オフィシャルブログ

「想い」(大崎拓海)

2022.05.11

平素よりお世話になっております。今回ブログを担当させていただく、総合政策学部2年の大崎拓海と申します。私事ですが、最近の幸せな出来事と言えば、練習終わりに彼女がお弁当を届けてくれることです。個人的には唐揚げ弁当が1番好きです。また作っていただけるととても嬉しいです。他にも惚気話は山ほどあるのですが、これ以上話すといつもお世話になっている的井君(3年・FCトリプレッタユース/芝高)、春哉君(3年・FC COAST/慶應義塾NY学院)、颯梧君(4年・New York Soccer Club/慶應義塾NY学院)に怒られてしまうのでここで辞めておこうと思います。今回は初めてのブログということで私がソッカー部に入部するに至った経緯をお話しさせていただこうと思います。拙い文章ではありますが、最後までお読みいただければ幸いです。

私はサッカーが上手なわけでもなく、弊部に所属する同期や先輩方のように中学や高校で素晴らしいキャリアを歩んできたわけでもない。そんな私にとって、ソッカー部に入部するというのは非常に大きな決断だった。私はJakarta Intercultural School出身である。この名前を聞いてピンと来る人は誰もいないだろう。名前の通り、私は海外のインターナショナル・スクール出身だ。それだけ聞けばとてもかっこよく見えるが、実際はそんなことはなく、特にサッカー面においてはそこまで充実したサッカー人生を送ってきていない。当時私が所属していた高校のチームは週に2回しか練習がなかった。またテスト期間中は練習がなく、テストを優先するチームだった。プロを目指している選手や大学までサッカーを続けようとしている選手は到底おらず、私自身もサッカーより学校の成績のことを常に気にしている学生だった。そんな大切な高校3年間を勉強ばかりで過ごした私にとって、今ほど真面目にサッカーと向き合ったことは人生で0と言っても過言ではない。そんな私は高校を卒業し、半年間の受験期間を過ごしてから弊部に入部した。当然、週2の練習でスタミナが付くわけもなかったため、ただでさえ走れなかったのだが、それに加えて半年間の何もしない受験期間を挟んだ私にとって入部テストのクーパー走は以ての外だった。同期の中でクーパー走を3回も走ったのは私しかいないだろう。

こんな私がソッカー部に入部しても付いていけるわけがない。ソッカー部には今まで本気でサッカーを続けてきて、プロを目指している選手が多々いるのにも関わらず、私のような適当に楽しい程度でやってきた選手が混ざっても辛いだけだろう。実際、周りにもそのようなことを沢山言われた。

それでは、「何故私はソッカー部に入部したのか?」

何故なら、「サッカーが好きだから。」当然、競争は激しく、私のような今まで本気でサッカーをやってきていない選手が関東リーグ及びTOPチームに絡むことは不可能に等しい。少なくとも、今までの努力量では絶対に無理だ。しかし、それを承知の上で、努力をし、少しずつサッカーが上手になっていくことが楽しくて仕方がない。体力がない私にとって走りの練習は最悪だ。今まで筋トレをちゃんとやってきたことがない私にとって筋トレも最悪だ。全部苦しい。しかし、その苦しさも全部楽しい。少しずつ上手になって、少しずつ強くなっているのが垣間見えるからだ。最近ではやっとIリーグでスタメンを勝ち取ることも出来るようになった。去年の自分からしたら大飛躍だ。とはいえ、TOPチームまでは程遠く、まだまだ長い道のりが待っている。これからも沢山成長してがむしゃらに頑張っていこうと思う。

最後に、一般受験まで一緒に勉強をしてくれた予備校で出会った友人たち、いつも話を聞いて応援してくれる小学校の幼馴染たち、金銭面の負担を感じさせないようにいつも頑張ってくれているお父さん、いつも家事をしてくれてサポートしてくれるお母さん、本当にありがとうございます。いつか大舞台でこの御恩を返せるように日々頑張っていこうと思います。これからも沢山ご迷惑をお掛けすると思いますがこれからも宜しくお願いします。

