オフィシャルブログ

一丸(山浦公裕)

2012.11.09

こんにちは。ソッカー部4年の山浦公裕です。
突然ですが、サッカーというチームスポーツにとって、勝利する為に一番大切な要素は、チームが「一丸」となって戦うことだと僕は考えています。 大学4年間のソッカー部生活で、「一丸」となる難しさ、また「一丸」となったときの強さを感じてきました。

僕が入部して間もない頃の試合後の全体集合で、当時の主将であった中川靖章さん(以下、ヤスさん)が、「今日の敗戦は、昨日の小さな粗相から繋がっている。反省してくれ。」といった内容のお話をされたことに対し、僕は「いやいや、試合に出ている選手が責任を負うべきでしょ。」と、今思い返すと、未熟にも反感を持ったことを覚えています(ヤスさんがこのブログを見ないことを心から願っています。笑)

しかし、その後1年間、先輩達とリーグ戦を戦って行く中で、慶應ソッカー部の「一丸」となって戦うという素晴らしさを思い知ることとなりました。 今思えば「一丸」となって戦う為に、ヤスさんはあえて部員みんなの前で厳しい発言を繰り返していたのだと思います。

サッカーを辞めてコーチになるグラウンドマネージャー、自分の練習時間を削って相手を分析するリサーチ班、1日中マネ部屋で仕事をする主務・副務・マネージャーのみんな、それ以外にも多くの部員が自分の為ではなく、チームの勝利の為に「一丸」となって戦っているのが慶應の強さであり、この伝統、マインドは、先輩方から脈々と受け継がれてきた慶應魂なのだと思います。この「一丸」というのは慶應の最大の強みだと思います。

今年は前期から大変厳しいリーグ戦になりましたが、夏の地獄のような合宿をそれこそ「一丸」となって乗り越え、連敗をしてもみんなで励まし合い、全部員がどうにか勝利を!という気持ちでもがいた結果、直近の試合ではやっと慶應らしい戦いが出来るようになってきました。残りのリーグ戦も、全部員が「一丸」となって戦い、5連勝を成し遂げることを誓います。

明日は東京学芸大学戦です。絶対に勝利を収めたいと思います。
明日の試合も含め、残りのリーグ戦も応援宜しくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第86回関東大学サッカーリーグ戦【後期】 第20節 vs東京学芸大学
11月10日(土) 11:30キックオフ @笠松運動公園陸上競技場

「夢中」(甲斐公博)

2012.11.08

こんにちは。4年、甲斐公博です。
先日行われた集中応援日の神奈川大学戦では大きな声援ありがとうございました。これを弾みにソッカー部はまた戦っていきます。

ここで突然ですが、ソッカー部員は休日に何をして過ごしているのか、私の休日を例に少し紹介させていただきたいと思います。
私は月に数回、のんびり散歩に行くことでリラックスしたり、刺激を受けたりしながら過ごしています。先日は今年開業した“東京スカイツリー”に行きました。日本一の建造物であるということで、下から見上げる景色は想像を超えた壮大さで言葉に出来ない素晴らしさがありました。ただ、混雑により展望台に登れなかったことが唯一の心残りです。
今回はスカイツリーでしたが、熊本から上京してきた私としてはこちらで見るもの、感じるもの全てが新鮮で、自身を奮い立たせてくれるものばかりです。しかし、同時にそれらは全てにおいて初心に戻してくれるものでもあります。

高い志を持って慶應ソッカー部に入部したこと、熊本から挑戦しに上京してきたこと、さらに遡れば友人のユニフォーム姿に憧れてサッカーを始めたこと。これまで、ありがたいことに多くの経験をさせていただきました。そのとき一瞬一瞬が財産ですが、この大学4年間というのは一番密度の濃いものであることは間違いありません。

なんの為に毎日トレーニングに励むのか。慶應ソッカー部の為、仲間の為、後輩の為。
あと3週間、私はただ前だけを見て「夢中」に走り続けたいと思います。
小学生の頃時間を忘れてボールを蹴っていたあの「夢中」な気持ちで。走り続けた先に何か見えたら、今回叶わなかった展望台を登ってきます。

残り3節、会場は少し遠い所もありますが応援の程宜しくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
第86回関東大学サッカーリーグ戦【後期】 第20節 vs東京学芸大学
11月10日(土) 11:30キックオフ @笠松運動公園陸上競技場

Love&Peaceな下田民(赤木努)

2012.11.07

こんにちは。ソッカー部4年、赤木努です。
僕は大学生活のほとんどを、グラウンドのすぐ横にある「下田寮」で過ごして来ました。
今日は、普段あまり知られることのない下田寮の様子と、僕が今思うことを書かせていただこうと思います。

下田寮には慶應体育会のさまざまな部員が入寮しています。ラグビー、野球、サッカー、アイスホッケー、テニス、ラクロス、ゴルフ、剣道、合気道……
その中で我らがソッカー部の部員は男子が7人と女子が6人、計13名です。

下田寮に入寮する利点。それはなんといっても遅刻をする可能性が減ること(かつて下田寮に入りながら前代未聞の遅刻騒動を繰り返した人もいましたが)ではなく、練習量を確保出来ることだと思います。
先日、OBの方と食事をさせていただいた際にこんなお話がありました。
「プロサッカーの世界では、大学4年にあたる22歳というのはまだまだ若手の域にある。しかし、大学サッカーでは4年が最高学年であり、ベテラン風を吹かせ、がむしゃらに練習するよりもコンディション調整とか言って努力を怠るようになる。」
この言葉が自分の胸に突き刺さり、まさに自分のことを言われているかのようでした。
全国の大学生の中でも、こんな恵まれた環境でサッカーをしている学生はそういないと思います。この環境が学年を追うごとに当たり前になって、後輩が出来て、いつしか入部当初のようながむしゃらさを忘れそうになっていました。

