オフィシャルブログ

「これが私の取扱説明書第1章に書くこと。」(山崎健翔)

2020.07.30

平素より大変お世話になっております。今回初めて部員ブログを担当させていただくことになりました、法学部法律学科1年の山崎健翔と申します。長く拙い文章ですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

中学生の頃から自分なら何を書くか想像しながら部員ブログの更新を毎回楽しみにしていた程、「部員ブログオタク」を勝手に自称している私がそのブログを書く立場になったことが何だか不思議な気分であると共に嬉しくもあります。部員ブログオタクである私のデータベースによると、初めてブログを書く際のテーマは自分が日々大事にしていることや自分のサッカー人生の振り返り、これからのソッカー部での活動に対する決意表明等自らのアイデンティティに基づいたテーマが選択される傾向にあります。それを踏まえた上で今回初めてブログを書くに当たり、同期や先輩方に「健翔って面白い文章書くな」だったり、知人に「この前更新されていた部員ブログ読んだけど良かったよ」と言われたい等を欲張りながらに思いました。どんなテーマにするか少しだけ悩んだのですが、自分がどんな人間なのかという点を皆さんに知っていただきたいという気持ちが強かった為、自分の根底にあるものについて触れてから、自分が日々どんなことを考えて生きているか、何故ソッカー部の門を叩いたのかについてお話したいと思います。(前置きが長くなってしまいましたが、いつも友人に話が長いと言われ、小学生の頃から感想文で膨大な量の作文を書いてきました。こういう人間なんだということで大目に見て下さい。)

私の地元は弊部の下田グランドがある日吉から目と鼻の先に位置する武蔵小杉で、3歳の頃から現在に至るまで慶應のお膝元であるこの地で生活してきました。散歩したり、自転車で日吉駅を通りかかる度に言葉では説明することが難しいのですが、まばゆい程の輝きを放っている学生の姿を見て慶應への憧れは高まるばかりでした。振り返ってみると、そんな私の人生は常に慶應への憧れと、いくら頑張っても届かないという二部構成で構築されていたと思います。この時は自分の意志ではなかったものの、慶應への初めての挑戦である幼稚舎の受験はあえなく撃沈しました。小学校は立教の付属校に進むことになり中学も立教の付属に進学したものの、慶應への思いは消えることはなく高校受験の際に2度目の挑戦をしましたが、この時も思いは実ることはありませんでした。この様に私の根底には、慶應への漠然とした憧れが幼い頃からあるのです。3度目の正直として臨んだ大学受験でついに長年の片想いが結ばれ、自分の納得出来る結果を得ることが出来た今だからこそ言えるのかも知れませんが、神様は本当にいて、その神様は試練を与えるけれど、その試練は実は試練ではなくてその時の自分が最も成長出来る環境に送り込んでくれているだけなんだと思います。立教小学校では恩師と呼べる先生方と出会うことが出来、宝物として今も胸の中に燦然と輝く数々の思い出を作ることが出来ました。高校は桐蔭学園高校に入学したのですが、本当に毎日が楽しくて、特にサッカー部の活動の中で生涯付き合うであろう最高の仲間と、環境にも恵まれました。立教で過ごした日々も桐蔭で過ごした日々もそれがなかったら今の自分はいません。これまでの人生で起きた全ての出来事に意味があって、それらを自らの根底として私は生きています。

