オフィシャルブログ

ワールドカップ(依田興汰郎)

2018.05.21

依田平素は大変お世話になっております。今回部員ブログを担当することになりました総合政策学部1年の依田興汰郎と申します。まさかブログ担当の順番がこんなにも早く回って来るとは思ってもいませんでしたので、何を書こうか前日まで悩んでいました。どうかお手柔らかに最後まで読んでいただけると幸いです。

今回はワールドカップが近いということもあり、私が注目しているフランス代表の指導者の育成についてお話をしたいと思います。
フランス代表が選手・指導者の育成大国と呼ばれているのをご存知でしょうか?

フランスが育成大国と呼ばれるようになったきっかけは1960年にフランス連盟直属の監督としてジュニア(U-21)の代表監督を務めていたジョルジュ・ブローニュ氏の影響でした。当時としては育成するには早いと思われていましたが、彼は18歳くらいの若い世代からの育成が必要だと感じたことから研修合宿を組織したのです。その中で「選手育成が大切なのはもちろんだが、優れた選手を育成する為には優れた指導者が必要。優れた指導者を育成するには優れた指導者育成が必要。」と選手育成のカギは指導者育成であることを確信しました。そして彼は、当時強豪だった東欧先進諸国を熱心に訪問し、比較研究を行ったのです。

こうして彼は指導者育成の方法論を考案しました。フランスではプロクラブの監督になる為に必要なライセンスを習得するには1000時間の講習、実技実習、テスト、そして最終試験に合格しなければなりません。講習の内容には、教育学的知識、心理学的知識、行政知識等が含まれており、全てがハイレベルに求められています。更に選手育成のスペシャリストとなった人々が指導者の指導者となり、世界で唯一の指導者の育成専門集団「コール・ド・フォルマトゥール」を30年掛けて築き上げたのです。

このように、フランスは30年という時間を掛けて試行錯誤し、何より情熱を持って選手育成と指導者育成の両立したシステムを1990年に完成させました。そして1998年のワールドカップで見事優勝することが出来ました。そして今回フランス代表にはポール・ポグバ選手やアントワーヌ・グリーズマン選手等といったスター選手が数多く召集されています。是非ワールドカップを観戦する際は、日本だけに限らずフランスにも注目していただけると幸いです。

拙い文章でしたが最後までお読みいただき、ありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月30日(水) 関東リーグ戦 第7節 vs東京農業大学
@慶應義塾大学グラウンド 17:00キックオフ

同期に教わったこと(小林颯)

2018.05.17

小林颯平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、文学部3年の小林颯です。
拙い文書ではありますが、最後までお読みいただけると幸いです。

“努力は必ず報われる”
AKB総選挙でも話題になったこの言葉、よく聞く言葉ですが、皆さんはこの言葉に対してどんな意見を持っているでしょうか。必ず報われるなんて嘘に決まってると言って端から努力をしない人、報われると信じ続けられる人、様々な人がいると思います。今回はこの問いについて私が今までの人生で感じたことをお話させていただきたいと思います。

とは言っても、私も高校時代までこの言葉を全く信じていませんでした。
高校サッカーラストイヤー。私達の代は、幾度となく母校を全国大会へ導いてきた監督から、全国に行ける力を持っていると言われ、練習試合では全国の強豪と対等に渡り合う等、チームの誰もが今年は絶対全国大会に行けると確信していました。しかし結果は都大会1回戦敗退。私は最後の集合で監督が仰った”報われない努力もある”ということを学びました。
また同時に、暁星高校を背負って全国の舞台で戦うという小学校の頃から抱いていた夢が潰えた時、私は努力の儚さを感じました。

そんな私も受験をし、小学校から一緒にサッカーをしてきた同期の宮川(4年・暁星高)、その他にも暁星の先輩が3人いたことにも影響され、ソッカー部の門を叩きました。入部してから今まで2年間、私と同じポジションのスタメンは私の同期です。それはつまりこのままでは私は4年間試合に出れないまま引退するということを意味します。スタメンで試合に出る為には何人抜かなければいけないのか、1年近く怪我で離脱していた今の自分の状況を考えると気が遠くなり、目標を見失った時もありました。