長く纏まりのない文章となってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今週末もリーグ戦があり、息つく暇もないですが楽しんでサッカーをやっていこうと思います。今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願いいたします。

《NEXT GAME》
5月15日(日)関東リーグ戦 第6節vs 関東学院大学@非公開  14:00キックオフ

「全てはソッカー部のために」(岡﨑寛大)

2022.05.06

平素より大変お世話になっております。法学部法律学科1年、マネージャーの岡﨑寛大と申します。今回ブログの担当になり、ずっと見ていたブログを書ける喜びに胸を躍らせながら、ペンを走らせております。拙い文章ではありますが、最後までお読みいただけますと幸いです。

何故、ソッカー部のマネージャーなのか?
塾高在学中から望んでいたソッカー部マネージャーという立場に立った今、改めてこのことを考えました。遊びまくる大学生活、バイトに明け暮れる大学生活、資格試験のため勉強する大学生活。様々な形がある大学生活の中で、自分はソッカー部のマネージャーに4年間を捧げるという選択をしました。
何故その道なのか?答えは単純です。
「自分の4年間の全てを懸けてこのチームのために汗を掻きたい」そう強く思ったからです。

誰かのために汗を掻く。このことの面白さに気付いたのは中学3年のある大会でした。当時普通部サッカー部に所属していた私は万年ベンチ外で、華々しく活躍する同級生を常に制服で応援するだけでした。サッカーが好きで、入学前には慶應の9番になりたいと意気込んでいたのにも関わらず、そのサッカー自体を嫌いになりかけていました。そんな私が、ある大会のメンバーに選ばれました。与えられた役割は第3GK兼、雑用。試合前はボトルの水汲みや準備をして、試合中もベンチに入ることはなく、ゴール裏で球拾いをするという役割。他人から見ればただの人数合わせにすぎない、辛い役割でした。しかし、当の自分はその役割に嬉しさを感じていました。なぜなら、初めて自分がチームのためになれたから。今まで遠い存在だった慶應義塾普通部というチームの一員になれたから。他人から見れば可哀想でも、私からして見ればこれ以上ない役割でした。恐らく普通部の山田監督は、腐りかけていた私にチームのために何かできる喜びを教えるためにその役割を任せてくださったのだと思います。

だからこそ大学では選手を支え、もう一度大好きなサッカーに、ソッカー部というチームに関わりたいと強く思いました。正直、大学サッカーはサッカーファンですら興味を持つ人は少なく、早慶戦に関しても他のスポーツと比べるとまだまだ認知度が低いように感じます。私はこの現状が悔しくて仕方ありません。ただのリーグ戦の1試合ではなく、選手にとってはそこに並々ならぬ想いを懸けて出場する1試合です。だったらその1試合をその選手にとって特別なものにしてあげたい。選手達が最高な気分で暴れられる場を作り、大学サッカー界を盛り上げたい。マネージャーはそれができる役職だと考えています。
仮入部から始まり、早2ヶ月。常にモチベーション高くチームのために奮闘するマネージャーの先輩方、学生スタッフの皆さんの姿に正直圧倒されました。そしてその人達の気持ちを背負った選手の姿に胸を打たれました。ここで4年間過ごしたらどれだけ成長できるのか。
しかし、自分の成長だけで終わらせるつもりはありません。
あくまで目標は選手に最高の舞台を用意すること。このチームが、選手が、より多くの方々に愛されるようにすること。簡単な道ではありません。だからこそ、試行錯誤しながらチームのため、汗を掻きたいと強く思います。
4年後の早慶戦、チームを愛するサポーターの歓声が大きなスタジアムを包み込む。そんな日を目指して。

「全てはソッカー部のために」
強い覚悟を持って4年間、チームのために走り続けます。

熱苦しい文章となってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部への応援の程宜しくお願いいたします。

