BRB・一貫校からのお知らせ

■東京都2部リーグ 第4戦 vs 野村総合研究所サッカー部(3-1 勝利)

2012/5/27(日) 8:30 KICK OFF

慶應BRB                                                           野村総研

3
(勝点9→12)
2 前半 1 1
(勝点3→3)
1 後半 0
得点者 [1分] 野村総研
[6分] 慶應 冨田賢
[32分] 慶應 渡邉武彦
[63分] 慶應 毛利惣治
 警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
藤安 雄治 21 GK GK 41 高橋 一真
筒井 寛樹 22 DF DF 2 水澤 公雅
冨田 賢 33 DF DF 4 吉田 翔彦
三上 佳貴 3 DF DF 13 千布 勇気
大山 元輝 5 DF MF 16 富永 晃司
渡邉 武彦 6 MF MF 17 小坂井 深
市川 慎士 8 MF MF 29 永野 智久
藤村 龍生 26 MF
久保 雅史 11 FW
甲斐 悠佑 18 FW
毛利 惣治 14 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
60 藤村 龍生 小坂井 深
74 筒井 寛樹 千布 勇気
79 大山 元輝 吉田 翔彦

戦評

開幕三連勝で東京都社会人リーグ二部2ブロック首位を走るBRB。今後は他チームからの挑戦を受ける立場となる。捨て身で挑んでくる相手に対し、それ以上の気迫をもって我が身に挑めるかがテーマ。
対戦相手の野村総合研究所サッカー部は、都リーグへの参加こそ二年前だが、シンクタンクリーグの雄として君臨してきた実力派。四部および三部をいずれも一年で着実に勝ち抜き、二部となった今年も、初戦で東京ベイを破るなど実績も十分。

前半。開始一分でGKからのパスを奪われて失点。知らず知らずに緩んだタガの代償。GK藤安は早くもミスターワンに。厄落としのキックオフ。このまま浮き足立つ展開もあったところを年長勢奮起。6分にCKから冨田賢・渾身のヘディングシュートで同点。32分には再びCKから主将渡邉武彦・入魂のヘディングシュートで逆転。他にもチャンスはあったがGKを含めた野村総研ディフェンス陣の踏ん張りもあって2-1で前半終了。
後半に入り、一度ペースを握られるものの、今度はBRBディフェンス陣が体を投げ出す。20分、殊勲のCK2アシストで気を吐ききった藤村に代わって小坂井投入。時間帯的にもややプレスが緩んできた中盤で存在感。雌伏の時が無駄でなかったことを証明。23分、その小坂井からのクロスを毛利が落ち着いて決めて三点目。毛利は開幕から四試合連続ゴール。チーム内得点ランキングでもトップに。

二点差がついて、気温も上がり、さすがに相手の足も止まるかと思われたが、野村ディフェンスの集中力は切れず、チャンスは量産するものの最後の最後で防がれる展開。千布(筒井)、吉田翔(大山)らの投入でサイドを脅かすも、追加点は無く3-1で試合終了。連勝を四に伸ばすと共に、二部リーグに侮れる相手は一つもないと改めて認識した慶應BRB。兜の緒を締めつつ五月の戦いを終え、水も漏らさぬ六月の戦いへ。次節は6月10日(日)、あきる野市民広場にて、あきる野FCと対戦予定。

 写真

試合後、誕生日の伊藤洋平をウォータファイトで祝福。「おめでとう!」「飛躍の一年に!」という声に混じって「おめー試合中ぎゃーぎゃーうるせえんだよ!」という声があったかどうかは秘密。奥の17番小坂井はこの後TOEICとかで、ホカホカパンツを脱ぎ捨てたまま、サブユニ姿で会場を後にした。

本日参加者24名。ピッチでボールを蹴るのは、勝利を構成する一部分に過ぎない。それをよく知る新生BRB初代守護神の関西転勤を祝して。