そんな時に支えになったのは同期の姿でした。1年生の頃、共に1番下のチームでプレーしていた木南(3年・國學院久我山高)は、練習後も誰よりも自主練を重ねており、ソッカー部1ストイックといっても過言ではありません。そんな彼の努力は実を結び、学年を重ねる毎にステップアップし、遂に今シーズンからトップチームに所属し、先日関東リーグデビューを果たしました。プライベートでも仲が良いのであまり言いたくはありませんが、彼が憧れの関東リーグでプレーしている姿には鳥肌が立ちました。報われる努力もあるんだなと素直に思うことが出来ました。きっと1年生の頃、1番下のチームにいる彼が関東リーグに出場するなんて予想出来た人は本人以外にいなかったでしょう。

彼はあくまで一例であり、他にもソッカー部にはこのような選手が大勢います。陽の当たらない場所で努力し続け、目標への距離を日々縮めている選手が沢山います。私も他人に影響を与えられるような存在になれているか、自問自答し続けなければなりません。こんなに刺激的な同期と出会えたことがソッカー部で得た1番の財産だと思います。サッカーエリートから弱小校まで、高校までのバックグラウンドは全く違いますが、ソッカー部に入って、大切なのはそんな過去ではなく目標に向かって努力し続けることだと気付かされました。実際木南は高校時代、全くと言っていい程試合に出れていないのです。詳細はこのブログをご覧下さい。(2017/6/8 小島陸「木南くん」より)

そんな今なら私は”努力は必ず報われるのか”という問いに対して、”報われるかは分からないけれど、無駄な努力なんて無い”と答えます。これはソッカー部に入らなかったら気付けなかったであろう、今後の人生においても大切にしていきたい学びです。

最後までお読みいただきありがとうございました。これからも支えてくれた人への感謝を忘れず、日々自分の目標に向かって努力し続けたいと思います。今後共、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月20日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs立教大学
@拓殖大学グラウンド 14:00キックオフ

強い集団(橋本健人)

2018.05.14

橋本平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年の橋本健人です。

このブログでは「強い集団」について書かせていただきたいと思います。

「強い集団」
これは私がずっと憧れ、追い続けているものです。私はシーズンを通して勝ち続ける様な、いわゆる常勝軍団の一員としてプレーした経験はありません。

前所属の横浜FCユースでは、主将を任され、強いチームにすべく努力しました。しかしなかなかチームとして結果が出せず、強くなることが出来ませんでした。個人個人の実力は高いのに、なぜか勝てない。自分達が優位に進めた試合で勝ち切れない。大事な試合で本来の実力を発揮出来ない。そんな状況が1年間続きました。仲間の実力を引き出せない自分の情けなさを痛感しました。

「強い集団」にあって、他のチームに無いものは何か。そんな時、常勝軍団の鹿島アントラーズに所属していた、岩政大樹さんの「PITCH LEVEL」という本が、私にヒントを与えてくれました。岩政さんの考え方で、それまでの自分の考えは一変しました。特に印象的だったのが、「勝負強さとは、勝負所を決めないことだ」という言葉です。これは、結局、勝負所とはその時の自分ではなく、それまでの自分が表れる場面であるから、日々の取り組みが全てであり常に良い準備をすべき、ということです。私は、練習で発揮する実力以上のものは試合で発揮出来ないと思っています。試合の際にどんなに意気込んでも、いつも以上のプレーは出来ません。試合の際グラウンドで表現出来るのは普段の自分です。当たり前のことを言いますが、結局普段の練習が全てだということです。練習から果敢に挑戦し、自分の課題に取り組み、チームの為に働く。私の考える「強い集団」は、そういう普通のことを普通に出来る集団だと思っています。

また強い集団になる為には、前向きな負け方が出来るかどうかも非常に重要だと考えています。勿論チームの理想は、勝ち続けることです。勝つことや成功体験の積み重ねがチームに自信をつけ、集団として強くなっていきます。しかしどんなに強い集団でも、負けてしまうことは必ずあるでしょう。何も出来ずに負けるのか、それとも何か残して負けるのか。一つの試合に負けるにしても、その負け方によって得るものの差は大きいです。たとえ残り時間と点差を考えてほぼ負けが決まっている状況でも、試合終了の笛が鳴るまで全力でゴールを目指す、ひたむきにプレーする。そんな絶えない勝利への執着心が、強くなる為には必要だと思います。