《NEXT GAME》
5月8日(日)関東リーグ戦 第4節(延期分)vs 城西大学@非公開  14:00キックオフ

「個性」(浦山昂大郎)

2022.04.17

平素よりお世話になっております。今回ブログを担当させていただく、法学部政治学科2年の浦山昂大郎です。時の流れは早く、私が入部してから1年が経ちました。今回は1年間の活動を通して私が経験したことや感じたことについて述べたいと思います。拙い文章ですが最後までお読みいただければ幸いです。

私がソッカー部に入部したきっかけは2020年度の早慶戦だった。私はその試合を観客席から見ており、レベルの高さに圧倒された。「自分もこの舞台に立ってプレーしたい」という思いを抱いてソッカー部に入部した。しかし私は思い通りのパフォーマンスができず、4月にフットサルとサッカーに取り組むC2チームに降格してしまった。私も森田(2年・慶應義塾高)と同じく、初めはフットサルをすることに納得しておらず、少なからず不満を抱きながらプレーをしていた。
そんな中、私はある日の紅白戦で自分の中で何かが変化していることを感じた。以前よりも相手のプレッシャーを感じず、余裕を持ってプレーできていたことだ。あとになってフットサルの練習の効果であると分かった。四戸前監督はサッカーにも活きるメニューを毎回考えてくださっていたことを実感した。今ではフットサルは自分を成長させてくれた素晴らしい経験だったと感じており、最初の頃から自分をメンバーに選び試合で使ってくださった四戸前監督、沢山ご指導してくださった宮川監督、ピッチ内外で大変お世話になった先輩方には本当に感謝している。

しかし私は、今年の3月に行われたフットサルの全国大会の決勝の舞台に立つことはできなかった。1年間フットサルをやってきた集大成の試合でもあり、4年生の先輩方と一緒のコートに立てる最後の試合でもあった。自分の実力不足を痛感させられ、自分も大事な試合で活躍できるくらい成長しなければいけないと強く思った。
全国の舞台で戦っていたフットサルプレーヤーは、ボールを足に吸い付かせるようにトラップしたり、体の一部のように自由自在にコントロールしたりと、他の人には真似できない、強烈な武器を持っている選手が沢山いた。その姿を見て、自分もこれだけは誰にも負けないという「武器」を作らないといけないと感じた。
「個性」というものは磨くことで「武器」になると考えている。例えば、「左利き」というのはただの個性だが、「正確で質の高いボールが蹴れる左利き」は武器になる。何年何ヵ月という長い期間を掛けて磨いた個性は、相手に恐さを与え、味方に信頼される武器になる。決して体格に恵まれていない選手でも、自分が磨いてきた個性を武器にまで高め、チームを勝利に導く姿は、サッカーの試合でもフットサルの試合でも見たが、一際輝いて見えた。

私はサッカーでは、左利きで左サイドのポジションを務めている。フットサルでは左足を多く使ってプレーする、右アラというポジションを務めていた。チームに貢献できるよう、個性を武器にまで高めるためにはもっと自分の左足の精度を磨くしかないと思い、練習に取り組んできた。このようなポジションを経験させてもらったこともそうだが、試合中に左足でパスを送ったとき、チームメイトから「ナイスボール」と声を掛けられたことも改めて自分の個性を実感し、武器へ高めようと取り組むきっかけになったと思う。
私は毎日自主練習で左足のキックの練習をしているが、自分の左足は、まだ「武器」と呼ぶには程遠いものである。「自分より上手い人はどうやって蹴っているのか」などこれからさらに工夫を重ね、磨いていきたい。「左足」も「フットサルでの経験」も個性として終わらせず、磨いて強烈な武器にして、チームの勝利に貢献したいと強く思っている。そして四戸前監督を初めお世話になった方々に活躍という形で恩返しがしたい。

