オフィシャルブログ

「平等と公平」(金子和樹)

2020.03.30

平素より大変お世話になっております。今回初めてブログを担当させていただきます、 環境情報学部新2年の金子和樹です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

大学に入学して約1年が経過した。高校生の時に比べて自分の時間が増え、サッカーについて考える時間も増えた。リサーチ部門に入ったこともあり、最近はサッカーの動画を多く視聴している。その中で、世界のトッププレーヤーと自分を比較しながら、圧倒的な差を感じる。「何でそんなことが出来るの!?」「何でそんな所が見えてるの!?」といった嫉妬の様な感情さえ湧き上がってくる。そんな圧倒的な差を感じた時、メッシと自分は平等だろうか。また、メッシと自分は公平だろうか、と考える。
「平等」と「公平」、似た様な使い方をされている言葉であり、明確な違いを説明することが出来ない。男女の平等とは言うが、男女の公平とは言わない。一方で、公平な審判とは言うが、平等な審判とは言わないだろう。2つの違いが辞書では次の様に記されている。
平等:偏りや差別がなく、皆等しいこと。また、その様子。(goo 辞書)
公平:全てのものを同じ様に扱うこと。判断や処理等が、偏っていないこと。 また、その様子。(goo 辞書)
これだけでは違いが見えてこない。しかし、次の画像を見ていただければ両者の違いが理解出来ると思う。


(Pixel Fantasy)
Equality = 平等 Equity = 公平
全員に同じ待遇を施しているのが「平等」であり、状況に合わせて全員の結果が同じになるのが「公平」である。この画像からも分かる様に、スポーツは公平ではない。唯一、ルールが公平に定められているだけだ。先程の問いに戻ると、僕とメッシは平等ではあるが、公平ではないことが分かる。もっと身近な話をするなら、僕は関東リーグのスタンドの景色を知らないが、トップチームにはそれを知る人が存在する。その人達と同じスピードで成長しても試合には出ることが出来ないのだ。
ただ、チャンスは平等に与えられると思う。チャンスの数や規模ではない。チャンスが与えられるという意味で平等であると思う。僕も15年のサッカー人生で、全くチャンスがなかった訳ではない。今からは想像も出来ない様な環境でサッカーをしたこともあった。その中でも、僕が最もチャンスを手にしたと感じ、それを無駄にしてしまったと感じたのは高校3年生の時に出場したインターハイである。

僕の出身校である國學院大學久我山高校は、東京都代表として3年振りに全国の舞台に駒を進めた。僕達が入学してから初の全国大会であった。1回戦は兵庫県代表の神戸弘陵学園高等学校。前半の早い時間に先制し、前半で3点を奪ったチームは、勢いそのままに無失点でゲームを終えた。チームとしては最高の入りであり、初の全国大会でも普段通りのサッカーを体現した。試合後のロッカールームも、帰りのバスもこの上なく良い雰囲気が流れていた。その中で、僕は一人落胆していた。前半の30分に交代を宣告されたからである。僕だけが試合から疎外されており、明らかにチームの足を引っ張っていた。当時の監督の判断は絶対的に正しかったと思う。チーム自体は3回戦まで駒を進め、全国の壁を体感し、大きな収穫を東京に持ち帰った。熊本県代表の大津高校に負けた直後のロッカールームも、負けたチームとは思えない程雰囲気は良く、あのチームに勝つ為には何をすれば良いのかという会議が始まっていた。僕個人的には、1回戦で交代してからスタメンで試合に出ることはなかった。これはインターハイだけの話ではない、3年の冬に引退するまでずっとである。たった1試合の30分が僕の高校サッカーを変えてしまった。1年、2年と積み上げて漸く掴んだスタメンの座をみすみす逃してしまったのだ。
せっかく与えられた「チャンス」を無駄にした。
あの日のことを思い出し、何度後悔しただろう。あの日のプレーを振り返り、何度時間を戻したいと考えただろう。何をどうしたってあの日に戻ることは出来ない。今後、二度とあの様な思いをしない為にも、準備しておくことしか出来ないのだ。
誰にでもチャンスは訪れると思う。チャンスが来ると信じ、努力する人の下には自分よりも周りが上手くて、不公平であると感じてもチャンスは平等に与えられるのだから。 そして、何をチャンスと感じ、それを掴み取ることが出来るかは普段の生活に懸かっている。何処にでも転がっているチャンスを見逃さない様に、日々の練習に打ち込もうと思う。
僕の我儘な拙い文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。 今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「3つのこと」(下谷秀太)

2020.03.26

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました商学部新2年の下谷秀太です。世間はまだまだ新型コロナウイルスの話題で持ち切りですが、ソッカー部は関東リーグ、Iリーグ開幕に向けて各カテゴリーが練習に励んでおります。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