最後に、私は、強くなる為にソッカー部に入部しました。私自身の能力を上げることは勿論、自他共に認める、強いソッカー部にしたいと思っています。それにはそれ相応の個人の能力が不可欠です。私は、このソッカー部での4年間で多くの部員の皆さんと切磋琢磨し、より強く成長していきます。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
5月20日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs立教大学
@拓殖大学グラウンド 14:00キックオフ

変化を恐れるな(草野信之介)

2018.05.10

草野平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました。環境情報学部2年の草野信之介です。

去年ソッカー部に入部してから早くも1年が経ちました。新たな環境に身を置くことで感じた「成長」について今回のブログでは書きたいと思います。

ソッカー部に入部してから早1年、入部当初にトップチームに上げてもらったものの、昨年はC1チームまで落ち、今年もシーズンインこそはトップチームにいたものの現在はBチームで出番を得られないという厳しい状況にいます。入部してから目に見える結果は何一つ残せていませんが、自分のプレーは日々成長出来ていると感じています。ただその一方で今の成長速度では遅いということも痛感しています。

そんな私が大学に入ってから感じたのは、自分という選手を成長させるには常に変化が必要だということです。
高校から大学の初期にかけての私はほとんど成長が無かったと感じています。それは自分に変化を与えることを恐れていたからです。新しいことにチャレンジしたり、変化を求めることで今のプレーの質が落ちるのではないか、自分のプレーを見失ってしまうのではないかという不安があったのです。

高校時代のコーチであった恩師はよく「現状維持は衰退」という言葉を仰っていました。恩師は、自分が現状を維持していても周りは常に進化しているのだから結果的に見れば後退しているという意味で仰っていたのだと思います。

本当に素晴らしい言葉ですが、この言葉は違った捉え方も出来ると思います。どんなトレーニングであっても現状を維持しようとするのは簡単です。ただ同じことの繰り返しでは人間はすぐに慣れてしまい、成長の幅はガクンと落ちます。ちょっとした意識であっても何か変化という刺激を与えていかなければ成長し続けることは出来ないのです。つまり現状維持というのは自分で自分の成長を妨げることになります。私はこれこそが一人のサッカー選手としての衰退であると思うのです。

現状を維持することに対して、自分に変化を求めることは相当厳しく、難しいものです。客観的に自分を見て何が足りないのかを考え、それに伴った行動を自分で選択していかなければなりません。また変化を求めることで上手くいかないことが出てきて、壁にもぶち当たるでしょう。今までは無かった悩みも出てくるかもしれません。成長には変化が不可欠ですが、変化には常にリスクが伴うのです。しかしそれでも私は変化を求め続けることが必要だと思っています。それは現状の自分というサッカー選手に満足していないからです。

私はまだまだサッカー選手として未熟です。それでも「上手くなりたい、成長したい」という気持ちは誰よりもあるつもりです。そしてそう思い続けられる限りはいくらでも伸びることが出来ると思っています。

置かれている現状は厳しいものです。もちろん、もどかしさや焦りがないわけではありません。ただそれでも自分を信じて一歩ずつ変化を求め、進化し続けたいと思います。「変化を恐れるな」と常に言い聞かせながら。結果は必ず付いて来ます。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
5月20日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs立教大学
@拓殖大学グラウンド 14:00キックオフ

ゴールキックから始まるチャンス(荒貴史)

2018.05.07

荒平素より大変お世話になっております。今回、ブログを担当させていただくことになりました商学部1年の荒貴史と申します。

今回初めて担当させていただくブログの内容について思考した際、先日の本吉先輩による「戸田和幸トーニング」が自分の中でとても心に残っていた為、私も現在のCチームのトレーニングについて述べさせていただきたいと思います。私のポジションであるGKの視点から我々の取り組みをお伝え出来ればと考えております。拙い文章になりますが最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

