オフィシャルブログ

四戦目を終えて。

2013.04.28

こんばんは。
本日は関東リーグ戦第4節の流通経済大学戦が行われました。
「日本一」を目標に掲げている私たちにとって、開幕から三連敗というこの現状はとても厳しいものです。なんとか白星を掴み取るべく、全員で流通経済大学に挑みました。
しかし、結果は1-3。
勝利という結果を手に入れることは出来ませんでした。
全員が100パーセントで物事に対峙すれば、必ず勝利を挙げることが出来るはず。ならば私たちに甘さがあったのだと思います。

応援して下さっている沢山の方々に未だに嬉しいニュースと届けることが出来ずに、大変申し訳ない気持ちで一杯です。
次節は明治大学戦になります。私たち部員全員が出来ることを全てやりきり、妥協することなく、「日本一」に向けた最初の勝利をもぎ取りたいと思います。
これぞ慶應ソッカー部だ、という姿をお見せするべく全員で全力で闘う所存ですので、応援の程宜しくお願い申し上げます。

IMG_2403 - コピーIMG_2404 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第5節 vs明治大学
5月3日(金・祝) 13:50kickoff @江戸川区陸上競技場

文責 飯沼可奈

僕の母校、久我山(山内浩道)

2013.04.26

山内今回ブログ担当します3年の山内浩道です。
ネタが無いので母校である國學院久我山高校のことについて書きたいと思います。
慶應義塾体育会ソッカー部には久我山高出身者がたくさんいます。4年で主将の松下純土、3年には並木凌介、そして僕。今年入学した1年には小比賀奨、井上大、山本哲平の6人です。
久我山高は携帯禁止、買い食い禁止など異常に校則が厳しかったですが、サッカー部はとても寛容で、上下関係などもほぼありませんでした。
練習時間も1時間半ほどでグラウンドも野球部と共用なのでミニゲームくらいしかしませんでしたし、ランメニューなどしたことないです。合宿の自由時間にプリクラを撮りに行くなど破天荒なこともしました。
サッカーのスタイルも高校サッカーの中では異色とされているパスサッカーを謳っていました。
僕らの代は東京都の決勝で負けてしまい全国には出れませんでしたが、ここ最近は強いみたいでサッカーマガジンでリトルバルサと取り上げられているみたいです。なんか複雑な気持ちです。ということでぜひ冬は高校サッカーをご覧下さい。
また、ソッカー部も今週末からゴールデンウィークにかけて連戦となります。今現在3連敗という形ではありますがここから連勝していきたいと思います。ぜひ会場まで足を運んで下さい。

IMG_8251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第4節 vs流通経済大学
4月28日(日) 13:50kickoff @厚木市荻野運動公園競技場

ルーキー軍団紹介(井上大)

2013.04.24

inoueこんにちは。今回のブログを担当する、総合政策学部1年井上大です。
4月から歴史と伝統ある塾ソッカー部に入部させていただきましたが、日々の練習や関東リーグでの活動を通して、その責任の重さをひしひしと感じています。

今回は、正式に入部が決定し、現在トップチーム(A・Acd)に所属している1年生11名を紹介したいと思います。

 

 

1366728918886まずは私から、東京都の國學院大學久我山高校からきました井上大(いのうえまさる)です。
私の出身校について少し説明すると、久我山高校サッカー部はスペイン・バルセロナに勝るとも劣らない、パスで敵を切り崩す「ポゼッションサッカー」を展開します。また「文武両道」を体現し、進学校としても有名です。「パスサッカー」「文武両道」の両方を標榜している塾ソッカー部にとても魅力を感じ、進学を決意しました。
趣味は食べることとカラオケです。

 

 

 

 

1366710747427続いて、静岡県トリオを紹介します。
宮永一希(藤枝東高校 MF:左)は、独特のドリブルリズムでチームに変化をもたらします。おしゃべりするときのリズムも独特で、聞く人を宮永ワールドに引き込みます。

望月大知(静岡学園高校 DF: 真ん中)は、温厚な見た目からは想像できない激しいディフェンスでゴールを守る慶應のエースキラーです。ディズニーをこよなく愛していて、得意な物まねはプーさんです。

清水東の誇るストライカー加瀬澤力(右)は、情熱と技術を兼ね備えたひよこちゃんです。ゴール前左斜め45度からのシュートはあのデルピエロを彷彿とさせます。写真を撮るとき、必ず目を逸らすという謎の癖を見せます。

 

 

IMG_2222

小坂慎太朗(浦和レッズユース MF:左)は正確なキックが武器のレフティです。家庭的な一面も持っており、料理上手で掃除が大好きです。ミスSFC候補生に恋心を抱いていることは秘密にしてあげてください。

開幕からスタメン出場を続ける「慶應のバッファロー」こと宮地元貴(東京ヴェルディユース DF:右)は、筋肉モリモリ元気マンです。対人では負けたことがないそうです。大きな瞳が特徴的で「ビッグベイビー」とも呼ばれています。とりあえずあだ名が多すぎる人です。

 

 

 

1366789115591

溝渕雄志(流通経済大学付属柏高校 DF:左)は、持ち前のアジリティを活かしたタイトなディフェンスと果敢なオーバーラップで慶應の右サイドを制圧します。発言や行動、彼の全てがワイルドです。

大阪桐蔭からやってきた森下翔馬(MF:右)は、左サイドからゴリゴリと相手を切り崩す大型ウイングです。本場大阪で揉まれてきたトーク力は切れ味抜群で、彼の「すべらない話」の右に出る者はいません。