長く纏まりのない文章となってしまいましたが、これで結びとさせていただきます。最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願いいたします。

《NEXT GAME》
5月1日(日)関東リーグ戦 第5節vs 東海大学@栃木市総合運動公園陸上競技場  11:00キックオフ

「恩返し」(立石宗悟)

2022.04.15

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、法学部法律学科1年の立石宗悟と申します。
拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

「支えてくださる方々のために戦う」
一昨年の春に新型コロナウイルス感染症で他界した祖父から学んだことです。
私は、「利他的思考を持つこと」の重要性を身に染みて感じました。

常に笑顔が絶えず、よく皆を笑わせていた祖父は沢山の人々から愛され、信頼されていました。そんな祖父が私は大好きで、自分も将来は彼のように沢山の人々に愛される人になりたいと強く思っていました。
力士のようながっしりとした体つきをしていたこともあり、祖父がコロナに感染したという知らせを耳にした時は、きっと彼ならすぐコロナに打ち勝ってくれるだろうと思っていました。
しかし、現実はそんなに甘いものではありませんでした。病状は良くなるどころか、信じられない程のスピードで悪化していき、発症して僅か1週間で緊急治療室に移動となってしまう程でした。
毎朝、医師の方から送られてくるその日の祖父の生存率。家族宛に送られてくるそのメールほど怖いものはありませんでした。「死なないで。どうかもうひと頑張りしてほしい。」という思いで、家族や親戚一人ひとりの励ましの言葉を録音し、祖父の耳元で流していました。しかし、コロナに感染してから僅か1ヶ月で祖父は他界してしまいました。
10%〜15%の生存率と言われ、意識のない中、必死にウイルスと戦っている祖父は、最後まで私の尊敬するかっこいい祖父でした。
高校生の誰もが憧れる舞台である選手権出場を懸けた試合が迫ってきている中、突然祖父の死に直面した私は、サッカーをしている最中も祖父のことで頭がいっぱいでした。
会う度に私を気遣い、サッカーの調子を尋ねてくれた祖父。私は選手権という大きな舞台に立つことが、ずっと私を応援してくれた祖父に対する「恩返し」だと思い、今までよりもなお一層真剣にサッカーに向き合おうと決心しました。
学業や食生活といった間接的にサッカーに繋がっていくことについても一から見つめ直しました。
一試合一試合愛する祖父への恩返しのために必死に戦った結果、遂に選手権出場という目標を達成することができました。家族を始めとする応援してくれる全ての方々に感動を与えられました。
何を伝えたいかというと、自分を支えてくれる方々のために自分が努力することで、結果的により多くの人々に感動を与えることができるということです。
夢だった全国の舞台に立てたこと、沢山の人々に感動を与えられたこと、天国の祖父もきっとこのことを心から喜んでくれていると思います。

ソッカー部に入部してまだ間もないですが、マネージャーやグラウンドマネージャーを始めとする組織をサポートしてくださる方々の、選手を気遣う温かいエネルギーを強く感じます。組織を支えてくださっている方々のため、家族のため、天国で見守ってくれている祖父のため、応援してくださる全ての方々のために「勝利」という形で恩返しできるよう、日々の練習をひたむきに取り組んでいきます。

最後になりますが、中学生の頃に兄に連れられて見に行った早慶戦の、あの眩しい光景は今でも忘れません。あの舞台でチームを「勝利」へ導くことが私の4年間の目標です。
長くなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願いいたします。

《NEXT GAME》5月1日(日)関東リーグ戦 第5節vs 東海大学@栃木市総合運動公園陸上競技場  11:00キックオフ

「二兎を得る」(勝又航大)

2022.03.30

花粉が春の暖かさと共に訪れ、涙の価値が廃る時期となりました。かくいう私は花粉症には悩まされていませんが、寒暖差にすこぶる弱く、身体のしんどい時期が続いております。先日外に出るのが憂鬱な時に見た“マイ・インターン“の劇中で、ロバート・デ・ニーロが”ハンカチを持ち歩くのは人に貸すため”と言っていました。我が家の洗濯機には人の涙を拭かぬまま役割を終えたハンカチばかりが溜まっていきます。何故でしょうか。