さて、戸田コーチの指導を受けて早くも三ヶ月が経ちますが、多くのアドバイスを頂き、多くの事を学ばせていただいております。

その中で私が最も力を入れて取り組んでいる事は「ゴールキック」です。一般的にはゴールキックを得た際、DFラインを上げ、サイドの選手を内側に絞らせ、全体の選手同士の間隔をコンパクトにします。その後味方FW、もしくはサイドハーフを目掛けて高いボールを蹴り、陣地を逆転する戦術が主流です。

それに対し、ソッカー部Cチームではゴールキックを得た際、GKは高いボールを蹴りません。低い弾道やゴロのパスをフリーでいる選手に出します。これには2つの理由があります。

まず、高いボールを前線の選手目掛けて蹴ったとしてもマイボールになる確率が低いからです。なぜならCチームの前線の選手はドリブル、シュートの技術はあるものの、空中戦への強さは若干劣っているからです。他の大学の選手の方が上背もありヘディングには強そうです。その為、ゴールキックの際、Cチームでは高いボールを蹴りません。
もう1つの理由は、組織を作り、マイボールの時間を多くしてゴールを目指すサッカーに我々は挑戦しているからです。高いボールを蹴って陣地を逆転することは簡単です。しかし、攻撃のバリエーションは少ないですし、相手側からしても守備の予測がしやすいでしょう。それに対し、ゴールエリアから確実なパスを繋ぎ、時には相手の隙をつくロングボールで相手陣地に侵入することは全員の高い意識が必要で、これが戸田コーチの求めるオーガナイズだと思います。

しかし、この様なスタイルには大きな欠点があります。それはカウンターを受けやすいという事です。ボールを回しているのは自分達の陣地ですから、万が一相手選手にボールが渡った際、相手側からしたら近くにゴールがあり、絶好のチャンスです。この取り組みを始めた当初は紅白戦などでカウンターを受け、失点をする様な失敗もありました。

もちろん90分の試合のゴールキック全てを短いパスから始めろとは言われていません。ゴールキックを得た際に誰にどのようなパスを供給するかは、GKの判断に任せると言われています。カウンターの恐れもある中大きな責任を感じますが、それ以上にサッカーの面白さを感じます。練習の中でも綺麗にショートパスを繋いで相手ゴールまでボールを運べた回数は多くありません。しかしゴールキックから最終的に味方のシュートまでボールを運べた時、この攻撃は自分から始まったと思うと、ゴールを決めることなど皆無に等しい自分が攻撃に絡むことが出来たという大きな喜びを感じます。

四月の練習試合では自分の出したパスが最終的に味方のシュートまでボールを運べたことがありました(ゴールとはならなりませんでしたが。)その際、戸田コーチは私の方を見て手を挙げ、親指を立て、「あらー、ナイスボール!!」と叫んで下さりました。あの時はとても嬉しかったですし、何より戸田コーチがソッカー部に来てから練習してきたことが実践的に試合で生かせたことが嬉しかったです。攻撃のチャンスはゴールキックからも始まると実感した瞬間でもありました。

その他にも戸田コーチのサッカーに対する考え方、戦術は自分にとってとても新鮮であり、毎日新しいことを学んでいる気がし、とても充実しております。

この様な素晴らしい指導をして下さる戸田コーチに対し、選手として恩返しをする為には結果を出すしかないと思います。

Iリーグ開幕戦は0ー2と負けてしまいましたが、チームが目指すゴールキックからの攻撃には手応えを感じました。この手応えを結果に結びつけるには戸田コーチにアドバイスされたことを頭の中に落とし込み、繰り返し練習あるのみです。私自身も自主練習で様々な状況を想定しながら多彩なキックの蹴り方を練習しています。

五月になり気候はまた一段と暑くなりましたが、Cチームの雰囲気も負けないくらい熱いです。このチームなら勝利を得られると信じ、今後も精進して参りたいと思います。

大変拙く長い文章になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後共、ソッカー部への熱い応援宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月20日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs立教大学
@拓殖大学グラウンド 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