オフィシャルブログ

「ピンチをチャンスに変えろ」(若月輝)

2019.06.20

若月平素より大変お世話になっております。今回部員ブログを担当させていただくことになりました総合政策学部1年の若月輝と申します。初めてのブログということで緊張しますが、私の高校3年生の1年間について話したいと思います。少し長くなりますが最後まで読んでいただけると幸いです。

「ピンチをチャンスに変えろ」
私が高校の時、監督に言われて印象に残っている言葉だ。

私が高校1年生の時、全国高校サッカー選手権で準優勝。高校2年生の時に悲願の全国優勝。36年もかかって掴んだ全国の頂点、地元では盛大な優勝パレードが行われ、多くの方に祝福された。私もメンバーの1人として祝福を受け、改めて全国優勝したことを実感していた。心の半分だけ。

それもそのはずで全国優勝から1週間後、新人戦が始まったのだ。結果は準優勝、悲願の全国優勝から見たらちっぽけな準優勝だ。しかし、どの記事にも「全国王者まさかの準優勝」の文字。そこで改めて現実を知った。新チームになろうと世間からの目は変わらず全国王者であること、そしてこの1年間付いて回る「全国王者」という重圧。多くのプレッシャーを背負う中、私は主将に就任した。

新チームのスタートは最悪だった。リーグ開幕前、どの大会でも結果が出ず自分達で修正出来ぬままリーグ戦を迎えた。開幕2連敗。この1年に不安を感じていた。そんな時に監督から言われたのがあの言葉だった。落ちる所まで落ちたら後は上がるだけ、これはある意味チャンスだ、そんなメッセージだったのだろう。普段多くは語らない監督だからこそ、しっかりと受け止めて考えることが出来た。この言葉に助けられ、その後リーグ戦で2連勝。結果と共に自信も付いてきた。

インターハイ県予選でもチームは成長し全国出場を決めた。迎えた全国、結果は初戦敗退。全国のレベルを痛感したが、この敗戦を選手権に活かす為すぐに思考を切り替えた。しかし、チームをもう一度再構築すべきこの時期にスタメンから外された。ただただ情けなかった。チームに矢印を向けすぎて自分に向けていなかった。もはやチームに対しても何も出来ていないのではないかと感じ自分に嫌気がさした。恥ずかしながらグランドからの帰り道に1人で泣いてしまった。誰にも悩みを打ち明けられなかった。それに加えAO入試の準備にも追われ、全てを投げ出してしまいたかった。
そんな時、監督からまたあの言葉を伝えられた。今度はチームにではなく、私自身に向けてだ。今の自分に出来ることは何か。ベンチで試合を見ること、それはチームを客観視出来る良い機会だった。試合を外から見ることで今のチームに足りないものが見えてきた。チームだけでなく自分を見つめ直す機会にもなり、自分への課題も知ることが出来た。更に気持ちに余裕も生まれ、AO入試の準備にもしっかりと時間を割くことが出来た。この期間で気付いたチームと個人の課題にしっかり向き合い、見事スタメンの座に戻ることが出来た。ピンチをチャンスに変えることが出来た、そんな期間だった。

迎えた選手権県予選決勝。2連覇を成し遂げるには県予選を突破しなければならない。アップ前、今にも爆発しそうなくらいの緊張に襲われた。冷静でいようとすればするほど緊張してしまう。緊張を抑えることが出来ないまま試合を迎えた。前半を0ー0で折り返した後半開始直後まさかの失点。しかし誰も焦らなかった。全員の口から「まだいける」という言葉が出た。その言葉通り、1点を取り返し試合を振り出しに戻した。刻一刻と時間は過ぎ延長戦になるかと思われた終了間際。私の元にパスが来た。「クロスを上げたら何か起こるだろう」そんな気持ちでボールを中へ入れると混戦から味方がトーキック。ボールはゴールに吸い込まれた。そして試合終了。「これで2連覇に挑戦することが出来る」喜びよりもホッとした安堵の気持ちが強く、様々な重圧から解放された瞬間でもあった。チームとしても一つ壁を乗り越え成長することが出来たと思う。スタートでつまづいたリーグ戦は結果4位。目標であった昇格は叶わなかったが、全国に向けてチームは切り替えた。