次に自分が日々どんなことを考えて生きているかですが、「面白い人間になる」ことを大きなテーマとしています。ギャグのセンスは確実に同期の中で最下位争いをしている状況なので高めていくことは勿論ですが、この「面白い人間」とはお笑いの面白さではなく人間的魅力に溢れた人になるという定義です。魅力に溢れた人間とはどんな人なのか、そして魅力に溢れる人間になりたいといったことを考えるきっかけになったのは高2の時に出会い慶應のSFCに通っていたある人の言葉でした。「他人が無理だと笑う様な夢でも俺は声を大にして宣言し続けるし行動し続ける、俺は日本の教育界を必ず変えたいから。」と熱弁された時自分はこの人の器には到底及ばないし、人生を懸けて頑張り続けてもこの人を超えることは出来ないのかも知れないという初めての感覚を感じました。あの言葉が胸の中に残り、自分も夢を諦めずに突き進み続けることが出来たら、自分が与えられた役割を全力で全うし続けたら、毎日当たり前のことを当たり前に取り組むことが出来たら、、、という様にどうしたらこの人を超えることが出来るだろうかと考える様になりました。そこで辿り着いたというか探求すべきだと思ったのは、誰が見ても人間的魅力に溢れた「面白い人間」になることです。私にはJリーグのチェアマンになって日本サッカー界の価値向上、そしてJリーグを世界一魅力的なリーグにするという夢があります。大学生活4年間で私が目標とするある人を超えることは難しいかも知れませんが、人生を通して必ずその人を越えていきたいと思います。

最後に何故ソッカー部の門を叩いたかについてです。元々私の根底には慶應への憧れがあったというのはお話してきた通りなのですが、その憧れはサッカー早慶戦の観戦で確信に変わりました。小学校6年生の時に初めて観戦した早慶戦の雰囲気に圧倒され、この様なピッチでプレーしたいという想いと必ずここに立つという決意が生まれたのです。早慶戦の魅力は数え切れません。大学サッカーで最も伝統のある試合であり、熱すぎるプレー、スタジアムが揺れる程の応援。ピッチ上の選手だけでなくこの試合に関わる全ての人達が12歳の私の瞳の中でキラキラと輝いていました。誰も強制されて応援している人はおらず、心の底からここにいたいから、応援したいからという気持ちを持って母校を応援している。そんな素晴らしい光景を目の当たりにしたことがこの部でサッカーをしたい、そう強く決意するきっかけになりました。プレー面では課題が多く、関東リーグ出場や早慶戦出場という目標にはまだまだ遠い距離にいるのが現状ですが、慶應ソッカー部に対する思い入れや熱さは誰にも負けていないと思っています。必ずプレーで慶應を勝たせられる選手になります。

ここ8年サッカー早慶戦はいつも慶應が負けています。1-2の時も0-1の時もありましたが惜しい試合はしても勝ち切る姿というのは、まだこの目で見たことがありません。今は自称ですが「慶應の韋駄天ハードワーカー」と呼ばれ様な選手になって、ソッカー部の勝利に人生を懸ける覚悟が私にはあります。以上の様に、これまでの人生全ての日々を糧とし「面白い人間になる」というテーマを掲げていて、早慶戦にとりわけ強い気持ちを持つのが『山崎健翔』という人間であり、これが私の取扱説明書第1章です。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。関東リーグは少なくとも前期の間は無観客での試合となりますが、この様な特殊な環境で現在プレーしているからこそ、応援や日頃からのご支援が決して当たり前のことではないとを痛感しております。難局はこれからも暫く続きそうではありますが、今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月1日(土) 関東リーグ戦 第5節 vs中央大学
@RKUフットボールフィールド  15:00キックオフ

※無観客試合の為、ご観戦は出来かねます。

「俺のライバル」(齊藤淨)

2020.07.24

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、経済学部2年の齊藤淨です。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

突然ですが、私にはライバルがいます。そいつは、怠け者で自分に甘く、わがままで不純でいつもどうやって楽をするかばかりを考えています。自分さえ良ければ後は何でも良くて、他人の迷惑なんて知ったことではありません。私はそいつと四六時中一緒に過ごし、良く喧嘩をします。勝つことの方が多いですが、こっぴどくやられることもしばしばあります。また、そいつが喧嘩を仕掛けてくるのは大抵、精神的体力的にきつい時で、私が弱った所を狙ってやってきます。例えば、試合中疲れて足が重い時、私生活で上手くいかずイライラしている時、そいつは守備に戻るのをサボろうとするし、身体のことを顧みずに美味しい物を食べてストレスを発散しようとします。正直残念ですが、これに関して私の勝率が完全に100%と言い切ることが出来ません。そいつは時に、強敵になって私を負かしにくるので、私は毎日戦いの準備をしておく必要があるのです。