今回は初めてのブログで何を書こうか悩みましたが、私がサッカーに於いて大切にしていることと今シーズンの意気込みを書きたいと思います。

私はこれまでサッカーを続けている中で、大切にしていることがあります。それは「努力すること・言い訳しないこと・自分に期待すること」です。この言葉は、小学校・中学校時代のコーチがよく仰っていた言葉です。どれも単純で分かり易いことではありますが、自分が成長する為にこの”3つこと”を常に意識しています。昔よりは3つのことが出来る様になってきていると感じていますが、まだまだ足りません。ましてや、努力は継続するものでありゴールはありません。なので、これからも常日頃からサッカーが上手くなる為には何が必要かを考えて行動していきます。

しかしながら、そこで勘違いしてはならないことがあります。それは、出来ているかを評価するのは、あくまで自分ではなく他人であるということです。私は時々、他人の意見や評価を受け入れられない時があります。しかし、そんなことをしていては、成長することが出来ません。自分がどれだけ満足していても、認められなければ全く意味のないことなのです。ソッカー部に於いて言えば、評価するのは監督やコーチ陣、あるいはチームメイトかも知れません。その為、私は日々の練習や試合をする中で、常に自分をアピールし続けたいと思います。

話は変わりますが、

私にはソッカー部内に2つ上の兄が在籍しています。これまで小学校から大学まで全て同じチームでサッカーをしてきましたが、今まで私は兄に対して対抗意識などは全く持たずにサッカーをしてきました。(兄がどう思っていたかは知りません。)
というのも、常に私にとって上の存在であり、特に塾高サッカー部時代は兄の代が史上初の全国大会出場を果たしたこともあって目標でした。そんな気持ちを兄に対して持っていました。しかし、シーズン始めに行った黄大城コーチとの面談で思いが変わりました。黄大城コーチは、1つ上の兄(黄大俊コーチ)のことを「ライバルだと思っていて、負けたくない存在であった。だからこそ高校・大学では違うチームを選んだ」と仰っていました。今までサッカーに於いて、兄をライバルだと思ったことが一度もなかった私にとって、新しい感情が生まれました。

今シーズンからチーム編成も大きく変わり、誰もがトップチームを意識出来る仕組みになりました。より一層チーム内競争が激しくなると思いますが、トップチームに昇格するチャンスを掴むかどうかは自分次第です。なので、今シーズンは誰にも負けない、そして兄に負けない熱い気持ちを持ってプレーします。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「自分なりの生き方」(天田駿太)

2020.03.22

平素より大変お世話になっております。今回のブログを担当させていただくことになりました、経済学部新2年の天田駿太です。私のプロフィール写真を見て、あまりの目力の強さに何度も笑われたことがあり少し恥ずかしいのですが…こちらは加工されており、実物とは多少異なるのでご安心下さい。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

今回のブログを任された際に1番に思い浮かんだのは、私が入部する前に読んだソッカー部の部員ブログである。そのブログはSFC高の先輩である大田原響さん(新4年/慶應義塾湘南藤沢高等部)のブログであり、今でも鮮明に覚えている。約1年半前、内部生である私は無条件でソッカー部に入ることが出来る状況にあったが、神奈川県でベスト64にも入れない程の高校だった為、入部するか物凄く悩んでいた。親にも「大学では勉強に励みなさい」と言われ、大学4年間をサッカーに注ぐかいまいち決断することが出来ずにいた。そんな時に読んだのが大田原さんのブログだった。そこではソッカー部がどれだけ恵まれた環境であり、充実したものかについて綴られていた。私は彼のブログに心打たれて入部を決意したと言っても過言ではない。その為、本ブログでは実際に私がソッカー部に入部して感じた環境と私なりの人生観について述べたい。

入部した当初は周りの選手のレベルの高さに驚く毎日が続いていた。同学年でも、ネームTシャツ(新1年生が着る、名前と出身校が書いてあるTシャツ)には対戦したことのない様な強豪校ばかりが書いてあり、大学サッカーのレベルの高さに「本当に入部するべきだったのか」と考えながら始発電車で練習に行っていたことを覚えている。しかし、レベルの高いサッカーにも次第に慣れ、段々と自信を持ってサッカーをすることが出来る様になった。

又、施設の面でも驚かされたことは多々ある。人工芝でサッカーが出来ること、練習後にお米が食べられること、お風呂に入れること、自主練が出来ること等、高校では出来なかったことが出来る様になり、部活がより充実したものとなった。しかし、今ではこの環境があることが少し当たり前になってきている部分もある。今一度、この環境があることが当たり前だと思わずに利用していきたい。