今シーズン2度目の全国。2連覇のかかる今大会だったが、全国ベスト16で高校サッカーは終わった。負けた瞬間、私はベンチから仲間を見ていた。大会直前にスタメンから外されたが気持ちは前向きだった。たとえベンチであったとしてもチームの代表として戦う義務があると思ったからだ。悔しさなんか捨て、全てをチームに注いだが最後まで力不足の主将だった。試合後、スタンドの仲間を見た時涙が溢れ出した。この1年間多くの重圧と闘い、最後まで支えて応援してくれた仲間には今でも感謝しかない。本当にありがとう。

以上が私の高校3年生の1年間です。決して楽な道ではなかった上、高校の最後はピンチをチャンスに変えることが出来ず終わってしまいました。これからの4年間はピンチをチャンスに、チャンスをものに出来る様に日々精進していきたいと思います。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月12日(金) 第70回早慶サッカー定期戦vs早稲田大学
@等々力陸上競技場 18:30キックオフ

「自分の感受性くらい」(稲川琢馬)

2019.06.17

稲川平素より大変お世話になっております。環境情報学部3年の稲川琢馬と申します。

皆さんは好きな詩はありますか?
詩には沢山の種類があり、たった1行の詩もあれば、口語体で書かれてるものもあり実に多くのものがあります。今回は小学生の時に出会ったある一つの詩を紹介したいと思います。

自分の感受性くらい
茨城のり子
ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか
苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし
初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもがひよわな志しにすぎなかった
駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄
自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

この詩は、自分が感情をコントロールする為に、常日頃から読んでいました。小学校から中学校へ進学すると、サッカーも学校の環境も変わり、これがまた高校に進学しても大きく変わりました。そんな時に環境に飲み込まれる自分が必ずいました。場所も変われば、共に戦ってきた仲間も全てが変わり、自分自身ではなく外に目を向けがちな自分がいたことも否めません。また、自分にとってメンター的な存在であった、吉江くん(H31卒)を抜くという目標を掲げソッカー部に入部しましたが、なかなか壁は高くいつもプレーを真似するだけで精一杯でした。上手くいかない時期や、勝てそうで勝てなかった試合をしてしまった時、サッカーを本気でしていれば必ず苦しい思いをする時はあるはずです。そんな時に、どうやって前を向けるかで成長の度合いが大きく変わると思います。環境のせいにするのか、周りのせいにするのか、それとも内省することが出来るのか。GKは、失点が付き物のポジションでもあります。だからこそ、失点の原因をいち早く突き止め、修正し、そして次に活かすしかありません。自分のあり方を客観的に見直し、また真摯に取り組む以外に改善出来る方法はありません。

ここまで、内省することや自分自身にベクトルを向けることについて長々と書いてきましたが、自分が本当に伝えたいことは、言葉あっての行動になるということです。自分自身にかける言葉も、仲間に対してかける声も強い武器になることもあれば、自身を傷付ける武器にもなりかねません。自分の口から発する言葉を一番聞くのは、自分自身であります。また、言葉に背中を押されることもあれば、言葉が悪い方向に動かすことも出来る。今回紹介したこの詩は、まさに言葉が躍動していました。言葉は生きているからこそ、また厄介でもあります。言葉の上に生活があることを肝に銘じ、サッカーに貪欲に取り組みたいと思っております。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程、よろしくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月12日(金) 第70回早慶サッカー定期戦vs早稲田大学
@等々力陸上競技場 18:30キックオフ

「ボーナスステージ」(横田亮平)

2019.06.12

横田平素よりお世話になっております。今回部員ブログを担当します、法学部政治学科3年副務の横田亮平です。大学サッカーの折り返し地点を過ぎたということで、ここまでのサッカー人生を振り返ることにしました。少々長いですが、最後までお読みいただけると幸いです。