ここまで読んでもうお分かりいただけたと思いますが、私の言うライバルとは、私の心の中にある未熟な部分です。俗に言う「天使と悪魔」の悪魔の様な存在です。そいつはいつも私の心に語りかける様に誘惑してきます。恥ずかしいことですが、まいっか、と妥協して負けを認めることなんて今まで数え切れない程してきました。皆さんにも過去にそういったシーンがあるのではないでしょうか。これは、ただそいつが強いのではなく、私が弱いからです。そいつの強さはこっちの状況によっては変化しますが、基本的に他の人とあまり大差はなく、違いがあるのはその人の自分を律する強さのみです。本田選手なんかは、リトル本田が強すぎて、おそらく殆ど負けてないのではないでしょうか。勿論私も常に勝っていたいし、そういう自分でありたいと思っています。ではどうやったら心の中の未熟な部分に勝てる様になるのか、それは理想の自分をどれだけ追求することが出来るかだと思います。理想の自分を常に持ち、負けても良いだろうというマインドを作らないことが未熟な自分に勝ち続ける最も有効な、でも難しい方法だと考えています。それがサッカー選手として、人として成長することが出来る大切な考え方だと思います。

私の目標は、TOPチームでプレーすることです。これが私にとっての理想です。試合中疲れて足が重い時、私生活で上手くいかずイライラしている時、理想の自分、TOPチームの自分だったらどういう決断をするだろうか、どういう行動を取るだろうか。きっとチームの為に足がつるまで走り続けるだろうし、身体のことを考え何か良い発散方法を探すだろうと思います。こうやって理想の自分を追求していけば、きっと未熟な自分に負けることはなくなり、少しずつでも成長出来ると信じています。ただ、常に勝たなければならない訳でもありません。時には頑張り過ぎず自分にご褒美をあげることも必要ですし、自分の主張を通すことも楽出来る時は楽をすることも大切であると思います。これが、怠け者で自分に甘く、わがままなそいつを悪い奴と完全否定するのではなく、ライバルと言った理由です。私は、この未熟な私を消したいのではなく、ライバルとして共に成長していきたいのです。勿論戦う時は全力で勝ちにいきます。最後に、私の尊敬するアーティストの言葉を残しておきます。

『自分自身と戦って、毎日自分に勝てる人が夢を叶えられます。』(J.Y.Park)

私は、理想の自分になる為に、TOPチームでプレーする為に、これからもこの忌まわしくも愛すべきライバルと、全身全霊で戦っていきたいと思います。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月1日(土) 関東リーグ戦 第5節 vs中央大学
@RKUフットボールフィールド  15:00キックオフ

「読まないでください」(道家拓真)

2020.07.19

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、環境情報学部1年の道家拓真です。

監督、数名の先輩から「道家はサッカーが楽しいのか」と質問された。私は勿論サッカーが大好きで生活の一部とさえ考えている。質問した先輩の一人はボールを蹴ること自体が楽しいと言っていた。しかし私の場合、そこで改めてサッカーのどんな要素が私を惹き付けるのか考えてみた。
楽しんだ者勝ちというのは間違いない。しかし、私はサッカーをする時はいつでもワクワクした気持ちでいるということは出来ない。楽しい時期、楽しくない時期がある。最近カテゴリーが上がってから、強く劣等感を感じた。正に今が楽しくない期間だ。この期間は次に楽しい時が来る為の準備期間。時期の移り変わりの期間に大きく成長してきた。伸びる時は一瞬で伸びる。今はまだバネが縮んでいる状態。だから、自分を信じて準備に徹する。

