オフィシャルブログ

早慶戦、ナイターの魅力

2012.06.25

こんにちは!
昨日は、無事筑波大学に勝利し、関東リーグ最終節を勝利で飾ることが出来ました。
会場にお越し下さった皆様、応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

 

さて、ソッカー部は7月4日に控えた早慶サッカー定期戦に気持ちを切り替え、明日からまた練習に励んで参ります。

今年の早慶戦は慶應四連覇の懸かった大切な一戦です。
今まで長い間早慶戦を支えてきて下さった先輩方、
三連覇を成し遂げてきて下さった先輩方の想いと共に、
「四連覇」という新しい早慶戦の歴史をつくることが出来るよう、頑張っていきたいと思います。

国立競技場で行われる早慶戦、大学生のサッカーの試合としては珍しく、
夜の7時キックオフ、ナイターの試合となります。
このナイター開催というところも早慶戦の魅力の1つだと、私は思います。

昭和25年に行われた早慶戦第1回大会は、日本初のナイターでのサッカーの試合でした。
今では、Jリーグ等ではナイターでのサッカーの試合は珍しくありませんが、
実は、その歴史をつくったのも早慶戦なのです。
詳しくは早慶戦HP「早慶戦の歴史」をご覧ください。

早慶戦の当日、会場の準備は朝早くから行われます。

 

 

 

 

 

 

 

選手入場の時もまだ明るいのですが、

 

 

 

 

 

 

試合が進むにつれてだんだんと暗くなっていき、

 

 

 

 

 

 

 

あたりが真っ暗になると、夜の空の中にナイターの光が映えるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

空の色と共に変わっていく国立競技場の素敵な景色も、
早慶戦の楽しみのひとつです。

当日は是非会場に足をお運びいただき、ナイターでの早慶戦をお楽しみいただけたらと思います。
7月4日、良い天気になりますように。

 

第63回早慶サッカー定期戦
7月4日(水)19:00kickoff@国立競技場
応援宜しくお願い致します。

文責 大塚安希

関東リーグ戦前期終了

2012.06.24

こんばんは。 本日は、暑い中沢山の方に応援にお越しいただき、ありがとうございました。
筑波大学に2-0で勝利することが出来ました。

今日で関東大学サッカーリーグ戦前期の全11節が終了しました。
各試合において応援していただいた皆様に心から感謝しています。
本当にありがとうございました。 ソッカー部は4勝5敗2分の第8位で終えました。

開幕からなかなか勝つことが出来ずに苦しみ、連勝をしたかと思えば、惨敗をし…。
前期を通してなかなか良い結果を得ることが出来ませんでしたが、
前期最終節となった今節の完封勝利は、11試合目にして私達が掴んだものであり、
後期リーグ戦に繋がるものだったのではないかと思います。

1人1人が1週間を全力で過ごすこと、その簡単そうで難しいことを体現できたことが、
勝利に繋がったと選手も口にしていました。

しかし、この勝利に甘んじることなく、前期を反省し、
また一回り大きくなって後期リーグ戦に挑みたいと思います。

スタンドも90分間選手と共に戦い続けました。

 

 

 

 

 

 

 

仲間のもとに挨拶に来る選手たち
試合を終えて感じたことは人それぞれ…。それぞれが違った表情をしているのにも注目してみてください!

 

 

 

さて、後期に向けて練習練習!…の前に、

7月4日に早慶サッカー定期戦が待ち受けています。
沢山の方に感謝を表せる舞台に向け、選手も運営スタッフも全力で取り組んで参ります。

明日から部員がキャンパスでビラ配りをします!
実は今日の関東リーグ戦でもJUFA GIRL(大学サッカー応援現役女子大生ユニット)の皆さんと一緒にビラを配りました。

 

 

 

 

このブログでも早慶戦のことをお伝えしていきます。
早慶戦公式HPも選手の意気込みなど充実した内容となっているのでご覧ください!
http://wk-soccer.com/

今後ともソッカー部の応援、宜しくお願いします。

文責 呉田幸子

選手インタビューNo.2

2012.06.22

こんばんは!
今日は選手にインタビューしてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

慶應ソッカー部2年澤根祐です。

前期リーグ戦も残すところあと一節となりました。
前期を振り返りますと、なかなか結果を残すことができず悔しい思いを多く味わったという印象です。
この悔しさを残りの試合で晴らすためにも、
前期最終戦を勝利で締めくくり後期へと望みをつないでいきたいと思います。

また、7月4日には早慶戦が行われます。
ソッカー部には自分も含め、この伝統の一戦を目標に入部した部員が多くいます。
たくさんの方々のご支援に感謝するとともに、それぞれの立場で持てる力を最大限に発揮し、必ずや早慶戦4連覇を達成したいと思います。
よろしくお願い致します。

文責 杉田優奈

前期残り1試合

2012.06.20

こんにちは。

関東大学リーグ戦も前期は残すところ、今週末の筑波大戦の1試合となりました。
前期を少しでも良い結果で終える為にも、今の苦しい状況から抜け出す為にも、必ず勝たなければいけません。

今私たちに出来ることは、一日一日を大切に、練習や仕事に全力で取り組むことです。何が何でも勝利出来る様、チーム全員で最高の準備をして、試合に臨みます。

当日も各自出来ることを精一杯やりきります!
是非会場にて、皆様の温かい応援も選手たちに届けて下さい。

応援よろしくお願い致します。

関東大学リーグ戦 VS筑波大 11:30KO @味の素フィールド西が丘
※会場名が、西が丘から味の素フィールド西が丘に変更致しました。

文責 安成眞衣子

大事な大事な一週間。

2012.06.18
こんばんは。
昨日の関東リーグ専修大学戦。
一度は1点差に追いつくものの、その後大量失点をし、屈辱的な1-6という敗戦を喫しました。
直近の公式戦3試合を考えてみれば、早慶戦に敗れ、都県のチームに敗れ、そして今回の大敗。
絶対にしてはいけなかった3連敗という記録を残すこととなり、それに加えて昨日の敗戦により天皇杯予選への出場権もなくなりました。
今年のチームに残されたのは、リーグ戦、そしてインカレ。
何が何でもインカレの出場権を獲得しなければいけません。
そのために次節の筑波大学戦は絶対に落とせません。
勝つためには何が足りないのか。
そしてこの1週間何をしなければいけないのか。
明らかに実力の差を感じた昨日の試合。
しかしその実力の差をカバーする何かが絶対に必要でした。それは、気持ちの部分なのか、それとももっと走らなければいけなかったのか。
試合に出場していない、ましてやマネージャーという立場の自分がとやかくいうことではないのかもしれません。
しかし、そういうことをチーム全員が考え、そして答えを模索しなければいけないと思います。
今与えられたこの試練をチームとしてどう捉えるのか。この試練をみんなで乗り越えれば、次節そして後期にはいい結果がついてきてくれるはずです。
しかし、この時間を無駄に過ごしてしまった時、最悪の結果になってもおかしくはありません。
この1週間どう過ごすのかが、重要なポイントになってくると僕は思います。
次節の筑波大学戦、チームとして生まれ変わり、みなさんに必ず良い結果をお伝えします。
今後も変わらぬ応援を是非お願いします。
文責 鶴岡昇太朗
2 / 41234

記事一覧

月別アーカイブ