BRB・一貫校からのお知らせ

■2017年度東京都3部リーグ 第十戦vs 瑞光会(6-1勝利)

2017/9/10(日) 17:10 KICK OFF

慶應BRB                          瑞光会

6 3 前半 0 1
3 後半 1
得点者(アシスト者):自チーム分のみ 2分 毛利惣治 21分 磨見朋樹 33分 豊川功治 59分 上田裕介 63分 磨見朋樹 65分 磨見朋樹
警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
三本松 優 39 GK DF 28 山村 祐樹
小室 絢人 4 DF DF 41 上田 裕介
米井 良 12 DF MF 11 齋藤 勇太
山崎 晋平 16 DF FW 45 藤岡 康
小坂 慎太郎 27 DF
豊川 功治 8 MF
藤村 龍生 25 MF
水野 功太郎 26 MF
山田 融 40 MF
磨見 朋樹 23 MF
毛利 惣治 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
 HT 水野 功太郎 齋藤 勇太
 後半 小室 絢人 上田 裕介

戦評

前節2017年9月3日の勝利をもって遂に東京都社会人サッカー連盟3部リーグ6ブロック首位に立った慶應BRB。汝、みだりに遂にと口にするなかれ。2015年シーズンより戦いの場を3部に移し、2年半に及ぶ上がった下がったの中、どの断面を取っても初の首位。いやはや遂に、見たまえ順位表を遂にと肩をたたき合う我等に戒めはあるか。

さて残り2試合。勝つしかない。そんなシンプルに考えられる人きらい。勝つしかないは百も承知。でもどうやって。ていうか勝てんのかしら。相手強いんだっけ。でも勝たないと。だってやんないと。愉悦のぐだぐだ王侯の楽しみ。やってる間に迎えた9月10日。会場は世田谷公園サッカー場。人呼んで世田谷のナスカは、軟式野球場とサッカー場の幾何学的な配置が魅力の、貴重な都心一等地人工芝グランドである。相まみえるは瑞光会。このチームが残留争いをしているところに2017年都3部の異常性。かくの如き背景で今季リーグ第10戦は17時10分キックオフ。

開始2分先制。いかにも苦しみそうな試合でスコンと先制点は毛利惣治。社会人リーグ7シーズン目で何かに開花。その後、磨見朋樹、豊川功治と着実に決めて前半終了3-0。おや。おやおやおや。もしかして楽勝。もしかして、もう俺達苦しまなくていいのでは。この2年半、格下だと思った相手にバシバシ詰められてボール取られたり、失礼ながらそれほどとは思わなかった方にすげーシュート決められたり、どうも噛み合わないと思ってる間に残り5分だったり、なんだかよくわかんない内に勝ち点が逃げてたり、そういうのと遂におさらばなのでは。参りましょうか御同輩。晴れやかイレブン、残り1試合半のピッチへ向かう。後半開始。

んでもって後半2分に失点。その後も前半が嘘のように攻め立てられる。漢字的には責め立てられる。苦しめBRB。今が3部を味わう時だ。足元上手い奴なんてそこら中。体育会出身なんて西が丘だけのおとぎ話。セオリー通りじゃなくても、食いつかせて剥がしてなんて誰も考えて無くても、そもそも全員が走れるわけじゃなくても、ここでは勝った方が強い。弱点は隠し、相手の長所には付き合わず、舐めさせて足元をすくう。そういう都社会人3部のサッカーに存分にまみれて、最後はきっちり落とし前を付けてこい。ピッチではまたぞろ、誰もさぼってないのにどうしてだか崩される。こぼれたボールは常に相手へ。今回は相手の8番へ。惚れ惚れするよなミドルシュート。決まれば試合と1年がひっくり返ったかもしれないシュートはバー直撃。2年半の凝縮動画約20分。

青息吐息で漕ぎ着けた残り10分。ベテランDF上田裕介投入。運営陣手違いで今季貼り番も全く腐らず、そもそも腐るという感情がないかの如くこなすクローザー業。本日も相手中盤を追い回す警ら係が期待像。その投入直後ファーストプレー、つまりアップの基礎キックを始点とすると左右3本ずつ終わっての4本目右が、相手反撃意思を断ち切る鮮烈マッスルボレーですよ! 見ましたかお客さん! 具体的には金房父ちゃん! これが3年間ご覧頂いた東京メトロポリタン3部に見事順応したBRBの姿ですよ! 試合は4-1勝負あり。気落ちした相手に磨見がさらに2点を奪い、6-1で試合終了。残り1試合、2位チームとの勝ち点差は3、得失点差は18。汝、みだりに祝詞を唱えることなかれ。一方で次の勝負に集中するだけです、なんて艶のない芋男にもなるなかれ。星勘定は神授の権利だ。18点差で負ける、人数揃わなくて0-5不戦敗に加えて2位チームが13-0で勝つ、ウチが普通に負けて3位チームが30点ぐらい取る、自分と最終戦の相手以外みな失格してその1試合に勝った方が優勝する、信じられるのは翌週最終戦の勝ち点のみと自然に馴染むまでは、ありとあらゆるネガティブ想定。ようよう始まった秋の夜長をぐだぐだと過ごすのだ。

写真

 

スタメン。中盤過多。

スタメン。中盤過多。

会場の世田谷公園は軟式野球とサッカーのライン配置が魅力。コーナーが本当に直角なのか、Googleマップを見るまで信用できず。

会場の世田谷公園は軟式野球とサッカーのユークリッド的ライン配置が魅力。コーナーが本当に直角なのか、Googleマップを見るまで信用できない。