昔から私は親にも友達にも「環境に適応し易い」と言われ続けてきた。アメリカに住んでいた時は、現地の外国人に混ざってダンスする程アメリカに適応していたと言われる。確かに良い意味で捉えるとそうなるが、言い方を変えると「環境に左右され易い」とも捉えることが出来る。その場の環境にレベルを合わせてしまい、「自分は自分」と割り切って行動出来るタイプではない。私とは反対に、どのような環境でも自分を貫ける人は本当に格好良いと思うし、尊敬する。

けれども、私にはこの生き方は向いていないし、しようとは思わない。自分をどれだけ高いレベルの環境に置いて、どれだけその環境を本気で楽しむかが大事であり、それが自分なりの生き方であると思っている。その点で考えると、ソッカー部という環境は自分自身を向上させる上で最高の場所である。レベルの高い仲間、整われた施設、選手想いのコーチや監督が揃う素晴らしい環境である。1年半前の決断は正しかったと自信を持って言える。

まずこの素晴らしい環境に身を置けていることに感謝したい。そして、今のままで満足することなく、より高いレベルに身を置く為に一つでも上のカテゴリーに上がることが今の目標である。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「悩むことと考えること、そして行動すること」(中江瞭介)

2020.03.19

こんにちは、平素より大変お世話になっております。今回のブログを担当させていただくことになりました総合政策学部新3年の中江瞭介です。新型コロナウイルスの影響で様々なイベントや活動が休止になっている中、弊部は、「インカレ出場。慶早戦勝利。そして、全国の舞台で衝撃を与える。」というチーム目標を始め、各カテゴリーの目標達成に向けて、日々練習に励んでおります。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

「シャドー、中江」
去年12月末、新体制のカテゴリー分け発表で、淺海監督に自分の名前を呼ばれた時、自然と右拳を握り締めている自分が居ました。素直に嬉しいと思うと同時に、自分の目標を実現するにはまだまだだし、ここからが重要だという身の引き締まる様な思いもありました。何故なら、私自身、ソッカー部に入部して1年目は、公式戦に1試合も絡めないDチーム(4軍)メンバー外常連の選手でした。平日練習の大部分を30分間走、一周走や二周走などといった走りメインの練習に費やしていました。私は、帰国子女である上に、浪人を決断した為、1年半以上サッカーから離れており、その勉強生活で鈍りきった身体では、それらの練習に付いていくのも辛かったのを今でも覚えています。正直、始発電車に揺られながら、「また走る為に練習行くのか」、「このままずっと試合出られないのかな」等と漠然と悩んでいた時期もありました。正に、浪人生活前半戦に訪れた病み期に次ぐ、第二の病み期でした。今考えると、恐らく、あのまま悩み、嘆き続けていたらここまで成長することは出来なかっただろうし、ソッカー部に残っていたのかも怪しいなという気がします。

今回、私がこのブログを通して伝えたいと思ったことは、「悩んでいる暇なんてない」ということです。気付けば、私の大学サッカー人生は、もう半分を切っています。新2年生は、1年早かったなという感覚があると思いますが、個人的にはその1年よりも次の1年は短く感じました。多分、次の1年もそれ以上の早さで過ぎ去っていくのだと思います。本当に時間がないです。そんな中で、悩んで嘆いている時間はありません。少なくともサッカーに関しては、漠然と悩み突っ立ていたら置いていかれるだけです。だからこそ、悩んでいる暇があるなら、自分に何が必要なのか、何が出来るのかを考えて、何か自分なりに行動を起こして下さい。幸い、ソッカー部には色んな部門があり、動こうと思えば何でも出来る環境が整っています。その環境を最大限生かして、自己の成長に結び付けることが出来たなら、悩んでいたことがしょうもないことだったと感じられる様になります。私自身、ソッカー部において自分の立ち位置や上手くいかない状況を変える為に、リサーチという役職に就いたり、他にも様々な行動を起こしました。起こしたアクションの全部が正解だったかは分かりませんが、自分がやってきたことに後悔はありません。悩み呆然としている日々よりは絶対に糧になっていると思います。

ここで、「悩むこと」と「考えること」の違いについて、環境情報学部の安宅和人教授の『イシューからはじめよ』という本で触れられていたので共有させて下さい。

-「悩む」=「答えが出ない」という前提のもとに、「考えるフリ」をすること
-「考える」=「答えが出る」という前提のもとに、建設的に考えを組み立てること

本書でも触れられていましたが、パーソナルな問題(向かい合い続けること自体に価値がある問題)に関しては別です。また、どうしても人間なので悩んでしまうことはあると思います。自分自身も偉そうなことを言っておいて、未だに悩むこともあります。そんな時は、信頼出来る仲間に率直に話すことをおすすめします。私自身、同期や親友の言葉で吹っ切れたり、救われたことが何度もあります。皆ありがとう。

