オフィシャルブログ

舞台裏(金昇基)

2013.06.27

%E5%86%99%E7%9C%9Fうーつーむくなよ、ふりむくなよー。こんにちは。
今回ブログを担当させていただくのは総合政策学部4年(東京朝鮮高校出身)金昇基です。いまだにSTARBUCKSに一人で入れないキムスンギです。須田監督には社会人スタッフと呼ばれる程いかついオーラを出しているキムスンギです。

私はチームでリーグ戦時には応援隊長を任されています。ここで“試合に出られない選手たちの応援”という熱い舞台裏を紹介したいです。
試合に出られるのは11人、サブの選手や仕事の選手を除いてチームの半数以上の選手が公式戦では応援をしています。それぞれ色々な感情を胸に応援していることでしょう。勝った時には全員で跳ね上がり、負けた時には皆が肩を落とします。スタンドで嬉し涙、悔し涙を流す選手の光景も珍しくありません。
応援のレパートリーは50曲近く(チョイ盛り)、その声量は関東ではトップクラスです。何故かハモっている音痴な選手もいますが、誰もが声を枯らしています。その熱さは浦和レッズのサポーターか慶應の応援か鎮座ドープネスのリリックかだと思います。
慶應の応援はチームの勝利につながる非常に大事な存在だと思っています。後期には応援のレパートリーをもっと増やして素晴らしい応援にするので観戦していただける方は応援にも注目して下さい。
(現在の応援歌の一部をHPでも紹介しています。是非チェックしてみて下さい!→チャント集

今週の6月29日(土)に慶早戦があります。
応援隊長としてこの試合には絶対に負けたくないですし、部員一人ひとりが絶対に勝ちたい戦いです。当日には是非国立競技場に足を運んでいただき、全力でピッチ戦う選手、悔しさを胸にチームのため、慶早戦成功のために仕事に励む選手を目に焼け付けて下さい。
総理大臣杯、リーグ戦後期、インカレでは共にスタンドで応援しましょう。

私は4年間国立競技場のピッチに立つことは出来ません。悔しい想いもありますが、今更そんなことは周りの仲間にも口にすることは出来ませんし、チームの為に全力を尽くす限りです。私自身この4年間苦しい時期もあり、グランドに来るのも嫌な時期が正直ありました。しかし、苦しい時悩んでいる時に話を聞いてくれて喝を入れてくれたのはソッカー部の仲間であり、同期の仲間でした。自分のことのように涙を流してくれながら話してくれた奴もいます。本当に感謝の一言です。この思いを胸に慶早戦は必ず勝ちたいし、負ける訳がないと思っています。

慶應が絶対勝ちます。
跳べ、荒鷲!

≪第64回早慶サッカー定期戦≫
6月29日(土) 19:00 @国立競技場
http://wk-soccer.com/

感謝を胸に(加瀬澤力)

2013.06.25

kasezawa 一年ということで、少しでも多くの方に私のことをを覚えていただくために自己紹介をさせてください。
名前は、加瀬澤力(かせざわちから)といいます。

静岡生まれ静岡育ち、お茶とサッカーをこよなく愛するおしゃべり小僧とは、私のことです。家族構成は、父、母、兄、私、愛犬の天山(テンザン)です。私以外の三人プラス一匹は、本当に熱い人達です。お互いが刺激し合いながらそれぞれの目標に向かって日々努力しています。

私の自己紹介はここまでにして、早慶戦を今週末に控えた今、私の素直な気持ちを書きたいと思います。
まず、早慶戦というものがソッカー部にとってこんなにも大きな意味のある試合なのかと初めて知りました。その理由は、朝から晩までずーっと下田の合宿所にこもってマネージャーの方々が準備をしている姿を見たからです。毎日毎日大変だと思いますが、辛い表情ひとつせず、とにかく早慶戦の勝利のために動いている姿はキラキラ輝いて見えます。

