BRBお知らせ

■リーグカップ(東京都2部) 決勝 vs 南八王子サッカークラブ (3-0 優勝)

2012.12.03

2012/12/2(日) 9:30 KICK OFF 東京ガス深川グラウンド

慶應BRB                                               南八王子

3 2 前半 0 0
1 後半 0
得点者 [前18分]慶應BRB 金房拓海(毛利)
[前36分]慶應BRB 大山元輝(小坂井)
[後40分]慶應BRB 太田大輔(高木)
 警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
藤安 雄治 21 GK DF 12 伊藤 洋平
吉田 翔彦 4 DF DF 13 千布 勇気
三上 佳貴 3 DF  MF 24 和田 卓也
紺野 賢人 15 DF  MF 26 藤村 龍生
大山 元輝 5 DF  FW  28 高木 大地
金房 拓海 7 MF
市川 慎士 8 MF
小坂井 深 17 MF
久保 雅史 11 MF
毛利 惣治 14 FW
太田 大輔 37 FW
慶應
選手交代
OUT IN OUT IN
 HT   久保 雅史 高木 大地
56  市川 慎士 藤村 龍生

戦評

4月のシーズン入り以降、慶應BRBの公式戦は16試合目。全日程を終えたリーグでは既に優勝を果たし、リーグカップも今日が決勝。ここまで15試合の戦績は12勝3分(2PK勝ち)。今日勝てば無敗での二冠達成である。ハイセン? 何の電気工事? マケ? どのクロード? それよりケーキ食わねえ? ちょっと今パン切らしててさ! 今年一番の冷え込みに、我が世の春を見る一同であった。

さて決勝の相手は南八王子サッカークラブ。少年サッカーチームを母体とし、クラブの成長と共にカテゴリーを増やした地域系の総合型サッカークラブである。リーグでこそ残留争いに巻き込まれているものの、カップ戦ではエリースDX、プログレッソ東京といった実力派を破っての決勝進出。浮ついた気持ちで勝てる相手では無論ない。

その無論ない、という部分が試合開始直後から現実化する。相手の気合い十分プレスと、ゼロトップ気味の10番を中心とする攻撃に手を焼き、パス回しを引っ掛けられる展開が続く。リーグ王者としての自覚が熱き血となって巡るまで約15分。ようやく相手のプレスに順応し、この日主将を務めるセンターバック三上、紺野からのフィードが決まりはじめてBRBペースに持ち込む。17分、左サイドでボールを奪った三上が突進。あぜ道を行くトラクターの如きドリブルで深い位置まで進むと、折り返しを市川→金房と繋いで丁寧にコースを付いたシュートで先制。さらに36分には、いまやマスコミからも名指し注目の大山が、ゴール前こぼれ球に爆撃機モードできりもみ突撃。ゲンキメタモルフォーゼのバリエーションが尽きていないことを証明して二点目。二冠を引き寄せて前半を終えた。

ハーフタイムを迎えた慶應BRB。ここまでの15 試合と半分、完封試合は13試合と半分である。最後に点を取られたのは5月末。シッテン? いや、そりゃ理屈は分かりますよ。でもそのスコアブック、相手の得点欄に最初からゼロって書くのが何でいけないんですか?

後半開始。もちろんゼロとか書いてる場合ではなく、ボールこそキープするものの、ゴール前まで運ばれてフリーでのシュートを許すなど、一点取られたらどうなるか分からない展開。途中からは何とか相手の勢いを削いで膠着に持ち込んだが、このままでは二冠王者にふさわしくない内容だと自覚するまで約30分。終盤は疲れの見え始めた南八王子を攻め立て、40分に複数人が連動する展開から高木→太田と繋ぎ、締めくくりの一発。3-0で第14回東京都社会人サッカーリーグ2部カップ戦に優勝すると共に、リーグ戦との二冠を無敗のまま達成した。チーム初にして人生初のこの成果。ジュンユーショー? ニイ? 知らないねぇ。今月いっぱいぐらいは驕り高ぶったとして、誰に迷惑が掛かるというのか。

写真

カップ戦で監督代行を務めた伊藤洋平を中心としたアップ。深川の空は青く広い。

今季BRBのレギュラー争いに名乗りを挙げた太田の三点目。得点アシストの高木、小坂井とはピッチ内の連係を、さらに藤村及び筒井とはまた違った連係を熟成させ、今や欠かせない戦力。

二冠達成で充実の笑顔。準決・準々決のPKで大車輪の活躍をみせたGK藤安は、リーグ戦、カップ戦共にフル出場。三上(左端)、大山(二番目)らを含めたDF陣と共に19試合で失点4の結果を残した。