「高校サッカー選手権」に強い憧れを抱く、どこにでもいるサッカー少年でした。愛知県名古屋市に住んでいた小学校3年生の時、友人に連れられて高校サッカー選手権愛知県大会の決勝に行ったことがきっかけです。当時在籍していたクラブチームのOBである元日本代表の宮市亮選手のプレーを目の当たりにして、鳥肌が立ちました。凄い、プロみたい。僕もこんな高校生になりたい。 自陣ペナルティエリアから右サイドをぶっち切る憧れの宮市君の姿は、今でも脳裏に焼き付いています。

小学校6年生の時に、父の仕事の都合で東京へ転校してきました。幸い転校先でも良い仲間に恵まれたのですが、何となく張り合いのない新生活を送る自分を見兼ねて、母が高校見学に連れて行ってくれました。それが後の母校となる都立三鷹高校との出会いです。都立高校でありながら全国大会に出場していたこと、何より、オレンジと紺のピステを来て練習中から本気でぶつかり合う高校生を見てまたビビっと来てしまいました。カッコいい。ここで全国に出る。三鷹高校に入るには新設された付属中学校に入るしかありません。猛然と受験勉強に励んだのを覚えています。

満を持して三鷹高校に入学するも、理想とはかけ離れた高校サッカーでした。出させてもらっていた1個上の代ではT2リーグ全敗で降格、自分達の代も地区予選2回戦敗退という無残な結果に終わってしまいました。本当にあっけなかった。

皆さんお気付きでしょうか。そうです。僕のサッカー人生は「高校サッカー」で終わる予定でした。「大学サッカー」という選択肢など微塵も頭にありませんでした。 大学でサッカーをやる人はプロ予備軍の人達。Jのユースに入ったことがない、選抜歴もない、そんな自分が通用する訳ない。セレクションとかあったら絶対受からないだろうなとぼんやりと思っていました。

サッカーでの悔しさは受験で晴らすを合言葉に、9月の終わりから受験勉強を本格的に開始します。 他の人より短い受験勉強期間で第一志望の慶應義塾大学に合格するも、自分でも驚いたことがあります。別に全然嬉しくなかった。どんなに勉強を頑張った所で、高校最後の大会を終えてからずーっと心の何処かで抱えていたモヤモヤは、全く晴れませんでした。もう一度真剣にサッカーがしたい。このまま終わりたくない。大学に入るに当たり無数の選択肢が用意されている中で、消えることのなかったサッカーへの熱が大きくなっていたのを見て見ぬ振りをすることが出来ませんでした。幼馴染の啓太(3年・山田啓太)が2月に入部していたのもあり、覚悟を固めます。下手で元々、もし入部を断られたらその時はその時。早慶戦を観たこともなければ関東リーグの仕組みもよく分かっていないけど、ただただ「もう一度真剣にサッカーをしたい」その想いだけを胸にソッカー部の門を叩きました。

ソッカー部にはJユース出身者や全国大会出場経験者、プロ志望の選手など、華々しい経歴や高いモチベーションを持った人がゴロゴロいます。そんな中で、何もない自分がチームに何をもたらすことが出来るのか。ソッカー部での自分の存在意義は何なのか。模索し続ける日々が始まりました。当たり前のことを当たり前にこなすだけでは生き残れない。下手な自分が人と同じことをやっていたら一生勝てない。時に怒られ、時に褒められ、常に自分なりに考えながら1:9程の割合で成功と失敗を繰り返していたら、もう3年生になってしまいました。あっという間です。