受験生へ
どうしても慶應に行きたかったので私は浪人しました。というより、本当は何処にも合格しませんでした。高校で勉強したのは、四則計算、古文の動詞の活用形、現代文では漢字程度で、殆ど勉強しませんでした。現役時、SFCの英語の点数は200点満点で40点程度、浪人時代も模試の判定は最後までE判定でした。しかし朝から夜、食事中、風呂、電車の中で勉強し続けて、第一希望の環境情報学部、その他受験した大学は全て合格しました。1月まで約1年間結果が出ませんでしたが、その期間は大きなバネが縮み切って爆発的な成長を遂げる為の期間だったと思うのです。毎日驚く程の伸びを実感しました。だから、ありきたりですが最後まで諦めて欲しくないのです。
浪人すると体力が落ちるし、試合感がなくなると考えてしまう人もいるでしょう。私は直前期まで1日最低10分走り、週1で個人フットサルに通い、その時に出来るベストは尽くしました。いざ試合に出てみると、自分が浮いている感覚や5分程で足が疲労で震え始めました。しかし大学4年間あると考えれば体力、試合感を戻す期間等、大したことないはず。自分をどんな風に見る人がいても気にしないメンタルさえあれば。

私はサッカーのどんな所に魅力を感じるのか分かりませんでした。結論として、何か好きなのです。

チャンスを与えてもらったことに感謝し、自分を信じて、爆発的に成長します。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月1日(土) 関東リーグ戦 第5節 vs中央大学
@RKUフットボールフィールド 15:00キックオフ

「日本を知りたい」(岡田舜立)

2020.07.14

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました環境情報学部2年の岡田舜立です。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

今回は初めてのブログで何を書こうか悩みましたが、日本の大学に進学した理由について書きたいと思います。

私は人生の殆どを海外で過ごし、ドバイ、フィンランド、イギリス、オーストラリアの4ヵ国で生活をしてきました。日本で一度も教育を受けたこともなく、生活をした経験がほとんどなかった為、日本をあまり知らずに生きてきました。フィンランドに居た頃はインターナショナルスクールに通ったり、週1の日本人学校に通ったりしていたので日本や日本人との関わりはありましたが、小学6年生の時イギリスに引っ越したことをきっかけにその関わりが殆どなくなりました。現地校に通い、学校で日本人は自分と弟だけ。通っていた週1の日本人学校も距離的に通えなくなってしまった為、本当に現地の子供と同じ様な生活をしていました。この時の自分にとって「日本」とは、ただ自分が生まれた場所でしかなく、2年に一度旅行に行く様な遠い存在でした。深い関わりもなければ、一生戻る必要がないと考えていたので日本について興味を示さず日本語の勉強等もなるべく避けて生活をしていました。

しかし、高校生になりオーストラリアに引っ越しその様な考えは一転しました。オーストラリアは多文化多民族国家と言われており、非常に多様性が強い国でした。人口の25%が海外生まれ、更に25%が両親のどちらかが海外出身という統計がある様に、様々な背景を持った人が共に生活をして共存している国です。そんなオーストラリアで出会った人は、自分の背景を自身のアイデンティティの一部として強く実感しており、誇りに感じているという印象を受けました。自分のアイデンティティを忘れずにいることで、多文化多民族国家の社会の中でも自分を失うことなく生活出来ていると感じ、如何に自分のアイデンティティが大切であるかということを学びました。

この様な経験を踏まえ、自分は日本人であるのにも関わらず日本について何も知らないことが勿体ないと感じる様になりました。「日本」を知ることは自分自身を知ることに繋がり、自分自身の成長に繋がると考えました。これからの人生に於いて日本を知ることは重要なことである、と決心した私は日本の大学に進学することを決めました。実際に日本で教育を受けて生活をすることで、日本という国の理解を深めることが出来ると考えたのです。

