オフィシャルブログ

後途の勝ち(ごどのかち)(山田武明)

2019.02.13

山田武平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただく、商学部新3年の山田武明と申します。

「後途の勝ち」
これは武田信玄の有名な言葉です。

「どうすればあなた(信玄)のような不敗の武将になれましょうか?」という質問に、信玄はこう答えます。
「不敗などということはない。儂(わし)にも負け戦の苦い経験がある。だが、大局的に見れば、その失敗を糧にして、最後には実利を得て来たのだ。それが“後途の勝ち”というものよ。」

“後途の勝ち”をもう少し具体的に言えば、
「最終的にどうなりたいのか」「その成果を明確にして戦いに臨み、最終勝利を得る事」です。
局地的な負け戦があっても動じることなく、直ちに最終勝利に向かって、次なる勝利への準備をする、それが信玄の生き方でした。

僕は、1年間の浪人生活を経て本塾に入学し、ソッカー部に入部しました。ソッカー部に対しては高校1年生の頃から憧れがあり、絶対にこのチームの一員として関東リーグや早慶戦でプレーしたいと願っていました。実際この強い想いにより、浪人生活を乗り越えることが出来たと自負しています。しかし、いざ入部してみると、1年時は練習についていくのも必死で、新3年になった現在もDチームというのが現実です。当時の理想と現実に大きな差があり、歯痒い思いで一杯です。
一方、ソッカー部には浪人の星であり、同期の内桶(新3年・國學院久我山高)が昨年の関東リーグ、早慶戦に出場し活躍しています。高校時代の経歴には自分と大きな差はありますが、同じ境遇で入部した同期がそのように活躍しているのを見て、尊敬すると共に、自分自身にムチを打つキッカケとなり、その存在に非常に感謝しています。同期には他にも浪人して入部した者が3人おり、彼らにも負けないように切磋琢磨して成長していきます。

少し話が逸れましたが、今シーズンもDチームからのスタートであるのが現状です。ですが、予てから抱いていた目標である関東リーグ、早慶戦の出場は決して諦めていません。他の部員はきっと、自分に希望を抱いていることは無いでしょう。しかし、苦しい浪人時代を乗り切ったメンタルと反骨精神を武器に、日々精進致します。
また現在、自分はリサーチとしても活動させていただいておりますが、昨年以上にソッカー部の勝利、1部復帰に向けて全力で取り組み、チームに貢献します。
そして、ソッカー部員としての最後の日を、どんな形であれ自分自身の「後途の勝ち」を実現した状態で迎えたいと思っています。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

【イベントレポート】新宿区立東戸山小学校サッカー教室

2019.02.07

2月4日(金)に新宿区立東戸山小学校にて、サッカー教室を行いました。
弊部からは新4年榊枝英将、佐々木龍、瀬戸稜太、平方陸、桑原美里(マネージャー)、新2年酒井綜一郎、篠原新汰、西村晋二朗、長谷川友己、吉田剛が参加致しました。
サッカー教室に初めて参加した部員もおり、大変新鮮な気持ちで臨みました。

3・4限目は1年生と2年生、給食を挟んで5・6限目は5年生にサッカーを教えました。

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"9756F8A5-80ED-49A6-B2EB-367DC89BB31F_1549273204989","width":4000,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"share_action_sheet","origin":"gallery","height":3000,"subsource":"done_button","total_editor_time":118,"brushes_used":0}

デモンストレーションでリフティングをする長谷川

1・2年生はサッカーをするのも初めてな子が多い中で、パス練習やミニゲームを通してサッカーの楽しさを知ってもらうことが出来ました。
楽しそうにボールを蹴っている姿を見て、初心に返った部員もいるのではないでしょうか。
給食の時間では数人に分かれ、教室で給食を一緒に食べました。その後、昼休みになり各々1・2年生と一緒に遊びました。
10分程しかない休み時間でもめいっぱい遊ぼうとする姿が純粋でかわいらしかったです。

5・6限目は5年生とより本格的なゲーム練習を行いました。ソッカー部員4人対5年生8人で行い、どちらも真剣に挑みました。

果敢に攻める5年生

果敢に攻める5年生

今回のサッカー教室で生まれた繋がりを大切に、これからも応援していただけるようなチームになる為、誠心誠意練習に励んで参ります。
今後とも温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

文責:桑原美里

【イベントレポート】平成30年度納会

2019.02.03

平成31年1月19日(金)に大手町サンケイプラザにて、平成30年度納会を開催致しました。
現役の部員と卒業生に加え、多くのOB・OGの皆様や保護者の方々が集まり、大変賑やかな会となりました。

司会進行は、平成31年度副務の横田亮平が務めました。

今年度の納会も非常に多くの方にご参加いただきました。
ご参加いただきました皆様本当にありがとうござました。

部員一人ひとりが最大限に力を発揮できる組織文化を育み、大学や地域との共生を図りながら、ソッカー部組織全体で一体感をもって価値を高め、 社会の発展に貢献していきたいと思います。