さて、平素は大変お世話になっております。ソッカー部でマネージャー兼ゴレイロ(GK)をやらせていただいております、商学部新3年の勝又航大と申します。早速多少の違和感を覚えた方もいるかもしれませんが続けていきます。
ソッカー部に入ってから約2年間が経ちましたが、この自己紹介を如何に分かり易く説明するかというのは自分の中でも一つの難題となっています。
大体はマネージャー?選手?とかソッカー部なのにフットサル?とかそう言った声が聞こえてきます。

折角ありがたい機会をいただきましたが、基本的に何も考えていないのでこういった機会はとても緊張します。変なことを書いてマネ部屋勢に壮大にネタにされそうですが、1人だけ必ず味方になってくれる仲間の姿が浮かぶので大丈夫でしょう。とりあえず仲良くなるために彼女のインスタグラムをフォローすることを検討します。

ソッカー部では、サッカーの競技力向上のために何人かの選手がサッカーとフットサルの二刀流を掲げて活動しています。
そのフットサルチームは3月に2回の全国大会に出場しました。結果はそれぞれ第3位と準優勝。これまでも3度の全国大会に出場し、そのすべてで準優勝となっていましたが、また優勝が目の前でこぼれ落ちました。
今年でご退任される四戸監督のため、そしてこの大会まで残ってくれた4年生のため、いつも支えてくれる方々のため、何がなんでも優勝したいと全員が意気込んで臨んだ全国大会でした。

「誰かのために」
という想いは時にとてつもない力を発揮します。

そして、全国大会ではそれだけではなく、「誰かのためにが自分のためになる」という尊さを感じました。
フットサルチームの全員は紛れもなく「誰かのために」戦っていました。
四戸監督のために戦う、4年生のために戦う、チームや大会を運営してくれる人のために戦う。その副産物としてとして、チームとしての結果、自分の成長や成功が得られる。それが全てでした。

東京フェスティバルでもチャンピオンズリーグでも選手たちはいつも以上の力が発揮出来ていたように感じます。四戸さんはいつも本番では60%の力が発揮出来れば十分だという話をして下さっていました。それでもこの大会の選手たちは100%、それ以上のパフォーマンスが発揮出来ました。自分もその1人です。何がそんなパフォーマンスを引き出してくれたのでしょうか。

自分の中で、「誰かのために」という想いを養うためにマネージャーの活動はとても大きな役割を果たしています。マネージャーをやっているとチームや大会を運営してくれている人たちの存在をより近くに感じることが出来ます。何ならその一部となって一緒に舞台を創り上げることもあります。そして、そういった舞台を作り上げてくれる人たちへの想いや感謝は、自分の調子を最大限にまで引き上げてくれます。その原因は本当に些細なもので、あと1歩頑張ってみようかな、とか手を伸ばしてみようかなとかそんなことかもしれません。でも何故か調子が上向いてくるものなんです。こんな尊く素晴らしいことがあるでしょうか。こんなことを知ってしまったからには、もう後に引くことは出来ません。自分の後ろにいる「誰か」への想いを胸にプレーすることを忘れることはもうなさそうです。

そしてもう一つ、こんな時の試合はもう楽しくてしょうがないです。想いを背負ってプレー出来ると一つのプレーに対する悔しさや嬉しさ、喜びが段違いに大きくなります。この感情一つひとつはプライスレスなもので、自分に対して何ももたらしていないかもしれません。でも私たちはこのプライスレスな喜びに取り憑かれています。相手のシュートを止めた、アシストをした、点を取った、試合に勝った。その喜び一つひとつが自分たちを魅了します。その喜びを味わうためにはとてつもない努力が必要なこともあります。高い壁が立ちはだかることもあります。でも私たちは気が付いたらその壁に立ち向かって行ってしまうのです。その先にある喜びを目指してしまうのです。