私は、現在Sチームに所属しております。今年からカテゴリー構成が変わり、すぐ上にはトップチームがあり、ソッカー部において「トップチームに昇格し、チームに必要不可欠な選手になる。」という個人目標の達成に大きく近付くことが出来ました。ただ、現状ではまだまだだということも自覚しています。だからこそ、悩むのではなく考える様にしています。現状を分析し、課題を明確化し、努力をし続け、更なるステップアップをしなければなりません。自分が入部前に描いていた大学サッカー人生とはかけ離れたサッカー人生を送っていますが、「やらない後悔よりやって後悔」というモットーと共に、全力で挑戦し続けます。

最後にこの場を借りて、お礼を言わせて下さい。これまでの人生、私は本当に多くの人に支えられてきました。その中でも、両親には特にお世話になってきました。常に感謝の気持ちを忘れるなと私に口酸っぱくしつけてくれた母親。そして、海外経験を始め、様々な貴重な人生経験の場を与え、何よりサッカーという最高のスポーツを始めるきっかけをくれた父親。小さい頃、試合前に必ず確認された、5つの言葉「向上心、積極性、集中力、運動量、取られたら取り返す」が自分のプレースタイルに浸透しているのは間違いありません。ありがとうございます。

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「感謝」(宮本景)

2020.03.12

平素より大変お世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、法学部法律学科新2年の宮本景です。まだまだ関西弁が抜けず苦労しています。拙い文章ではございますが、どうぞ最後までお付き合い下さい。

初めてのブログということで何を書こうか迷ったのですが、今回は私の母について書かせていただこうと思います。大学生になり一人暮らしを経験したことで母への感謝の気持ちが高校生の時よりも更に強くなりました。面と向かっては恥ずかしくて言えないこともこのブログで伝えられたらと思います。

高校生の頃は私のことに色々口出ししてくる母をうるさく感じていました。学校の成績、寝る時間、スマホの使用時間、様々なことを日頃から注意されてきました。特に勉強についてはよく注意されていました。成績が良くないと部活に行かせないとずっと言われていました。(今でも言われます。)高校入学当初、私は同志社大学へ内部進学しようとしていたので、ある程度の成績を取っておけば問題ないと考えていました。その為、自分からサッカーを奪ってまでしても勉強をさせてくる母に対し苛立つことがしばしばありました。しかし、高校1年の夏頃に慶應義塾大学のFIT入試の存在を担任の先生に教えていただき、私の勉強に対する考えは一変しました。慶應への憧れがあった私は内部推薦よりも早期に合否が出るFIT入試を受験することにしたのですが、FIT入試には受験資格として評定が課されており、評定が足りないと受験すら出来ません。学校の勉強をちゃんとしなければならなくなりました。自分の評定が受験資格に達しているのか不安だったのですが、部活に行けなくなるのが嫌で1学期から必死に定期試験の勉強をしていた私は何とか評定の条件をクリアすることが出来ました。そこから成績をキープしながらAO入試専門の塾に通い何とか合格することが出来たのですが、もし1学期に成績で躓いていたら受験すら出来ていなかったので母の脅しには本当に感謝しています。私が勉強に集中出来る様にサポートしてくれていた母なしでは合格することは出来なかったと思います。

食事面でも多くのサポートをしてもらいました。部活後、家に帰ると出来立ての料理がいつも並んでいました。塾で帰りが遅くなっても温かいご飯を食べることが出来ました。試合で朝が早い日でも私より早く起きて朝ご飯を作ってくれました。私の嫌いなものも食べられる様に工夫して出してくれました。お陰で今ではかなり好き嫌いが減りました。母が仕事で帰りが遅くなった時でも帰宅後すぐにご飯を作ってくれました。私が何不自由なく生活出来ていたのは、忙しい中でも私のことを一番に考え行動してくれている母の存在があったからだと思います。

ですが、今は家に帰っても勉強について口うるさく注意する母は居ません。バランスの良い美味しいご飯を作ってくれる母も居ません。全て自分でやらなければなりません。栄養を考え、毎日献立を立てるのは料理を全くしてこなかった私にとってはかなり大変です。最近になり料理も大分上達してきましたが、母の手料理には及びません。まだまだ追い付くには時間が掛かりそうです。

ここまで母について沢山書かせていただきましたが、私をあらゆる面でサポートしてくれた母には本当に感謝しています。今度はこれまで支えてきてもらった母に恩返しをする番です。このソッカー部での一番の恩返しは試合に出て活躍することだと思います。トップチームに上がり一つでも多くの試合に出場し勝利に貢献することが今の私の目標です。少しでも成長した自分の姿を見せられる様、これからも日々頑張っていきます。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