このブログを書くにあたり、過去のノートを見返しこの2年と数ヶ月のソッカー部生活を振り返っていた時、僕の大学サッカーを表すのにぴったりな言葉がふっと湧き出てきました。
「ボーナスステージ」
まさにです。この4年間は、僕にとってボーナスステージなんです。終わったはずのサッカー人生の延長戦なんです。幸せなことに、ソッカー部に所属しているという大義名分の下で、家族に支えてもらいながら今もまだ本気でサッカーに打ち込むことが出来ています。この環境が当たり前ではないと分かっているからこそ、今頑張れています。と言うより、ボーナスステージなのですからモチベーションが高くて当たり前なんです。試合に出れなかったり、グラウンドの周りを延々と走らされたり、監督に怒られたり。悩みや悔しい思いの方が多いソッカー部生活ですが、そんな毎日が何だかんだ楽しくて仕方がありません。本当です。そんなボーナスステージに、更にスペシャルなボーナスを頂きました。副務という役職です。 仕事こそ多いけれど、貴重な経験を積ませてもらっています。不器用で未熟な自分に大役を任せてくれた同期に素直に感謝しています。ありがとう。

副務という彩りを加え、更に贅沢なボーナスステージになりました。だからこそ、残り1年と半年をかけてこの4年間を最高のボーナスステージにしたい。心の底からそう思います。1人の選手としてピッチで結果を残すこと、泣き笑いして引退出来る様チームとして結果を残すこと、そして、今度こそ一片の後悔も残さずにやり切ること。その為にはやるべきことは山程あります。そして僕には周りの助けも必要です。家族、監督、同期、先輩後輩の皆さん、多々ご迷惑をお掛けしますが今後とも宜しくお願いします。

今年1部昇格出来たら、最長でインカレ決勝までサッカーが出来ます。週1回のOFFとテスト休みを除いて、大体残り420日。もし昇格出来なければ、2部リーグ最終節が引退試合なので、大体残り400日弱。1日1日と真摯に向き合い、邁進して参ります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。 今後共ソッカー部へのご支援ご声援を宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月12日(金) 第70回早慶サッカー定期戦vs早稲田大学
@等々力陸上競技場 18:30キックオフ

「結果」(杉浦博挙)

2019.06.06

杉浦平素より大変お世話になっております。法学部政治学科2年の杉浦博挙です。

いつも先輩、同期、後輩の書いたブログを見ている立場でしたが、初めてブログを担当させていただくことになりました。拙い文章とは思いますが、最後までお読みいただければ幸いです。

今回、私はこれまで自分が歩んできたサッカー人生とこれからの決意について少し書かせていただこうと思います。

4歳の時、地元の幼稚園でやっていたサッカースクールに入ったのをきっかけにサッカーを始めました。小学校、中学校と地元の地域のクラブでサッカーをしていました。キャプテンとしてチームを引っ張る、そんな選手でした。

ところが、高校では大きな壁にぶつかりました。Jの下部組織や強豪街クラブ出身の人がゴロゴロいるような高校に進学したのです。上には上がいるんだなと実感したことを覚えています。いつしかチームを引っ張る様な自信は消えていました。
結局、高校3年間で私は試合に出ることが出来ませんでした。高校に関しては、自分が探して、調べて、進学する決断をしました。両親はその決断を応援してくれました。この様に私は自らの意志でハイレベルな環境に飛び込んだものの、そこで「結果」を出すことは出来ませんでした。悔しい思いと同時に、毎朝早く起きて弁当を作り送り出してくれた親に申し訳ない気持ちが残りました。
しかし、高校3年間で自信が付いたこともありました。それは、サッカーが好きな気持ちは誰にも負けないということです。毎日、練習に行くのが楽しみで仕方ありませんでした。どんなに試合に出られなくてもサッカーを嫌いになることはありませんでした。自分には今何が足りないのか、どうしたら試合に出られるのか。そんなことばかり考えていました。チームの1日の練習なんてたった2時間程です。練習以外の生活をどれだけサッカーに捧げられるだろうか。通学の時、授業中、昼休み、練習前後。考えた結果、授業中に内転筋を鍛える為に教科書を腿で挟んだり、通学途中の渋谷駅の乗り換えでは、階段を全て1段飛ばしで登ったり、昼休みに・・・
これ以上言うと危ない人だと思われるのでやめておきます。

