オフィシャルブログ

SOCCER TIMES

2012.07.18

皆さんこんにちは! 夏が本格化してきました。

ソッカー部は夏の練習で成長し、後期に挑むわけですが、8月3日から8日まで菅平で全員合宿をすることになりました!

走りを中心とした合宿?ということに選手たちはドキドキしているようですが、110人全員で困難を乗り越え、ひとつ成長できたらと思います。

さて、私達マネージャーの仕事を1つ紹介します。
OBの方や関係者の方に向けた会報誌「SOCCER TIMES」の作成です!

各公式戦の詳細結果、試合日程、選手の言葉、お知らせ等ソッカー部の現在を知っていただける内容になっていて、年に5回ほど発行しています。
これを850人を超えるOBの皆様にメールや郵送でお送りしています。 郵送の作業は選手も加わって皆でやります!
190号はまもなく発行予定なので、楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

マネージャーが更新しているホームページの方も遠征の様子など、楽しんでいただける企画を考えていく予定ですので、お楽しみに!

文責 呉田幸子

白熱のBC戦

2012.07.17

こんにちは。
7月も半分がすぎ、夏真っ盛りとなってきました。 こうもなると、早慶戦が昔の出来事のように感じられます。

今更ですが早慶戦のことを振り返りますと、非常に苦しい試合だったように感じます。 認めがたいですが、早稲田大学は強かったです。

不運な出来事もありました。PK判定。一発退場。
試合は任命された試合に関して競技規則を施工する一切の権限を持つ主審によってコントロールされる
と競技規則にある通りなので何も言えませんが、何とも言い難い判定だったと私はスタンドから見ていて感じました。

ともかく来年の定期戦は勿論、まずは後期のリーグ戦でリベンジです!

 

話は変わりまして、 昨日下田グラウンドではBチームとCチームの対抗戦、通称BC戦が行われました。
気温も暑かったですが、ゲームもかなりホットな試合でした。 負けられない、下克上、選手の意地が笛吹きながらも私には伝わってきました。

何やらかんやらと文句言われるシーンもありましたが(笑 )とても達成感のある面白い試合になり良かったです。
ちなみに結果は1‐0でBチームが勝ちました。

それでは今回はこの辺にて。 失礼します。
(文責 関根司)

 

選手インタビューNo.3

2012.07.14

こんにちは!
選手にインタビューしました!

慶應義塾体育会ソッカー部2年の長尾賢太郎です。

僕は今年、シーズンの途中から、今までのサッカー人生では経験したことのない
センターバックとして試合に出場することが出来ました。
今までは攻撃の選手としてサッカーをしていた為、守備に関してはまだまだ知識不足で、
ポジショニングなどが難しく、日々改善しながら自分にとってのセンターバック像を描いているところです。

前期を終えて8位という結果ですが、後期はチームの勝利に貢献出来るよう頑張りたいです。
その為にも練習において一層努力し、スタメンに定着出来るよう精進していきたいと思います。

これからもソッカー部の応援宜しくお願いします!

文責 杉田優奈

もう一つの早慶戦

2012.07.12

こんにちは。
早くも早慶戦から1週間が経ちました。
ですが、まだもう一つの早慶戦が残っています。

以前ご紹介した通り、塾ソッカー部のアカデミーの一つとして、慶應サッカースクールがあります。
今週の土曜日、慶應サッカースクールでは、雨天で延期となっていた早慶戦を行う予定です。
慶應と早稲田の戦いは、大学生だけではなく小学生からあり、改めて私たちにとって早稲田という学校は大きな存在だと実感しています。

また、慶應サッカースクールも今週末をもって夏休みに入ります。
今学期最後を、早慶戦で勝利して締めくくる為にも、日頃練習した成果を存分に発揮してほしいと思います!

土曜日には、BチームのIリーグもあります。是非、こちらの応援もよろしくお願い致します。

KEIO-A vs関東学院大学
7月14日(土)13:00KO @慶應義塾大学グラウンド

慶應サッカースクールを含め、今後共、塾ソッカー部をよろしくお願い致します。

文責 安成眞衣子

敗戦から数日経って…。

2012.07.10

こんばんは。

7月4日(水)に早稲田に敗戦してから数日が経ちました。

自分自信、早慶サッカー定期戦での負けは、初めてとなりました。
負けてまず思ったのは、心からの悔しさでした。
試合が終わった時、ピッチ上で喜ぶ早稲田の選手達を見て、今まで味わったことのない程の悔しさを感じました。

試合に出た選手、仕事をしていた部員、そして応援に来て下さった方々も、国立にいたみんながそういう感覚を味わったと思います。

今年の関東リーグでの早稲田戦の敗戦の時も、悔しい思いをしましたが、それとはまた違う悔しさでした。

とはいえ、今年の早稲田との戦績は2敗。
今年はやはり、サッカーの実力以外にも劣っている部分があるんだと思います。

以前3連敗した時、僕はこのブログに、今の自分達には何が足りないのか、ということを書きました。
この早慶戦敗戦という結果をみて、また何が足りないのか、という問題にチーム全体で取り組んでいかなければいけないと僕は思います。

この問題を1年間かけて、部員全員が考え抜いた時、早稲田との差が埋まり、また来年良い試合が出来て、そして必ず勝利を手にすることが出来ると信じています。

リーグ戦、定期戦を通して僕は、早稲田の気持ちの強さを感じました。もう負けられないというその気持ちを感じました。

夏を越えれば、後期リーグが始まります。
1年で3連敗をもう許されません。絶対に負けられません。

夏を通して強くなり、気持ちを全面に出して次は必ずリベンジすると誓います。

是非、変わらぬ応援宜しくお願いします。

 

文責 鶴岡昇太朗

2 / 3123

記事一覧

月別アーカイブ