プレイヤーの先輩達(特に四年生)は、国立競技場最後の早慶戦に全てを捧げて凌ぎを削りあっています。
ソッカー部に携わるすべての方々が早慶戦に向けて全力で動いています。

そんな中で一年の私がソッカー部の一員として何が出来るのか。それは、感謝の気持ちを持ち、真摯にひたむきにサッカーに取り組むことだと思います。
色々な方々がソッカー部を支えてくれています。その方々の願いは、プレイヤーが全力でサッカーをして、結果を残し、共に喜び合うことだと思います。その絶好のチャンスが今週末に待っています。私自身、どのような立場で早慶戦を迎えるのかまだ分かりません。しかし、どんな立場であってもソッカー部の勝利の為に全力で行動したいと思います。

応援して下さっている方々の心を感動させられるように。そして自分達の心も感動させられるように。

6月29日(土)19時キックオフ@国立競技場
チーム一丸となって戦います。応援よろしくお願いします。

同期へ(天野弦)

2013.06.23

amano

こんにちは。理工学部4年、主務の天野弦です。
ラストの早慶戦まで一週間を切り、様々な感情が込み上げてくる今日この頃です。今日はその思いの一部である、同期への想いを綴りたいと思います。

現在、ソッカー部では早慶戦のメンバー争いが過熱しております。誰もが国立の舞台に立ちたいとしのぎを削りあう姿は主務という立場からしたらとても頼もしい限りです。しかし、その中に同期の姿を多く目にすることが出来ないのは個人的に寂しい気持ちがあります。初めてこの下田に踏み入れてから3年。
その中で常に濃く関わってきた同期の仲間。その同期の檜舞台のために自分の全てを捧げることができると思った、2年の冬。
それから1年半。結果で恩返しをすると言った同期のほとんどが納得する結果を残せずしてラストの早慶戦を迎える。早慶戦のテストマッチを終えた今日、同期に伝えたいことがあります。これが約束の終わりじゃないということ。また早慶戦では慶應が勝てるように今から一緒に働いてほしいということ。
メンバーから外れた悔しさは勝つことでより一層、自分たちの力になると思うから。
それを後期、インカレに繋げてほしい。同期の檜舞台のためにまだ俺は準備しようと思う。

≪第64回早慶サッカー定期戦≫
6月29日(土) 19:00 @国立競技場
http://wk-soccer.com/

今年の想い(増田湧介)

2013.06.20

増田こんにちは!
今回ブログを担当します、環境情報学部3年、副将の増田湧介です。

早慶戦1週間前ということで、早慶戦に向けたいまの私の気持ちを書いていきたいと思います。

まず、私が1年生の時の気持ちはただ単に、国立競技場でできるなんて!すごい!という何とも単純な気持ちでした。清水東高校で3年間目指し続けてきたピッチに立つことができるということで素直に嬉しい気持ちでした。

そして、2年時は、1年時に点をとり勝利することができたため、今年も自分が活躍して早稲田を倒したあの雰囲気を味わいたい、そんな気持ちでした。つまり、2年間とも自身に対する気持ちだけでプレーしていました。未熟だったなと今振り返り、感じています。

3年目の今年、私の想いは違います。

この一戦を開催するためにどれだけの労力がかかり、どれだけの人が関わっているか、どれだけの人の想いが詰まっているのか、この一戦の本当の重みというものを理解しました。同期の長井が何百時間もかけパンフレットを作成してくれたり、マネージャー達が夜遅くまでマネ部屋にこもり準備をしてくれたり、多くの人たちが自身の時間を削り、この一戦のためだけに取り組んでくれていました。そういった光景を目の当たりにしたとき、もう負けるなんてことは許されない、絶対勝利して、ありがとうと言いたい。そう、思ったのです。今週も毎日のように早慶戦に向けた準備が多くの部員によって進められています。私はそういった人たちの姿を目に焼き付けるようにしています。それが、私にとってピッチの上で何よりも大きな力になるからです。そういった人たちの想いを自身の想いに還元し、何としてでも早稲田を倒したいと思います。