高校サッカーで活躍することが全てではない。大学では成功を掴み取ってやる。私は強い決意を持ってソッカー部の門を叩きました。しかし正直、大学に入ってからもここまで悔しい思いを沢山経験しました。昨年Iリーグ1部から降格したこと。春休みBチームで1度もスタメンを取れなかったこと。フットサルで2度も全国決勝で敗れたこと。これまで自分が歩んできた道、悔しい思いを味わったことに価値があることを証明する為にはこれからの自分が「結果」を出すしかありません。未来で目に見える「結果」を出した時に、「あの時あれだけ悔しい思いをしたお陰です」と胸を張って言いたいと思っています。まずはAチームに上がること、そして試合に出ること、その先を目指すこと。

そして最後に。
この歳になってもまだ夢中になって大好きなサッカーをすることが出来ている私は幸せ者です。だからこそ、サッカーをする前に1人の人間として、どんな時も支えてくれる家族、いつも応援してくれている友達、勝つ喜びも負ける悔しさも分かち合う仲間、熱く丁寧な指導をして下さる指導者の方々、素晴らしい環境を与えて下さっているソッカー部に関わる多くの方々への感謝を忘れてはいけないと思っています。

感謝の気持ちを忘れず、悔しい思いも力に変える強さを持ち、どんなことも楽しむメンタルを備え、必ず「結果」を出します。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後ともソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
6月8日(土) 「アミノバイタル」カップ 一回戦 vs産業能率大学
@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド 11:30キックオフ

「やるべきこと。」(谷本竜一)

2019.06.02

谷本new平素より大変お世話になっております。総合政策学部2年谷本竜一です。
早いものでソッカー部に入部して1年と2ヶ月が経ちます。何を書くべきか自分でもよく分からなかったのでソッカー部での1年間を振り返ろうと思います。

去年を振り返ると1年目からCチームで戸田さんという素晴らしい指導者の下、Iリーグにも絡むことが出来ました。しかし、入部してから今までサッカー面では上手くいかないことが多かったなと感じます。高校の時所属していたチームでは、チームの中心として試合に出れていたこともあり自由にプレーさせてくれた為、自分でボールを持つことが多かった気がします。しかし、去年Cチームで戸田さんから求められたのはボールを受ける前にスペースを見つけいち早く判断してボールを叩くことでした。「お前のやりたいことをやるんじゃない。チームとしてやるべきことをやれ。」何度も戸田さんに言われた言葉です。試合で2タッチ以下でやれとタッチ制限をつけられたこともあります。そんな中であまりサッカーをそれ以前の様に楽しむことが出来ていない様に感じていました。

話は変わりますが、私は去年の夏頃フットサル部門に入り、フットサルでも関東リーグ優勝、全国大会準優勝と素晴らしい経験をすることが出来ました。そんなフットサル部の名将四戸さんは数多くの名言を生み出していますが、1つとても僕の心に響いた言葉があります。「レベルの高い試合になると自分達がやりたいことは出来なくなってくる。試合中は我慢を強いられもしかしたら楽しくはないかもしれない。でも終わった後に本気のガッツポーズが出る、そういう体験をしてほしい。」
私はこれを聞いた時にサッカーでストレスを感じていた部分に少し割り切れた様な気がしました。戸田さんと四戸さんがおっしゃっていることは根本的には同じなのではないかと思います。我慢してチームのやるべきことに徹して勝負にこだわる。楽しいか楽しくないかは二の次だ、と。まとめるとそういうことなのかなと思います。「勝たないと何も面白くないぞ。」と戸田さんが言っていたのを思い出します。
これからも1年目に学んだ貴重なことを忘れずにトップチームに上がり関東リーグに出場すること、そしてフットサル全国大会優勝を目指し頑張っていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
6月8日(土) 「アミノバイタル」カップ 一回戦 vs未定
@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド 11:30 or 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