昨シーズンは大望を叶えられないまま終わってしまったシーズンとなりましたが、一部昇格を目指して、精一杯頑張ります。

納会では、ソッカー部に関係する方々の沢山のお言葉と想いを聞くことが出来ました。また、納会を通して改めて、普段私達がソッカー部に関係する非常に多くの方々に支えていただいていることを実感し、幸せに思うと同時に身の引き締まる思いになりました。
納会にご参加いただきましたOB・OGの方々、保護者の方々に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ソッカー部では、多くの方々からの支えがあり、選手一人ひとりが責任を持ち、日々主体的に考えながら行動することの出来る環境が備わっています。ソッカー部がより良い組織となり、必ずや1部に昇格することが出来ます様、選手、グラウンドマネージャー、マネージャー一同力を合わせ、よく考えて行動し日々努力を重ね、高みを目指して参ります。
気持ちを新たに、新シーズンへ準備して参りますので、今後共温かいご声援を何卒宜しくお願い致します。

文責:奥山大

意義(濱田真)

2019.02.01

濱田真平素は大変お世話になっております。今回のブログを担当させていただきます、経済学部新3年の濱田真です。本来は新2年と同じ歳ですが、新3年です。(これについての説明はややこしいので今回は省かさせていただきます。)

今回のブログでは自分がソッカー部を通してどのような財産を得られたのかについて書 かさせていただきます。同期の大田原(新3年・慶應義塾湘南藤沢高等部)も書いていましたが、入部を迷っている新入生に参考にしていただけると幸いです。このブログでは慶應のチームの一員であることと、ここで出会える仲間の2つについて書こうと思います。

まず、ソッカー部ではチームの一員であることの大切さを強く感じます。ソッカー部は150人以上の大所帯ですが、全員が組織の為に何が出来るかを考えており、入部当初は自分の意識の低さを痛感しました。自分にはこのような大規模な組織の一員になる経験がなかったので、ソッカー部を通してチームとは何か、そしてチームであることの大切さを知りました。表舞台で戦っているのは選ばれた11人ですが、常にソッカー部の150人全員で戦っているんだなと思うようになりました。例えばそれが試合運営や審判派遣、毎日制服を着ることや少し掃除をするというような微々たる行動に関しても組織の在り方に影響するのだと思い知りました。

もう1つはここで出会える仲間です。ソッカー部では様々なことを決める時に、同期で集まってミーティングを行います。これまで自分が歩んできた世界ではこのようなミーティングは多少適当になることが多かったのですが、ソッカー部では時には厳しいことも、思っていることをポジティブにぶつけることが出来る仲間がいます。こういった関係性は他ではあまり得られないことだと思います。そしてその仲間と過ごせる時間は、部室での他愛のない時間でさえ大きな財産になっています。

このようにここ、慶應義塾体育会ソッカー部でしか得られないことがあります。ましてや好きなサッカーを通してこれらを培えるので最高です。新1年の皆さん、是非ソッカー部の門を叩いてみて下さい。
最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、 宜しくお願い致します。

2つの言葉(西村晋志朗)

2019.01.16

西村平素より大変お世話になっております。今回のブログを担当させていただきます、商学部1年の西村晋志朗です。今回初めてブログを担当させていただきます。何を書こうかと迷っていたところ、僕が昔お世話になり、現在学生コーチをしています慶應サッカースクール(以下KSS)が今年40周年の節目の年という事で、僕とKSSの関わりについて書いていきたいと思います。

僕がソッカー部の選手と並行して、KSSの学生コーチをさせていただいている最大の要因は、大学ソッカー部に入るきっかけをくれた場所であり、恩返ししなくてはならないという思いがあるからです。このきっかけとは、1つ目は早慶サッカー定期戦で、同じ黄色のユニフォームを着た選手が戦う姿を見たり、その舞台で元横浜F・マリノスの中町選手のエスコートキッズをさせていただいたりした事。そしてもう1つが、当時の学生コーチだった方に憧れを抱き、その方の様になりたいと思った事。この2つが大きな要因です。

学生コーチに憧れを抱いた思い出の中に、『規律とリスペクト』という2つの言葉を教えてもらった記憶があります。それは小学校5年生のKSSの夏合宿前のミーティングの時でした。当時の学生コーチと、KSSの代表である父から「合宿ではこの2つの言葉を忘れずに行動して欲しい」と言われ、ホワイトボードにこの2つの言葉が書かれいていたのを覚えています。続いて、「いつもの練習と違って合宿ではたくさんの人がいる。いつも学校で言われているような最低限のマナーは守ろう。そして相手チーム、審判、仲間、コーチ全ての人にリスペクトをする事。君達は慶應、KSSの代表として大会に出るからね」というようなことを言われました。

今となっては、ルールやマナーを守ることは当たり前ですし、出来なくてはなりません。リスペクトも同様です。絶対に忘れてはなりませんし2018年のソッカー部のスローガンでもありました。しかし当時の自分にとっては、意味は知っていても、使ったことのない新鮮な言葉だったからか、尊敬する学生コーチからの言葉からだったからなのか、または『慶應の代表』と言われたからなのかは分かりませんが、今でもあのホワイトボードに書かれていた『規律とリスペクト』の文字は忘れられないものであり、今の自分を作った言葉だとも言えます。

このような一生思い出に残る体験を今のKSS生にもして欲しいし、させてあげたい。それが自分が学生コーチとなった今、すべき事ではないかと考えています。その為にも憧れた学生コーチのような人間なれるよう、日々成長して参りたいと思います。

拙い文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございます。
今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