この2つの大会を通して、個人としても本当に色々な感情を経験しました。歓天喜地、艱難辛苦。この1ヶ月、常に葛藤との戦いでした。マネージャーとしてチームに必要とされている、頼りにされているという喜び。選手として試合で活躍できた喜び。しかし一番大きく残ったのは、マネージャーとして、選手としてチームを勝たせられなかった悔しさ、辛さでした。

喜怒哀楽の感情は本当にジェットコースターのようなもので一瞬で覆ります。この1ヶ月で2度も天国から地獄への感情の変化を味わいました。しんどくてたまりませんでした。みんなの顔は見れないし、次の練習は怖くてしょうがありませんでした。でも、それと共にもう一つの欲も出てきてしまうのです。この悔しさを超えた先の喜びへの欲です。

今でも大阪成蹊との試合を思い出すと鳥肌が立ちます。最後にボールが自分を通り過ぎた瞬間、ブザーの音が鳴った瞬間の景色は頭から離れません。恐怖と、悔しさと、何が何だか分からない感情に苛まれます。
でも、それを克服して、乗り越えた先にはきっととんでもない喜びがあるはずなんです。だから“勝利”が欲しいのです。選手としても、マネージャーとしても、その喜びを得たいから勝ちたいのです。最後に“勝利”という結果を得ることができなければ、悔しさで終わってしまいます。もちろんその過程で学べることはたくさんあるでしょうし、成長出来ることは間違いありません。でも勝利してこそより大きな喜びを得られるのです。最後には勝利が必要です。自分はマネージャーとしても選手としてもチームを勝たせられる存在にはまだなれませんでした。もう目指すべき理想像は見えています。マネージャーとして、選手としてチームを勝たせること。両方で勝利を求めます。

これは持論ですが、二兎を追うのであれば、それぞれの兎に対する想いは人一倍強くなければならないと思います。実際の行動量というのは圧倒的でなければなりません。
私たちが共に兎を追う仲間たちは、兎を奪い合うライバルたちは、その1匹に全てを懸けている人たちだからです。二兎を追っている自分が一番やらなければ、そこでの基準を下げてしまうことになります。両方あるからどちらも50%ずつではなく、両方やるからこそ両方に120%を発揮しなければなりません。
自分がこの場所で勝負すると決めたからには、猪突猛進で進んでいかならないのです。絶えず努力を重ねなければなりません。それが覚悟なのでしょう。きっと喜びはその先に待っています。

そしてソッカー部には、サッカーで勝負することを決めた格好良い選手たちがいます。支えることで勝負することを決めた格好良すぎるスタッフ陣がいます。勝負することを決めたからには最後には勝利が求められます。そんな仲間達と共に戦える喜びも感じつつ、共に進んでいきたいです。
今週には関東リーグが始まります。全員が一戦一戦に全てを懸けて、大きな喜びに向けて、勝利に向けて戦っていきます。苦しいことも多いと思います。そんな時には身の回りにいる「誰か」のことを思い出して下さい。きっと楽しくなります。上手くいくようになります。人のせいにするのは簡単です。でも、人のお陰と思うのは難しいものです。「誰か」のお陰で自分達は今戦えています。そのことを忘れずその「誰か」のために戦っていきましょう。

そして、ご支援いただいている皆様、いつもありがとうございます。ご経験あるかと思いますが、皆様のご支援、ご声援というのは本当に力になります。どうか今シーズンもソッカー部へのご声援の程、宜しくお願い致します。
皆様の常日頃からのご支援ご声援への感謝を以てブログの結びとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。
今後共、変わらぬご支援ご声援の程よろしくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月3日(日)関東リーグ戦 第1節vs 青山学院大学@栃木市総合運動公園陸上競技場  14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