日本に来て約1年半が経ちますが、この選択は間違っていなかったと思います。日本での生活は正直慣れないことが多く大変なことばかりでしたが、ソッカー部の同期や先輩の方々のお陰で乗り越えることが出来ました。特に同じ帰国生の先輩である清水凛太郎さん(3年・William Fremd High School/Sockers FC Chicago Academy)や中江暸介さん(3年・International School of Paris/Athletic Club de Boulogne-Billancourt)の存在は大きく、困っている時気軽に相談に乗ってくれました。いつもありがとうございます。

これからも残された日本での大学生活を楽しみながら、日本の理解を深めていきたいと思います。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月18日(土) 関東リーグ戦 第3節 vs法政大学
@RKUフットボールフィールド 17:30キックオフ

「楽しさ」(小澤星夜)

2020.07.10

平素よりお世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、商学部1年の小澤星夜です。入部して間もないこの時期に、ブログを書くことは控えた方が良いであろう文才のない自分が担当となり困惑しております。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

緊急事態宣言による自粛期間中、家の中で私に付いたあだ名は「穀潰し」。最初私は言葉の意味が分からず、母に意味を尋ねると「食べるだけは1人前で、役に立たない人のことだよ!」と言われ、私は愕然としました。確かに食べることは好きな私ですが、自粛期間中の自分は何か空っぽな気がしていました。高校のリーグ戦が終わってすぐに大学の練習に参加させていただき、1月の学校の期末試験を頑張って乗り切り、2月には本格的に大学のサッカー生活が始まっていました。今まで自分を客観的に振り返ることが出来なかったので、長い自粛期間は自分を見つめ直す良い機会だったと思います。

私の高校生活を振り返ると、高校生活の後半はただただ過ごすだけの日々でした。自分の置かれた環境に慣れてしまい、変わらなくても何となくやっていけるだろうと思い、自分の弱い部分から逃げて「変化」をしなかったのです。だから、未だに中身は大学生とは言えません。大学の練習が始まって2ヶ月が経っていましたが、そこでの自分はただ練習に参加してただ何となく練習をこなすだけでした。大好きなサッカーをやっているのだから楽しいのは当たり前なのですが、その「楽しさ」には何か違和感がありました。

自粛期間中の前と後ではこの「楽しさ」に対する考えが「変化」しました。家でゴロゴロして携帯をいじっていた時に岡田武史さんの記事を見つけ、そこには以下の様に書いてありました。

例えばギャンブルで、大金持ちのお金を分けてもらって「それで遊んでいいよ」と言われて大儲けしても失っても、面白くもくそもないでしょう。自分のなけなしの金を賭けるから、増えたら「やったー」と思うし、なくなった時に「うわ、やばい」と思う。要するに「ミスするなよ」と言われている中でいかにリスクを自分の責任で負えるか、それが本当のスポーツの楽しさなんです。本当に楽しむ為に何をしないといけないかというと、「頭で考えながらプレーするな」ということ。これは試合での話です。練習では考えてやらなければいけない。でも、「試合ではそれを頭を使ってやるな。自分が感じたことを信じて勇気をもってしろ」それが楽しさです。

私のポジションはボランチです。攻撃の時は360度から敵が来て、守備の時も360度に敵がいてリスクが高くミスをしてはいけないポジション。だからこそ、この「楽しさ」がよく分かります。私は練習より試合の方が好きです。ミスしてはいけない緊張感のある試合の中でチャレンジをしてそのプレーから得点やボールを奪えた時が楽しく嬉しい瞬間だからです。試合の中でリスクを冒してチャレンジするには、練習でチャレンジして展開の早い試合の中で力を発揮出来るという自信を付けなければいけません。今の私は課題が沢山あることを自覚していますが、練習でのチャレンジが足りないと思います。これでは試合でチャレンジ出来ず、上手くなることは出来ません。試合での自分のプレーをイメージし、考えながら練習に取り組み、今以上にサッカーを楽しみたいです。

大学サッカーで戦う4年間はあっという間だと思います。楽しむことを忘れず、1日1日を大切にして、早慶戦に出て活躍するという目標に向かって日々精進していきます。

拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
7月12日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs国士舘大学
@RKUフットボールフィールド 15:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