 

 

 

 

 

 

image「慶應の武士」こと豊川功治(ジェフ千葉ユース MF:)は、ディフェンスと中盤ならどこでもこなすことのできるユーティリティなレフティです。性格はとてもまじめです。また、その甘いマスクで多くの女性ファンを魅了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

1366710740795トリを務めるのは、法学部コンビの山本哲平(國學院久我山高校 FW:左)と浅井良介(中京大中京高校 DF:右)です。
哲平は、僕の高校時代からのチームメイトです。胸板を活かしたポストプレーと、破壊力満点のシュートが売りです。トーク力にも自信を持っていて、友達の数が異常に多いです。

高校時代「中京の壁」と東海地方で恐れられていた浅井は、怪我のため現在復帰目指してリハビリ中。どんなプレーをするのかはまだ分かりませんが、とにかく人間性が良いです。話しているだけで落ち着きます。

 

 

 

 

 

 

以上11名の1年生が現在トップチームとして活動しています。
まだまだ未熟ですが、「慶應」の名を背負って闘うことに自覚と責任を持ち、下の学年からチーム全体を盛り上げていけるように頑張ります。
今週の日曜日は関東大学リーグvs流通経済大学です。私たち1年生はもちろん、部員全員が一丸となって勝利を目指し全力で闘いますので、是非応援よろしくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第4節 vs流通経済大学
4月28日(日) 13:50kickoff @厚木市荻野運動公園競技場

先輩方からのエールを胸に。

2013.04.21

こんばんは。
選手がブログを更新するようになったため、久しぶりのブログ更新となりました。
20130420keio-senshu-34
開幕から約2週間。
開幕戦vs中央大学0●1、第2節vs早稲田大学1●2、
そして今節こそは勝利をと臨んだ土曜日。専修大学との戦いも1●2と勝ち点3への希望と共に前半を折り返したものの、終わってみれば1●6の惨敗。
3試合が終わり、12チーム中唯一の勝ち点0、最下位となってしまいました。

ソッカー部は1927年創部の歴史あるチームで、歴史が長い分、沢山のOBの方々がいらっしゃいます。80〜90歳近くの方が毎試合、遠い会場まで足を運んで下さったりもします。

毎節、試合が終わると沢山のお言葉をいただきます。
試合会場で声をかけていただいたり、ソッカー部のメールアドレスにメールを送って下さったりもします。
励ましの言葉やお祝いの言葉、時には厳しいお叱りの言葉をいただくこともあります。

以前もこのブログで紹介させていただいた、田中奏一選手(平成24年卒・ファジアーノ岡山)もOBの中の1人です。
田中選手の所属するファジアーノ岡山は、本日もザスパ草津に勝利し、開幕から無敗で現在J2第3位と好スタートをきっています。
田中選手自身も、昨シーズンはあまり出場機会がなかったものの最近では6戦連続スタメン出場、7日のコンサドーレ札幌との試合では初得点を決められました。

image
この写真は、田中選手が冬に(なぜか夜遅く、誰もいない時間に)下田グラウンドにいらした時に、合宿所のドアに書き残して下さったメモです。3ヶ月以上が経った今でも、そのまま貼ってあります。

田中選手を始め、沢山のOBの方々に見守っていただいていることに感謝し、そして偉大な尊敬すべき先輩方が作り上げて下さったソッカー部の一員であるという誇りを胸に、次節こそはOBの皆様に良い報告が出来るよう、今日からまた1週間、部員全員で出来る限りの準備をして参りたいと思います。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第4節 vs流通経済大学
4月28日(日) 13:50kickoff @厚木市荻野運動公園競技場

今後もソッカー部の応援をよろしくお願い致します。

文責 大塚安希

審判(岩田鉄平)

2013.04.18

岩田鉄こんにちは。今回部員ブログリレーを担当させていただきます、3年の岩田鉄平です。
今日は、自分が日頃ソッカー部の中で取り組んでいる「選手」ではなく、「審判」のことを話したいと思います。

自分もチームに貢献したいという気持ちから、審判に力をいれることにしました。自分が審判の資格を取ったのは、2年の春頃で、その時は4級でしたが今は3級を有しています。3級審判までくると、関東リーグの副審や4審を任されます。審判の1つのジャッジが、 試合の結果に大きく影響すると思うと、関東リーグなどでは、特に緊張します。今週末も関東リーグの試合の審判がありますが、変に緊張したりせず出来れば、と思ってます。

また、審判の活動を始めて以降、youtubeの審判の動画にはまっています。その中でも特に誤審についての動画を見ます。ただ、決して審判を非難しようとしているわけではありません。ほんの参考程度に見ているだけです。実際に為になったというものは、まだありません。最近では他のスポーツの誤審も見たりしてます。

今年の4月からは、審判の強化講習でもあるエリートコースに参加させていただく予定です。審判としての大先輩でもある1つ上の代の関根司さんも通った場所であり、審判のレベル向上はもちろん、選手としてもよりサッカーを知る機会になると思っています。来年、その関根さんが引退したらソッカー部には審判専門がいなくなってしまいます。その際、慶應の審判は落ちたなと言われない為にも、今年からは選手・審判の両方、日々精進していきたいと思います。

今週末は、強敵である専修戦です。是非応援の程、宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第3節 vs専修大学
4月20日(土) 13:50kickoff @江戸川区陸上競技場

1 / 3123