負けを断ち切る意味でも良いタイミング。あとはこのドイツ語で移籍証明書、と書いてるのであろうFAXに「移籍はいいけど百万ユーロです」とか書いてないことを祈るだけだ。

※なお、背番号は40となりました。余ってるXLがそれだけなので。併せてお知らせ致します。

2013.7.23 慶應BRB