BRB・一貫校からのお知らせ

■2017年度東京都3部リーグ 第七戦vs 目黒フットボールクラブ(8-1勝利)

2017/7/23(日) 10:40 KICK OFF

慶應BRB                          目黒 フットボールクラブ

8 2 前半 1 1
6 後半 0
得点者(アシスト者):自チーム分のみ 13分 加瀬澤力(PK)  32分 毛利惣治 37分 加瀬澤力 48分 毛利拓史 62分 藤村龍生 66分 豊川功治 68分 深澤良 68分 深澤良
警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
三本松 優 39 GK DF 12 迷井 良
毛利 拓史 13 DF DF 28 山村 祐樹
山崎 晋平 16 DF MF 25 藤村 龍生
豊川 功治 8 DF MF 26 水野 功太郎
井内 泰祐 24 DF MF 44 田村 裕貴
小坂 慎太郎 27 MF  FW 45 藤岡 康
山田 融 40 MF
松本 渓 36 MF
毛利 惣治 9 MF
加瀬澤 力 50 MF
深澤 良 7 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
 HT 松本 渓 山村 祐樹  後 小坂 慎太郎 藤村 龍生
 HT 毛利 惣治 水野 功太郎  後
 後 井内 泰祐 米井 良

戦評

首位チームに4-1勝利しての6日後、一転今度は最下位チームが相手。「先週と同じ気持ちで戦おう!」「どの試合も100%で!」とか言う人たまにいるけど友達になれそうにない。多少はふわっとゲームに入っちゃうちっぽけな自分を大切に、その上できっちり勝つのが本日のテーマ。一方で昨年も一昨年も優勝チームとの直接対決では勝利も他チームに負けたり引き分けたりで昇格を逃してるのも事実。ひとつ「きっちり勝つ」のきっちりのところは何卒よろしくお願いしますマジで。あ、でもまたそうやって苦戦するんだどさくさにPKもらって先制したのはいいけど、その後が続かなくて勝手にペース崩してボールロストから中に上げられてこれがまた相手の肩口だかに当たって絶妙の放物線描いて同点にされたりするんだ前半22分に!

斯様にして2017年7月23日 目黒FCとのリーグ第七戦は現在1-1。堪え所の真っ最中である。相手には失礼な話だが、個々の差は確かにある。ただしその差が大きいほど「こんなはずじゃねえ」も大きくなって肩に力が入り、足が固くなる。持たなくていいところで持ち、蹴らなくていいところに蹴り、ミスるとまたなんとか自分で解決しようといつもと違うプレーにトライする。おおよそこのような苦戦街道を、誰に頼まれた訳でもないのに今日もひた走るBRB。ただ一つの違いは前線をうろつく毛利惣治。普通にサボらずやってりゃ大概実力差通りになるという真理を、8年目の社会人サッカー生活(うち4年は3部)でついに体得、今季はRooftops戦での先取点、TOKYO CITY戦での3点目など、チームが苦しいときにポコンと決められる選手に成長(杉並ジュエントス戦では不発だったが)。この日も前半終了3分前、他選手が軒並み血相変えてフンガーフンガーと土煙を上げる中、MF小坂慎太郎のクロスに涼しい顔で合わせて追加点。2-1。魂を込めなくてもシュートは決まる。ほっと一息ハーフタイム。

後半は、開始3分にMF加瀬澤力・誰に捧げるループシュートが決まりぐっと楽に。相手GKの美技連続もあったが48分のMF毛利拓史ボレー4点目で勝利を決定づければ、62分のMF藤村龍生レーザーミドルシュート以降は得失点差を稼ぐシーンなんだよここは、という雰囲気に浸りたいDF山村祐樹の独断場。何点目であろうがいいから早くボール持って早く帰ってこいと悲壮感たっぷりに叫んだ甲斐あって、66分にDF豊川功治、68分FW深澤良、直後にまた深澤が決めて8点大漁荒稼ぎ。焦れず、矩を超えず、自分の時間帯に効率よく点を取る。大勝とは点差のことで、個々がもっと出来たとか出来ないとかは埓の外。それではリーグ残り4試合もひとつこんな感じで! 柏手響いて本日終了。ありがとう第一生命相娯園。

写真

スタメン。酷暑でも素晴らし芝。この場を借りて管理の方に感謝を伝えたい。

スタメン。酷暑でも素晴らしい芝。この場を借りて管理の方に感謝を伝えたい。

「夏に、お出でよ!」 米井・ザ・サウザントリバー、仙川解散後の1コマ。対人に強いがニンベンに弱く、濁音を忘れる。おそらく池袋方面に僕らをいざなっている。

「夏に、おいでよ!」
米井・ザ・サウザントリバー、仙川解散後の1コマ。対人に強いがニンベンに弱く、濁音を忘れる。おそらく池袋方面に僕らをいざなっている。