苦戦を強いられている関東1部の舞台もまた、僕たちに与えられた恵まれた環境の1つです。関東であの舞台に立てる大学はたったの12チームしかありません。先輩たちが残してくれたこの環境を当たり前だと思ってはいけません。
僕らには伝統を守る権利と義務があります。その権利もあと3週間で剥奪です。「後輩達に1部の舞台を残す」という義務を最後の最後まで全うし、この下田寮を笑って退寮したいです。

この時期になると、徐々に引退を迎える部が増えて来ました。下田寮にも空き部屋がちらほら見られるようになって来ています。引退までの3週間、残りの練習回数16回、試合数3試合。今までの人生の中で最も濃密で、熱い日々にしたいと思います。

今週末は笠松にて東京学芸大学戦です。遠方での試合になりますが、熱き闘志を一目見に是非競技場までお越し下さい。
まとまりのない文章になってしまいましたが、この辺で失礼します。

 

今日も下田はLove&Peaceです。

 

≪NEXT GAME≫
第86回関東大学サッカーリーグ戦【後期】 第20節 vs東京学芸大学
11月10日(土) 11:30キックオフ @笠松運動公園陸上競技場

チームメイト(水田祐)

2012.11.06

こんにちは。ソッカー部4年の水田祐です。

ソッカー部での4年間を振り返って思ったことは、常にチームメイトに恵まれていたなということです。本当に尊敬できるチームメイトばかりだと改めて感じました。

僕はSFC出身であるため、強豪チームに所属していたわけでもなければ、目立った成績を残したわけでもありません。それでも大学でより高いレベルでサッカーをする為にソッカー部に入部しました。そうして入部したソッカー部ですが、僕にとって正直言って想像よりも遥かに高いレベルのチームメイトばかりでした。サッカー面では入部して初めての関東リーグで国士舘大学に快勝している試合を見て「とんでもない人達と同じチームに所属しているのだな。」と思ったのを覚えています。

しかし僕が4年になって本当にチームメイトを尊敬出来ると思う理由は、サッカー面ももちろんのことですが、サッカーに取り組む姿勢であったり、チームを思う気持ちであったりと1人ひとりの人間性の部分がとても大きいです。チームに所属するほとんどの人が、結果に納得できないことがあっても腐らずに努力をし続けます。公式戦のときには試合に出られない人も、悔しさを噛み殺してチームが勝てるようにそれぞれの立場で全力を出します。やりたくない仕事でも自分の時間を削ってでも必ずやりきります。瞬間的なものを挙げるときりがありませんが、ソッカー部で過ごしていると「この人本当にすごいな」と思うことが何度もあります。

そんな素晴らしいチームメイトや環境に改めて感謝したいと思います。

そして、こうしてチームメイトのことを考えると、現在の目標である一部残留を必ず達成出来ると思いました。

残り3試合、応援宜しくお願い致します。

多くの経験(鈴木達也)

2012.11.05

こんにちは。ソッカー部4年の現役部員最年長、鈴木達也です。

関東大学サッカーリーグ戦も残り3試合となりました。昨日神奈川大学に勝ったことで残留に一歩近付きました。私はプレーで直接貢献出来ていませんが、日に日にチーム全体がまとまっていっているなと実感しています。今週もチーム全員で戦って自力で残留を決めたいです。

今日は、4年間を振り返っての話を書きたいと思います。

ソッカー部での活動もわずかとなり最近思うことは、自分達の代はどの代よりも多くの経験をさせてもらっているなぁということです。

入部して1年目は、最終戦までもつれ、結果的に5位となったインカレ争い。2年目は、夏の全国大会、総理大臣杯。3年目は、冬の全国大会インカレ出場、全国3位。そして4年目は、残留争い。

この4年間だけで大学サッカーの上から下まで全てを経験させてもらっている代は探してもそんなにいないと思います。もちろんこれらの経験と成績は今までの偉大な先輩方のお陰です。また、毎年チームは変わり、メンバーも代わる中でどの代も良い時期もあれば悪い時期も多く存在する。それがチームスポーツの難しいことだと思いますし、慶應ソッカー部は特にそれが顕著に出ていると思います。

だけど1つだけ言えることは、その良い時期も悪い時期も中心となっていたのは最上級生である4年生ということです。良いときというのは何事もうまく動くけれど、悪いときというのは全て上手くいきません。そういうときの最上級生の存在は本当に大きな力になります。自身が下級生のときを思い返すとそう感じることが多かったなと今改めて思います。

現在の下級生は、今の4年生をどう思っているかは分かりません。でも、結果的に「残留」という目標を達成しそれが下級生達の経験となれば、それは自分達の代の様に大きな財産になると思いますし、最上級生に対して何か感じることが出てくると思います。

だから、まずは残留という結果を後輩達の為に残す。また、それ以外にも何か残す為に日々全力で取り組む。特にトップチームではない僕は、チームの結果以外に後輩達、個人に対して何か残さなくてはいけないと感じています。それを伝えられるのも残り3週間、言葉でも行動でも何でも良いから全力で多くのことを伝えていきます。

まずは水曜日のIリーグ、絶対勝利し土曜日のトップチームの試合に繋げたいと思います。

今後共、熱い応援宜しくお願い致します。

3 / 41234

記事一覧

月別アーカイブ