また、グランドでも早慶戦に向けて各々の想いがぶつかりあっています。早慶戦前の練習というのは、普段の練習とはまたひとつ違う雰囲気で、みんながおれがでてやる!という気持ちで、非常にピリピリしています。この競争に何としても勝ち、当日国立のピッチの上で感謝の気持ちを表したいと思います。

最後に、早慶戦は現役部員だけでは成り立ちません。今回の早慶戦開催にあたって、支援してくださったOBの方々にこの場を借りて感謝したいと思います。当日、国立のピッチでプレーでも表現したいと思うので、是非足を運んで下さい。よろしくお願いします。

早稲田のみなさん、
今年もお互いの想いを存分にぶつけ合い最高の試合にしましょう!

たくさんの人の想いが詰まった早慶戦、国立競技場での開催は今年が最後です。当日、是非足を運んでいただき、熱い応援よろしくお願いします。

内藤氏 (127) - コピー≪第64回早慶サッカー定期戦≫
6月29日(土) 19:00 @国立競技場
http://wk-soccer.com/

“慶應”という繋がり(端山豪)

2013.06.18

端山はじめまして。
今回のブログを担当します、総合政策学部2年の端山豪です。
慶應ソッカー部には面白い事を書く人が多いので、今回はあえて真面目に「慶應」という組織について私が思うところを書かせて頂こうと思います。

「日頃より、厚いご支援ご声援をありがとうございます。」

高校生だった頃の私は精神的に恥ずかしいほど未熟でした。しかし慶應に入り、周りが口々に言うこの言葉の本当の意味を学びました。慶應には、それを肌で感じることができる素晴らしい環境があったからです。そして塾生、特にソッカー部員一同にとっては一層深みのある言葉です。

もちろん、環境への感謝というのは誰もが共通して感じるものですが、一層深みのある、と表現をしたのは私たちの周りには、私たちの活動を見守り、応援し、サポートしてくれている、慶應という組織で繋がった本当に多くの人がいるからです。
上は、私たちの祖父母世代のOBの方々、下は幼稚舎KSSの子供たちまで、本当に幅広く、またその間にも、現在監督という仕事を受け持ってくださっている須田監督をはじめ多くのOBがいます。
また、横には応援してくれるソッカー部以外の同期、友達の友達、さらには父兄の方々など、本当に多くの繋がりがあります。

脈々と受け継がれたこのような繋がりの上に、我々慶應ソッカー部は成り立っています。

慶應に入って一年と少しが経ち、そのような環境や伝統、出会い、全てに感謝しなければならないと感じています。
わがままで生意気だった一年生の時に、四年生や社会人スタッフの背中を見て、”慶應ソッカー部とは何か”、”慶應とは何か”、そして”感謝とは何か”を学びました。
今の私のプレーには責任感や感謝というものが還元されています。
私がこの一年で学んだのはそういう部分がほとんどでした。

今後は、この素晴らしい繋がりを持つ慶應という環境への感謝を忘れず、1つでも多くの結果を残し、1人でも多くの”慶應で繋がる人”に勝利と喜びを届けるべく、精進して参りたいと思います。

今月末29日には早慶サッカー定期戦があります。両校の主務、副務及びマネージャー、並びに部員一同、そして慶應を支えてくださる多くの方の力添えによって創り上げられる大舞台です。

私は日頃の感謝を胸にプレーし、皆さんには、勝利という最高の恩返しをする予定です。そして、試合後は国立競技場で一緒に若き血を歌いましょう。
会場にて、熱い声援を心よりお待ちしております!

≪第64回早慶サッカー定期戦≫
6月29日(土) 19:00 @国立競技場
http://wk-soccer.com/

1 / 3123